現場監督が「仕事を辞めたい…」と思う理由8選!就職・転職で後悔しないためのポイントとは?

建設業界における代表的な仕事の一つ、現場監督。

現場をまとめ、工事の進捗や質を管理する立場としてとてもやりがいのある仕事ですが、現場監督についてリサーチしていると「辞めたい…」という意見も散見されるため、現場監督を目指すことを躊躇している方も多いのではないでしょうか?

この記事では、現場監督が仕事を辞めたいと思う理由と、これから現場監督を目指す人がそうならないためのコツや現場監督から転職する際のポイントについて紹介していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

現場監督が「辞めたい…」と思う理由8選

現場監督が仕事を辞めたいと思う理由はさまざまですが、特に多いものとしては以下の8つがあげられます。

主な違いとしてあげられるのが、以下の8点です。

  • 仕事がキツい
  • 仕事の内容に比べて給料が低い
  • 現場の管理が大変
  • 残業や休日出勤が多い
  • プレッシャーがかかる
  • 転勤や出張が多い
  • 危険をともなう仕事だから
  • 仕事にやりがいを感じない

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

1. 仕事がキツい

工事現場に出て、進捗や安全などを管理するのが現場監督に求められる主な役割ですが、現場では炎天下や冬の寒空の下、大量の粉塵にまみれて業務をこなすことになります。

現場監督はあくまでも管理者なので作業員のように実際に手を動かして施工するわけではありませんが、空調などの環境が整っていない現場で働くことに変わりはないため、キツいと感じる人は少なくありません。

これは現場監督ではなく建設現場で働くすべての職種の人に共通することではありますが、この建設業ならではのキツさに耐えられず辞めてしまう人もたくさんいます。

2. 仕事の内容に比べて給料が低い

先述したとおり現場監督が働く工事現場は過酷な環境であることがほとんどで、単純にキツい仕事であるという大きなデメリットがあります。

いくつもの現場を掛け持ちするケースも多いため現場監督は大変な仕事だと言えますが、特別給料がいいわけではありません。

経験と実績を積んでいけば年収1,000万円以上稼げる可能性を秘めている職種ではありますが、若手の現場監督の年収相場は300〜400万円ほどと決して高くはありません。

若手であればあるほど「働く環境の過酷さや大変さのわりに給料が低い」といった不満を持ちやすく、我慢できずに退職してしまうケースも多々あります。

3. 現場の管理が大変

現場監督は工事現場において、工程や品質、安全、人材など、さまざまな管理業務を行わなくてはいけません。

現場の規模にもよりますが、これらすべてを管理するというのはとにかく大変で、骨が折れます。

肉体的に疲れるのはもちろん、精神的に辟易してしまうケースも少なくありません。

また、特に大変だとされるのが、現場で働く職人たちの管理です。

現場で手を動かす職人たちを管理して滞りなく工事を進めるのは現場監督の重要な役割の一つですが、職人には頑固な人も多く、言うことを聞いてくれなかったり反発されたりすることもあります。

そういった管理業務の大変さや人間関係を構築する大変さに嫌気がさし、「辞めたい…」と感じるようになるわけです。

4. 残業や休日出勤が多い

建設業界は深刻な人手不足にあえいでいる業界の一つです。

そのため、現場監督の数が足りておらず、残業や休日出勤で対応しなければならないという企業も少なくありません。

また、現場監督の数が足りている企業であっても、工事の進捗が悪くなると完了予定日に間に合わせるために残業が多くなったり、休日出勤が多くなることがあります。

残業や休日出勤が多くなると仕事とプライベートを両立するのが難しくなるため、プライベートの時間も大切にしたいと考えている人ほど辞めたいと考えるようになります。

5. プレッシャーがかかる

現場を管理する立場である現場監督には、決められたスケジュールどおりに工事を進めるのはもちろん、クオリティも求められます。

工事が遅れれば遅れるほどコストがかさんでいくことになるため、基本的に工期の延長は許されません。

現場監督は、常に「工事を遅らせることはできない」「質を下げることはできない」というプレッシャーを感じながら仕事をすることになるので、そのプレッシャーに耐えられず辞めていく人もいます。

6. 転勤や出張が多い

現場監督が所属することになる建設会社などの企業の中には、全国各地の工事を請け負っているような企業もあります。

中には日本だけでなく海外の案件を請け負っている企業もありますが、そういった企業で働く現場監督は転勤や出張が多くなりがちです。

独身のうちや若いうちであれば問題ないかもしれませんが、結婚したり子どもができたりすると転勤や出張が苦痛になり、辞めたいと感じるようになります。

7. 危険をともなう仕事だから

建設の仕事は、デスクワークなどに比べると遥かに危険度の高い仕事で、重大な事故に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

実際、建設現場では毎年数千件の事故が発生しており、死者が出てしまうケースもあります。

そういった事故を現場で耳にしたり、実際に目の当たりにすることで「辞めたい」と感じたり考えたりするようになってしまいます。

8. 仕事にやりがいを感じない

建設の仕事は、インフラ工事からビルなどの大きな建物を建設する工事までさまざまです。

中には住宅の建設をメインに行っている企業もありますが、住宅の建設のような小さな案件をメインにこなしていると、「もっと大きな案件に関わりたい」と感じるようになったり、仕事にやりがいを感じづらくなったりすることがあります。

