施工管理は朝が早い?早起きの理由と朝が苦手な人への対処法を紹介

「施工管理は朝が早いって聞くけど、実際のところどうなの?」

「これから施工管理として仕事をしたいけど、朝が早いのは辛いな…」

こんな風に思っているという方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「施工管理は朝が早い」は本当なのかや、施工管理の1日のタイムスケジュール、「施工管理は朝が早い」を回避する方法などについて詳しく紹介していきます。

最後に、朝が早いのが苦手な人への対処法についても紹介しているので、これから施工管理を目指していて、朝が早いのが苦手という方はぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

【結論】施工管理は朝が早い

結論から言うと、施工管理の朝は早いです

一般的な会社の多くは、朝礼が9時からおこなわれることが多いのに対し、建築工事現場の朝礼は朝8時におこなわれることが多いためです

現場ごとに勤務地が変わり、通勤時間が長くなることも朝が早い理由として挙げられます。

同じ会社内であっても、営業や見積もりなどの内勤とは違い、現場での作業をする施工管理は朝が早い傾向にあります。

施工管理の朝が早い3つの理由

施工管理の朝が早い主な理由は以下の3つです。

  • 朝礼の準備が必要だから
  • 現場によっては通勤時間が長くなるから
  • 早出作業があるから

これらは全て、施工管理ならではの朝が早くなる理由です。それぞれの理由について項目ごとに詳しく解説していきます。ひとつずつ順番に見ていきましょう。

朝礼前の準備が必要だから

前述の通り、建築現場での朝礼は朝8時におこなわれることが多いです。

それだけでも一般的な会社より1時間程度早いですが、施工管理は朝礼よりも前に出勤し、朝礼の準備をする必要があります。さらに、現場のゲートや作業員の休憩所の鍵を開けるのも施工管理の仕事。誰よりも早く現場に入らなければなりません。

その日の工事が安全かつスムーズにおこなえるように、事前の準備をする必要があるのです。

そのほかにも、始業前のメールチェックや事務作業、事務所の清掃が必要な場合もあり、さらに朝早くなることもあります。

現場によっては通勤時間が長くなるから

施工管理の仕事は、現場ごとに勤務地が変わります。

そのため、自宅から遠い現場を担当する場合はどうしても朝早く起きなければなりません

場合によっては、通勤に2時間近くかかる現場の担当になることも。施工管理は8時の朝礼よりも早く出勤し、準備をしなければならないので、通勤に2時間かかる場合、どんなに遅くとも朝5時半頃には自宅を出発する必要があるということになります。

地域によっては、渋滞などの交通状況も考慮しなければならない場合もあるため、通勤に対するストレスが大きくなってしまいます。現場が変わる度に通勤にかかる時間も変わるため、睡眠時間や起床時間が不規則になりがち。不規則な生活が原因で体調を崩してしまうことも少なくありません。

早出作業があるから

現場での工事の進捗状況や工事の内容などによっては、早出をして作業をしなければならないこともあります。

建設現場での工事は、悪天候などの理由で遅れていたとしても、納期には必ず間に合わせなければなりません。そのため、工事に遅れが出ている場合、朝早く出勤するか、残業や休日出勤をせざるをえないのです。

早出作業が必要な状況の場合、より朝が早くなってしまう可能性が高いです。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

施工管理の1日のタイムスケジュール

では、実際に施工管理はどのようなタイムスケジュールで仕事をしているのでしょうか。

以下の表に、施工管理の1日のタイムスケジュール例をまとめました。

7:00出勤・朝礼の準備や事務作業
8:00朝礼
8:30工事開始・現場の巡回や写真撮影、作業員への指示など
12:00昼休憩
13:00昼礼・業者やクライアントとの打ち合わせ、現場の巡回、事務作業など
17:30工事終了・事務作業
20:00退勤

実際の仕事の内容は、工事の内容やその日の状況によって変わってきます。

会社によっては、一度本社や事務所などに出社してから現場に向かう場合もあります。

一度出社する必要がある場合でも、8時の朝礼前に現場に到着しなければならないため、さらに朝が早くなります。

「施工管理は朝が早い」を回避する方法

施工管理が朝早い理由を紹介しましたが、回避する方法はあるのでしょうか。

「施工管理は朝が早い」をできるだけ回避するための方法を4つ紹介します。

  • 自宅から近い現場が多い会社を選ぶ
  • 営業や積算などの職種に応募する
  • 働き方改革を推進している会社を選ぶ
  • ハウスメーカー系の会社を選ぶ

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

自宅から近い現場が多い会社を選ぶ

施工管理の朝が早い理由のひとつに、自宅から現場が遠く通勤時間が長いことが挙げられます。自社で担当する工事現場のエリアが散在していると、自宅や本社から遠い現場になることもあるため、朝早く起きて出勤しなければなりません。

こういったことを回避するには、地域に密着した会社に入るという方法があります。地域に密着している会社なら、担当する工事のエリアが限られるので、出勤のために極端に早起きをしなければならないということはなくなります。

