施工管理がきつい・つらいと感じる9つの理由!乗り切るための対処法とやりがいも解説

「施工管理はきついからやめとけ」

「施工管理の仕事がつらすぎる」

これから施工管理になりたいけど、このような声を聞いて不安を感じているという方は多いのではないでしょうか。

実際に、施工管理の仕事が「つらい・きつい」と感じている人は少なくありません。

そこで今回は、施工管理の仕事が「つらい・きつい」と言われている理由を解説。

「つらい・きつい」だけじゃない施工管理の魅力についても、詳しく解説しているので、これから施工管理として働こうと考えている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理がきつい・つらいと感じる9つの理由と対処法

施工管理が「つらい・きつい」と言われる主な理由は以下の通りです。

  • 労働時間が長く休日が少ない
  • 業務範囲が広い
  • 屋外作業が多く体力が必要である
  • 作業員や近隣とのコミュニケーションでのストレス
  • 工期が天候やトラブルの影響を受けやすい
  • 転勤や異動が多く私生活が安定しない
  • 現場事故対応などによる精神的な負荷が大きい
  • 仕事の大変さの割にお給料が安い
  • 人手不足で人員配置に苦労する

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

労働時間が長く休日が少ない

施工管理の仕事は、プロジェクトの進行状況によっては長時間労働が常態化し、休日も不定期になりがち。休日も週に1日しかないことも少なくないため、きついと感じる人も多いです。

また、雨など天候の影響によって工事ができない場合、工期に間に合わせるために休日を返上して働かなければならないこともあります。

施工管理者が休日を返上して長時間働かなければならない状況は、2024年4月までに改善されると考えられます。

国土交通省は、工事現場において週休2日制を適用できるよう、適正な工期の設定や経費補正を実施しています。

少しずつ、週休2日制を導入する企業も増えているので、今後の改善に期待しましょう。

業務範囲が広い

施工管理の仕事は、現場の安全管理や作業員への指示、進捗の管理、原価管理、発注作業、工程表の見直しなど、多岐に渡ります

日々の現場での管理から事務作業まで、とにかく業務範囲が広く、「つらい・きつい」と感じる人は少なくありません。

施工管理は、職人や作業員に比べて業務量が多く、残業も長くなりがち。

体調を崩さずに仕事をこなすための体力や、効率的に仕事をこなすマネジメント力を身につけることが大切です。

屋外作業が多く体力が必要である

夏の炎天下や冬の寒空の下など、厳しい環境で働かなければならないのが施工管理。暑さや寒さに耐えたうえで、重労働にも耐えなければなりません。そのため、体力的に「きつい・つらい」と感じる人も。

中には、体力がついていかず体調を崩してしまう人もいます。

これが、施工管理が「きつい・つらい」と感じる理由の大きな要因となっています。

とくに夏場の熱中症問題は深刻で、鉄板が敷き詰められた建設現場内では日陰に置かれた温度計でさえ40度以上を指すこともしばしば。国土交通省も対策ガイドを出すなどする過酷な環境です。

施工管理の仕事はとにかく体力勝負。厳しい屋外環境での重労働に耐えられるだけの体力を身につけておきましょう

出典:建設現場における熱中症対策事例集|国土交通省

作業員や近隣とのコミュニケーションでのストレス

施工管理は、現場作業員やクライアント、取引先、工事現場の近隣住民など、多くの人と関わる仕事です。仕事をスムーズに進行させるために、コミュニケーション能力は必須のスキルです。

特に、実際に作業してもらう作業員とのやりとりや、近隣からのクレーム対応などにストレスを感じる人が多いです。

施工管理がコミュニケーションのストレスを最小限にするためには、日頃から積極的にコミュニケーションを取るように心がけることが大切

こまめなコミュニケーションを欠かさないことで、作業員から信頼されるような立場になれるでしょう。作業員からの信頼があれば、急なトラブルも嫌な顔せずに対応してもらいやすくなります。

工期が天候やトラブルの影響を受けやすい

施工管理が活躍する建設工事現場は常に屋外での作業のため、天候の影響を受けやすいです。

雨が続くとなかなか作業ができず、休日に出勤したり長時間の残業をしたりといった対応が必要になります。

また、何かトラブルがあると、その影響で工事が遅れることも

どんな理由があっても、工事は納期までに完了しなければならないというプレッシャーで、「つらい・きつい」と感じる人が多いです。

天候やトラブルが発生しても慌てないような工事計画を立てることや、効率的に仕事を進めておく必要があります。

また、雨の日には事務作業をこなすなど、屋外での作業以外の作業を効率的に進めておくことも大切です。

転勤や異動が多く私生活が安定しない

施工管理の仕事は、担当する現場が変われば出勤する場所が変わります

規模の大きい会社の場合、現場が全国各地にあることも。その都度転勤や長期出張などをしなければならず、私生活が安定しないのも、施工管理が「つらい・きつい」と言われている理由のひとつです。

