施工管理は転職しやすい?4つの有利な理由と転職成功のポイント

「施工管理として働いているが、転職したい」

「施工管理は転職しやすいのか知りたい」

このように施工管理として働いている人のなかには、転職を検討している人もいるでしょう。施工管理の仕事を通して身につけたスキルは、他業界でも重宝される可能性があり、そのため転職しやすい傾向にあります。

本記事では、施工管理から転職しやすい理由や転職を成功させるためのポイントやおすすめの業種を紹介します。

・有名企業の限定求人情報を紹介!
・レジュメ作成やスケジュールも完全サポート!
・場所により面接への同行も可能!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理からの転職がしやすい理由

施工管理からの転職がしやすい理由は、以下の4つです。

  • コミュニケーション能力が身につくから
  • リーダーシップが身につくから
  • 柔軟な対応力が身につくから
  • マネジメント能力が身につくから

それぞれ詳しく解説します。

コミュニケーション能力が身につくから

転職がしやすい理由の一つに、コミュニケーション能力が身につくことが挙げられます。

四大管理と言われる施工管理の仕事では、職人や取引先企業、社内の他部署、近隣住民など多くの人とコミュニケーションを取らなければなりません。たとえば、品質管理の指導・監督を行うには、現場で働く職人とコミュニケーションをとる必要があります。

大切な内容を伝えないといけない時もありますし、近隣住民からクレームが入った場合は、丁寧に説明しなければなりません。

さまざまな人と関わることになる施工管理の仕事だからこそ、他業種でも重要視されているコミュニケーションスキルが向上するのです。

リーダーシップが身につくから

施工管理から転職がしやすい理由として、リーダーシップが身につくことも挙げられます。

施工管理の仕事では、ほかの社員や職人に指示・指導して、まとめる力が求められます。そのため、リーダシップが磨かれ、人を引っ張ったり慕われたりする能力が身につくのです。

リーダーシップはどの会社や分野においても重宝されるスキルですので、施工管理で実績を積みリーダーシップが身についている人は転職しやすいと言えるでしょう。

柔軟な対応力が身につくから

施工管理の仕事で身につけた柔軟な対応力は、転職活動を有利に進められる能力です。

施工管理の仕事では、工事を計画通りに進めるために人員配置や業者の手配をします。しかし、必ずしも計画通りに進むとは限りません。例えば、天候不良により、思うように工事が進められなかったり、近隣住民とのトラブルで工事が中断したりする可能性もあります。

このような工事の遅れやトラブルが発生した際も、冷静に状況判断し、工事に間に合わせるために計画を練り直す必要があります。そのため、施工管理の仕事は、イレギュラーへの対応力が磨かれる仕事と言えるでしょう。

施工管理だけではなく、仕事において柔軟な対応ができる人は重宝されます。特にマネージャーやリーダー職のような立場であれば、柔軟な対応力を強みとする人材を欲している企業も少なくないでしょう。

マネジメント能力が身につくから

施工管理の仕事では、マネジメント能力も磨かれるため、転職でも求められる可能性が高いでしょう。

職人に指示を出し、施工計画通り進めるためには、統率力が必要不可欠です。また問題箇所を発見したり、発見した問題に対して指導したりするのもマネジメントスキルの一部です。

人を育てることができ、会社の目標に対して社員やスタッフを統率できる人は、どのような企業からも求められるでしょう。

施工管理に多い転職の理由

施工管理に多い転職理由としては、以下の内容が挙げられます。

  • 仕事とプライベートの両立が難しい
  • 出張や転勤が多い
  • 仕事量が多い
  • 頑張りに見合う評価をしてもらえない
  • 給与に対する不満がある

それぞれ詳しく解説します。

仕事とプライベートの両立が難しい

施工管理に多い転職理由の一つに、仕事とプライベートの両立が難しいことが挙げられます。

施工管理の仕事は、残業が多かったり休日出勤が常態化していたりするため、急な出勤でプライベートの予定をキャンセルせざるを得ないことも少なくありません。

また建設業の仕事は天気に左右されやすく、雨が降り続いている時期には、予想以上に作成した工程計画書とズレてしまう可能性があります。そのような時期では、予想できない未来の現場状況や天候を意識して業務をするよりも、進められるタイミングで進めようと考えて、休日出勤が多くなるのです。

このように、仕事の状況によって柔軟な対応を求められるため、仕事とプライベートの両立が困難と言われます。

出張や転勤が多い

会社の規模にもよりますが、施工管理の仕事は出張や転勤が多くなりやすい仕事です。

独り身の場合は、出張や転勤が多くても気にならないかもしれませんが、結婚したり子どもが生まれたりしたら、なるべく移動したくないと考えるでしょう。

仕事量が多い

施工管理の仕事は四大管理と呼ばれ、「品質管理」「安全管理」「工程管理」「原価管理」を行います。

また現場での仕事だけではなく、工程表や書類の作成など多くの事務作業もこなす必要があり、業務量が多い特徴もあります。このような仕事の多さから、施工管理の仕事を辞める人が多いのも事実です。

頑張りに見合う評価をしてもらえない

多くの仕事を責任感持ってこなしていても、頑張りを評価されないことから転職を考える人も多くいます。

上司の好き嫌いで人を評価する会社や普段の頑張りを見てくれない会社であれば、公平な評価を受けられる会社に転職したいと考えるのも当然です。

給与に対する不満がある

給与が希望よりも少ないことで転職を考える人も多いでしょう。

建設業界では、人材不足や職人の高齢化により時間外労働や休日出勤も常態化しています。そのなかで、サービス残業も多くあるため、給与に関する不満を強く持ち、転職する人も少なくないでしょう。

