建設業界への転職!失敗する人の特徴と転職成功の5つのコツを解説

「建設業界への転職を考えている」という方は多いかもしれません。

建設業界は新たなキャリアの道を開く可能性が高い一方で、転職の際には特有の難しさがあります。

そこで今回は、建設業界へ転職する際に陥りがちな失敗のパターンや、それらを乗り越えて成功を掴むための戦略などについて詳しく解説していきます。

これから建設業界に転職しようと思っている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

建設業界への転職で失敗する人の5つの特徴

建設業界への転職を考える際、多くの人が陥りがちな失敗のパターンがあります。失敗する人の特徴を理解し、避けることが転職成功への第一歩です。

建設業界への転職で失敗する人の5つの特徴は以下の通りです。

  • 転職理由がはっきりしていない
  • 仕事を辞めてから転職活動を始めている
  • 求める条件が多い
  • 自分の実力に見合っていない企業を選んでいる
  • トレンドの働き方を求めすぎる

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

転職理由がはっきりしていない

多くの転職失敗者が共通しているのは、転職理由がはっきりしていないこと。

建設業界は多岐にわたる職種が存在し、それぞれに特有のスキルや経験が求められます。

自分が何を求め、どのようなキャリアを築きたいのかを明確にしなければ、自分にとって適切な職場を見つけることは困難です。

また、面接時に転職理由を問われた際、明確な答えがないと、採用担当者に悪い印象を与える可能性が高くなってしまうでしょう。

仕事を辞めてから転職活動を始めている

転職活動を始めるタイミングも、成功と失敗を分ける重要な要素です。

仕事を辞めてから転職活動を始める人は、時間的なプレッシャーに迫られ、焦ってしまい、転職後に後悔してしまうというリスクが高まります。

一方で、在職中に転職活動を行うことで、より多くの時間をかけて市場を研究し、自分に合った職場を見つけることができるでしょう。

仕事を辞めてから転職活動を始めることは、一見すると新しいスタートを切るためのクリアな方法のように思えますが、実際には多くのリスクを伴います。

転職はキャリアの大きな転機であり、慎重に計画することが成功への鍵です。そのため、可能な限り在職中に転職活動を行い、安定した状態で次のステップに進むことをお勧めします。

求める条件が多い

建設業界への転職において、自分が求める条件を明確にすることは重要ですが、同時に現実的な目を持つことも必要です。

求める条件が多すぎると、理想の職場を見つけることが困難になるでしょう。

転職活動を始める前に、給与、勤務地、勤務時間、キャリアアップの機会、企業文化など、自分が重視する条件をリストアップし、それらの優先順位を決めることが大切です。

しかし、すべての条件を完璧に満たす職場はなかなか存在しないため、最も重要な条件を数点に絞り込み、それ以外については柔軟に考える姿勢が求められます。

自分の実力に見合っていない企業を選んでいる

自己評価の誤りは、転職失敗の大きな原因のひとつです。

自分のスキルや経験を過大評価し、実力に見合わない企業を目指すと、採用される可能性はどうしても低くなってしまいます。

また、仮に採用されたとしても、実際の業務でのパフォーマンスが会社の期待に応えられない可能性があります。

自己分析をしっかり行い、自分の実力に合った企業を選ぶことが重要です。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

トレンドの働き方を求めすぎる

最近の働き方のトレンド、例えばリモートワークやフレックスタイム制度などにこだわりすぎることも、建設業界での転職では失敗の原因となってしまう可能性があります。

建設業界はプロジェクトによっては現場作業が必要なため、柔軟な働き方が難しい場合が多いです。業界の特性を理解したうえで、現実的な働き方を求めることが重要です。

以上のような建設業界への転職で失敗する人の特徴を理解し、避けることで、建設業界への転職成功の可能性を高めることができるでしょう。

次に、建設業界への転職を成功させるための具体的なコツを見ていきましょう。

建設業界の転職を成功させる5つのコツ

建設業界への転職成功のためには、以下の5つのコツを押さえることが重要です。

  • 転職の目的を明確にする
  • 条件にこだわりすぎない
  • 自分のスキル・経験を振り返る
  • 企業の情報をたくさん集める
  • 応募書類や面接の対策をする

これらを実践することで、建設業界での新たなキャリアを築くための強固な土台を作ることができます。

それぞれ詳しく解説していきます。

転職の目的を明確にする

転職を成功させるための最も重要なステップは、転職の目的を明確にすることです。

自分が何を求めているのか、どのようなキャリアを望んでいるのかを具体的に定めることで、これから目指すべき方向性がはっきりと見えてきます

これにより、自分自身が求める職種や企業を絞り込むことができるため、効率的な転職活動が可能になります。

また、面接時に自分の目的や目標、志望動機などを明確に伝えることができるため、採用担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

