「建築士はやめとけ」と言われる理由は?SNSの口コミや魅力なども解説

「建築士はやめとけと聞くがなぜなのか」

「建築士がどのような仕事をしているのか知りたい」

このように、建築士に興味があるが、将来性が気になる人も多いのではないでしょうか。

建築士は責任感の重さや業務の多忙さから「大変な仕事」「やめとけ」という声が多いのも事実です。

しかし、大変さのなかにも建築士という仕事だからこその魅力があります。

そこでこの記事では、「建築士はやめとけ」と言われる理由を中心に、仕事内容や魅力、向いている人・向いていない人などを詳しく解説します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが
皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、
完全無料でサポートいたします!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

「建築士はやめとけ」と言われる5つの理由

「建築士はやめとけ」と言われる理由は、以下の5つです。

  • 激務による長時間残業も少なくない
  • 人間関係やコミュニケーションで悩む
  • 日々のアップデートが必要
  • 大きなプレッシャーがある
  • 資格取得の難易度が高い

それぞれ詳しく解説します。

激務による長時間残業も少なくない

「建築士はやめとけ」と言われる理由の一つに、労働時間の長時間化と残業の多さがあります。

建築士の仕事は、クライアントから依頼を受けて、納期までに納期までに図面化しないといけません。最終的な図面が完成するまでは何度か打ち合わせをして、ブラッシュアップしながら完成に近づける必要があります。各打ち合わせまでに、一旦図面を完成させたり修正を反映させたりする必要があり、打ち合わせから次の打ち合わせまでの期間が短いと、徹夜をして考えをまとめることも珍しくありません。

限られた時間のなかで、打ち合わせ・デザイン立案・修正などを繰り返しますし、複数の案件を同時進行することもあるため、激務で長時間残業になることが少なくないのです。

人間関係やコミュニケーションで悩む

人間関係やコミュニケーションに悩むことが多いのも、建築士の仕事の特徴です。

建築士は他部署との連携が非常に重要で、チームワークを求められます。

例えば、建築物で大切なのはデザインだけではなく、構造計算や耐久性といった安全性も考慮する必要があります。そのため、クライアントや営業担当者から上がった要望がそのまま反映できるとは限らないのです。

案件によっては、営業・現場責任者・経営陣などを巻き込んでコミュニケーションを取る必要があります。

一般住宅建築のように、顧客が建築に詳しくない場合は、顧客自身が思いを言葉にできないケースも少なくありません。顧客とのコミュニケーションや職場内での人間関係に悩む人は少なくないでしょう。

日々のアップデートが必要

建築技術は日々進化しているため、知識や技術のアップデートが欠かせません。

クライアントの要望に応えるためには、デザインに関しても古いものから最新のトレンドまで注目し続ける必要があります。さらに、設計図面を作成するソフトやWeb技術への知識も必要です。

デジタル技術の発展により、仕事が効率化するに伴って、建築士の仕事のやり方も変化させる必要があるでしょう。

大きなプレッシャーがある

「建築士はやめとけ」と言われる理由として、大きなプレッシャーがかかる仕事という側面もあります。

建築の仕事は、創造性や感性が求められます。クライアントの要望を反映しつつ、独自性のある魅力的なデザインの建築ができるかが重要だからです。自身のデザイン力や創造性に自信がないと、プレッシャーばかりが大きくなってしまい、仕事が楽しくなくなるでしょう。

また、独創性だけではなく正確性も非常に重要です。建築物の安全性は建築士の腕にかかっています。正確に安全性を計算し、デザインとのバランスを取る必要があるのです。

資格取得の難易度が高い

建築士資格の取得難易度の高さも「建築士はやめとけ」と言われる理由の一つです。

建築士の資格は、学校で勉強しただけでは取得できません。学校を卒業したあとに、建築事務所などで実務経験を最低2年は積む必要があります。

実務経験を積んでいる期間も決して楽なわけではなく、建築の見習いとして一緒にクライアントとの打ち合わせに参加したり、現場チェックの仕事をしたりします。つまり、激務をこなしながら、資格試験に向けた勉強も続けなければならないのです。

「建築士はやめとけ」という口コミ

「建築士はやめとけ」という理由を裏付ける口コミもいくつか見つかっていますので、紹介します。

建築士の魅力

建築士という仕事には、以下のような魅力があります。

  • クライアントの人生や街づくりに貢献できる
  • 技術と知識を磨き続けられる
  • ゼロから創造する面白さ
  • 年収が高い

それぞれ詳しく解説します。

クライアントの人生や街づくりに貢献できる

建築士の魅力の一つに、クライアントの人生や街づくりに貢献できる点が挙げられます。

建築の仕事は、人の生活に大きく関わることであり、人々の生活を豊かにできます。自分が設計した建築物を人々が笑顔で利用している姿を観れるのは、建築士だからこそのやりがいでしょう。大型商業施設の建築に関われば、街づくりや街の活性化に貢献していることになります。

