「造園業はやめとけ」と言われる5つの理由!向いている人・向いていない人を解説

自然と向き合い美しい空間を演出する、職人の技が光る仕事「造園業」。

お客さんから喜ばれることも多い職業でもあるため、今後のキャリアを造園業界でと考えている方も多いかと思いますが、造園業についてリサーチしていると、「造園業はやめとけ」という否定的な意見を目にすることも少なくありません。

この記事では、造園業の仕事内容に触れながら、「造園業はやめとけ」と言われる理由と、造園業への転職を失敗しない・後悔しないためのポイントについて解説していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

「造園業はやめとけ」と言われる5つの理由

「造園業はやめとけ」と言われる主な理由としては、

  • 年収の水準が低い
  • 季節や天候の影響が大きく収入が不安定になりやすい
  • 労働環境が厳しい
  • 職人気質の気難しい人が多い
  • 花粉や虫に悩まされることが多い

などがあげられます。

造園業に進むべきかどうかは、これらの理由について正しく把握し、容認できるかどうかを考慮しながら検討するようにしなくてはいけません。

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

1. 年収の水準が低い

厚生労働省が公表しているデータによると造園業の平均年収は約360万円となっていますが、労働者全体の平均年収が458万円であることを考えると造園業の給与水準は低いと言わざるをえません。

360万円という数値には、若手だけでなくベテランの職人の年収も含まれますが、そう考えると年収の水準は相当低いと考えられます。

やりがいや楽しさなど仕事に求めるものや重視するポイントは人それぞれですが、いくらやりがいや楽しさを感じられる仕事であっても、給与水準が低ければ続けることはできないので、「造園業に進むのはやめとけ」「造園業はやめといた方がいい」と言われるわけです。

出典1:職業情報提供サイト job tag

出典2:令和4年分 民間給与実態統計調査

2. 季節や天候の影響が大きく収入が不安定になりやすい

造園業は季節や天候の影響を受けやすい仕事でもあります。

造園業の業務は多岐にわたりますが、雨の中では行うことができない業務がほとんどです。

雨が降ったときには作業が中止となることが多く、急な雨によって仕事がキャンセルになったり延期になることは珍しくありませんし、梅雨など雨の多い時期には作業できない日が続くこともあります。

また、木が成長しづらくなる冬の季節には依頼自体が少なくなることも。

季節や天候に仕事や依頼の量が左右されやすく、収入が安定しづらいという側面があるため、「やめとけ」と言われやすくなっています。

3. 労働環境が厳しい

造園業は労働環境が厳しい仕事でもあります。

造園業の仕事は外での作業がメインとなるため、夏は炎天下の中で業務をこなさなくてはいけませんし、冬は寒空の下で仕事をしなくてはいけません。

夏場は熱中症に注意が必要ですし、冬場は寒さで手先がかじかんで仕事にならないと感じることもあるでしょう。

また、木の剪定を行うときには脚立やはしごを用いて高所で作業することになるため、落下して怪我をする可能性もあります。

労働環境が厳しい上に危険と隣り合わせの仕事でもあるため、「造園業はやめとけ」と言われやすくなっています。

4. 職人気質の気難しい人が多い

転職先にもよりますが、造園業界は建設業界などと同じく職人の世界であるため、職人気質の気難しい人が多いという側面もあります。

職人気質の人が悪いというわけではありませんが、コミュニケーションがうまくいかずにやきもきさせられることも珍しくありません。

職人の世界は見て学ぶという考え方が浸透しているため、アドバイスをもらえなかったり、指導してもらえなかったりする可能性がある点にも注意が必要です。

一方で体育会気質が色濃く残る業界でもあるため、厳しい指導を受ける可能性もあります。

職人の世界で働いた経験がある人にとっては気にならない部分ではありますが、そうでない人にとってはかなり厳しい部分になるため、「やめておいた方がいい」と言われる傾向があります。

5. 花粉や虫に悩まされることが多い

造園業は草木や花を扱う仕事なので、業務を行っていくなかで花粉や虫に悩まされることも少なくありません。

杉の木など花粉が発生しやすい木を扱うときは特に注意が必要になりますが、花粉症の人だとまともに作業を行えない可能性がありますし、造園業に転職したことがきっかけで花粉症になってしまう人も少なくありません。

