【地域・資格別】施工管理の年収は?年収アップの方法と仕事探しのコツを紹介

「施工管理の仕事ってどれくらいの年収がもらえるの?」

「施工管理に転職を検討しているけど仕事探しのコツってある?」

施工管理の仕事に興味があるけど、実際にどれくらいの年収があるのか気になると言う人は多いのではないでしょうか。

今回は施工管理の年収や転職時の仕事探しのポイントなどを詳しく紹介していきます。

施工管理に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

施工管理の平均年収

施工管理の平均年収を正社員・派遣社員・アルバイトでまとめました。

正社員(年収)派遣社員(時給)アルバイト(時給)
450万円1,800円1,080円

日本の平均年収は約461万円と言われています。

施工管理の仕事は平均並みの収入が得られる仕事だと言えます。

施工管理はスキルを磨き、キャリアアップを目指せば高い報酬が得られる仕事です。

【地域別】施工管理の平均年収

地域別の施工管理の平均年収を見てみましょう。

地域正社員(年収)派遣社員(時給)アルバイト(時給)
北海道・東北420万円1,650円956円
関東458万円1,752円1,076円
東海441万円1,588円1,025円
甲信越・北陸423万円1,535円1,008円
関西431万円1,654円1,027円
中国406万円1,699円1,006円
四国421万円1,583円1,000円
九州・沖縄410万円1,717円937円

関東地方の平均年収が最も高く、中国・九州地方の年収が低い結果となりました。

平均年収が最も低い地方と最も高い首都圏では、12.8%の年収の差があります。

地方よりも都市部で施工管理を行う方が、高い年収が得られることが分かります。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

【資格別】施工管理の平均年収

施工管理の仕事には、さまざまな資格があります。

施工管理の代表的な資格に建築施工管理技士があります。

建築施工管理技士には工事の規模によって1級・2級の二つの資格があり、取得の難易度が異なります。

1級・2級建築施工管理技士の平均年収を比べてみましょう。

1級建築施工管理技士2級建築施工管理技士
平均月給40万円37万円
平均年収571万円519万円

1級建築施工管理技士のほうが2級建築施工管理技士と比べ、52万円(約10%)年収が高いことが分かります。

施工管理の平均年収が約450万円だったことを見ても、資格を取得すると年収がアップできるということがわかります。

施工管理の年収に差がつく5つのポイント

施工管理の年収に差がつく5つのポイントをご紹介します。

  • 会社・現場の規模
  • 年齢・経験
  • 資格の有無
  • 工事の種類
  • 就職する地域

会社・現場の規模

施工管理は、会社や現場の規模によって年収が大きく異なります。

スーパーゼネコンと呼ばれる大手の会社では、平均年収が1,000万円を超えるところがほとんどです。

中堅ゼネコンと呼ばれる会社でも平均年収が900万円を超え、高い年収が得られる可能性があります。

スーパーゼネコンや中堅ゼネコンは都市部の再開発やタワーマンションなど現場の規模も大きく、ビッグプロジェクトを行う企業に転職できれば、高い年収が望めます。

年齢・経験

施工管理は年齢や経験によっても、年収が大きく異なります。

係員主任係長課長次長部長本部長
558万円617万円688万円723万円761万円757万円754万円

施工管理の仕事は係員から始まり、経験を積むことで現場での立場が主任、係長と上がっていきます。

現場だけではなく内勤として課長・次長・部長と出世できれば、年収はさらにアップします。

施工管理の仕事は経験を積んで会社に貢献すれば、年齢や経験によって収入を上げることが可能です。

資格の有無

施工管理は、資格の有無によっても年収が変わります。

先ほど紹介した建築施工管理技士を持っていれば、施工管理の平均年収より高い収入が得られます。

より難しい資格にチャレンジすることで、収入アップも十分に狙えます。

ビッグプロジェクトを行うような大手の会社に転職する際も、資格を持っていれば有利に転職活動が進められます。

施工管理は資格を取得し、キャリアアップすれば高い年収が望めます。

工事の種類

同じ施工管理の仕事でも、工事の種類によって年収は異なります。

工事種類平均年収
プラント・エネルギー725万円
ゼネコン664万円
ディベロッパー660万円
コンサル647万円
サブコン638万円
ハウスメーカー635万円
建設コンサルタント625万円
その他625万円
自営業者455万円

