施工管理がブラック企業だといわれる7つの理由や、労働環境改善のコツ

施工管理はブラックな職種で、おすすめしないとよくいわれます。

しかし、建設現場を束ねる施工管理の仕事はやりがいもあり、ホワイトな環境になっているという意見があるのも事実です。

この記事では施工管理がブラックだといわれる理由、ブラック企業を避けてより良い会社へ転職するコツを紹介します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが
皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、
完全無料でサポートいたします!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

施工管理の主な仕事とは

ブラックといわれがちな施工管理ですが、どのような仕事をしているか理解しておきましょう。施工管理は以下4つの重要な仕事を担っています。

施工管理の主な仕事
  • 工程管理
  • 原価管理
  • 安全管理
  • 品質管理

工程管理とは工期に間に合うように工程管理をし、人員配置を調整する作業です。クライアントの信頼を損ねず損失につながらないよう、工期は絶対厳守されなければなりません。

そのためには、日々工程表の修正作業などを行いながら、進捗管理を徹底する必要があります。

同時に原価管理も施工管理の重要な仕事です。工事原価を常に管理しておかなければ見積り額と相違が生じ、施主とトラブルになりかねません。また、原価率が上がれば利益率が下がってしまうため、自社利益確保のためにも工事現場の資材や機械などの原価は徹底的に管理しています。

さらに工事現場で働く従業員の安全を守るための管理も欠かせません。安全帯やヘルメットの着用のチェックはもちろん、危険箇所への対策も施工管理が実施します。

成果物に損失があった場合は、施主が引渡し後に重大な損害を受けるリスクがあります。賠償問題に発展するリスクもあるため、日々工事や使用資材の品質チェックは欠かせません。

上記4つの業務の他、多大な事務作業などを施工管理は担当しています。

施工管理がブラックな仕事といわれる7つの理由

施工管理がブラックな仕事といわれる7つの理由を紹介します。

  1. 残業時間が多い傾向にある
  2. 週休2日になっていない場合が多い
  3. 業務の幅が広く作業量が多い
  4. 様々な人とのコミュニケーションによるストレスが多い
  5. 担当する現場が頻繁に変わる
  6. 現場のトラブル対応に追われることが多い
  7. 業務量の割に給料が少ない会社がある

残業時間が多い傾向にある

施工管理は残業時間が一般的な企業と比較して多い傾向にあります。施工管理の平均残業時間は30時間と、全業界の平均残業時間12.9時間を大きく超えています。(【参考】毎月勤労統計調査 令和6年1月分結果速報

施工管理は現場に出て巡回や各種管理を実施するだけでなく、現場作業が完了したあとで原価管理や工程表の修正、竣工図の作成などの事務作業をしなければなりません。現場が遠方であれば移動時間もかかってしまうためタイムロスも多く、残業が長くなる傾向にあります。

週休2日になっていない場合が多い

建設業界は週休2日制がまだ広く浸透していません。元々職人は日給制で、休日をとるほど稼げなくなるため休みを取りたがる人がいないこと、また工期が短く週休2日とる余裕がないことが原因です。

政府も週休2日を推奨していますが、義務化ではないため導入できる企業もまだそれほどありません。結果として十分に休息が取れない環境から、ブラックだといわれてしまいます。

業務の幅が広く作業量が多い

冒頭でも解説した通り施工管理の仕事は多岐に渡り、工事現場の全責任を担います。そのためこなす業務の幅が広くボリュームも多いため、業務負荷が非常に高い仕事です。もちろん現場監督を別において分業している企業もありますが、人手不足で施工管理の仕事を担当できる人材が確保できない場合は分業できません。

作業量の多さや業務の幅が広いため知識が求められることも、施工管理の労働環境が悪いというイメージを呼んでいます。

様々な人とのコミュニケーションによるストレスが多い

施工管理は社内外の人とコミュニケーションを取らなければならない場面が多く、対人面のストレスも多いです。たとえば、社内では先輩から厳しく施工状況や原価について叱責されることもあります。

また、現場で接する職人は頑固で感情の起伏が激しい人も多く、工事の進め方や工期について意見が入ることもあるでしょう。悪気はなくとも言い方がきつい人も多いので、気の弱い人や経験が浅い施工管理はストレスを感じるはずです。

そのほか関連業者との打ち合わせで神経を使ったり、工事現場から発生する振動や騒音について近隣住民から苦情を受けて落ち込むこともあるでしょう。このように施工管理はコミュニケーションによるストレスも多く、きつい・やめたいと思う人も多いです。

担当する現場が頻繁に変わる

工事規模によっては工期が数ヶ月などと短いため、担当する現場が頻繁に変わることもあります。また遠方の工事現場の場合は通勤が難しいため、会社で借りた住宅へ一人で住み込みしなければなりません。頻繁に勤務地が変わるため最初のうちは気分転換になりますが、慣れてくると生活が落ち着かないと感じる人が多いようです。