条件にこだわりすぎない

建設業界への転職では、理想と現実のバランスを見極めることも重要なポイントです。

給与、勤務地、勤務時間など、自分にとって重要な条件をいくつか決めることは大切ですが、同時に市場の状況を理解し、柔軟性を持つことも必要です。

特に、初めての業界転職の場合、多少の妥協が必要な場合も少なくありません。

理想の条件にこだわりすぎることなく、柔軟に対応していきましょう

自分のスキル・経験を振り返る

自己分析は転職成功の重要な鍵となります。

特に建設業界では、専門的な技術やこれまでの経験が重要視されるため、自分の持っているスキルやこれまでの経験を正確に把握し、それを活かせる職場を選ぶことが大切です。

自分の強みや弱みを理解し、それに基づいて転職先を選ぶことで、職場への適応と将来的な自分自身の成長が期待できるでしょう。

企業の情報をたくさん集める

転職先の企業について、できるだけ多くの情報を集めることも、転職成功のためには必要不可欠です。

企業の文化、過去のプロジェクト、社員の評判など、さまざまな角度から情報を収集することで、その企業が自分に合っているかどうかを判断する材料になります

また、面接時にその企業についての知識を示すことは、採用担当者に対して積極的な姿勢をアピールすることにもつながり、好印象を与えることにつながります。

応募書類や面接の対策をする

応募書類の準備や面接の対策は、転職活動において欠かせないだけでなく、採用担当者が採用か不採用かを決定する際に非常に重要な要素となります。

特に建設業界では、専門性を求められることが多いため、自分のスキルや経験を効果的にアピールする必要があります。

履歴書や職務経歴書は丁寧に作成し、面接では事前に準備をしっかりとおこない、自信を持って本番に臨むことが大切です。

カンタン
10秒診断

建設業への転職・就職でお困りの方へ

お悩み解決のために何が必要?

面接時に意識すべき4つのポイント

面接は転職活動においてとても重要なステップのひとつです。

以下のポイントを意識することで、面接官に良い印象を与え、成功に近づくことができます。

  • 服装や身だしなみに注意する
  • 時間を厳守する
  • ハキハキと話す
  • 質問には簡潔に答える

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

服装や身だしなみに注意する

面接時の第一印象は非常に重要です。

特に建設業界では、現場作業が多い職種の場合でも、面接時にはビジネスマナーを守ることが求められます。

清潔感のある服装と身だしなみで、真剣に転職を考えていることをアピールしましょう。

スーツを着用することが一般的ですが、企業によってはカジュアルな服装が許容される場合もありますので、事前にしっかりと確認することが大切です。

時間を厳守する

面接に遅れることは、非常にマイナスな印象を与えます。社会人として当然とも言える、時間管理能力がないと判断されてしまうでしょう。

時間管理能力も採用の際の評価の対象となるため、時間を厳守することは絶対です。

余裕を持って面接場所に到着することが望ましいでしょう。

万が一の交通機関のトラブルの可能性も考え、「早めに家を出る」「1本前の電車に乗る」などの対策をしましょう。

ハキハキと話す

明確で自信のあるハキハキとした話し方は、面接官に良い印象を与えます

特に建設業界では、現場でのコミュニケーション能力も重要視されるため、はっきりとした話し方を心がけましょう。

実際の面接の際は、緊張してうまく話せないこともあるかもしれませんが、事前にしっかりと練習をしておくことで、自信を持って話すことができるようになるでしょう。

質問には簡潔に答える

面接官の質問には、簡潔かつ的確に答えることが大切です。

長々と話し過ぎると、ポイントが伝わらなくなることがあります。また、話している途中で自分が言いたいことがなんだったのかがわからなくなってしまう可能性もあります。

採用面接においては、自分の言いたいことを簡潔にまとめ、簡潔に伝えることが重要です。

また、具体的な例を挙げて答えることで、自分の経験やスキルをより明確に伝えることができるでしょう。

まとめ

建設業界への転職は、しっかりとした準備と適切な戦略が必要です。

この記事で紹介した失敗する人の特徴を避け、成功のコツを活かして、あなたの転職活動が成功することを願っています。

建設業界は多くのチャンスがある業界です。自分に合った職場を見つけ、新たなキャリアを築いていきましょう。

転職は一つの大きな挑戦ですが、適切な準備と戦略をもって臨めば、その道は必ず開けるでしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関する求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討する人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事