【例文あり】建設業の転職で受かる志望動機を書くための3ステップ

建設業界への転職を考えているという方にとって、志望動機の書き方は非常に重要なポイントです。

採用担当者は、何十人〜何百人のエントリーシートや志望動機を確認します。平凡な志望動機はどうしても数に埋もれてしまうのです。

そこでこの記事では、採用担当者の目を引き、建設業界への転職を成功させるための志望動機の書き方や、建設業界の基礎知識に至るまで詳しく解説します。

実際に使える例文も用意しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

【志望動機を書くために】知っておきたい建設業界の基礎知識

建設業界への転職を考える際、まずは業界の基礎知識を理解することが重要です。

建設業界の基礎知識を、以下の項目に分けて詳しく解説します。

  • 建設業とは
  • 建設業界の動向
  • 建設業界の課題

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

建設業とは

そもそも建設業とは、建物や土木構造物の設計、施工、管理などを行う業界のことです。

一般的な住宅からマンション、商業施設、道路やダムなどの公共インフラに至るまで、私たちの生活基盤を支える重要な役割を担っています

建設業界と一言で言っても、様々な専門分野が存在しており、それぞれに特化した高い技術や知識が求められます。

例えば、建築、土木、電気、機械など、多岐にわたる分野が連携して大規模なプロジェクトを成し遂げているのです。

建設業界の動向

近年、建設業界は技術革新や労働環境の改善などが進んでいます。

特に、ICT技術の導入による生産性向上や、外国人労働者の活用が注目されています。

また、持続可能な開発目標(SDGs)への対応や、災害に強いインフラの構築など、社会的な要請に応える動きも活発です。これらの変化は、建設業界で働く人々に新たなスキルや知識の習得を求めています。

既存の建物の老朽化が進み、修繕などの維持管理や建て替えなどの需要が増加する見込みで、「建設バブル」はさらに加速すると言われています。

また、労働環境の改善も進んでおり、働きやすい職場環境の企業が増えてきています。

建設業界の課題

労働環境が改善される傾向にあるとはいえ、建設業界はいまだに、人手不足や技術者の高齢化など、多くの深刻な課題を抱えています。

深刻な人手不足の影響で、建設業界の多くの企業では残業や長時間労働が常態化している状況です。

これらの課題解決に向けた取り組みが、業界全体の成長につながると考えられています。

例えば、若手技術者の育成や女性の活躍推進、働き方改革などが進められています。また、環境に配慮した建設技術の開発や、安全管理の徹底も重要なテーマとなっています。

建設業界の志望動機の書き方3ステップ

建設業界への転職を成功させるためには、的確な志望動機の表現が不可欠です。ここでは、効果的な志望動機を書くための以下の3つのステップを紹介します。

STEP1:建設業界を選んだ理由を書く

STEP2:その企業を選んだ理由を書く

STEP3:その企業でどのように貢献できるか書く

それぞれのステップを具体的にみていきましょう。

STEP1:建設業界を選んだ理由を書く

建設業界への転職では、なぜ転職をしたいのか、なぜ建設業界を選んだのかを明確に伝えましょう。建設業界に対して感じている魅力や自身のキャリアプランとの関連性を示すことが重要です。

例えば、持続可能な社会の構築に貢献したい、最先端の技術を学びたい、具体的なプロジェクトに魅力を感じたなど、あなたの動機を具体的に述べることがポイントです。

STEP2:その企業を選んだ理由を書く

次に、志望する企業を選んだ具体的な理由を述べます。建設業界には多くの企業が存在しています。その中でも応募する企業の特色や文化、プロジェクトへの興味などを具体的に示しましょう

たとえば、その企業の持つ独自の技術や、社会貢献の姿勢、働く環境など、その企業が他と異なる点を強調することが重要です。

その企業を選んだ理由を明確に書くためには、丁寧なリサーチが欠かせません。常にアンテナを張って、さまざまな情報をキャッチできるようにしておきましょう。

STEP3:その企業でどのように貢献できるかを書く

最後に、自身がその企業でどのように貢献できるかを説明します。自分のスキルや経験を活かして、どのように価値を提供できるかを具体的に述べましょう

例えば、過去の経験から得た特定のスキルや知識が、どのように企業のプロジェクトやチームに貢献できるかを示すことがポイントです。

その企業に入社したいという気持ちを伝えることと同じくらい、自身を採用することのメリットを伝えることも重要なポイントなのです。

カンタン
10秒診断

建設業への転職・就職でお困りの方へ

お悩み解決のために何が必要?

