積算の仕事がきつい・やめとけとされる5つの理由!業務のやりがい・向いている人の特徴も解説

積算とは、工事に必要な費用を予測し、工事全体にかかる費用を「積み上げて計算」する仕事です。設計図や仕様書に応じて、工事にかかる人件費や使用する資材と数量などをリストアップして緻密な計算をします。

建設業界において積算の仕事は、その重要性と責任の重さから「きつい」と言われることが多いです。しかしその一方で、積算は大きなやりがいや達成感も得られる仕事でもあります。

そこで今回は、積算士の仕事が「きつい」「やめとけ」と言われるのにはどのような理由があるのかや、積算の仕事のやりがい、積算の仕事に向いている人の特徴について詳しく解説していきます。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

積算の仕事がきついと言われる5つの理由

積算の仕事がきついと言われるのには、いくつかの理由があります。

積算は「きつい」「やめとけ」と言われる主な理由は以下の5つです。

  • 責任が重い
  • 建築に関する幅広い知識が必要
  • 時期によっては残業が多くなる
  • 会社とクライアントの板挟みになることも
  • ひたすら数字と向き合う仕事

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

責任が重い

積算の仕事は、プロジェクトのコストを正確に見積もることが要求されます。算出した見積もりが間違っていると、プロジェクト全体の予算オーバーや遅延を引き起こす可能性や、工事自体が中止になってしまうことも。

そのため、積算担当者は常に高い精度と責任感を持って仕事をすることが求められます。建設プロジェクトの初期段階から携わり、プロジェクト全体のコスト管理をおこなうため、他の職種とは異なるプレッシャーがかかるのです。

プロジェクトが進行する中で、予算の見直しや追加の見積もりが必要になることもあります。このような場合には、積算担当者は迅速かつ正確に対応しなければなりません。予算の超過や不足が発生すると、プロジェクト全体の進行に影響を与えるため、迅速な判断力と対応力が求められます。

建築に関する幅広い知識が必要

積算の仕事には、建築の設計図や仕様書を理解し、材料費や人件費、機械設備費などを正確に見積もるための専門知識が必要です。

また、建設に関連する法律や規制に関する知識も欠かせません。環境規制や安全基準の変化に対応するための法的な知識は必要不可欠です。

常に新しい知識を取り入れる必要があるため、常に学び続ける姿勢が必要です。

積算担当者は、建築のトレンドや技術の進化にも敏感でなければなりません。新しい建材や工法が導入されると、そのコストや効果を迅速に評価し、見積もりに反映する必要があります。

時期によっては残業が多くなる

そもそも建設業界は残業が多い業界です。積算の仕事も例外ではなく、案件が重なる繁忙期などには残業が多くなる傾向にあります。夜遅くまで作業をしなければならないこともあり、「きつい」と感じる人も少なくないようです。

それに加えて、クライアントからの急な要求や設計の変更などが発生すると、積算担当者は短期間で再計算をおこなわなければなりません

繁忙期やクライアントからの要求などが原因となり、一時的に業務量が増加し、長時間の残業が避けられないことも少なくありません。

会社とクライアントの板挟みになることも

積算担当者は、会社の利益を守りつつ、クライアントが提示した予算内でプロジェクトを進める必要があります

会社側からはコスト削減のプレッシャーがかかり、クライアント側からは高い品質を求められます。このバランスを取るのが難しいこともあり、時には会社とクライアントの間で板挟みになることも。

積算担当者には、会社とクライアントそれぞれの要求を満たすために、柔軟な対応力と高度な交渉能力が求められます

このような板挟みの状況が、ストレスを感じる大きな要因のひとつになっているのです。

ひたすら数字と向き合う仕事

積算の仕事は、主に数字と向き合う業務です。大量の数字データを分析し、正確な見積もりを算出するために、地道な作業をコツコツと積み重ねる必要があります。

数字に対する高い集中力と忍耐力が求められるため、数字が苦手な人にとっては大きなストレスとなるでしょう。

一日中デスクに向かい、設計図面や仕様書を確認しながら数字を計算する作業は単調であると感じるかもしれません。

しかし、この地道な作業がプロジェクト全体の基盤を支えているのです。積算担当者の正確な見積もりが、プロジェクトの予算管理やスケジュールの調整などに大きく影響を与えます。

積算の仕事のやりがい

「きつい」と言われることの多い積算の仕事ですが、積算担当者だからこその仕事のやりがいも多くあります。

積算の仕事の主なやりがいは以下の通りです。

  • プロジェクトの中で重要な役割を担える
  • 自分の成長を実感できる
  • 工事が予算内で完了した時の達成感を味わえる
  • 仕事の精度が会社の黒字化につながる