自分自身が生まれ育った場所の活性化に貢献できれば、非常にやりがいを感じられる仕事です。

技術と知識を磨き続けられる

建築士の仕事を通して、技術と知識を磨き続けられる点は、大きな魅力の一つです。

クライアントの要望に応えるには、常に新たな知識や技術に目を向ける必要があります。建築の仕事が好きであれば、技術を磨き仕事を探求し続けられるのは嬉しいことでしょう。

自分のアイディアを形にする仕事だからこそ、仕事を通して、技術や知識を磨き続けられるのは大きな魅力と言えます。

ゼロから創造する面白さ

建築士の仕事の魅力として、建築物をゼロから生み出す面白さがあります。

建築の仕事は、真っ白の図面に線を書くところから始まります。自分の頭のイメージを図面におこし、実際に形作られていく過程は、ほかの仕事では味わえないですしワクワクするでしょう。

また、建築物には、一つとして同じものがありません。エリアや立地、環境が違えば、それに合わせた建築物になりますしデザインも変わります。建築物が完成したあとに利用する人や行き交う人々も当然異なるわけです。

つまり、何十年も建築士の仕事をしてきても、毎回の仕事が「初めて」なのです。毎回が新鮮な気持ちで創造できるのは、建築士ならではの魅力と言えます。

年収が高い

建築士は、年収が高い傾向にあります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、建築士の年収は男性がおよそ650万円、女性がおよそ560万円です。

日本の平均給与が、461万円ですので男女ともに日本平均よりも高いことがわかります。

当サイトを含む転職サイトで一級建築士関連の仕事を確認すると、年代別の平均年収では30代以上で700万円を超えています。40代以上になると800万円を超えていることも多く、こういった情報からも高収入であることがわかるでしょう。

建築士の平均年収に関して、以下の記事も参考にしてみてください。

建築士に向いている人・向いていない人

建築士に向いている人と向いていない人の特徴を解説しているので、参考にしてみてください。

向いている人
  • 人とのコミュニケーションが好きな人
  • 自らのアイディアで物を生み出すのが好きな人
  • マネジメントやプランニングが得意な人

建築士に向いている人は、まず人とのコミュニケーションが好きな人が挙げられます。建築物を作るには、クライアントの要望を上手に聞き出したり、他部署や関連会社との連携も欠かせません。そのため、必然的にコミュニケーションの機会が増えるため、コミュニケーションが好きな人でないと仕事が苦痛に感じてしまいます。

また、建築士はゼロから作品を生み出すことになるため、自分の頭で考えて、自分の創造を形にするのが好きな人が向いていると言えます。

クライアントワークである建築の仕事は、納期を遵守する必要があり、さまざまな工程を経て仕事を完成させる仕事です。そのため、マネジメントやプランニングスキルは欠かせません。

向いていない人
  • 細部までこだわれない人
  • 自責で考えられない人
  • コミュニケーションが苦手な人

建築の仕事は、非常に責任感の重い仕事です。自らの仕事に誇りを持って細部にまでこだわりを追求できる人でなければ継続するのが難しいでしょう。建築士にとってコミュニケーションは仕事上の欠かせないスキルなため、コミュニケーションが苦手な人は建築士に向いていません。

建築士への転職で失敗しないためには?

建築士への転職で失敗しないためには、自己分析を基に、前章で解説した建築士に向いている人の特徴に当てはまるかを確認することが大切です。

建築士といっても多種多様です。ハウスメーカーで一般戸建て住宅の建築に携わったり、マンション開発や大型商業施設の設計など、働き方次第で関わる建築物も変わります。自分自身が将来的にどのような建築士になりたいのかを明確にして、目標を達成可能な建築事務所やメーカーに的を絞るのも大切でしょう。

まとめ

本記事では、「建築士はやめとけ」と言われる理由について詳しく解説しました。

「建築士はやめとけ」と言われる理由として、以下の5つを挙げました。

  • 激務による長時間残業も少なくない
  • 人間関係やコミュニケーションで悩む
  • 日々のアップデートが必要
  • 大きなプレッシャーがある
  • 資格取得の難易度が高い

建築士は、コミュニケーションが重視されたり、非常に大きな責任感があったりと、大変な面が多く見受けられます。

実際に、「建築士はきつい」「建築士はブラック」という声があるのも事実です。

しかし、建築士だからこその魅力もあります。本記事で紹介した「建築士に向いている人の特徴」も参考にしながら、転職を検討してみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが
皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、
完全無料でサポートいたします!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事