施工管理を辞めてよかった理由6選!すぐ辞めるべき危険なサインと転職のコツ

施工管理の仕事は、建設現場の管理を担う重要な役割を果たしています。

しかし、その職務の厳しさや責任の重さは、多くの施工管理者にとって大きな負担となっています。

この記事では、施工管理の職を辞めた人々が感じるメリットや、辞めるべきサイン、そして転職の際のコツなどについて、詳しく解説していきます。

今、施工管理の仕事がきついと感じている方や、辞めたいと思っている方にとって参考になるような情報をまとめました。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の離職は多いのか?離職率を調査

建設業界における施工管理の離職率は、他業界と比較しても高い傾向にあります。

厚生労働省のデータによると、建設業の3年以内の離職率は大卒者で約30%ほど、高卒者の場合は40%ほどに登っています。

この高い離職率の背景には、長時間労働や、高いストレス、厳しい現場環境などが挙げられます。特に、プロジェクトの締め切りに追われる中での過酷な労働条件は、多くの施工管理者にとって大きな負担となっているのが現場です。

また、建設業界では技術革新が進んでおり、新しい技術や方法の習得が求められることも、離職率の高さに影響を与えていると考えられます。

施工管理者の離職率は、そのきつい業務内容などから決して低いものではありません。施工管理を辞める人は、一定数いるので、自分が辞めることに後ろめたさを感じる必要はないでしょう。

施工管理を辞めてよかったと思う6つの理由

実際に施工管理を辞めた人が感じている、施工管理を辞めてよかったと思う理由には、どのようなものがあるのでしょうか。辞めてよかった理由としてよく挙げられるのは以下の6つです。

  • 土日休みが取れるから
  • 危険な仕事をしなくていいから
  • 身体的な疲労が少なくなるから
  • 複雑な人間関係から解放されるから
  • 仕事が天候に左右されないから
  • 転勤や出張が減ったから

それぞれ項目ごとに詳しく見ていきましょう。

土日休みが取れるから

施工管理の仕事は、土日や祝日も働くことが多く、プライベートの時間が取りにくいのが実情。プロジェクトの進行状況などによっては、急な休日出勤や長時間の残業も少なくありません。

他の職種に転職をすることで、週末を自由に使えるようになり、家族との時間や趣味の時間を大切にできるようになります。

週末にリフレッシュできることで、仕事の効率も上がり、精神的な健康も保ちやすくなります。

危険な仕事をしなくていいから

建設現場は常に危険が伴う場所。高所での作業や重機の操作など、常にリスクと隣り合わせの現場です。

また、現場全体を管理する役割の施工管理者は、自分自身の身の安全だけでなく、現場作業員の安全を確保するという役割も担っています。そのため、現場にいる間は常に緊張感を持って業務にあたる必要があります。

施工管理を辞め、安全なオフィスワークに就くことで、仕事中のリスクを減らすことができます。

また、精神的なプレッシャーも軽減されることで、より安心して働ける環境を得ることができるでしょう。

身体的な疲労が少なくなるから

現場作業は体力を要するため、身体的な疲労が蓄積しやすいです。現場の作業員と一緒になって作業をする機会も少なくありません。

デスクワーク中心の職に変わることで、身体的な疲労が減り、健康を維持しやすくなります。

特に、長期にわたる体力的な負担は、将来的な健康問題につながるリスクもありますので、身体への負担が少ない職種への転職は、自分自身の健康を守る上で非常に重要です。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

複雑な人間関係から解放されるから

建設現場では、多くの業者や職人とのコミュニケーションが必要不可欠です。

こういった人間関係は、時に大きなストレスの原因となることも

施工管理を辞めることで、複雑な人間関係から解放され、ストレスが減少したという人も少なくありません。

仕事が天候に左右されないから

建設工事は天候に大きく左右される仕事。雨や雪、強風などの悪天候は、作業の遅延や中断を招きます。

納期厳守の建設現場において、天候による作業の遅延は大きな影響を及ぼします。施工管理者は、納期に間に合わせるために時間外労働や休日出勤、長時間の残業をする必要が出てくるでしょう。施工管理者は、常に天候の心配をしているといっても過言ではありません。

オフィスワークに転職することで、天候に左右されずに安定して働くことができます。これにより、仕事の計画性が高まり、プライベートの計画も立てやすくなります。

転勤や出張が減ったから

建設業界では転勤や出張がつきもの。ひとつのプロジェクトが終わればすぐに次の現場に向かわなければなりません。転勤や出張が多いことが、施工管理がきついと言われる理由のひとつでもあります。

他の職種に転職することで、地元で安定して働くことが可能に。家族との時間を大切にできるようになるだけでなく、地域社会への貢献や趣味など、個人的な活動にも余裕を持って取り組むことができるでしょう。

施工管理を辞める前に考えておきべき4つのこと

実際に施工管理を辞めたいと思ったら、辞める前に考えておくべきことがいくつかあります。

  • 施工管理を辞めたいのか会社を辞めたいのかを考える
  • 収入が減っても生活に支障がないか考える
  • 現場仕事とデスクワークどちらがいいか考える
  • キャリアを捨てることに未練はないか考える