そうなると、現場監督の仕事に魅力を感じなくなり、辞めることを考え始めるようになります。

これから現場監督を目指す人が就職・転職に失敗しないためのコツ

これから現場監督を目指す場合、ここまで紹介してきた現場監督が仕事を辞めたいと思う理由を参考にしながら就職や転職を進める必要があります。

「仕事がキツい」や「危険をともなう仕事」などの理由については建設業という仕事の性質上どうしようもない部分になるため、これらの理由を聞いて不安になるのであれば現場監督への就職や転職は一旦検討し直すべきだと言えるでしょう。

建設業の中でも内勤の仕事であれば体力的な面で仕事がキツいと感じることはありませんし、危険をともなう作業を行う必要もないので、内勤の仕事を選ぶというのも一つの手です。

一方、他の理由については現場監督や建設業の仕事に付随するデメリットというわけではありません。

仕事の内容に給料が見合わない点やプライベートの時間を確保しづらい点、転勤や出張が多い点などは会社によって異なるため、会社選びを慎重におこなうことで回避できる可能性が高いと言えます。

会社選びで失敗しなければ現場監督の仕事を辞めたくなる可能性はかなり低くなるので、これから現場監督への就職・転職を目指す方は会社選びを重視して就職活動・転職活動を進めるようにしましょう。

カンタン
10秒診断

退職を検討されている方へ

辞めたい理由から転職の軸を整理!

現場監督からの転職に後悔しないためのポイント

現場監督からの転職に後悔しないためのポイント

どうしても現場監督を辞めて転職するのであれば、現場監督からの転職に後悔しないためのポイントを押さえた上で転職するようにしましょう。

押さえておくべきポイントとしては以下の4点があげられます。

  • 辞めたい理由を明確にする
  • やりたい仕事や携わりたい案件を明確にする
  • 理想の働き方を明確にする
  • 転職サービスを活用して高待遇かつよりよい環境で働ける会社を選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

辞めたい理由を明確にする

転職する際は、今の仕事を辞めたい理由を明確にすることが大切です。

不満を感じている点や辞めたい理由が明確になっていないと、転職しても同じことの繰り返しになる可能性が高くなるので、まずは現場監督の仕事を辞めたい理由を明確にするところから始めるようにしましょう。

現場に出ることに苦痛を感じる場合は、内勤を願い出るという方法もあります。

やりたい仕事や携わりたい案件を明確にする

現場監督を辞めて転職する場合は、やりたい仕事や携わりたい案件を明確にした上で転職することが大切です。

建設業界の別の業種に転職するにしても、やりたい仕事が明確になっていない状態ではうまくいきません。

建設業界ではなく別の業界に進みたいと考えているのであれば、やりたい仕事に加え、どの業界に進みたいかについても明確にしておく必要があります。

また、仕事の内容に不満があって建設業界の別の会社に転職したいと考えている場合は、住宅の建設やインフラ工事、ビルや商業施設の建設など、やりたい案件を明確にし、その案件に関わることができる企業に転職することが重要になってきます。

これらが明確になっていないと現場監督を辞めて転職しても失敗する可能性が高いので、やりたい仕事や携わりたい案件をハッキリさせてから転職活動を始めるようにしましょう。

理想の働き方を明確にする

現場監督の給与や忙しさに不満を感じている場合は、理想の働き方を明確にすることも重要になってきます。

理想とする働き方があり、その働き方を実現したいのであれば、実現できる企業を探して転職しなくてはいけません。

忙しくても稼げればいいと考えるのであれば給与の高さを重視して転職先を選ぶべきですし、多少給料が安くてもプライベートを充実させられる方がいいと考えるのであれば、残業や休日出勤のない転職先を探すべきです。

理想の働き方の条件によっては、年収が下がってしまうことを受け入れたり、今より激務になってしまうことを受け入れるなど妥協しなくてはならないケースも出てくるので、その点を踏まえた上で理想の働き方を明確にし、転職活動に取り組むようにしましょう。

転職サービスを活用して高待遇かつよりよい環境で働ける会社を選ぶ

今勤めている企業の給与水準や環境に対して不満を感じているのであれば、より良い待遇で迎え入れてくれる企業や働きやすい環境が整っている企業に転職することが何よりも重要になってきます。

給与水準や環境が今の会社とほとんど変わらないような会社に転職してしまうと、例え現場監督を辞めたとしてもその不満や問題は解決されません。

待遇の良い会社や環境の整っている会社を自力で探すのは限界があるので、転職サイトや転職エージェントなどの転職サービスを積極的に活用するようにしましょう。

まとめ

現場監督の仕事を辞めたいと考える理由は人それぞれですが、代表的なものとしては以下の8つがあげられます。

  • 仕事がキツい
  • 仕事の内容に比べて給料が低い
  • 現場の管理が大変
  • 残業や休日出勤が多い
  • プレッシャーがかかる
  • 転勤や出張が多い
  • 危険をともなう仕事だから
  • 仕事にやりがいを感じない

これから現場監督に就職・転職する方は、これらの理由をきちんと認識しながら会社を選ぶことがとても重要になります。

「仕事がキツい」や「危険をともなう仕事」などの理由については現場監督という仕事の性質上避けられないものになるので、これらの理由が気になる場合は、建設業のその他の職種や内勤の仕事への就職や転職を目指しましょう。

おすすめの記事