デベロッパーはやめとけと言われる5つの理由!向いていない人の特徴も解説

デベロッパーに就職したいと言って「やめとけ」と言われた経験はありませんか?

これから就職しようとしているのに、そんなことを言われたら不安になってしまいますよね。

そこで今回は、なぜ「デベロッパーはやめとけ」と言われるのか、その理由を5つご紹介。

デベロッパーに向いている人や向いていない人の特徴、ブラックなデベロッパーの見分け方などを詳しく解説しています。

デベロッパーに就職したいけど、「やめとけ」と言われて迷っているという方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが
皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、
完全無料でサポートいたします!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

デベロッパーはやめとけと言われる理由

デベロッパーはやめとけと言われる主な理由として、以下の5つが挙げられます。

  • 激務だから
  • 景気の影響を受けやすいから
  • ストレスが多い職場だから
  • ノルマが厳しいから
  • 土日の出勤が多いから

ひとつずつ詳しく解説していきます。

激務だから

「デベロッパーはやめとけ」と言われる理由のひとつ目は、デベロッパーの仕事が激務だからです。

デベロッパーでは、入社したてやある程度経験を積むまでの間は雑務をこなしつつ、先輩について周り勉強をする毎日

業務量が多いので、「つらい」「やめたい」と感じる人も少なくありません。

さらに、プロジェクトの計画から開発、運営と継続的な管理に関わる多岐にわたる業務をこなすのがデベロッパーの仕事。特に、新規開発プロジェクトでは、設計の段階から施工、販売までを一貫しておこなうため、高い労力が必要となります。

業務が立て込む時期には、夜遅くまで働くことも少なくありません。

景気の影響を受けやすいから

デベロッパーは、不動産市場の動向に大きく左右されます

経済が好調な時期にはプロジェクトが次々に立ち上がりますが、不況時には資金調達が困難になり、計画が中断もしくはキャンセルされることも。

新型コロナウイルスが流行した際には、多くの不動産関連企業が「来店者数の減少」などの直接売り上げに関わる影響を実感したようです。

外部要因による影響を受けやすいため、仕事の安定性に不安を感じる人も少なくありません。

ストレスが多い職場だから

デベロッパーが扱うプロジェクトはいずれも高額な取引です。そのため、任されるプロジェクトによっては億単位の責任を背負うなんてことも少なくありません。

予期しないコストの増加や建設の遅延、法的な問題など、多くの問題が発生する可能性もあります。常に高いプレッシャーの下で働くことが求められる職場であると言えるでしょう。

さらに、顧客からのクレームに対応しなければならなかったり、古い企業体質が残っていたりといったストレスの要因もあります。

ノルマが厳しいから

デベロッパー業界では、売上目標に対する厳しいノルマが設けられていることも。

ノルマが達成できない場合、職場内での立場が不安定になったり、上司から厳しい叱責を受けたり減給されたりという可能性もあります。

不動産業界では、その商品の性質上、頑張っていれば多くの契約が取れるというものではありません。ひとつの契約までにかかる時間が長引きやすいためです。

買い主や借主が見つかったからといって、すぐに契約に結びつくわけではありません。

そんな長期にわたる契約を、月に何件も取らなければ、ノルマを達成できないのです。

このような厳しい環境下での厳しいノルマは、精神的に大きな負担となっているという人も少なくありません。

土日の出勤が多いから

不動産業界はお客様相手の商売であるため、多くの人の休日である土日はまさに掻き入れどきです。そのため、不動産業界の多くの企業では、土日は出勤で平日に休みという形態を採用しています。

さらに、企業によっては、週に1日しか休みがないことも。休日でも仕事の連絡が来ることも少なくありません。

家族や友人との時間を大切にしながら働きたいと考えている人にとっては、仕事とのバランスを取るのが難しいでしょう。

デベロッパーの仕事のやりがい

辛いことの多いデベロッパーの仕事ですが、それ以上にやりがいを感じられることも。

デベロッパーの仕事のやりがいとしてよく挙げられるのは、以下の3点です。

  • 高収入を目指せる
  • 街づくりに携われる
  • 不動産の幅広い知識が身に付く

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

高収入を目指せる

デベロッパーの多くの企業では、固定給に加えて歩合制の給料形態を導入しています。

ノルマを達成し、成績が優秀であれば、基本給に加えてプラスで給料がもらえる仕組みです。

実力主義が根強い業界であるため、努力次第で高収入を目指せるのが、デベロッパーの仕事の魅力であり、やりがいでもあります。

自分の頑張りを歩合制の給料という形できちんと評価してもらえるのは、仕事のモチベーションにつながるでしょう。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

