施工管理はおとなしい人に向いていないのか?活躍するためのポイントも解説

「おとなしい人でも施工管理の仕事はできるのだろうか」

「施工管理の仕事に向いている人の特徴が知りたい」

このように、おとなしい人では施工管理の仕事に向かないのではと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

おとなしい人だからと言って、施工管理の仕事に不向きなわけではありません。おとなしい人だからこその特性を活かして、施工管理者として活躍することは可能です。ただし、苦労するポイントもあるので、おとなしい人が大変に感じる理由を把握しておくことが大切です。

この記事では、おとなしい人が施工管理で苦労する理由や活躍するためのポイント、施工管理という仕事の魅力などを解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事はおとなしい人に向いていないのか?

施工管理の仕事は、おとなしいからと言って向いていないわけではありません。

なぜなら、施工管理の仕事は四大管理という仕事がメインになり、業務を遂行するのに「おとなしい・おとなしくない」はあまり関係ないからです。

確かに、コミュニケーション能力やリーダーシップが求められる職種ですが、おとなしい人でもこれらのスキルを向上させられます。例えば、日常の業務を通じて少しずつ人との関わり方を学び、経験を積むことで自信を持てるようになります。また、慎重で丁寧な性格は、計画的な進行やミスの少ない管理につながり、現場において高く評価されるでしょう。

重要なのは、自分の特性を理解し、それを活かした働き方を見つけることです。施工管理の仕事と自分の性格を理解することで、おとなしい人でも施工管理の仕事で十分に活躍できます。

おとなしい人が施工管理で苦労する理由5選

おとなしい人が施工管理で苦労する理由は、以下の5つです。

  • コミュニケーションが重要になるから
  • 突発的なトラブルにも対応する必要があるから
  • リーダーシップを発揮する必要があるから
  • 付き合いの多い仕事だから
  • 管理業務はストレスを抱えがちだから

それぞれ詳しく解説します。

コミュニケーションが重要になるから

施工管理の仕事では、多くの人とのコミュニケーションが必要不可欠です。

例えば、職人や関連業者、発注業者、設計士など、さまざまな関係者との連携が求められます。おとなしい人は、意見を伝えるのが苦手であったり、相手と交渉したりするのが苦手で、連絡ミスや誤解を招く可能性があるのです。結果的に、現場のスムーズな進行に影響を与えることもあるでしょう。

突発的なトラブルにも対応する必要があるから

施工現場では、計画通りに進まないことも珍しくありません。

例えば、天候の変化や資材の遅延、人員不足など、さまざまな突発的なトラブルに迅速に対応する必要があります。

おとなしい人は、緊急時に迅速な判断や行動を取ることに不安を感じることが多くあります。冷静であることは強みですが、決断力や行動力を求められる柔軟に動く状況では、これがハンディキャップになるでしょう。

事前の準備やシミュレーションを通じて、トラブル対応力を強化することが重要です。

リーダーシップを発揮する必要があるから

施工管理者は現場のリーダーとして、職人への指示出しや進捗確認などをする必要があります。

また、問題が発生すれば率先して解決策を示さなければなりません。

おとなしい人のなかには、人を巻き込んだり、指導したりすることが苦手な人も少なくないでしょう。リーダーシップは生まれつきの資質だけでなく、経験とトレーニングによって養えますが、元々の性格から不向きな人もいます。

付き合いの多い仕事だから

施工管理の仕事では、仕事以外の付き合いも多くあります。

例えば、取引先や現場の職人との関係を深めるために飲み会やゴルフなどが多く、社交的な場面が頻繁にあります。

おとなしい人は、こうした場に出ることに負担を感じるのも少なくないでしょう。

管理業務はストレスを抱えがちだから

施工管理は、多くの責任を伴う仕事で板挟みになることもあり、ストレスを溜めやすく精神的な負担が大きい仕事です。

スケジュール管理やコスト管理、安全管理など、さまざまな業務を同時にこなす必要があります。これらの仕事は、想定通りにいかないこともありますし、人的な問題にも責任者として対応する必要があります。

おとなしい人は、プレッシャーやストレスに敏感な人が多いため、このように精神的な負担が大きい仕事にしんどさを感じる可能性があるのです。

おとなしい人が施工管理の仕事で活躍するためのポイント

おとなしい人が施工管理の仕事で活躍するためのポイントは、以下の5つです。

  • 周囲の意見に耳を傾ける
  • 常に冷静な判断を心がけ柔軟に対応する
  • 細かなスケジューリングをする
  • 丁寧な仕事を心がける
  • 建築の仕事に熱意をもつ

それぞれ詳しく解説します。

周囲の意見に耳を傾ける

おとなしい人が施工管理の仕事で活躍するためには、周囲の意見に耳を傾けることが重要です。おとなしい性格の人は、自分の意見を主張するよりも他人の意見を丁寧に聞くことが得意です。

