施工管理の4つの基本業務とは?やりがい・必須スキルを詳しく解説

「施工管理とはどのような仕事なのだろうか?」

「施工管理の仕事をするに必要なスキルはあるのだろうか……」

このように施工管理の仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか。

施工管理の仕事は、工事現場での工程や安全の管理だけではなく、行政への手続きや書類作成など多岐にわたります。

大変な仕事ではありますが、その分大きなやりがいを感じられる仕事です。

また、専門的な仕事でありながら、未経験からでも施工管理の仕事に就くことも可能です。

そこで本記事では、施工管理者の具体的な仕事内容ややりがい、必要なスキルなどを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

施工管理の仕事内容

施工管理の仕事は、工事現場内の管理だけではなく、予算や安全面の管理、書類作成など、工事に関わるすべてのことを管理する仕事です。

具体的には、以下の4つの管理に分類されます。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

それぞれ詳しく解説します。

工程管理

工程管理とは、工事のスケジューリング作成から日程遅れによる作業の調整まで、工期全般を管理する仕事です。

具体的には以下のような仕事があります。

  • 工事のスケジューリング
  • スケジュール通りに進んでいるかの進捗管理
  • 職人の配置決め
  • 機材や重機の手配い など

スケジュールを組む際は、依頼者の要望を勘案しながら工程の順序や外部要因などを考慮して、計画を立てる必要があります。

また、計画通りに工事を進めるには、職人の人員配置も非常に重要です。工事内容によって、適切な人員が確保できているのかを見極める必要があります。

天候や工事中のトラブルによって、当初作成したスケジュール通りに進まないケースもあるでしょう。そのような場合には、完成予定日から逆算して、日程を調整したり追加の職人を手配するのも工程管理の重要な仕事です。

安全管理

安全管理とは、現場で事故が起きないように環境整備を行う仕事のことです。

工事現場では、高所での作業や重機の操縦など、安全面に注意すべきポイントが無数に存在します。

例えば、高所作業時の安全策を提案したり、天気が荒れた際の適切な判断をしたりするのは安全管理において重要な仕事です。

また、工事現場内だけではなく、周辺住民への注意喚起や通行人の安全を守るための施策なども施工管理者が行う必要があります。

品質管理

品質管理は、使用する資材の寸法や品質が、設計図や仕様書に記載してある内容・規格と合っているかを管理する仕事です。

資材や機材の品質は、完成後の建物の強度や品質評価に関わるため、当初の予定からズレが起こらないようにチェックする必要があります。

各工程ごとに撮影をして報告できるようにしたり、発注者に提出するための報告書の作成を行ったりします。

建物完成後には、強度や密度、採寸などに間違いがないか確認するのも品質管理の仕事の一つです。

原価管理

原価管理は、人件費や材料費などの工事にかかる原価を計算し、決められた予算内で工事を完成させられるようにコスト管理を行う仕事です。

工事中には、天候やトラブルにより、工期が伸びたり職人の追加発注をしたりと、当初予定していなかったコストが発生するケースも少なくありません。

予算と実際にかかった費用との間に差異が発生した場合に、原因を把握し、どのように予算内で収めるかを考えるのも重要な仕事です。

多額な費用がかかる建築現場だからこそ、細かな金銭管理が求められるのです。

施工管理と現場管理の違いとは?

施工管理と現場管理の違いは、以下の通りです。

施工管理現場の管理に加えて、書類作成や原価管理などの事務作業も担当する
現場管理主に現場に出て作業者への直接的な指導や監督を行う

施工管理の仕事では、現場の管理以外にも、工事の品質や安全面の管理、さらに行政への手続きや書類作成なども業務の一部です。

そのため、仕事内容が多岐にわたり、工事に関するほぼすべての管理をする必要があります。

一方、現場管理は、現場での管理業務がメインです。

例えば、作業員への指示だしや工事の進捗管理など、工事現場内の管理を主に担当します。

どちらの仕事も、資格がなくても働くことは可能です。しかし、施工管理には「施工管理技士」という国家資格があります。

建設現場への配置が義務付けられている「監理技術者」や「主任技術者」になるには、施工管理技士の国家資格が必要です。

そのため、資格を保有する施工管理者は企業から重宝される傾向にあります。

以下の記事では、現場監督と施工管理の違いも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

施工管理のやりがいとは?