また、虫が出たからといって作業を避けたり止めたりすることはできないので、虫が苦手な人にとってはとても過酷な環境だと言えるでしょう。

造園業の5つのやりがい

造園業には、自然との触れ合いや目に見える成果など、他の職業では得られない特有のやりがいが存在します。ここでは、その5つのやりがいについて紹介します。

  • 自然との触れ合いと癒し
  • 目に見える成果の達成感
  • 植物の知識とスキルの習得
  • 独立後の自由な働き方
  • 地域社会への貢献

自然との触れ合いと癒し

造園業の大きな魅力の一つは、自然と直接触れ合う機会が多いことです。仕事を通じて、四季折々の変化を直に感じることができ、自然の美しさや生命力に触れることで心身ともにリフレッシュできます。

春には花が咲き、夏には緑が生い茂り、秋には紅葉、冬には雪景色と、季節ごとに異なる景観を楽しむことができます。

また、植物の手入れを通じて自然との一体感を感じることができ、精神的な癒しを得られます。このような環境で働くことは、日常のストレスを軽減し、心地よい仕事環境を提供してくれます。自然の中で働くことで、日常の疲れやストレスから解放される瞬間が多く訪れるのは、造園業ならではのやりがいです。

目に見える成果の達成感

自分の手がけた仕事が目に見える形で残るという点も、造園業のやりがいの一つです。庭園や公園を設計し、整備する過程で、時間と労力をかけた成果が美しい景観として具現化されます。

この成果は、訪れる人々に楽しんでもらえるため、大きな達成感を得ることができます。特に、長期間にわたって手入れを続けることで、その美しさが増していく様子を見守ることができるのは、造園業ならではの喜びです。

さらに、自分の仕事が地域社会に貢献していると実感できることも、達成感を高める要素となります。このように、目に見える形で成果が残ることは、造園業の大きな魅力です。

植物の知識とスキルの習得

造園業では、多種多様な植物に関する知識を深めることができます。植物の特性や季節ごとの管理方法を学び、実際の作業を通じてスキルを磨いていくことができます。

この知識とスキルは、仕事だけでなく、プライベートでも活用することができ、ガーデニングなどの趣味としても楽しめます。例えば、庭木の剪定技術や病害虫の対策など、実用的な知識が身に付くため、自宅の庭も美しく保つことができます。

また、植物の成長過程を観察し、適切なケアを施すことで、植物に対する深い理解と愛情が育まれます。このように、植物に関する知識とスキルを習得することは、造園業の大きなやりがいです。

独立後の自由な働き方

造園業では、経験を積んで独立することで、自分のペースで働くことができるようになります。独立すれば、仕事の受注やスケジュール管理を自分で行うため、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。繁忙期には集中して働き、閑散期には休暇を取るなど、自分の裁量で働けることは大きなメリットです。

さらに、独立後は収入の上限も自分の努力次第で大きく変わるため、やりがいと共に経済的な安定も得られる可能性があります。また、自分の理念やデザインを自由に反映させることができるため、クリエイティブな仕事を追求することも可能です。このように、独立後の自由な働き方は、造園業の大きな魅力です。

地域社会への貢献

造園業は、地域社会に貢献できる仕事でもあります。公共施設や公園、学校の庭園など、地域の人々が利用する空間を美しく整備することで、住民の生活環境を向上させることができます。

さらに、地域のイベントやボランティア活動に参加することで、地元の人々と交流を深める機会も増えます。地域に根ざした仕事をすることで、自分の仕事が直接地域社会に役立っていることを実感できるのは、大きなやりがいです。また、環境保護や緑化活動を通じて、持続可能な社会の実現に貢献することもできます。

このような地域社会への貢献は、造園業の重要なやりがいの一つだといえます。

造園業に向いていない人の特徴5選

造園業への転職で失敗しないための3つのポイント

造園業には特有の厳しさがあります。ここでは、造園業に向いていない人の特徴を紹介します。

  • 植物が好きではない・植物に興味がない人
  • 虫が苦手な人
  • 体力に自信がない人
  • 引っ込み思案で自分からコミュニケーションをとるのが苦手な人
  • インドア派な人

植物が好きではない・植物に興味がない人

造園業は、日常的に植物と触れ合う仕事です。植物に興味がない人や、そもそも植物が好きではない人には、造園業の仕事は辛いものになるでしょう。植物の成長や季節ごとの変化を楽しめないと、モチベーションを維持することが難しくなります。

造園業では、植物の管理や手入れが主な業務の一部を占めるため、植物に対する愛着や興味が不可欠です。さらに、植物の病気や害虫の対策をする場面も多く、その際には専門的な知識が求められます。植物に対する関心がなければ、これらの業務に対する意欲も湧かないでしょう。