おとなしい特性を活かし、職人や同僚、クライアントの声に耳を傾け、現場の信頼を得られるようにしましょう。周りの声を聞ける人は、信頼を得られやすいですし、聞くからこそ客観的にチームを良くするアクションを考えられるのです。

チームをよく理解して適切な判断を下せれば、円滑なコミュニケーションが取れ、プロジェクトの成功につながるでしょう。

常に冷静な判断を心がけ柔軟に対応する

施工管理では、計画通りに進まないケースもあるため、何が起こっても冷静に物事を判断することが大切です。

おとなしい人は、冷静な判断を下すのが得意であり、この特性を活かすことで現場のトラブルにも柔軟に対応できます。問題が発生した際に、感情的にならずに状況を冷静に分析し、最適な解決策を見つけることが求められます。

また、計画の変更や臨機応変な対応が必要な場面でも、冷静さを保ちつつ柔軟に対応することで、優先順位づけも間違えないでしょう。おとなしい性格を活かして、冷静に柔軟に対応することで、最善を尽くせます。

細かなスケジューリングをする

スケジュール管理が重要な施工管理の仕事では、細かなスケジューリングが成功の鍵となります。

おとなしい人は、計画性を持ち、細部に注意を払うことが得意です。プロジェクトの全体像を把握し、日々の進捗を細かくチェックすることで、スケジュール通りに仕事を進めることができます。細かなスケジューリングにより、予期せぬ問題にも早期に対応でき、プロジェクト全体の進行がスムーズになります。

また、スケジュールを関係者と共有し、進捗状況を定期的に確認することで、全員が同じ目標に向かって進むことができます。

丁寧な仕事を心がける

丁寧な仕事を心がけることは、施工管理において非常に重要です。

おとなしい人は細部にまで気を配れるため、この特性を活かして、常に高い品質を維持しながら仕事を進めることが大切です。丁寧な仕事は、現場の安全性や効率性を高めるだけでなく、クライアントの信頼獲得にもつながります。

品質管理業務があるように、建築物のチェックは施工管理者の重要業務の一つです。各工程をしっかりと確認し、問題があれば迅速に対処することで、プロジェクト全体の完成度を高められるでしょう。

建築の仕事に熱意をもつ

施工管理で活躍するためには、建築の仕事に対する熱意が必要不可欠です。

おとなしい人でも、建築に対する深い興味や情熱があれば、仕事に対するモチベーションが高まり、困難な状況にも前向きに取り組めます。

熱意は周囲にも伝わり、チーム全体の士気を高める要素となります。また、熱意を持って仕事に取り組むことで、新しい技術や知識を積極的に学び続ける姿勢が生まれるのです。

施工管理という仕事の魅力

施工管理という仕事の魅力として、以下の2つが挙げられます。

  • 希少価値の高い「管理スキル」を身につけられる
  • キャリアアップが見込める

それぞれ詳しく解説します。

希少価値の高い「管理スキル」を身につけられる

施工管理の仕事の四大管理は、施工管理や建築以外の仕事でも活かせるスキルです。

例えば、以下のような管理スキルが身につきます。

  • プロジェクト全体の進行を把握し、計画通りに進めるためのスケジューリング能力
  • 建築費や人件費などの原価管理能力
  • 職人の育成やクライアントとの関係構築などの人材マネジメント能力

これらのスキルは、建設業界にとどまらず、あらゆる業界で重宝されます。また、現場での経験を通じて培われる問題解決能力や交渉力も、ほかの職種では得がたい貴重なスキルです。

施工管理者としての経験は、専門性と実践力を兼ね備えた希少価値の高い人材として市場価値を高めることが可能です。

キャリアアップが見込める

施工管理の仕事には、明確なキャリアパスが存在し、努力次第で大きなキャリアアップが期待できます。

現場監督として経験を積んだ後、主任や所長、さらにはプロジェクトマネージャーといった上位のポジションに昇進する道に進むことが可能です。これらの役職では、より大規模なプロジェクトの管理やチーム全体の統括を任され、責任とともに報酬も増加します。資格を取ることで、年収アップや転職での新たな道も開けるのです。

また、施工管理の経験を活かして、コンサルタントや経営管理の分野に進出する人も少なくありません。

建設業界における知識と経験を積み重ねることで、キャリアの幅が広がり、思い描くキャリアアップを実現できるでしょう。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

まとめ

施工管理の仕事は、おとなしい人でも活躍できる仕事です。

なぜなら、施工管理は四大管理という仕事がメインになり、業務を遂行するのに「おとなしい・おとなしくない」はあまり関係ないからです。

重要なのは、自分の特性を理解し、それを活かした働き方を見つけることです。施工管理の仕事と自分の性格を理解することで、おとなしい人でも施工管理の仕事で十分に活躍できます。

自身の性格で向き不向きを考えるのではなく、将来やりたいことや思い描くキャリアプランをもとに、施工管理者になりたいかを検討してみましょう。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事