建設業への転職は難しい?おすすめの職種と転職成功のコツを解説

「建設業界に転職したいけど、なんだか難しそう…」と感じたり、「建設業界への転職は難しいからやめておいた方がいい」と言われたりした経験はありませんか?

建設業界はその特性上、転職が難しいと言われることが少なくありません。

しかし、その特徴を知ったうえで適切な準備をすれば、決して不可能な道ではありません。

この記事では、建設業への転職が難しいとされる理由や、それを乗り越えるためのコツ、さらに未経験者におすすめの職種について詳しく紹介します。

これから建設業界への転職を考えているという方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

建設業の転職が難しいとされる2つの理由

建設業界への転職が難しいとされる主な理由は、国家資格の必要性と、経験やスキルの要求度の高さにあると言われています。

これらふたつの理由について詳しく見ていきましょう。

国家資格がないとできない仕事があるから

建設業界には、建築士や土木施工管理技士など、特定の国家資格を必要とする職種が数多く存在しています。

建設業界で必要とされる国家資格は主に以下のようなものです。

  • 建築士
  • 建築設備士
  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 電気工事施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 土木施工管理技士
  • 建設機械施工技士
  • 消防設備士
  • 宅地建物取引主任者

これらの国家資格は、専門的な知識と経験が求められ、取得までに時間と労力が必要です。専門の学校に行かなければ受験資格が得られないものや、難易度がとても高い資格が多い傾向にあります。

例えば、一級建築士の資格を持っていると、建築設計などの高度な職務に就くことができますが、資格がなければこれらの職種に就くことは難しいでしょう。

資格取得のための勉強には、非常に時間がかかり、試験も難易度が高いものが多いため、転職を考える際には十分な準備期間が必要です。

経験やスキルが求められるから

建設業界は、専門的な技術や知識が求められる業界です。

特に、経験豊富な技術者は高く評価されます。未経験者や異業種からの転職者は、これらのスキルや経験が不足しているため、転職が難しいとされます。

例えば、施工管理技士や機械操作の専門技術者などは、現場での豊富な経験が求められます。これらの職種では、実際の現場での経験を通じて得られるノウハウや、状況に応じた迅速な判断力が非常に重要とされています。

また、安全管理や品質管理など、建設現場特有の知識も必要とされるため、これらのスキルを身につけるためには、実務経験を積むことが不可欠です。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

建設業への転職を成功させる5つのコツ

建設業界への転職の成功には、いくつかのコツを押さえておくことが大切。以下は、建設業界への転職を成功させるための5つのコツです。

  • 優良な企業を選ぶ
  • 教育制度が整った企業を選ぶ
  • 応募条件が緩すぎる企業は避ける
  • 資格を取得する
  • 必要なスキルを身につける

これらのコツを押さえることで、建設業界への転職が近づくでしょう。

項目ごとに詳しく解説していきます。

優良な企業を選ぶ

転職先の企業選びは非常に重要です。

安定した経営基盤、良好な労働環境、キャリアアップの機会がある企業を選びましょう

優良な企業は、従業員の福利厚生にも力を入れており、長期的なキャリア形成をサポートしてくれます。

また、企業の安定性や将来性を見極めることも大切です。建設業界は、経済状況や政策によって影響を受けやすいため、将来的な事業展開や安定した受注基盤を持つ企業を選ぶことが望ましいでしょう。

教育制度が整った企業を選ぶ

特に未経験者にとって、教育制度が整っている企業は大きなメリットです。教育制度が整った企業に入社することで、研修制度やOJTなどを通じて、必要なスキルや知識を身につけることができます

良質な教育制度を持つ企業では、未経験者でも基礎から学べる環境が整っており、実務に必要な技術や知識を効率的に習得することが可能です。

また、教育制度が充実している企業は、従業員の成長を重視しており、キャリアアップの機会も多く提供される傾向にあります。

応募条件が緩すぎる企業は避ける

条件が緩すぎる企業は、労働環境や経営状況に問題がある可能性があります。応募する際は、企業の評判や実績をよく調べることが大切です。

例えば、過度に高い給与を提示しているが、労働時間や労働条件が不透明な企業は注意が必要です。

また、過去のプロジェクト実績や社員の退職率なども、企業選びの重要な指標となります。

資格を取得する

建設業界への転職では、資格を持っていることが重要です。

資格がなくても建設業界への転職は可能ですが、転職前に関連する資格を取得しておくことで、転職の可能性を高めることができます。

資格取得は、専門知識や技術の証明になるだけでなく、自己のスキルアップにも繋がります。

例えば、建築士や施工管理技士の資格は、建設業界でのキャリアアップに直結します。また、資格取得に向けた勉強は、業界の深い理解を得る良い機会にもなります。

必要なスキルを身につける

建設業界特有のスキルや知識を身につけることは、転職成功の鍵です。

建設業界で必要とされるスキルは、主に以下の3つ。

  • コミュニケーションスキル
  • スケジュール管理スキル
  • 製図スキル

建設業界の仕事には、多くの人が関わっています。一人ではできない仕事がほとんどであるため、コミュニケーションスキルは必須であると言えるでしょう。

建設業界の仕事はとても細かいスケジュールが組まれており、スケジュールが守られない場合、納期に遅れてしまうなど多くの人に迷惑が掛かります。スケジュール管理スキルも、必ず身につけておきましょう。