施工管理で最も年収の高い工事は、発電所や浄水場といったプラント・エネルギー関連の工事を行う企業です。

続いて総合請負業者であるゼネコン、不動産開発のディベロッパーと続きます。

工事の種類によって年収は異なるものの自営業をのぞく多くの企業で、日本の平均年収を上回る高い年収が期待できます。

施工管理として高い年収を望むのであれば、工事の種類にも注目するといいでしょう。

就職する地域

施工管理は、就職する地域によっても年収が異なります。

家賃や物価と同じように都市部では年収が高く、地方に行けば年収は低くなる傾向があります。

住んでいる地域がどのぐらいの年収なのかを把握して、転職活動するのも大切でしょう。

施工管理で年収1,000万円は目指せるのか

施工管理の平均年収は約450万円です。

資格を取得したり大企業に転職することで高い年収は期待できますが、年収1,000万円を超えるのはなかなか難しいと言うのが現実です。

しかし、方法によっては年収1,000万円を目指すことは十分に可能です。

施工管理で年収1,000万円を目指す方法は、後ほど詳しく紹介します。

施工管理が年収をアップさせる3つの方法

施工管理が年収をアップさせる3つの方法を紹介します。

  • 資格を取得する
  • 実績を積み昇進を狙う
  • 転職してより高い年収を目指す

資格を取得する

施工管理が年収をアップさせるためには、資格を取得することが効果的です。

施工管理に必要な資格は建築施工管理技士だけではありません。

専門性を磨いて需要の高い資格を取得すれば、さらに年収をアップさせることもできるでしょう。

スキルアップのためだけでなく、自身の年収アップのためにも資格取得を目指すことをおすすめします。

実績を積み昇進を狙う

企業内で実績を積めば、年収をアップさせることが可能です。

係員から主任、係長、課長と役職があがれば年収をアップさせることができます。

実績を積み社内の評価を獲得できれば、年収アップが十分に狙えます。

転職してより高い年収を目指す

施工管理として年収1,000万円を狙うなら、会社選びは最も重要なことのひとつです。

資格を取り多くの経験を積んでも、会社の規模によっては年収1,000万円を超えるのが難しいところもあります。

施工管理として高い年収を狙うなら、大手企業への転職を検討してみてください。

施工管理の求人探しのポイント

施工管理の求人探しのポイントを紹介します。

  • 記載されている年収を鵜呑みにしない
  • 休日数や残業時間をチェックする
  • 工事・現場の種類をチェックする

激務で体を壊さないよう、企業探しでチェックすべきことを紹介していきます。

記載されている年収を鵜呑みにしない

求人探しをする際は、求人表に記載されている年収を鵜呑みにしないことが大切です。

「モデルケース:入社10年目・40歳・700万円」といったように実際の社員を対象として情報が細かく記載されている場合はいいですが、「年収400万円〜700万円」というように情報が少ない場合は注意が必要です。

係員や主任の年収と部長や本部長の年収が、一緒くたに表現されている場合があります。

求人探しの際は、記載されている年収を鵜呑みしないように注意しましょう。

休日数や残業時間をチェックする

求人情報を見る場合は、休日数や残業時間なども合わせてチェックしましょう。

高い年収の企業の中には残業や休日出勤が常態化して、長時間労働の結果で高い年収を達成できている場合もあります。

求人を探す際は、休日数や残業時間など働き方までチェックするようにしましょう。

工事・現場の種類をチェックする

施工管理の仕事も、工事や現場の種類によって業務は大きく異なります。

ビルやマンションといった建物を建てる工事に関わりたいのか、ダムやトンネルのようなインフラを整備する工事に関わりたいのかによって、希望する企業や職種は異なります。

建物を建てる工事でも、電気設備工事や空調設備工事、建設機械工事など担当する仕事によっても選択すべき企業が異なります。

自分がどのような工事・現場に関わりたいのかを考えて、希望にあった企業を探すようにしましょう。

まとめ

施工管理の年収について紹介しました。

施工管理の年収は地域や資格、経験年数や企業の規模によって大きく異なります。

資格を取り、経験を積んで大手企業に転職できれば、年収1,000万円を目指すことも十分可能です。

求人探しのポイントを抑えながら、高年収の企業への転職に挑戦してみてください。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、施工管理を行う企業の求人を多数掲載しています。

興味がある人は、一度のぞいてみてください。

おすすめの記事