ひとつずつ詳しく解説していきます。

施工管理を辞めたいのか会社を辞めたいのかを考える

転職を考える際、まず自分が不満に感じているのが施工管理の仕事自体なのか、それとも現在の会社の環境なのかを明確にすることが大切です。

場合によっては、職種は変えずに会社を変えることで問題が解決することもあります。逆に、会社を辞めることなく他の部署に異動をすることで問題が解決する場合も少なくありません。

自分は施工管理を辞めたいのか、会社自体を辞めたいのかをまずは明確にしましょう。

収入が減っても生活に支障がないか考える

転職によって収入が減る可能性もあります。

特に施工管理の仕事は、経験やスキルに応じて高収入を得ることが可能な職種です。

退職や転職をしても今の生活水準を維持できるか、事前に計画を立てることが大切です。

また、収入減を補うためのスキルアップや副業の可能性も検討すると良いでしょう。

現場仕事とデスクワークどちらがいいか考える

自分に合った働き方を選ぶことが、転職後の満足度を高めます

現場仕事のダイナミックさとデスクワークの安定性、どちらが自分に合っているかをじっくり考えましょう。

また、これまでの経験を活かせる職種を選ぶことで、スムーズなキャリア移行が可能になります。

キャリアを捨てることに未練はないか考える

これまで築いてきた施工管理という専門職のキャリアを捨てることになるため、未練がないかよく考える必要があります。

特に、専門的な技術や知識を持つ施工管理者の場合、そのスキルを活かせる新しい職種を見つけることが重要です。

キャリアの転換は新たなチャレンジですが、自分の経験を価値あるものとして再評価する良い機会でもあります。

こんな状況ならすぐに退職を!施工管理の危険な3つのサイン

辞める前に考えるべき4つのことの内容を無視してでも、今すぐ施工管理を辞めるべき状況の場合も。

一般的にきついと言われることの多い施工管理ですが、以下のような3つのサインが出ている場合、すぐにでも仕事を辞める準備をした方がいいでしょう。

  • ストレスにより心身ともに健康を害している
  • パワハラがひどい
  • サービス残業が常態化している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ストレスにより心身ともに健康を害している

仕事のストレスが原因で健康を害している場合、すぐにでも退職を考えるべきです。

特に、睡眠障害や、高血圧、うつ症状などが見られる場合は、早急に環境を変える必要があります。健康は仕事を続ける上での基盤ですので、これを損なうことは、長期的なキャリアにも影響を及ぼします。

心や身体を壊してしまってからでは遅いです。自分自身の健康を害してまで仕事を頑張る必要はありません。

パワハラがひどい

職場でのパワハラがひどい場合、自身の精神衛生を守るためにも退職を検討すべきです。

パワハラは、仕事のモチベーション低下だけでなく、深刻な精神的なダメージを引き起こすことがあります。自己尊重のためにも、健全な労働環境を求めることが重要です。

パワハラに悩んでいる場合、自分自身が身を置く環境を変える他に対処法はありません。ひどいパワハラに悩んでいるなら、早急に退職や転職の準備をしましょう。

サービス残業が常態化している

サービス残業が常態化している場合、労働環境の改善を求めるか、退職を考えるべきです。

長時間労働は、仕事の効率を下げるだけでなく、健康や家庭生活にも悪影響を及ぼします。バランスの取れた生活を送るためにも、労働条件の見直しを検討することが大切です。

そもそもサービス残業は労働基準法に違反する行為。そのような行為を常態化させている企業に勤めていても良いことはありません。

できるだけ早い段階で退職を検討することをおすすめします。

施工管理を辞めるなら!転職を成功させるコツ

実際に施工管理を辞めたいと思ったら、次の仕事を探す必要がありますよね。

施工管理を辞めるなら押さえておきたい転職を成功させるためのコツをご紹介します。

就活の軸を決める

転職活動では、自分の価値観やキャリアプランに合った職種を選ぶことが重要です。

自分が何を重視するのか、例えば給与、ワークライフバランス、キャリアアップの可能性など、明確にすることが成功への第一歩です。

また、自分の強みや経験を活かせる職種を選ぶことで、転職後もスムーズに新しい仕事に馴染むことができるでしょう。

複数の転職エージェントを利用する

複数の転職エージェントを利用することで、より多くの選択肢を得ることができます。それぞれのエージェントが持つ求人情報や業界知識を活用することで、自分に最適な職場を見つけることができるでしょう。

また、転職エージェントの担当者からのアドバイスは、自己分析や面接対策にも役立ちます。

転職エージェントには、総合型と特化型という2種類が存在しています。

総合型は、さまざまな地域や業種の求人を取り扱っているエージェントで、特化型は、業界や年齢層などに特化しているエージェントのことです。

総合型の場合、異業種への転職も可能で幅広い求人から選ぶことができます。

特化型は専門性が高く、担当者の業界知識も豊富なため、理想の求人を見つけやすいという特徴があります。

実際に転職を検討しているのであれば、総合型と特化型どちらも登録しておくと良いでしょう。

まとめ

施工管理の職を辞めることは、大きな決断ですが、自分に合った働き方を見つけることで、より充実したキャリアを築くことができます。

転職はリスクも伴いますが、十分な準備と計画をもって臨めば、新たな道が開けることでしょう。自分の価値を再認識し、新しい職場での成功を目指しましょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事