建設業界の人が「辞めたい」と思う6つの理由をそうならないための対処法とあわせて解説

建設業界はやりがいのある業界で、稼げる業界としても人気です。

ただ、建設業界についてリサーチしていると、「辞めたい」というネガティブなキーワードが見つかることも…。

この記事では、建設業界で働くひとが仕事を辞めたいと感じる理由とその対処法、これから建設業界に進みたいと考えている方がそうならないためにやっておくべきことなどについて紹介していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

建設業界で働く人が「辞めたい…」と感じる6つの理由と対処法

建設業界で働く人が建設の仕事を辞めたいと感じる理由は人それぞれですが、代表的なものとしては以下の6つがあげられます。

  • 体力がなく力仕事がキツい
  • 気性の荒い人や頑固な人が多く人間関係を構築するのが難しい
  • 仕事とプライベートを両立させるのが難しい
  • プレッシャーに耐えられない
  • 給料が低い
  • 危険な現場が多い

それぞれの理由と、それらの理由に対する対処法を紹介していきます。

1. 体力がなく力仕事がキツい

建設業界の仕事では、炎天下や冬場の寒空の下で長時間作業することになります。

屋内で作業する場合であっても、空調設備が整っていないため快適に作業できる環境ではありません。

ほとんどの作業が力仕事で体力が求められるので、体力に自信のない人が建設業界に入ってくると、体力的に「キツい」「ついていけない」と感じ、辞めたいと思うようになります。

また、年を重ねていくと段々と力仕事や体力を求められる仕事がキツいと感じるようになるため、年齢に限界を感じて別の業界に転職しようと考える人も少なくありません。

体力がなく力仕事がキツいと感じる場合は、内勤への移動を希望するか、年齢的にキツくなるまでに経験や実績を積んで管理職になるなどの対処法があります。

2. 気性の荒い人や頑固な人が多く人間関係を構築するのが難しい

建設業界には、業界の性質上、気性が荒いように感じられる人が多く、職人気質で頑固な人もたくさんいます。

現場ではそういった人たちともしっかりと人間関係を構築しなければいけませんが、キツい言葉を投げかけられたり、頑固につっぱねられたりすると、「この人たちと一緒に仕事するのは無理かも…」と感じるようになり、辞めたいと感じるようになるわけです。

ただ、危険と隣り合わせという仕事の性質上、指摘や注意の仕方が荒くなってしまったというケースも少なくありませんし、言葉は荒いが面倒見が良い人も多いなど、業界の特徴をきちんと把握できずに判断してしまっているケースも少なくありません。

人間関係の構築が難しいと悩む場合は、まずは業界の特徴を理解したり、実力や仕事への取り組み方で認めてもらうなどして、そういった人たちとうまく付き合っていく道を模索することが問題解決の糸口になります。

3. 仕事とプライベートを両立させるのが難しい

建設業界はブラックなイメージが強い業界です。

残業や休日出勤が多く、仕事ばかりになってしまうというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

実際、そういった会社もあり、極端な残業や休日出勤を命じる会社も少なくありません。

そのようなブラックな会社に勤めてしまうと、仕事とプライベートを両立させるのが難しくなり、建設業界を辞めたいと感じるようになってしまいます。

ただ、そうでない会社もあるので、残業や休日出勤でプライベートな時間を確保するのが難しくなってしまった場合は、建設業界を辞めるのではなく、他の会社に転職することを検討するのも一つの手です。

4. プレッシャーに耐えられない

「建設業」とひとくちに言ってもその職種はさまざまで、中には施工管理や現場監督など、工事の進捗や品質、職人を管理するような立場の職種もあります。

管理する立場の職種は給与が高い反面、スケジュール管理や品質へのプレッシャーにさらされ続けることになるため、そのプレッシャーに耐えられなくなって辞めたいと感じるようになる人も少なくありません。

ただ、仕事に責任がともなうのはどの業界でも変わりません。

また、最初はプレッシャーに押しつぶされそうになるかもしれませんが、案件をこなしていくことで慣れる場合も多いので、まずは慣れるまで続けてみるのも一つの手です。

やはりどうしても難しいという場合は、施工管理や現場監督などの管理する立場ではない別の業種に転職するという方法もあります。

5. 給料が低い

ここまで紹介してきたとおり建設業には建設業ならではのさまざまな厳しい面があります。

この建設業ならではの厳しい部分に直面したときに、「建設業ってキツいわりに稼げないな」と感じたり、「仕事の内容やキツさに比べて給料が低い」と感じるようになってしまう人も多く、建設業界を辞めたいと考えるようになります。

この場合は、建設業を辞めるのではなく、より高待遇で迎え入れてくれる会社に就職したり、建設業界でキャリアアップを目指すなどの方法で対処できますし、資格をとることで年収アップを実現することも可能です。

