若手人材が施工管理を辞める理由とは?退職にあたっての注意点など解説

「施工管理の仕事を辞めたい」

「入社したばかりなのに辞めたいと言ったら、怒られるんじゃないか」

このように感じている若手の施工管理者は、多いのではないのでしょうか。

理不尽なパワハラや長時間労働など、施工管理をしている人の中には多くの悩みを抱えている人もいると思います。

この記事では、若手が施工管理を辞めたいと感じる6つの理由やうまく退職するコツなどを解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

若手の施工管理者によくある悩み

「施工管理を辞めるのは甘えなのか」

「施工管理1年目で辞めるのはアリ?」

これらは若手の施工管理者の中では、よくある悩みのひとつです。

「せっかく入社したのに、すぐにやめてしまうのは甘えじゃないのか」と感じている人は、あなた以外にも意外と多く存在します。

記事の後半では、施工管理を退職するためのポイントも紹介していますので参考にしてみてください。

施工管理を辞めるのは甘えなのか

施工管理を辞めるのは甘えではありません。

仕事にはそれぞれ向き不向きがありますし、状況によっては致し方ないこともあります。

今の職場の環境に悩みがあるのであれば、転職して一からやり直すのも賢い選択のひとつです。

施工管理1年目で辞めるのはアリなのか

施工管理を1年目で辞めることは、全く問題ありません。

場合によっては、今すぐに辞めたほうがいいような場合もあります。

理不尽なパワハラが多い職場や、休日もなくサービス残業ばかりでこき使われているような場合には、入社年数に関係なくすぐに転職を考えてもよいでしょう。

「辞めたい」と強く感じるようであれば、1年目だろうが関係なく辞めるのもありです。

若手の施工管理技術者が辞めたくなる6つの理由

若手が施工管理を辞めたくなる理由を6つ紹介します。

  • 理不尽なパワハラが多く人間関係に嫌になるから
  • 心身ともに仕事に疲弊してしまうから
  • 名前ではなく「お前」と呼ばれるから
  • 給料が見合わないと感じるから
  • 危険な仕事が多いから
  • プライベートな時間が取れない

理不尽なパワハラが多く人間関係に嫌になるから

理不尽なパワハラが多い職場は、精神的に病んでしまい人間関係が嫌になってしまいます。

  • 上司から無理な仕事を与えられる
  • 仕事がこなせなければ邪険に扱われる
  • 上司の指示通り仕事しても職人に嫌味を言われる

このような職場環境では仕事のやりがいも見つけられず、施工管理を辞めたいと感じてしまうでしょう。

心身ともに仕事に疲弊してしまうから

若手施工管理が辞めたくなる理由の一つは、心身ともに仕事に疲弊してしまうからです。

施工管理の仕事は朝が早く、残業や休日出勤を行わなければならない場合も多いです。

労働時間が長いと、体を十分に休めることができません。

肉体的な疲労だけでなく、職場環境によっては精神的なストレスもかかってくるでしょう。

心身ともに休まる暇がなく、仕事に疲弊してしまいます。

名前ではなく「お前」と呼ばれるから

若手の施工管理は、上司や職人に名前ではなく「お前」と呼ばれることもあります。

若いから・後輩だからという理由だけで「お前」と呼ばれることは、自分を軽視されているようで仕事そのものに嫌気がさしてしまう人もいるでしょう。

自分が軽視されていると感じれば、存在意義が薄れ辞めたいと思うようになってしまいます。

給料が見合わないと感じるから

若手の施工管理では、給料が仕事のわりに合わないと感じることがあります。

  • 労働時間が長い
  • トラブルが起きると予定外の休日出勤が発生する
  • 理不尽なパワハラをする上司がいる
  • サービス残業も多い

このような環境で一生懸命仕事をしているのに、一般のサラリーマンと同じ程度の給料しかもらっていないと、割に合わないと感じる人も多いでしょう。

労働時間や精神的なストレスがあるにも関わらず、給料が安ければ仕事を辞めた胃と思う原因になってしまいます。くなります。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

