「施工管理はやめとけ」と言われる7つの理由!現場監督の体験エピソードも紹介

施工管理は多岐にわたるスキルが求められる仕事です。ほかでは味わえないやりがいがあります。

その反面で厳しさを伴うため、ブラックな印象が強くなりがちです。

そこでこの記事では、「施工管理はやめとけ」と言われる理由の背景に言及しながら、実は有望な施工管理の実態について解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

「施工管理はやめとけ」と言われる7つの理由

「施工管理はやめとけ」と言われる理由として、以下の7つが挙げられます。

  • 特殊なコミュニケーション能力が求められる
  • 現場内を歩き回るため肉体的な負担が大きい
  • 折衝業務が多くストレスが溜まりやすい
  • 高額な建設費用や法令順守など責任感が大きい
  • 長時間労働や突発的な残業・休日出勤がある
  • 工事現場であるため業務中に危険を伴う
  • 作業内容に対し給与が見合わないと感じるケースがある

建設業のメリットは、未経験や特別な資格がなくても就職できる点です。しかしその反面で、経験値や知識を積み上げるまでに時間がかかります。

「すぐに稼ぎたい」「すぐに一人前になりたい」といった思いで施工管理の仕事を始めると、想定していたのとまったく違うことに、不満を覚えるでしょう。

ここでは施工管理に必要なスキルを確認しながら、「施工管理はやめとけ」と言われる理由の詳細を解説します。

特殊なコミュニケーション能力が求められる

施工管理として業務に当たる場合、高いコミュニケーションスキルが求められます。

施工管理がコミュニケーションをとる相手は、ゼネコンや工務店側の社員だけに留まりません。職人と直接やり取りをすることもあります。建物の近隣の住人と話をすることもあるでしょう。

特に現場の職人とのやり取りは、難易度が高い傾向があります。叩き上げの職人気質な人材は独自の考え方を持っていることが多く、意思の疎通が難しいケースもあるでしょう。

施工管理が業務の中でやり取りする相手は、職業や年齢層、背景がさまざまです。施工管理になるためには、相手に合わせて臨機応変に接し方を変える、高度なコミュニケーションスキルが欠かせません。

現場内を歩き回るため肉体的な負担が大きい

施工管理の主な業務は、建設現場のマネジメントです。もちろん内勤での事務仕事も大量にあります。しかし現場を動き回る、肉体労働でもあります。

例えば現場の工事では、仕上げや躯体、設備工事などが、複数箇所で同時に進行します。エレベーターなどの設備が整っていない現場の場合は、徒歩で移動しなければなりません。

1階を見たあとに最上階に上がり、北棟を見たあとで南棟に移動するなど、現場内を激しく動き回ることもあります。気づけば1日中現場を歩き通しだった、ということは珍しくありません。

施工管理は肉体的負担が大きいため、基礎体力が必要な職務です。体力がない人の場合、「施工管理は体力的にきついからやめとけ」と思う可能性は否めません。

折衝業務が多くストレスが溜まりやすい

施工管理は、工事に携わるさまざまな立場の人たちの間で、調整する役割を担います。

例えば、工事の最中に設計担当者から図面の内容を変更する旨の申し出を受けた場合、変更内容を現場の職人に伝えるとともに、設計担当者に代わって謝罪しなければなりません。

急な変更に、現場から不満の声が上がることもあるでしょう。昔気質の職人から、強い口調で叱責されることもあるかもしれません。

しかし関係者の声に耳を傾けながらも、工事がスムーズに進むよう説得するのが、施工管理のスキルの見せ所です。

自分の責任ではない内容で、厳しく批判されることもあるでしょう。しかし気持ちを切り替えながら、竣工というゴールだけを見て突き進む、強い精神力が求められます。

高額な建設費用や法令順守など責任感が大きい

施工管理は、大きな責任を伴う仕事です。日常的に、プレッシャーや強いストレスに苛まれる可能性があります。

施工管理が携わる建設現場には、数千万から何兆円にものぼる膨大な予算が投じられます。予算を超過しないよう、細部まで管理しなければなりません。

また大きな事故につながるため、施工過程でのミスは許されません。

さらに施工管理の業務には、建築基準法や建築基準法施行令といった、法令が密接に関わるものも多々あります。一つ一つの作業に大きな責任感が伴うため、息つく暇もありません。