それぞれ詳しく解説していきます。

プロジェクトの中で重要な役割を担える

積算の仕事は、建設プロジェクトのコスト管理という重要な役割を担っています。プロジェクトを成功させるためには、正確なコストの見積もりは欠かせません。

自分の見積もりがプロジェクトの方向性を決定する重要な要素となることが実感でき、大きな責任感とやりがいを感じることができます。

自分の仕事がプロジェクト全体にどれだけの影響を与えているかを実感できるので、達成感と誇りを持って業務に取り組むことができるでしょう。

自分の成長を実感できる

積算の仕事を通じて、建築に関する幅広い知識やスキルを身につけることができます。

積算担当者としての経験を積むことで、プロジェクト管理やコスト管理のスキルが向上します。

積算担当者は、新しい情報を学び続けることが求められるため、常に自分の成長を実感できるでしょう。

日々の業務を通して、自分の専門性が高まっていくのを感じることができるのは、大きなやりがいのひとつです。

また、新しい建材や技術に関する知識を身につけることで、業界の最新トレンドにも精通できます。積算の専門家としての自信を持てるようになるでしょう。

工事が予算内で完了した時の達成感を味わえる

積算担当者が作成した見積もりに基づいてプロジェクトが進行し、予算内で無事に完了した時の達成感は格別。自分の仕事がプロジェクトの成功に直結していることが実感できる瞬間であり、この達成感がまた次の仕事へのモチベーションにもつながります。

プロジェクトの完了後には、積算担当者としての成果が評価されるでしょう。予算内で工事が完了し、クライアントからの感謝や社内での評価を受けることは、大きな喜びとなり、自分の仕事に対する自信が深まります。

仕事の精度が会社の黒字化につながる

正確な積算は、会社の利益に直結します。

積算担当者の仕事の精度が高いほど、プロジェクトのコスト管理がスムーズに進み、会社は計画通りの利益を確保できるでしょう。

積算担当者が正確に見積もりをおこなうことで、プロジェクトが予算内で進行し、結果として会社の黒字化に貢献することができます。

自分の仕事が会社の経営に大きな影響を与えるという責任感とやりがいは、積算ならではの魅力です。

積算の仕事に向いている人の特徴

では、積算の仕事にはどのような人が向いているのでしょうか。

積算の仕事に向いている人の特徴としてよく挙げられるのは以下の3つです。

  • 正確な作業をするのが好きな人
  • 建築が好きで継続的に勉強ができる人
  • コミュニケーション能力がある人

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

正確な作業をするのが好きな人

積算の仕事は、細かい数字を扱う正確な作業が求められます。ミスが許されないため、細部にまで注意を払うことができる人に向いています。

数字に対する高い集中力と忍耐力があり、正確で緻密な作業を楽しむことができる人が積算の仕事に適していると言えるでしょう。

積算担当者の仕事は、プロジェクトの成功に直結するため、高い精度が求められます。ミスを防ぐために何度も計算を確認し、データの整合性を保つ必要があります。

このような地道な作業が嫌ではなく、むしろ楽しんでできる人が、積算の仕事に向いている人と言えます。

建築が好きで継続的に勉強ができる人

積算の仕事には、建築に関する幅広い知識が必要です。常に最新の情報を学び続ける姿勢が求められるため、建築が好きで自己学習を続けられる人に向いています。

興味を持って学び続けることができる人は、専門性を高めることができるでしょう。

建築技術は日々進化しています。新しい建材や工法、環境に配慮した設計など、常に最新の情報にアンテナを張り巡らせておく必要があります。

自己学習を怠らず、積極的に情報を取りにいき、最新の知識を吸収することが求められます。

建築が好きだと、このような継続的な学びも苦にならず、楽しむことができるでしょう。

コミュニケーション能力がある人

積算担当者は、会社の利益を守りつつクライアントの要望に応えるために双方とのコミュニケーションが重要です。

さらに積算担当者は、設計者や施工管理者など、さまざまな関係者と連携しながら業務を進める必要があります。

相手の要望を正確に理解し、自分の意見をわかりやすく相手に伝えなければなりません。

柔軟な対応力と高度な交渉力が求められるため、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

また、問題が発生した場合には、迅速かつ適切に対処するための調整力も必要です。

まとめ

積算の仕事は、建設プロジェクトの成功に欠かせない重要な役割を担っていますが、その一方で厳しい現実も存在します。

責任の重さや専門知識の必要性、残業の多さなど、さまざまな要因が「きつい」と感じる理由です。

その反面、プロジェクトの中で重要な役割を担えることや、自己成長を実感できる点など、多くの魅力があるのも事実です。

正確な作業が好きで、建築に興味があり、常に学び続ける姿勢がある人にとっては、魅力的な仕事であると言えるでしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事