1年目の新人現場監督が「辞めたい」と感じる理由は?失敗しない退職方法も解説

建設業界における現場監督は、プロジェクトの成功を左右する重要な役割を担っています。

しかし、新卒1年目の現場監督にとって、この仕事は想像以上の困難に満ちていることも少なくありません。

そこで今回は、新卒1年目の現場監督が直面する困難や、辞めたいと感じる理由などについて深掘りします。

さらに、実際に転職を考えているという方に向けた転職を成功させるコツなどについても解説します。

今、新卒1年目で現場監督を辞めたい、転職したいと思っている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

新卒1年目の現場監督が辞めたいリアルな理由7つ

新卒1年目の現場監督が仕事を辞めたいと思う理由には、実にさまざまなものがあります。

今回は、中でもよくある以下の辞めたい理由7つをご紹介します。

  • 人間関係がよくないから
  • 古い慣習に納得できないから
  • 残業時間が異常だから
  • ストレスが大きいから
  • プライベートな時間が作れないから
  • 給料が割に合わないから
  • 危険な仕事だから

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

人間関係がよくないから

新卒1年目の現場監督が直面する最大の課題の一つが人間関係です。

現場ではさまざまな職種の人々と協力しなければならず、時には意見の衝突やコミュニケーションの問題が起こることも。このような人間関係の問題は、職場でのストレスの主な原因となります。

経験豊富な職人、技術者、若手の労働者など、異なる視点や価値観を持つ人々との協働は、新卒の現場監督にとって大きな挑戦です。

特に、経験の浅さや新しいアイデアを持ち込むことが、既存のチームメンバーとの間で摩擦を生じさせることもあります。

古い慣習に納得できないから

建設業界には長年にわたる悪い慣習や伝統がいまだに存在していることも。このような慣習に対して新しい視点を持つ新卒者が疑問を感じることは自然なことです。

そのような慣習に挑戦することは簡単なことではなく、フラストレーションを感じる原因となるでしょう。

建設業界の伝統や慣習は、長い時間をかけて形成されてきました。これらの慣習は、時には効率性や安全性を犠牲にしていることもあり、新しい技術や方法論を取り入れることに抵抗があることも少なくありません。

新卒の現場監督が、これらの慣習に疑問を投げかけることは、組織内での変化を促すきっかけとなることもありますが、同時に自身の立場を悪くすることもあります。

残業時間が異常だから

建設業界は長時間労働が常態化している業界のひとつ。特に現場監督は、プロジェクトの進捗に責任を持つため、残業が避けられないことが多いです。これが健康やプライベートな時間に影響を及ぼすことで、「辞めたい」と感じる人も少なくありません。

プロジェクトの進行に伴い、現場監督は多くの時間を現場で過ごすことになります。これには、早朝からの作業開始、夜遅くまでの残業、休日出勤などが含まれることがあります。

このような長時間労働は、身体的、精神的な健康に悪影響を及ぼすだけでなく、家族や友人との時間を奪い、ワークライフバランスを崩す原因となるでしょう。

ストレスが大きいから

現場監督の仕事は、常に重い責任とプレッシャーの下でおこなわれます。納期の厳守や安全管理、品質の維持など、多くの責任を背負うことは、大きなストレスとなります

建設プロジェクトは、多くの場合、厳しいスケジュールと予算の制約の中で進行します。

現場監督は、これらの要求を満たすために、日々の作業計画の調整、問題の迅速な解決、チームメンバーの管理など、多岐にわたる業務を遂行する必要があります。

これらの責任は、特に経験の浅い新卒者にとって、圧倒的なストレスとなることがあるのです。

プライベートな時間が作れないから

仕事とプライベートのバランスを取ることは、現場監督にとって難しい課題です。

長時間労働により、趣味や家族との時間が犠牲になることも少なくありません。

現場監督の仕事は、プロジェクトの進行によっては、予定外の時間を要することが多々あります。これにより、趣味やリラックスする時間、家族や友人と過ごす時間が制限されることがあります。

特に新卒者は、仕事とプライベートのバランスを取ることの難しさを痛感することが多いです。

給料が割に合わないから

建設業界では、特に新卒の現場監督の給料は、負担の大きさに比べて低いと感じることがあります。「給料が割に合わない」と感じることは、多くの人が仕事を辞めたいと考える大きな理由のひとつです。

新卒の現場監督は、多くの責任と高い労働強度にもかかわらず、その労働に見合った報酬を受け取っていないと感じることがあります。特に、長時間労働や高いストレスを考慮すると、給与の不満は転職を考える大きな動機となるでしょう。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

危険な仕事だから

建設現場は、他の業界に比べて危険が伴う場所。安全管理は現場監督の重要な責務であり、この重圧は精神的に大きな負担となります。

建設現場は、高所作業、重機の操作、電気工事など、様々な危険が潜んでいます。

現場監督は、これらの危険から労働者を守るための安全管理をおこなう必要があります。この責任は、特に新卒者にとって大きなプレッシャーとなり、職場でのストレスの一因となります。

さらに、現場監督自身ももちろん現場に出るため、怪我をするかもしれないリスクと常に隣り合わせ。事故や怪我のリスクの高さから、新卒者の中には辞めたいと感じる人も少なくありません。

新卒1年目の現場監督が辞めたいと思うのは悪いこと?