給料が低いという問題に対しては、さまざまな方法で対処できます。

6. 危険な現場が多い

建設業界は、高所での作業や重機の取り扱い、重たい資材の搬入や取り扱いなど危険性の高い業務が多い傾向があります。

デスクワークなどに比べると圧倒的に事故に巻き込まれる可能性が高いため、危険な現場で働いたり危険な業務を行うことに危機感を感じ、辞めたいと感じるようになります。

危険な現場や危険な業務が多いのは確かですが、これらは基本的に安全対策の徹底で対処可能です。

また、どうしても怪我や事故のリスクを避けたい場合は、内勤など危険性の低い職種に転職するという方法もあります。

建設業界を辞めるに前に知っておくべきこと

建設業界の別の会社に転職したり、他の職種で再出発するのではなく、どうしても建設業界を辞めたい場合は別の業界に転職するしかありません。

ただ、建設業界を辞めて他の業界に転職する場合は、以下の点に注意が必要です。

  • 年収が下がる可能性がある
  • キャリアの形成が難しくなってしまう可能性がある

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

年収が下がる可能性がある

建設業界から別の業界に転職する場合、年収が下がる可能性がある点に注意しなくてはいけません。

年収は業界や業種によって相場が異なるため、年収の水準が低い業界や業種に転職すると年収が下がってしまう可能性があります。

そうなってしまわないためにも、転職する業界や転職する業種の給与事情をよく確認しながら転職活動を進めるようにしてください。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

キャリアの形成が難しくなってしまう可能性がある

建設業界から別の業界や業種に転職する場合は、キャリアの形成が難しくなってしまう可能性がある点にも注意しなくてはいけません。

これまで建設業界である程度のキャリアを築いていたとしても、別の業界や業種に転職すると基本的にはキャリアがリセットされてしまうため、転職先の業界で一からキャリアを積み上げていくことになります。

年齢が若ければそうなったとしても特に問題はありませんが、年齢によっては転職先の業界でキャリアを構築するのが難しいケースもあるため注意が必要です。

これから建設業界に進む人が「辞めたい…」とならないためにやっておくべきこと

これから建設業界に進む人が「辞めたい…」とならないためにやっておくべきこと

建設業界のネガティブな情報についてリサーチしている人の中には、ネガティブな部分を把握した上で、それでも「建設業界に進みたい」「建設業界で活躍したい」と考えている方もいるかと思います。

そういった方が実際に建設業界に進んだ後で「辞めたい」となってしまわないためには、実際に建設業界で働き始める前までに以下の3つをやっておかなくてはいけません。

  • 建設業界に向かない人の特徴を押さえておく
  • 建設業界のことを徹底的にリサーチする
  • なるべく条件の良い会社に就職・転職する

それぞれ詳しく解説していきます。

建設業界に向かない人の特徴を押さえておく

建設業界への就職・転職で失敗したくないのであれば、建設業界に向かない人の特徴を押さえておくことが大切です。

建設業界に向いていない人の主な特徴としては以下の3点があげられます。

  • 体力に自信がない
  • 気が弱く自分の意見が言えない
  • コミュニケーション能力に自信がない

建設業界はとにかく体力勝負の業界なので、体力に自信がない人には向いていません。

また、自分の意見をしっかりと主張できて、意思をハッキリと示すことができる人が求められてます。

クセの強い人や頑固な職人が多い業界であることも考えると、そういった人たちとも意思疎通を図れるコミュニケーション能力の高さも求められるでしょう。

体力に自信のない人や自分の意見を言えない人、コミュニケーション能力に自信のない人は後悔する可能性が高いので、別の業界への転職も含めて検討する必要があります。

建設業界のことを徹底的にリサーチする

事前のリサーチが不足している場合、その業界に入ったことを後悔してしまいがちです。

一方、事前のリサーチを徹底してその業界のことをきちんと把握しておけば、その業界を避けるべきかどうか正しく判断できますし、業界の特性や性質を理解した上で就職・転職できるので、失敗したり後悔する可能性はかなり低くなります。

建設業界に転職するのであれば、今回紹介してきた内容についてはもちろん、建設業界の特徴やどういった職種があるかなどを徹底的にリサーチした上で転職活動を進めるようにしましょう。

なるべく条件の良い会社に就職・転職する

仮に建設業界や建設業界での仕事が理想的な仕事で、非常にやりがいのある仕事だったとしても、給与が低かったり、プライベートを犠牲にするような激務だと働き続けることはできません。

「続けたいのに続けられない」という残念な状態にならないためにも、なるべく給与水準が高い会社や仕事とプライベートを両立しやすい会社など、条件の良い会社に就職・転職することが重要になります。

カンタン
10秒診断

退職を検討されている方へ

辞めたい理由から転職の軸を整理!

まとめ

建設業界を「辞めたい」と思う理由は人それぞれですが、代表的な理由としては以下の6つがあげられます。

  • 体力がなく力仕事がキツい
  • 気性の荒い人や頑固な人が多く人間関係を構築するのが難しい
  • 仕事とプライベートを両立させるのが難しい
  • プレッシャーに耐えられない
  • 給料が低い
  • 危険な現場が多い

実際、これらと似たような理由で建設業界を去りたいと考えている方もいるかと思います。

しかし別の業界に転職すると年収が下がってしまったり、今後のキャリアの形成が難しくなってしまったりする場合があるので、その点をよく理解した上で別の業界に進むようにしなくてはいけません。

また、ネガティブな部分を知った上でそれでも建設業界に進みたいと考える方は、自分が建設業界に向かない人の条件に当てはまっていないかどうかを確認してみてください。

そのうえで建設業界について徹底的にリサーチして、なるべく条件の良い会社に就職・転職するようにしましょう。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事