施工管理からの転職を成功させるポイント

施工管理からの転職を成功させるポイントは、以下の4つです。

  • 転職先の離職率を確認しておく
  • 転職のタイミングは慎重に見極める
  • これまでに培った経験や実績をアピールする
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく解説します。

転職先の離職率を確認しておく

転職を成功させるには、転職先の離職率を確認しておきましょう。

離職率の高い会社は、働く環境や人事制度などに問題があると考えられます。長時間労働や社内の人間関係トラブル、キャリアアップの機会が少ないなど何かしらの問題があると、転職してもモチベーションが低下したりストレスが高まったりするでしょう。

転職サイトや口コミサイトを活用して、過去の離職率を確認してみましょう。

転職のタイミングは慎重に見極める

現在、施工管理の仕事に就いている人が転職する際は、転職のタイミングを慎重に見極めることが大切です。

なぜなら、施工管理のプロジェクトは長期にわたることがほとんどで、プロジェクトの途中では退職するのが難しいからです。抜けられる可能性もありますが、社会人として自分の仕事をやりきって抜けるほうがいいので、プロジェクトが始まる前に上司に伝えるようにしましょう。

また、辞めるタイミングが難しいことから、退職後にあらためて転職活動をはじめる人も少なくありません。その場合は、失業保険がもらえるタイミングである3ヵ月分の貯蓄は確保する必要があります。

これまでに培った経験や実績をアピールする

施工管理の仕事を通して培った経験や実績はアピールポイントになるため、存分にアピールしましょう。

建築工事や建物自体、不動産に関する知識や経験はもちろん、スケジュール管理やスタッフ育成、クライアントとのコミュニケーションなどは、他業界でも役立ちます。

そのため、自身の経験を振り返って、スキル・マネジメント・人間力に分けて、自身の得意なことや経験を出してみましょう。施工管理の仕事をしていたときには当たり前だと思っていた経験や能力が、他業界では重宝される可能性もあります。

転職エージェントを活用する

転職を成功させるには、転職エージェントを活用しましょう。

転職する際は、転職先探し・履歴書や職務経歴書の作成・面接とやるべきことが多く、かつ自身では正解・不正解がわからないものも多くあります。例えば、職務経歴書の書き方ひとつとっても、自分の書いている内容や書き方があっているのかわからず不安になる人も少なくありません。

そこで、活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントでは、求職者1人ずつに専任の担当者がつき、キャリアの相談や書類の添削、面接対策までをサポートしてくれます。

基本的にどの転職エージェントも求職者から費用を徴収することはないので、転職を考えはじめたら、ぜひ活用してみましょう。

施工管理におすすめの転職先

施工管理におすすめの転職先として、以下の4つが挙げられます。

  • 営業職
  • 設計職
  • 技術系公務員
  • IT業界

それぞれ詳しく解説します。

営業職

営業職は、未経験からでも採用されやすく、かつ特別な知識や資格が必要ないため挑戦しやすい職種といえます。

施工管理で培ったコミュニケーションスキルやマネジメント力、やり抜く力をうまくアピールできると採用されやすいでしょう。

入社後には、会社や商品の情報をインプットしないといけないため、建設業界との関わりがある業界や自身が強く興味をもつ業界に絞るのがおすすめです。

設計職

設計職を目指して施工管理の仕事につく人も少ないでしょう。施工管理の仕事では、設計図面を読めないといけませんし、設計図面から建築物が完成するまでを追いかけるので実際の現場で工程を学べるので、設計の流れもわかります。

そのため、施工管理から設計職への転職は、効果的なキャリアの積み方といえます。転職前に設計士の資格を取得しておくと、転職時にも有利に働きますし、収入が下がる可能性も低いでしょう。

技術系公務員

施工管理の知識と経験を活かして、技術系公務員に転職する方法もあります。

公務員のなかでも技術系の仕事ですので、建設や土木などの仕事に引き続き関われる可能性があります。インフラ整備や都市計画事業などの大型プロジェクトに参加できるのは、技術系公務員ならではの仕事でしょう。

公共工事を民間会社に発注する際も、過去に受注していた立場としての経験を活かして仕事ができます。

IT業界

業界はまったく違いますが、施工管理からITエンジニアなどのIT業界への転職もおすすめです。IT業界は、需要が大きいものの人手不足もあり、未経験からでも転職できる可能性があります。

施工管理の仕事でCADを頻繁に操作していた人は、パソコン操作やシステムの理解も早いでしょう。また、プログラミングスキルなどは、スクールや独学で学ぶ必要はありますが、将来的なことも考えてIT技術を身につけたいと考えている人におすすめです。

まとめ

本記事では、施工管理の仕事から転職がしやすい理由について詳しく解説しました。

施工管理からの転職がしやすい理由は以下の4つです。

  • コミュニケーション能力が身につくから
  • リーダーシップが身につくから
  • 柔軟な対応力が身につくから
  • マネジメント能力が身につくから

施工管理の仕事は、建設や土木、不動産分野の専門的知識と経験が身につくだけではなく、どの業界でも重宝される人間力や仕事術が身につきます。

転職を考えた際は、タイミングに気をつけて、自身の経験や実績、強みをアピールできるようにしましょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設・土木に関するさまざまな求人を取り揃えています。施工管理者の採用を行っている企業も多く掲載していますので、業界未経験者や同業種間で転職を考えている人は、ぜひ活用してみてください。

関連キーワード

・有名企業の限定求人情報を紹介!
・レジュメ作成やスケジュールも完全サポート!
・場所により面接への同行も可能!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事