新卒1年目で現場監督として働き始めると、多くの人がさまざまな困難に直面します。

これらの困難は、自己成長の機会になることも多いものですが、時には「辞めたい」という感情を抱かせることも少なくありません。

しかし、この「辞めたい」という感情は決して悪いことではありません。むしろ、自分自身のキャリアパスや幸せを真剣に考えるきっかけとなることもあります。

新卒者が現場監督として直面する困難は、さまざま。未経験の業務や重い責任、厳しい労働環境など、これらの要因はすべて、新卒者が「辞めたい」と感じる大きな理由となります。

そして、これらの「辞めたい」という感情を正直に受け止め、自分自身のキャリアについて深く考えることは、将来の成功への第一歩となる可能性を秘めているのです。

新卒1年目の転職におすすめの業種・職種

新卒1年目の現場監督が転職を考える際、多くの選択肢があります。建設業界での経験は、他の多くの職種においても価値が認められます。特に以下の職業・職種は、新卒1年目の方におすすめの転職先です。

現場監督経験者の主な転職先を紹介しましたが、もちろん上記以外の職種にチャレンジしてみてもいいでしょう。

新卒1年目での転職は、第二新卒として扱われるため、将来性を重視した採用をする企業が多いです。同業他社でも全くの未経験の分野でも、自分のやりたいことを目指してみましょう。

新卒1年目の現場監督が転職を成功させる4つのコツ

新卒1年目の現場監督が転職を決意したら、次はそれを実行に移します。

この時、転職を成功させるためにはいくつかのコツを押さえておくことが大切です。

転職を成功させるためのコツはさまざまですが、ここでは代表的な4つのコツを紹介します。

  • 転職の軸を決める
  • 転職エージェントを利用する
  • 転職先が決まってから退職する
  • 強い意志をもって退職する

それぞれについて詳しく解説していきます。

転職の軸を決める

転職を成功させるためには、自分のキャリアの軸を明確にすることが重要です。

まずは、仕事とプライベートとのバランス、給与、キャリアアップの可能性など、何を重視するかを決めましょう。譲れない条件や優先順位を明確にして仕事探しをしましょう。

転職の際には、自分の価値観や将来の目標を明確にすることが重要です。

例えば、ワークライフバランスを重視する場合、残業が少ない職場やフレキシブルな勤務体系を提供する企業を選ぶことが重要です。また、給与やキャリアアップの機会を重視する場合は、社内での教育が充実している企業を選ぶことが望ましいです。

自分の価値観に合った転職先を選ぶことで、長期的なキャリアの満足度を高めることができます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントの利用は、適切な職を見つけるための有効な手段のひとつです。

専門のアドバイザーが、自分の希望に合った職種や業種を提案してくれます。

転職エージェントは、多くの企業とのネットワークを持っており、公開されていない求人情報にアクセスすることができます。

また、履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策など、転職活動全般にわたるサポートを提供してくれます。これにより、転職活動の効率を高めることができ、より適切な職場を見つけることが可能になります。

転職先が決まってから退職する

転職活動を成功させるためには、新しい職場が決まってから現在の職を辞めることが望ましいです。転職先が決まるまで退職せずに仕事を続けることは、経済的な安定を保つために重要です。

無職の期間が長引くと、経済的なプレッシャーが増し、転職活動にも影響を及ぼす可能性があります。この経済的なプレッシャーから、焦って転職先を決めてしまって後悔したなんてことにもなりかねません。

新しい職場が決まってからの退職は、スムーズなキャリアの移行を実現し、転職活動のストレスを軽減します。

強い意志をもって退職する

転職を決意したら、強い意志を持って行動に移しましょう。周囲の意見に左右されず、自分の将来のキャリアと幸せを最優先に考えることが大切です。

「期待しているから、もう少し頑張って欲しい」と、優しく引き止められたり、逆に「無責任だ」「どこに行っても通用しない」などと厳しい言葉をかけられることも少なくありません。

このような言葉を全て振り切って「絶対に退職する」という強い意志を持って転職活動に臨むことで、自分自身の望むキャリアパスを実現することができます。

まとめ

新卒1年目の現場監督が「辞めたい」と感じるのは、多くの挑戦と困難に直面している証拠です。

しかし、これらの感情は自己成長の機会となることも少なくありません。

転職を考える際は、自分のキャリアの軸を明確にし、計画的に行動することが成功の鍵となります。自分自身の幸せとキャリアのために、最適な選択をする勇気を持ちましょう。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事