施工管理の仕事は、さまざまな管理業務に加えて書類作成などもあるため大変な仕事と言えるでしょう。

しかしその分、達成感ややりがいを大きく感じられる仕事でもあります。

施工管理の主なやりがいは、以下の3つです。

  • 社会の役に立つ仕事ができる
  • 形に残る仕事ができる
  • チームメンバーとの信頼関係を築くことできる

それぞれ詳しく解説します。

社会の役に立つ仕事ができる

世の中にある仕事のなかで、社会の役に立たない仕事はありません。なかでも施工管理者の仕事は、社会の役に立ったと実感できる仕事の一つと言えます。

私たちの生活は、ビルや建物を建築し、道路やダムなどのインフラを整備してくれる建築工事の関係者のおかげで成り立っています。

地域住民の憩いの場になる商業施設や、人々の生活を便利にする橋が完成し、人々が利用している姿を見ると「頑張ったかいがあった」と思えるでしょう。

形に残る仕事ができる

施工管理として携わった仕事は「形に残る仕事」ということで、魅力を感じている人が多いです。

営業やサービス業などでは、顧客から喜んでもらえるため大きなやりがいを感じられる仕事ですが、携わった仕事が形として残るわけではありません。

一方、施工管理として携わった建築物が形として残り多くの人が利用している姿を目にすると充実感を味わえるでしょう。

チームメンバーとの信頼関係を築くことができる

建築の仕事では、施工管理者一人で完成まで進めるわけではありません。

実際に作業する職人や資材の取引先など、多くの人が関わります。

決められた工期のなかで、建築を完了させるには、工事関係者とのチームワークや信頼関係は欠かせません

施工管理という仕事を通して、チームメンバーとの信頼関係を気づける点は大きなやりがいになるでしょう。

施工管理になるために必要なスキル

施工管理になるために必要なスキルには、以下の3つがあります。

  • コミュニケーション能力
  • スケジュール管理能力
  • 臨機応変に対応する力

それぞれ詳しく解説します。

コミュニケーション能力

施工管理者にとって、コミュニケーション能力は欠かせないスキルの一つです。

施工管理者は現場のリーダーとして多くの職人を束ねる必要があり、常に報告・連絡・相談が受けられるように関係を築くことが大切です。

そのためにも、普段から壁を作らない関係作りに注力したり、連絡や指導に関してもわかりやすく正確に伝える必要があります。

また、発注者とスケジュールや予算の交渉をしたり、近隣住民への説明やクレーム対応をしたりと現場以外でもコミュニケーションを求められる場面が多くあります。人や予算、安全の管理をするためには、コミュニケーションが欠かせません。

スケジュール管理能力

施工管理者にとって、スケジュール管理能力は非常に重要です。

スケジュール通りに進めるだけではなく、施工管理者自らが工程を作成します。

工程を作成する側は、工事全体の内容を把握し、どの工程にどれくらいの期間を必要とするかの算段を立てる必要があります。

工程期間の予測を見誤れば、無理な工期で工事を進めることになるでしょう。そのため、工事内容を適切に把握して、工期を組めるスケジュール管理能力は必須です。

また、工事進捗の把握や工期遅れの改善対策なども、施工管理者として必要なスケジュール管理能力です。

臨機応変に対応する力

施工管理の仕事では、臨機応変に対応する力を求められます。

なぜなら、建築現場では機械ではなく人である職人が働くため、イレギュラーが発生する可能性があるからです。さらに、悪天候や災害によって、作業の中断や作業場が被害を被る場合もあります。

このような場合にも、慌てず臨機応変に対応できる力がないと、施工管理の仕事は務まりません。

逆境を楽しめるような人は、施工管理者として必要な力が備わっているかもしれません。

施工管理技士の資格は必要?

施工管理に関する資格として「1級・2級施工管理技能士」という国家資格があります。

施工管理の仕事をする上で、これらの資格は必須ではありません。

ただし、建築会社に入社し施工管理の仕事に就いた場合は、会社から資格取得を薦められるケースもあります。

なぜなら、建設工事現場の各営業所では「2級以上の施工管理技能士の有資格者を1名以上置くこと」が義務付けられているからです。

会社としては、有資格者が在籍していることがアドバンテージになります。必ずしも必要ないとはいえ、施工管理の仕事を続ける場合には、資格を有している方が有利に働けるでしょう。

施工管理技士に関する詳しい内容は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

本記事では、施工管理の概要から仕事内容、やりがい、必要なスキルまでを網羅的に解説しました。

施工管理の仕事は、大きく以下の4つに分類できると解説しました。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

業務は非常に多岐にわたり、責任感の強い仕事ではありますが、社会の役に立てる仕事として、大きなやりがいを感じられるのも事実です。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、未経験向けの施工管理者の求人が多数掲載されています。施工管理者の道に進みたい人は、ぜひ活用してみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事