ただ建設現場ほどの大きな金額の動くプロジェクトに携われる職種は、そう多くありません。施工管理の仕事は、やりがいのある仕事です。

ただプレッシャーに弱い人の場合、重圧に耐えられないと感じる可能性は十分にあります。

長時間労働や突発的な残業・休日出勤がある

建設業界は、止まることを知らない成長産業です。ただ慢性的な人手不足も手伝って、常に多忙で、膨大な業務に追われる状況があります。

施工管理の場合、サービス残業はほぼないとされています。しかし1日あたりの勤務時間が長くなったり、繁忙期に残業や休日出勤があったりする可能性は否めません。

事務職などのように完全週休2日制で、曜日固定で休める業種のイメージを持つと、施工管理はきついのでやめとけ、と感じる可能性はあるでしょう。

施工管理に就職したいが、残業や休日出勤にはできるだけ対応したくないという場合は、派遣会社を介して就業するのも良い方法です。

また建設業界に特化した就職・転職をサポートする「トントン」のようなサービスを利用するのも有効です。

こういったサービスを利用すれば、残業や休日出勤が少ない現場を選びやすい傾向があります。

工事現場であるため業務中に危険を伴う

施工管理が携わる建設現場は、危険と隣り合わせの環境です。

大きな重機が行き来するほか、非常に重い資材が大量に置かれています。高所での作業は日常的におこなわれており、危険な薬品などを取り扱うことも少なくありません。

さらに長時間労働や過重労働、休日が少ないなど、労働環境は過酷です。そのため建設業界自体が、ブラックというイメージをもたれやすい点は否めません。

厚生労働省が発表した令和2年の労働災害発生状況によると、建設業における労働災害での死亡者は業界最多という結果になりました。ただし建設業の死亡者数は3年連続で減少しています。休業4日以上の死傷者数も、減少傾向が示されました。

出典:厚生労働省労働基準局 令和2年労働災害発生状況

建設業は多忙ゆえに、厳しい労働条件での勤務が余儀なくされる傾向は否めません。しかし労働環境は着実に改善されていることが、データからも明らかになっています。

将来的には、現状よりも働きやすい環境が整備される可能性が十分にあるでしょう。

作業内容に対し給与が見合わないと感じるケースがある

施工管理は多忙な職種であるため、長時間労働になりがちです。

特に施工管理の経験が浅い状態で就業を開始した場合、当初は見習い期間の取り扱いになります。また1人前の施工管理になるまでは、十分な業務量をこなせません。期待した額の給料を得られないこともあるでしょう。

多忙で勤務時間が長いにも関わらず給料が安いと感じれば、「ブラックな業界だから、施工管理はやめとけ」といった気持ちになる可能性があります。

しかし施工管理は、経験値を積み知識量や資格を増やしていくことで、着実に給料アップが期待できる職種です。

すぐに稼ぎたい人には、「施工管理はやめとけ」と感じられる職種かもしれません。ただ長期的なキャリアプランを描くのであれば、施工管理は将来有望な稼げる仕事になり得ます。

施工管理の仕事が向いていない人の特徴

施工管理はAIに代替されにくく、むしろAI技術の発展の恩恵を受けられる職種です。また経験値を積むことで着実な昇給が期待できることから、将来性がある仕事といえます。

ただしどの仕事でも、向き不向きがあります。同様に、施工管理に向いていない、つまり「施工管理はやめとけ」な人がいるのは事実です。

当事者意識が低い(他責思考が強い)

施工管理は、現場に関わる多くの人たちの間に立って、業務に当たります。自分には責任がないことでも責められたり、叱責されたりすることも少なくありません。

「なぜ自分が責められるのか?」「自分は悪くないのに!」と感じる人は、施工管理の仕事に向いていない可能性があります。

施工管理は、現場の責任者です。自分が直接的に関係していないことでも責任を問われたり、批判されたりするのは避けられません。

また指摘や批判は、仕事を成功に導くために欠かせない要素でもあります。さまざまな視点から問題点に気づき、取り返しのつかない事態に発展する前に、問題の芽を摘むことが大切です。