危険な仕事が多いから

建築工事は昔から3K(きつい、汚い、危険)と呼ばれ、過酷な職場環境で仕事をしてきました。

若手の施工管理が仕事を辞めたくなる理由のひとつが、3Kの中の一つの危険な仕事が多いからです。

  • 現場内で怪我をする
  • 資材や道具が頭上から落ちてくる
  • 足場などの高所から転落する

危険なだけでなく夏は炎天下、冬は凍えるような寒さの中で仕事をしなければならないのも施工管理が過酷な要因です。

一般的な会社員と比べ、危険な仕事が多いことが施工管理の仕事を辞めたくなる理由のひとつです。

プライベートな時間が取れない

施工管理は労働時間が長く、プライベートな時間が取れないことも多いです。

建築現場は朝が早く、施工管理の仕事は現場作業が終わった後も事務作業をしなければなりません。

仕事の多さで自分の時間が取りにくいことが、仕事を辞めたくなる大きな理由のひとつです。

施工管理を若いうちに辞めることのメリット

「施工管理を辞めたいけど、ただの甘えなんじゃないか」と感じている方のために、施工管理の仕事を辞めた場合の期待できる未来を紹介しておきます。

  • 年収が上がる
  • プライベートな時間が取れる
  • きちんと休みを取れる
  • 仕事を楽しいと感じられる
  • 柔軟な働き方ができる

世の中の仕事は施工管理だけではありません。

自身のライフスタイルや考え方にあった仕事を考えてみてください。

年収が上がる

施工管理の仕事を辞めれば、年収が上がる可能性があります。

施工管理では朝から晩まで働き、休日も返上して長時間労働を強いられていたかもしれません。

体力に自信があり、これまでと同様に朝から晩まで働く仕事であれば、さらに年収アップを果たすこともできるかもしれません。

職種を変え働き方を見直すことで、年収アップに繋がる可能性があります。

プライベートな時間が取れる

施工管理を辞めれば、長時間労働から解放されプライベートの時間を確保できる可能性があります。

残業が少なく休日出勤のない会社を選べば、自由に使える時間は増えるでしょう。

施工管理の仕事は、全産業の中でも特に労働時間が長い仕事の一つです。

施工管理の仕事を辞めれば、労働時間が減りプライベートな時間が確保できるようになります。

仕事を楽しいと感じられる

施工管理をしている人の中には、長時間労働や人間関係が原因で仕事を楽しいと思えない人もいることでしょう。

施工管理を辞め新しい仕事につけば、忘れていた仕事のやりがいを思い出せる可能性があります。

現在の施工管理の仕事を楽しいと感じられない人は、仕事を変えることで忘れていた仕事のやりがいを思い出せるかもしれません。

柔軟な働き方ができる

建築現場では決められた時間に仕事が始まり、夜遅くまで残業しなければならないこともあります。

施工管理を辞めれば、フレックス勤務や在宅勤務など時間に縛られない柔軟な働き方を選ぶこともできます。

カンタン
10秒診断

退職を検討されている方へ

辞めたい理由から転職の軸を整理!

若手の施工管理技術者が辞める前にすべき3つのこと

施工管理を辞める前にするべき3つのことを紹介します。

  • 会社と施工管理のどちらを辞めたいのか考える
  • デスクワークと現場仕事のどちらがいいか考える
  • キャリアに未練はないか考える

会社と施工管理のどちらを辞めたいのか考える

施工管理を辞める前に、会社と施工管理のどちらを辞めたいのか真剣に考えてみましょう。

会社が嫌で辞めたい場合は、別の会社で施工管理を続けるという選択肢もあります。

施工管理自体が嫌な場合は、同じ会社内で営業など別の部署へ異動するという選択肢もあります。

辞めた後に後悔しないように、何が原因で施工管理を辞めたいと思っているのかを一度、立ち止まって真剣に考えてみましょう。

デスクワークと現場仕事のどちらがいいか考える

施工管理は、現場での作業だけでなく事務所でのデスクワークも多い仕事です。

次に行う仕事がデスクワークがいいのか、現場仕事がいいのかを考えてみましょう。

辞めたい理由が施工管理の事務作業の場合、次の仕事でデスクワーク中心の仕事を選んでしまうと同じような悩みを抱えてしまうかもしれません。

施工管理を辞める場合は、何が原因で辞めたいと感じているのか考えてみましょう。

キャリアに未練はないか考える

施工管理を辞める場合、今のキャリアに未練がないか考えてみるようにしましょう。

辞めたい理由が一時的な労働疲れや職場の人間関係だけという人は、これまで培った知識やキャリアが無駄になってしまいます。

施工管理のキャリアに未練がないのか、転職前にしっかり考えてみましょう。

若手の施工管理技術者が退職を伝えるときの注意点

若手施工管理が退職を伝えるときの注意点を紹介します。

何を言われても気にしない

退職を伝える時は、上司や同僚など周囲の人から何を言われても気にしないようにしましょう。

上司や同僚から「ここで続かなきゃ、どこに行っても続かないよ」「ここで使いものにならないなら、どこでも役立たずだ」などと言われるかもしません。

会社に退職を伝える時は、周りに何を言われても気にしないように強い心で臨みましょう。

転職先を決めてから退職を申し出る

退職を申し出る時は、転職先が決まってから行うようにしましょう。

転職先が決まっていないのに、退職を伝えてしまうと余計な引き止めに合う可能性もあります。

  • 後任が決まるまで退職を保留してほしい
  • 転職先が決まるまでは残ってほしい

後任が決まるまでといいながら、退職させないために後任を決めないという企業もあります。

余計な引き合いに巻き込まれないために、退職の申し出は転職先が決まってから行うようにしましょう。

まとめ

若手の施工管理者の中には、仕事を辞めたいと思っている人も少なからずいることでしょう。

「入社したばかりなのにすぐに辞めるわけにはいかない」と感じているかもしれませんが、職場環境や本人の適正を考えれば必ずしも長く働くことが正解とも限りません。

長時間労働や職場の人間関係が原因で心身ともに疲弊している場合は、すぐにでも辞めてしまうことも賢い選択肢の一つです。

ひとりで悩まず家族や友人など身近な人に相談して、新しい環境で新しい仕事を始めてみるのもいいでしょう。

おすすめの記事