虫が苦手な人

造園業では、外での作業が多いため、虫と出会う機会も多くなります。特に夏場には蚊や蜂、アブラムシなどが頻繁に現れます。虫が苦手な人にとっては、これらの存在がストレスとなり、仕事に集中できない原因になります。作業中に虫が寄ってきても動じない精神力が求められます。

また、時には害虫駆除の仕事も発生します。毛虫や蜘蛛など、見た目に抵抗を感じる虫を処理しなければならないこともあるため、虫に対する耐性がないと、造園業は難しい職種と言えるでしょう。

体力に自信がない人

造園業は、屋外での肉体労働が中心となるため、体力が求められる仕事です。重い道具を持ち運んだり、土を掘ったりする作業が日常的にあります。体力に自信がない人は、長時間の労働や暑さ寒さに耐えることが難しいかもしれません。特に夏場の炎天下での作業は非常に過酷で、熱中症のリスクもあります。

また、冬場の寒い時期でも屋外での作業が必要となるため、体力だけでなく、健康管理も重要です。体力がないと、仕事が続かず、怪我のリスクも高まるため、体力に自信がない人には向いていない職種です。

引っ込み思案で自分からコミュニケーションをとるのが苦手な人

造園業は、一人で黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、実際にはチームで動くことが多い仕事です。お客様とのコミュニケーションや、現場でのチームワークが求められます。引っ込み思案で自分から積極的にコミュニケーションをとるのが苦手な人にとっては、現場での意思疎通が難しくなることがあります。

また、作業の進捗や問題点を報告する際にも、適切なコミュニケーション能力が必要です。コミュニケーションが苦手だと、仕事の効率が悪くなり、ミスが発生しやすくなるため、向いていないと言えます。

インドア派な人

造園業は、屋外での作業がほとんどを占めます。インドア派な人にとっては、日常的に外で働くことは大きなストレスとなるでしょう。屋内での仕事と比べて、天候に左右されることが多く、暑さや寒さ、雨風などの自然環境に対応しながら作業を進めなければなりません。インドア派な人は、快適な環境で働くことを好むため、屋外での過酷な環境に耐えることが難しいでしょう。

また、虫や動物との遭遇も避けられないため、屋外での作業に対する抵抗感が強い人には、造園業は向いていない職種です。

造園業に向いている人の特徴4選

造園業は自然と触れ合い、美しい景観を創り出す仕事です。この仕事に向いている人には特定の特徴があります。以下に、造園業に適した4つの特徴を挙げます。

  • 植物が好きな人・植物に興味がある人
  • 美的センスを活かしたい人
  • 体力がある人・体を動かすのが好きな人
  • どんな人とでも自分から積極的にコミュニケーションを図れる人

植物が好きな人・植物に興味がある人

造園業では日常的に植物と触れ合うため、植物が好きな人や興味がある人にとって非常に魅力的な職業です。植物の成長を見守り、四季折々の変化を楽しむことができるため、日々の仕事に喜びを感じられるでしょう。

植物に関する知識を深めることができ、例えば、庭木の剪定方法や病害虫の対策など、実用的なスキルを習得する機会も豊富です。これらの知識は仕事だけでなく、趣味としてのガーデニングにも活かせます。植物への愛情と興味が、造園業のやりがいを倍増させます

美的センスを活かしたい人

造園業は、美しい庭園や景観を設計・創造する仕事です。そのため、美的センスが求められます。庭園のデザインや植物の配置を考える際に、自分の美的感覚を活かして独創的な景観を作り出すことができます。

例えば、庭の一部を和風庭園にするのか、それとも洋風ガーデンにするのかを決めたり、色とりどりの花々をどのように配置するかを考えたりする場面では、美的センスが重要です。

また、お客様の要望を汲み取りながら、プロフェッショナルとしての提案をすることで、より魅力的な庭園を提供できます。美的センスを持つ人にとって、造園業は自己表現の場となります

体力がある人・体を動かすのが好きな人

造園業は体力を必要とする仕事です。屋外での作業が多く、重い資材を運んだり、土を掘ったりすることが日常的にあります。そのため、体力がある人や体を動かすことが好きな人に向いています。

特に夏場の炎天下や冬の寒空の下での作業は過酷であり、体力と持久力が求められます。また、長時間の立ち仕事や、中腰での作業も多いため、強い体力が不可欠です。体を動かすことが好きな人にとって、造園業は非常に充実した仕事となるでしょう