施工管理として仕事をしたいなら、事前にどのエリアの工事を請け負っているのかなどを確認しておくといいでしょう

営業や積算などの職種に応募する

施工管理という仕事にこだわりがなければ、営業や積算といった仕事に転職するという方法も。建設会社の内勤業務には以下のようなものがあります。

  • 営業職
  • 積算
  • 工事管理
  • 事務職

上記のような職種であれば、基本的に現場での仕事はなく、作業員よりも早く出勤しなければならないということもありません。

ほとんどの建設会社は、施工管理の人手不足に頭を抱えています。そのため、施工管理として働いていて、その会社で内勤などへの異動願いを出しても、その希望が通る可能性は低いでしょう。

今施工管理として働いていて、朝が早く内勤業務に移りたい場合、転職を検討してみてもいいでしょう。

働き方改革を推進している会社を選ぶ

施工管理として長く元気に働き続けるためには、働き方改革を推進し、ワークライフバランスが取れている会社を選ぶことが重要です。

具体的には、「週休二日制」や「残業時間が短い」ことなどが挙げられます。

働き方改革を推進している会社のほとんどは、土日休みや時間外労働に対する制限を取り入れて、社員が働きやすい環境を整えてくれています。

そのため、業務上でのストレスは比較的少なく、朝が早い場合でも体調を崩すことなく元気に働くことができるでしょう。

ハウスメーカー系の会社を選ぶ

ゼネコンや大手建設会社の朝は早いです。多くの会社が朝礼を朝の8時に設定しています。

一方のハウスメーカー系の会社は、比較的朝がゆっくりとしていることが多いです。

特に地域に密着したハウスメーカーや工務店であれば、大手と比べて管理する項目が少ないうえ、エリアも限定されるため、極端に早く出勤する必要がなく、通勤にかかる時間も比較的短くて済むでしょう。

朝9時に朝礼を設定しているハウスメーカーも少なくないため、朝が早いのが苦手なのであれば、ハウスメーカー系の施工管理に応募するのもひとつの方法と言えるでしょう。

朝が早いのが苦手な人の対処法

「施工管理は朝が早い」を回避する方法を紹介しましたが、それでも朝早く出勤しなければならない場合もありますよね。そこで、朝が早いのが苦手な人へ、以下の4つの対処法を紹介します。

  • 寝る前に食べすぎない
  • 朝食は必ず食べる
  • 眠る環境を整える
  • 寝る前のカフェイン摂取・喫煙を控える

朝が苦手な人は、体内時計が夜型になっていたり、睡眠不足や睡眠の質が悪かったりという特徴があります。

寝る前に食べすぎない

寝る前に食べたものは、寝ている間に胃の中で消化されます。睡眠中も身体が活発に活動している状態になってしまうため、夜中に目が覚めたり眠りが浅い原因になってしまったりします。

夕食の時間を早くしたり、夜食を食べないようにしたりといった対処法が効果的です。どうしても遅い時間に夕食をとらなければならない場合は、よく噛んで食べることで食べ過ぎを防ぐことができます。

朝食は必ず食べる

朝が苦手だと、ついつい朝食を食べずに出かけてしまいがちですよね。

しかし、人間は朝食によって睡眠中に使われたエネルギーを補い、体温を上げているのです。

朝食を食べないと、頭がボーっとしたり集中力の低下につながったりします。どんなに忙しい朝でも、朝食は必ず食べるようにするといいでしょう。

眠る環境を整える

眠る環境が整っていないと、夜中に目が覚めたり睡眠が浅い原因になったりします。

寝室の温度や湿度、光や音、さらには寝具の温度や枕の高さなど、改善できるポイントはたくさん。

自宅の寝室で改善できるところはないか、今一度確認してみましょう。

寝る前のカフェイン摂取・喫煙を控える

カフェインには、覚醒作用があり、寝る前に摂取すると寝入りや睡眠の質を悪くする可能性があるため、控えましょう。利尿作用により、夜間のトイレ回数が増えることも、睡眠を邪魔する原因になります。

また、タバコに含まれるニコチンにも覚醒作用があるため、寝る前には控えた方がいいでしょう。

日々の生活リズムを整え、メリハリのある睡眠を取ることが何よりも大切です。朝が苦手という人は、ぜひ実践してみてくださいね。

まとめ

施工管理は、工事現場の管理者であるため誰よりも早く出勤して朝礼の準備やその日の工事がスムーズに進むよう環境を整える必要があります。

また、現場によって出勤場所が変わるのも施工管理が朝早くなりがちな理由。生活リズムが不規則なので体調を崩す人も少なくありません。

朝が苦手な人にとっては、きついと感じることが多いのは事実です。

それでも施工管理として働きたいというのであれば、今日紹介した「施工管理は朝が早い」を回避する方法や朝が早いのが苦手な人の対処法などを参考に、実践してみてくださいね。

おすすめの記事