特に家族がいる場合に遠方の現場へ派遣されると、単身赴任になるため家族との時間も十分に取れません。仕事がプライベートを侵食してくる感覚を覚え、辛さを感じる人もいます。

現場のトラブル対応に追われることが多い

工事現場では、さまざまなトラブルが発生します。資材の搬入ミスやトラブルで工程を遅らせざるを得なかったり、職人同士の喧嘩が発生することもあります。また、近隣住民から工事に関してのクレームが起きて、対応に追われる自体も起きるでしょう。

現場のトラブルによって工程に遅れが生じると工期に間に合わなくなるため、施工管理は日程調整や人員の割り振りを再調整しなければなりません。また職人同士のトラブル対応で工事が止まった場合も同様です。クレームの場合は会社へ報告し、近隣住民の理解が得られるように説得し、場合によっては上長を伴い自宅へ謝罪に行くなど時間を取られます。

ただでさえ短い工期の中でいろいろなトラブルが起きるので、施工管理はトラブル対応に追われ、その後の日程調整などで多忙になってしまいます。トラブルが起きたからといって自分の仕事を誰かが代わりにやってくれるわけではないため、結果的に業務が増えるだけになってしまい、多忙さが加速してしまうでしょう。

業務量の割に給料が少ない会社がある

厚生労働省が運営する「jobtag」によると、施工管理の平均年収は620万円です。しかし、なかには業務量と割に合っていないと感じている人もいます。

たとえば「jobtag」の年齢別年収統計を見ると、20代の施工管理の年収は300万円未満から400万円程度であり、決して給料が高いとはいえません。施工管理の年収は経験やスキル、資格によって上がっていくため、若いうちは給料が安く若者にとっては魅力が低いでしょう。

また会社規模によっては資格手当が出ない、ベースの給与が低いなどの理由で給料が安く思ったような年収を得られないことがあります。膨大な業務を抱えている点では同じですが、経験や会社の規模によっては給与が低く、金銭面でのやりがいを感じられないためブラックだといわれてしまいます。

施工管理としてブラック企業に転職することを回避するには?

施工管理としてブラック企業を避けて転職を成功させる方法は5つあります。

  1. 休日が週に何回あるか確認する
  2. みなし残業の多さを求人票で確認する
  3. 転職サイトなどの口コミを見る
  4. ホワイトな会社の特徴を知っておく
  5. 転職サイトでホワイトな施工管理の仕事へ転職する

休日が週に何回あるか確認する

求人票でチェックすべきは、週に何回休日を取得できるかです。

週休2日制を導入している企業は働き方や労働時間への意識が高く、従業員へ積極的に休みを取得するよう促している企業と判断できます。

仮に休日出勤があっても代休が取得できるなど、施工管理が休息をとれる会社のため労働環境も良い場合が多いです。

みなし残業の多さを求人票で確認する

もう1つ注目すべきは、みなし残業についてです。みなし残業の時間が多い会社はそもそも想定される残業時間が長い傾向にあります。

そのため、転職後に今より労働時間が増えて残業せざるを得ない場合もあるでしょう。

みなし残業が40時間分など、極端に長い会社は避けるようにしてください。

転職サイトなどの口コミを見る

求人票の内容だ毛でなく、転職サイトで企業の口コミもチェックしましょう。

企業の口コミは匿名性で、実際に働いている人や退職済みの人が会社の内情について投稿しています。

実際は残業が多く、タイムカードを切ってサービス残業をしなければならない、出世のためには上司へ媚びなければならないなど、はっきりと会社の問題点を指摘している口コミもあります。

求人票では読み取れない会社のブラック度がわかるので、口コミも活用しましょう。

ホワイトな会社の特徴を知っておく

そもそもブラックな会社を避けるためには、ホワイト企業の特徴を把握しておかなければなりません。

ホワイト企業の特徴は離職率が低く、勤続年数が長い会社です。その他休日取得や建築DXによる効率化を図っている会社はホワイトといえます。

上場している会社なら有価証券報告書等で離職率や平均勤続年数は確認できるので、事前に確認しておきましょう。

転職サイトでホワイトな施工管理の仕事へ転職する

志望する企業が本当にホワイトかどうか求人票の内容だけでは不安があるでしょう。その場合は、建設業界に強い転職サイトやエージェントを使ってホワイト企業の情報を収集してください。

転職サイトやエージェントには多数の求人が集まっているだけでなく、スタッフも建設業界の内情に詳しいです。特にエージェントは対面で細かな会社の社風についても質問できるので、初めて転職する方におすすめです。

まとめ

施工管理はブラックな職種といわれがちですが、全ての企業がブラックではありません。確かに中小の建設事業者は建設DXの遅れなどもあり、まだまだ労働時間が長く環境が整っていない傾向にあります。

施工管理としてよりホワイトな環境で働くには、ブラック企業を回避するコツを把握しておきましょう。残業時間や休日取得推奨について求人票でチェックしたり、口コミや建設業の転職サイトやエージェントの活用で、今より良い環境で施工管理として働けるはずです。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが
皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、
完全無料でサポートいたします!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事