街づくりに携われる

デベロッパーは、新しい宅地の開発や商業施設の建設など、人々の生活空間をつくり出す仕事。

自分の手がけたプロジェクトが形になり、多くの人々に利用されているのを見ると、大きな達成感を感じられるでしょう。

街づくりの一端を担っていることを実感できるのは、デベロッパーで働く大きな魅力と言えます。

不動産の幅広い知識が身に付く

市場分析からプロジェクトマネジメント、法規制の理解に至るまで、デベロッパーではとにかく幅広い不動産の知識が必要とされます。

このような幅広い業務の経験を積むことで、自然と知識が身についていくでしょう。

これらの知識は、不動産業界だけでなく、さまざまな業界で役に立つうえ、個人的な資産運用等においても非常に価値のあるものになるでしょう。

デベロッパーに向いている人の特徴

デベロッパーで働くのに向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか。

デベロッパーに向いている人の特徴は以下の通りです。

  • コミュニケーション能力がある人
  • 柔軟性が高い人
  • 学ぶ姿勢がある人

それぞれ詳しく解説していきます。

コミュニケーション能力がある人

デベロッパーでの仕事は、プロジェクトを成功させるために、さまざまな人との円滑なコミュニケーションが必要不可欠

地域住民や投資家、下請け業者など、多くの関係者とコミュニケーションを取りながら進めていかなければなりません。

コミュニケーション能力がある人なら、それぞれとの連携もうまくこなせるため、向いていると言えるでしょう。

柔軟性が高い人

不動産開発のプロジェクトでは、計画中や進行中に多くの変更が生じることも少なくありません。

市場の動向や法規制の変更、技術の進歩などによって、計画の大幅な修正が必要になることも。

このような状況にも落ち着いて柔軟に対処できる能力を持つ人は、デベロッパーで活躍できます。

学ぶ姿勢がある人

デベロッパーでは、不動産に関する幅広い知識が必要不可欠。入社してからは常に新しい知識を学び続ける必要があります

さらに、不動産業界は常に変化しており、新しい技術や法規制の更新が頻繁におこなわれます。

このような業界の特性上、常に最新の知識を学び、自分自身のスキルを更新し続けなければなりません。

常に学ぶ姿勢を持ち続けられる人は、デベロッパーに向いていると言えるでしょう。

デベロッパーはやめた方がいい人の特徴

デベロッパーで働くのはやめた方がいい人の特徴もいくつかあります。

自分が当てはまっていないか、確認してみてください。

行動力がなくフットワークが重い人

デベロッパーの仕事は、迅速な行動を求められる場面も少なくありません。

デベロッパーの仕事として、用地取得や建物の建設、企画や開発をおこなう場合には、さまざまな場所に足を運び、調査をすることも。

実際にお客様を現地やモデルルームに案内する場合もあります。

そのため、行動力が乏しく、フットワークが重い人では、業務が滞ってしまい、他社との競争に負けてしまうことにもつながりかねません。

決断力がない人

デベロッパーはやめた方がいい人の特徴2つ目は、決断力がない人です。

デベロッパーは、億単位の高額なやりとりが多い業界。大きな資金を動かすというプレッシャーから、判断に慎重になることによって、他者社との競争に負けて大切なチャンスを失う可能性もあります。

市場や経済の状況を考慮しながら慎重な判断をする場面も多々ありますが、時には大胆に決断をする勇気も必要なのです。

ブラックなデベロッパーの特徴3選

せっかくデベロッパーに就職するなら、ホワイトな企業で長く働きたいもの。

ブラックなデベロッパーの特徴を知ることで、ブラック企業かどうかを見極めましょう。

ブラック企業の特徴としてよく挙げられるのは以下の3点です。

  • 離職率が高い
  • 労働時間が長い
  • 休日が少ない・有給が取れない

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

離職率が高い

ブラック企業と呼ばれる企業の特徴として最もよく挙げられるのが「離職率の高さ」です。

ブラックと呼ばれる企業の多くは、離職率が高く、入れ替わりが激しい傾向にあります。

誰かが辞めれば、人員が不足します。人員不足の穴埋めを残った従業員がしなければならず、労働環境はさらに悪化してしまうでしょう。

離職率の高い企業では、このような悪循環によって労働環境の改善ができていないのです。

労働時間が長い

労働時間が極端に長い場合、ブラック企業である可能性が高いです。

過労死ラインと呼ばれる、月80時間以上の残業が続くような会社は、典型的なブラック企業と言っていいでしょう。

法定労働時間を超える長時間労働は、労働者の健康を害するだけでなく、生産性の低下を引き起こす要因にもつながります。

休日が少ない・有給が取れない

休日が少ないというのも、ブラック企業の特徴としてよく挙げられます。

一般的なカレンダー通りに休みがある仕事の場合、年間で約120日ほどの休日がありますが、ブラック企業では、年間休日80日以下ということも

年間80日の休日の場合、月にすると6日ほどしか休日がないという計算になります。週1日も休めていないのは、ブラック企業と言えるでしょう。

また、有給が取れないという企業も。有給は労働者の権利であり、有給を取得したいと申し出た労働者に対して、企業側が拒否するのは違法です。

そのため、あれこれ理由をつけて、なかなか有給を取らせてくれないような企業はブラック企業である可能性が高いです。

まとめ

デベロッパーは、激務でストレスも多く、景気の影響に左右されやすいなどの理由から、「やめとけ」と言われることが多い業界。

しかし、そこには人々の生活を支える街づくりに携われることや、努力次第では高収入も目指せるなどの魅力があることも事実です。

コミュニケーション能力が高く、柔軟性があり、常に学び続ける姿勢がある人にとっては、向いている仕事であると言えるでしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが
皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、
完全無料でサポートいたします!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事