批判の矢面に立つのは、つらいものでしょう。しかし仕事を成功に導くために必要な過程なのだと気持ちを切り替えて、真摯に指摘や批判に向き合う姿勢を持つことが大切です。

コミュニケーションやマネジメントが苦手

口下手で人見知りな人の場合、さまざまな関係者とコミュニケーションを取りながら現場を統率する施工管理の仕事は、つらく感じるかもしれません。

しかしコミュニケーションスキルは、どのような仕事に就くとしても、必要な能力です。そしてコミュニケーションやマネジメントスキルは、一朝一夕に身につくものではなく、絶対的な正解もありません。

ケースバイケースで最善と思われる対応をし、失敗と成功を繰り返しながら、自分なりのスタイルを確立していくものです。

話をするのが苦手だと感じているなら、まずは聞くことに徹してみましょう。相手の話を徹底して聞くことができれば、相手が何を伝えたいのか理解できるようになります。

相手の考えが理解できるようになれば、相手を動かすためのヒントも、見出せるようになるでしょう。

人は誰でも、自分の話を聞いて欲しいと思っています。まずは良き聞き役になることから、コミュニケーションやマネジメントのスキルを磨いてはいかがでしょうか。

肉体的・精神的な強さに不安がある

施工管理は、デスクワークに加えて肉体も酷使する、ハードな仕事です。体力がない人や、精神的に弱い人の場合、「施工管理はやめとけ」といわれる可能性が高いでしょう。

しかし体力も精神的な強さも、日々の努力で向上させることができます。

また大切なのは「なぜ施工管理の仕事をしたいのか?」「施工管理として、何を目指しているのか」ではないでしょうか。

施工管理の仕事は、一人前になるまで時間がかかります。ただ見習いの時期を乗り越えれば、着実に稼ぎながら大きなプロジェクトに携わるチャンスが与えられる、社会的な意義のある仕事です。

長期的な視点で、心も体も鍛えながらスキルアップを目指す意欲があれば、施工管理は十分に挑戦する価値のある仕事であるといえます。

危険察知能力に乏しい

施工管理の大切な業務のひとつに、現場の安全管理があります。危機察知能力が乏しい場合「やめとけ」と言われる要因になるでしょう。

ただ危機察知能力は、ほかのスキルと同様に、経験値を積みながら身につけるものです。経験が浅いうちは、目の前の業務に追われます。現場全体を見渡して、安全に配慮するところまで気が回らないのが当然です。

経験値を積んでいくうちに、異変に未然に気づいたり、違和感を覚えたりできるようになります。

施工管理に限らずどのような仕事でも、最初から完璧にすべての業務をこなすことはできません。しかし自分にできることを丁寧に積み上げながら着実に成長することで、危機察知能力は自然に身についていくので、ご安心ください。

施工管理が向いている人の特徴

では、施工管理の仕事にはどのような人が向いているのでしょうか。

施工管理が向いている人の特徴を紹介します。

リーダーシップがある

施工管理は、工事全体を管理するだけでなく、年齢や立場が違う人をまとめていかなければなりません。

自分よりも年上の作業員やこだわりの強い昔気質の職人さんなどに対しても、指示を出さなければならない場面も多く、現場責任者として信頼を得るためには、現場を束ねるリーダーシップが必要不可欠です。

マルチタスク・スケジュール管理能力がある

施工管理は、一度に複数の現場を担当することも珍しくありません。幅広い業務を担当する施工管理は、常に数多くのタスクを抱えているのです。複数ある仕事に優先順位をつけ、効率的に仕事を片付けていく能力がある人は、施工管理に向いていると言えます。

また、スケジュール管理能力も施工管理には欠かせない能力のひとつ。建設工事は、どんなに工事が遅れていても納期には必ず完成させなければなりません。

天候などの理由で工事が遅れても問題ないように余裕を持ったスケジュールを組む能力は、施工管理には欠かせないのです。

臨機応変に対応できる

このようなトラブルにも慌てず落ち着いて臨機応変に対応することが、施工管理には求められます。

当初の計画通りに工事が進まないことを前提として、不測の事態が起きても落ち着いて対応できるという人には、施工管理の仕事が向いていると言えるでしょう。

施工管理の仕事の魅力

現場全体の責任者という立場の施工管理ですが、その仕事にはどのような魅力があるのでしょうか。

施工管理の仕事の魅力は以下の通りです。

  • 自分の仕事が形として残る
  • 自分の成長を実感できる
  • 需要がある仕事のため安定している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自分の仕事が形として残る