建設業界への志望動機で他と差がつく3つのポイント

建設業界での転職を成功させるためには、他の応募者と差をつける志望動機が不可欠です。ここでは、そのための3つの重要なポイントを詳しく解説します。

  • 自分の強みをアピールする
  • 業界で求められている能力を理解する
  • 志望動機は簡潔に記載する

これらのポイントを押さえることで、あなたの志望動機はより際立ち、採用担当者に強い印象を与えることができるでしょう。

自分の強みをアピールする

あなたの強みや特技を明確にアピールすることは、志望動機を書く上で非常に重要です。

これまでの経験やスキル、成果などを具体的に述べることで、どのように企業に貢献できるかを示しましょう。

例えば、特定の建設技術に関する専門知識、プロジェクト管理の経験、チームを率いた実績、取得資格など、あなたの能力を具体的に示すことが重要です。

業界で求められている能力を理解する

建設業界で求められている能力や資質を理解し、それを自分の経験やスキルと結びつけて説明することが重要です。

例えば、建設業界では技術革新への対応、環境への配慮、安全管理の徹底などが求められます。

これらの業界のニーズに対して、あなたがどのように応えることができるかを示すことで、企業にとってのあなたの価値を高めることができます。

志望動機は簡潔に記載する

志望動機は、簡潔かつ明確に記載することが大切です。

長々とした説明よりも、ポイントを絞り込んで短くまとめることで、あなたのメッセージはより強く伝わります。

あなたがその企業を選んだ理由、その企業で何を成し遂げたいかを簡潔に述べることで、採用担当者にあなたの熱意と明確な目標を伝えることができるでしょう。

【経験・職種別】今すぐ使える志望動機の例文4パターン

いますぐ使える志望動機の例文を以下のパターンに分けて紹介します。

  • 建設業界未経験のケース
  • 設計職を志望するケース
  • 施工管理職を志望するケース
  • 営業職を志望するケース

実際に活用できるよう、具体的な例文を用意しました。

建設業界未経験のケース

建設業界で働いた経験がない場合、なぜ建設業界に興味を持ったのか、なぜ転職をしたいと思ったのかを具体的に説明しましょう。

【例文1】

建設業界の技術革新に魅力を感じ、新しいキャリアを築きたいと考えています。特に、貴社が推進するスマートシティプロジェクトに大きな関心を持っており、未経験ながらも新しい技術を学び、プロジェクトに貢献したいと思います。

【例文2】

建設業界の持続可能な開発に対する取り組みに深い関心を持っており、この分野でのキャリアを積みたいと考えています。特に、貴社の環境に配慮した建設技術に魅力を感じ、これらのプロジェクトに貢献することで、業界の発展に貢献したいと思います。

設計職を志望するケース

設計職を志望する場合、業界経験者か未経験者かで伝える内容が変わります。

建設業界経験者の志望動機

経験者の場合、業界での経験やスキルを明確に伝えることが大切です。

【例文】

貴社の持つ革新的な設計手法に深い関心を持っており、私のこれまでの経験と技術力を活かして、ユニークな建築物の創出に貢献したいと考えています。

以前はゼネコンの設計部門で住宅やマンションの設計を担当していました。現在は、一級建築士の資格取得に向けて準備を進めております。

貴社では、これまでの経験を基に、貴社の設計チームに新たな視点をもたらす自信があります。

建設業界未経験者の志望動機

建設業界未経験者の場合は、なぜ建設業界なのか、なぜその企業で仕事がしたいのかを具体的に記載しましょう。

【例文】

私はこれまで、地元企業で営業職として従事しておりました。地域への貢献をモットーに、日々の業務をこなしておりましたが、地域の方々の声を聞いているうちに、公共インフラの整備に関心を抱くようになりました。

中でも、田舎の道路は道幅が狭く、高齢者の運転が危険であると感じています。

記者は、地域に密着した建設コンサルティング企業であることから、私のモットーである地域への貢献が可能であると考えております。

さらに、未経験であっても土木設計としての知識やスキルを身につけられる環境にも魅力を感じ、志望いたしました。

施工管理職を志望するケース

施工管理の仕事は、チーム内での情報共有が重要。これまでの経験で培ってきたコミュニケーション能力などをアピールするといいでしょう

【例文】

建物や道路などを作る仕事に魅力を感じ、建設業界への転職を希望しました。

中でも貴社は地域でも大規模な道路工事やビル建設を担っており、私もそのチームの一員として活躍したいと考え、貴社を志望いたしました。

前職では、プロジェクトチームリーダーとしてチームをまとめ、プロジェクトを成功に導いた経験がございます。ここでは、チーム内での情報共有やコミュニケーションが何よりも大切であることを学びました。

施工管理の仕事では、チーム内でのコミュニケーションや情報共有が大変重要であると考えております。

私ならこれまでの経験を活かし、貴社のプロジェクトに貢献できると確信しております。

営業職を志望するケース

営業職は、建設業界の中で最も人と関わる仕事です。

クライアントと接することの多い営業職では、高いコミュニケーション能力が必須となります。

【例文】

直接クライアントと関わることのできる営業職に魅力を感じています。

前職でも営業職に従事しておりましたが、人と関わり、何かを届けることのできるこの「営業職」という仕事にやりがいを感じておりました。

貴社のプロジェクトの強みや特徴を理解し、それをクライアントに丁寧に効果的に伝えることで、新規事業の獲得に貢献したいと考えています。

これまでの営業経験を活かし、貴社のビジネスの拡大に貢献することをお約束いたします。

まとめ

建設業界への転職は、適切な志望動機の表現がカギとなります。

この記事で紹介した知識とテクニックを活用し、あなたの転職活動が成功することを願っています。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関する求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討する人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事