建設業界で働くうえで、製図スキルを持っていることはとても有利です。特に、設計の仕事をする場合では、製図スキルや製図ソフトの扱いは必須なものです。

未経験でも建設業界へ転職は可能

未経験者でも、業界の特徴を理解し、適切な準備をすれば、建設業界への転職は十分可能です。教育制度が整っている企業や、未経験者歓迎の職種を狙うといいでしょう。

建設業界には多様な職種があり、それぞれの職種には異なるスキルや知識が求められます

未経験者が転職を考える場合には、自身の過去の経験やスキルを活かせる職種を見極めることが大切です。

例えば、一般的なオフィスワークの経験がある場合、建設業界の事務職や管理職が適している可能性があります。また、人と接することが得意な人は、営業職や顧客サポートの職種に向いているかもしれません。

未経験者におすすめの5つの職種

未経験者でも挑戦しやすい建設業界の職種を紹介します。

  • 販売・営業
  • 事務
  • 施工管理
  • 設備工事
  • 設計

それぞれの職種について詳しく解説していきます。

販売・営業

販売や営業は、特別な技術や知識が必要ない場合が多く、未経験者に適しています

直接住宅や建物をつくる訳ではありませんが、顧客と一番近い位置で仕事をすることができます

この職種では、顧客とのコミュニケーション能力や交渉スキルが重要となります。また、建設プロジェクトのニーズを理解し、適切なサービスや製品を提案する能力も求められます。

販売や営業職は、建設業界の動向を学びながら、顧客との関係構築を通じて業界知識を深めることができるため、未経験者にとっては入門職種として最適です。

事務

建設現場の事務や管理業務は、一般的な事務スキルが活かせるため、未経験者におすすめです。

この職種では、文書管理、データ入力、スケジュール管理などの一般的なオフィスワークのスキルが活かされます。

また、建設プロジェクトの進行に伴う様々な管理業務に携わることで、建設業界特有の知識やスキルを身につけることができます

事務職は、建設現場の裏方としてプロジェクトを支える重要な役割を担っています。

施工管理

施工管理は、現場の進行を管理する重要な役割です。施工管理と聞くと、建設業界でのプロフェッショナルというイメージがありますが、実は未経験から始められる企業もあるんです。

施工管理の職務には、工程管理、品質管理、安全管理などが含まれます。この職種では、プロジェクトのスケジュールを管理し、現場作業員と連携を取りながら、工事が計画通りに進むように監督します。

未経験者でも、企業の研修制度や現場でのOJTを通じて、必要な知識やスキルを身につけることが可能です。

設備工事

設備工事は、専門的な技術が必要ですが、未経験者向けの研修制度を設けている企業も多いです。

この職種では、電気や水道、空調などの設備の設置やメンテナンスを行います。技術的な知識やスキルが必要ですが、研修や現場での実務経験を通じて、徐々に専門性を高めていくことができます

設備工事の技術者は、建設プロジェクトにおいて必要不可欠な役割を果たしており、専門性を高めることで将来的なキャリアアップの道も広がります。

設計

建築設計は専門的な知識が必要ですが、CAD操作などの技術は研修を通じて身につけることができます

この職種では、建築物の設計図を作成し、建設プロジェクトのビジョンを形にする役割を担っています。

設計職は、創造性や技術的な高いスキルが求められるため、これらの能力を持つ未経験者には適した職種です。

また、建築設計の分野では、継続的な学習と技術の更新が重要となるため、新しいことを学ぶのが好きな人にとってはおすすめの職種と言えるでしょう。

まとめ

建設業界への転職は、確かに難しい面がありますが、適切な準備と戦略を持って挑めば、成功への道は開けます。

この記事が、あなたの転職活動の一助となれば幸いです。

建設業界は多様な職種とキャリアパスを提供しており、適切な準備とアプローチで、未経験者でも成功する可能性は大いにあります。

建設業界への転職で重要なのは、自分の強みを理解し、それを活かせる職種を見つけ、必要なスキルや知識を身につけることです。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関する求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討する人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事