公共施設や道路、マンション、住宅など、生活に欠かすことのできないものづくりを担っているのが施工管理です。

自分が責任者を務めた建物が、この先何十年と残り続けるのです。施工管理という仕事は、ものづくりを通して人々の生活を豊かにすることができます。

自分の成長を実感できる

施工管理として経験を積むことで、これまでできなかった業務を任せてもらえるようになったり、資格を取得できたりすることで、自分の成長を実感できます。

仕事での自分の頑張りが正当に評価され、昇給や昇進をしていくことに喜びを感じる方もいるようです。

需要がある仕事のため安定している

施工管理は、新しい建物を作るだけでなく、古い建物の建て替えや修繕などの仕事でも必要なため、需要が高く安定している仕事です。建物がある限り、今後も需要がなくなることはないでしょう。

このように安定して仕事があることは、施工管理の仕事の魅力のひとつと言えます。

施工管理をやめとけという実際の口コミ・評判

ここでは、施工管理の仕事に関する実際の口コミを紹介します。施工管理は本当に「やめとけ」と言われる仕事なのか、ホワイトな企業はあるのか、確認しておきましょう。

施工管理が楽しい・面白いといった口コミ

施工管理の資格を持っていることで、年齢を重ねても70万円強という平均給与を大きく超える収入を得られる可能性についてわかる口コミです。


建築物という大きな成果物に携わるという施工管理ならではのやりがいに言及した口コミです。


施工管理の安定性の高さや、資格取得を目指せば着実に稼げる仕事であることがわかる口コミです。

施工管理がキツイ・辛いといった口コミ

施工管理の業務量の多さは「やめとけ」と言われる要因のひとつです。


施工管理は稼げる仕事であるが、激務。

体力や時間的な面を考慮すると、ライフスタイルや価値観によっては「施工管理はやめとけ」が妥当なケースもありそうです。


施工管理は工事現場の監督であるため、現場が始まる前に出勤しなければならない。

さまざまな現場に出向するため、新しい環境への適応力が求められる。

施工管理の仕事は、ビジネスパーソンとしての基礎体力が鍛えられる仕事であることがわかる口コミです。

施工管理はブラックな職場ばかりではない

「施工管理はやめとけ」と言われるのは、ブラック企業に就職してしまった人の口コミが目立つことが原因です。ネガティブな情報に着目し、危険を回避しようとするのは人間の本能に根差した行動であるため、やむを得ない部分はあるでしょう。

しかし施工管理は、必ずしもブラックな環境ばかりではありません。むしろ建設業界でのキャリアアップを目指すなら、挑戦する価値が十分にある仕事です。

施工管理として就職し、スキルと経験を積みながら資格を取得すれば、着実な給料アップが期待できます。

ホワイトな職場に就職しキャリアアップするには?

「施工管理はやめとけ」と言われる理由に、労働時間が長く、業務量が多いことなどが挙げられます。これらを避け、ホワイトな職場に就職するにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

施工管理としてホワイトな職場に就職するための方法を解説します。

ホワイト企業の特徴を押さえて就活を進める

ホワイト企業には以下のような特徴があります。

  • 週休2日制を導入している
  • 残業時間が少ない
  • 工事の工期に余裕がある

また、受注している工事の工期に余裕があることも、施工管理の負担が少なく、ホワイト企業の特徴と言えるでしょう。

求人に応募する際には、応募先の企業が上記の特徴に当てはまるかを調査してください。インターネットでの情報収集や口コミの調査のほか、可能であればOB・OG訪問などのオフラインの調査をおこなって、働く環境をイメージできるとより良いです。

ホワイト企業でのキャリアアップ

施工管理が順調にキャリアを重ねていくうえで、働きやすい労働環境は必要不可欠。

ブラックな職場で働く施工管理に比べてストレスや肉体的負担が少ないため、途中で辞めてしまったりモチベーションが維持できなかったりといったことが起きにくくなります。

まとめ

「施工管理はやめとけ」どころか、建設業でのキャリアアップを目指したい人に、最適な仕事です。

施工管理での活躍を考えるなら、建設業に特化して就職や転職をサポートする「トントン」を活用するのがおすすめです。

「仕事もプライベートも妥協したくない」「経験を生かせる職場を見つけたい」といった、あなたの思いをお聞かせください。ホワイトな施工管理職探しは、「トントン」が全力でサポートいたします。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事