転勤や異動をできるだけ少なくするためには、地域密着の企業に転職するなどの対策が考えられます。

地域密着の工務店などであれば、工事エリアが限られるため、極端に遠い場所にある現場の管理を担当させられることはないでしょう。

現場事故対応などによる精神的な負荷が大きい

施工管理の重要な仕事のひとつが、現場の安全管理。事故が発生しないように常に気を張っている必要があります

万が一の事故発生時には先頭に立って対応にあたる必要があるなど、精神的な負担がとにかく大きい仕事です。

現場での事故が発生しないように、日頃から現場に危険な箇所はないかを確認することが最も大切です。さらに、危険な方法で作業をしている作業員はいないかなど、作業員の管理や指導も事故防止には欠かせません。

仕事の大変さの割にお給料が安い

業種や職種を問わず、全国の平均年収は約450万円。施工管理の平均年収は約615万円ほどと平均よりも高い傾向にあります。

他の職種などと比べると年収が高い施工管理ですが、激務ゆえに「割に合わない」と感じる人も少なくありません。施工管理の高収入の裏には、長時間労働や休日出勤の実態があるからです。

多くの施工管理者が、仕事は大変なのにそれに見合った給料がもらえていないと感じているのです。

長時間労働や休日出勤がつらく、給料が割に合わないと感じるのであれば、残業や休日出勤の少ないホワイトな企業に転職するのもひとつの手でしょう。

人手不足で人員配置に苦労する

建設業界は、常に人手不足といっても過言ではありません。

現場の人員配置を管理する施工管理者は、常に頭を悩ませているのです。

人手不足が原因で、新人への教育が不十分な一面も。新しい人材をできるだけ早く現場で活躍できるようにするために、現場に入る前の教育を省略しているという企業もあるようです。これでは、新人を仕事に定着させることが難しく、早期退職の要因となってしまいます。

このような悪循環から、人手不足で苦労するのが施工管理者なのです。

新人教育が整った企業に転職することで、人手不足で人員配置に悩むことは少なくなるでしょう。どうしてもつらいのであれば、転職を検討してみましょう。

きつくても施工管理を目指すメリット・やりがいとは

施工管理がきついと感じている人は少なくありませんが、それでも施工管理として働くことのメリットややりがいはあります。

施工管理を目指すメリットややりがいは以下の通りです。

  • 将来性がありキャリアパスに有利な経歴になる
  • 意外と楽?会社によっては労働環境が整えられている
  • 建造物が完成した時に達成感が得られる

ひとつずつ詳しく解説していきます。

将来性がありキャリアパスに有利な経歴になる

施工管理は、どの会社でも足りていないのが現状です。そのため、経験者は非常に重宝される傾向にあります。

一度施工管理を経験していることで、転職にもとても有利な経歴になります。

施工管理関連の資格を取得しておくと、さらに自分のキャリアパスに有利に働くでしょう。

施工管理は、管理能力やマネジメント能力、コミュニケーション能力などの多くのスキルを身につけることができます。これらのスキルや知識は、他の業界に転職しても活かすことができます

意外と楽?会社によっては労働環境が整えられている

会社によっては、労働環境が整えられていることもあり、このような会社で施工管理として働くと、「意外と楽だな」と感じられます。

特に、大手のゼネコンなどは人員が多いので、業務範囲がきちんと切り分けられている傾向にあります。中には、施工管理でありながら、事務作業のみという会社もあるようです。

建造物が完成した時に達成感が得られる

施工管理は、とにかく大変なことが多い仕事。しかしその分、建造物が完成した時に得られる達成感はとても大きいものになります。

自分が責任者として関わった建造物が、人々の役に立っていると実感できるのは、施工管理の特権。この達成感が癖になり、施工管理がやめられないという人も少なくありません。

施工管理の仕事が「つらい・きつい」なら転職も視野に入れましょう

施工管理には、その大変さ以上の喜びがあることはわかっていても、どうしても「つらい・きつい」と感じてしまう人も多いもの。

どうしてもつらいなら、転職を視野に入れてみるのもいいでしょう

施工管理が転職を検討する時の選択肢の例として以下の2つを紹介します。

  • 建設DX・働き方改革の進んだ会社へ転職する
  • 雇用形態を派遣に変更する

それぞれ見ていきましょう。

建設DX・働き方改革の進んだ会社へ転職する

建設DXとは、AIやIoTなどを活用して業務の効率化やサービスの改革をはかることです。

建設DXが進んでいる会社であれば、事務仕事も効率的にこなすことができ、業務時間を短縮することができます

さらに、働き方改革に対する意識の高い会社であれば、長時間労働の防止に取り組んでいるので、ワークライフバランスが取りやすいと考えられます。

雇用形態を派遣に変更する

雇用形態を正社員にこだわらず、派遣に変更するのもひとつの方法。

より柔軟な働き方が可能になります。プロジェクトごとに全く異なる現場で経験を積むことができるので、キャリアアップにもつながるでしょう。

施工管理は、業界全体で人手不足であるため、派遣であっても十分に仕事を得ることができます。

まとめ

施工管理の仕事は、「つらい・きつい」と感じることが多いのは事実です。しかし、それに見合うだけの大きなやりがいもあります。

自分がどうして施工管理を「つらい・きつい」と感じるのかをしっかり考え、改善ができそうであれば改善し、そうでなければ転職を検討するのもひとつの方法でしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、施工管理に関する求人も数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事