どんな人とでも自分から積極的にコミュニケーションを図れる人

造園業では、お客様や同僚とのコミュニケーションが重要です。依頼主の希望を聞き取り、それを実現するために適切な提案をする必要があります。

また、現場ではチームで動くことが多く、円滑なコミュニケーションが作業の効率を高めます。積極的にコミュニケーションを取ることができる人は、こうした環境でのびのびと働くことができます。お客様との打ち合わせや、現場での指示出し、進捗報告など、コミュニケーションが仕事の質を左右するため、コミュニケーション能力が高い人は造園業に向いています。

コミュニケーション能力を活かして、チームワークを高めることができる人にとって、造園業は理想的な職業です

造園業への転職で失敗しないための3つのポイント

造園業への転職で失敗しないためには、失敗しないためのポイントや転職して後悔しないためのポイントを押さえ、その上で転職活動にのぞむことが重要です。

造園業への転職で失敗しないために押さえておくべき主なポイントとしては、

  • 業界の特徴を理解しておく
  • 造園業に向く人と向かない人を把握しておく
  • 会社選びで失敗しないようにする

の、3点があげられます。

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

業界の特徴を理解しておく

造園業への転職で失敗しないためには、事前に業界のことをしっかりと把握しておくことが大切です。

業界のことを把握せずにイメージだけで転職を進めてしまうと、転職してから「こんなはずじゃなかった」「イメージしていたのと違う」ということになりかねません。

この記事で紹介した造園業の主な業務内容や業界の特徴はもちろん、「造園業はやめとけ」と言われる理由や造園業ならではの厳しいところまでしっかりと把握しておきましょう。

その上で本当に造園業界に進むべきかどうか考えるようにすると、転職後にギャップを感じる可能性が低くなり、失敗や後悔につながりにくくなります。

造園業に向く人と向かない人を把握しておく

転職で失敗するのを避けるためには、その業界に自分が向いているかどうかについても考える必要があります。

例えば、

  • 植物が好きな人・植物に興味がある人
  • 体を動かすのが好きな人
  • どんな人とでも自分から積極的にコミュニケーションを図れる人

などの条件に当てはまる人は造園業に向いているので、多少厳しいことやツラいことがあっても乗り越えて造園業界で頑張っていけるはずです。

一方、

  • 植物が好きではない・植物に興味がない人
  • 虫が苦手な人
  • 体力に自信がない人
  • 引っ込み思案で自分からコミュニケーションをとるのが苦手な人

などの条件に当てはまる人は、転職したことを後悔する可能性が高いと言えるため注意が必要です。

いくら造園業という仕事に魅力を感じているとしても、これらの条件に当てはまってしまう人は造園業に向いていない可能性が高いので、造園業界への転職はあまりおすすめできません。

向いていない人の条件に一つでも当てはまってしまうようであれば、本当に造園業界に進むべきなのかを今一度考え直す必要があると言えます。

会社選びで失敗しないようにする

造園業を営んでいる会社はたくさんあり、それぞれ特徴が異なります。

また、会社によって給与水準や待遇、働きやすさなども異なるため、転職で失敗したり後悔したりしないようにするためには、会社選びでの失敗を避け、良い会社に入社することも重要になってきます。

造園業への転職は、造園業界に強い転職サービスを利用し、サポートしてもらいながら進めるのが一番です。

転職エージェントであれば担当者にサポートしてもらいながら転職活動を進められるので、ぜひ積極的に活用するようにしてください。

まとめ

「造園業はやめとけ」と言われる主な理由としては、

  • 年収の水準が低い
  • 季節や天候の影響が大きく収入が不安定になりやすい
  • 労働環境が厳しい
  • 職人気質の気難しい人が多い
  • 花粉や虫に悩まされることが多い

などがあげられます。

また、

  • 植物が好きではない・植物に興味がない人
  • 虫が苦手な人
  • 体力に自信がない人
  • 引っ込み思案で自分からコミュニケーションをとるのが苦手な人

といった条件に当てはまる人は造園業には向いていない可能性が高いと言えるでしょう。

「造園業はやめとけ」と言われる理由が引っかかる方や造園業に向いていない人の特徴に当てはまってしまっているという方は、造園業に転職したことを後悔する可能性が高いので、本当に造園業に進むべきかを検討し直すべきです。

ただ、紹介してきたとおり魅力的な仕事であるのは間違いありませんし、転職する企業選びで失敗しなければ後悔する可能性は低いとも言えるので、造園業に興味のある方は転職を真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事