建設業からの転職は可能?おすすめの転職先と失敗しない転職活動のコツを紹介

給与水準や業界の体質、仕事の過酷さや今後のキャリアのためになど、さまざまな理由で建設業界からの転職を検討しているという方は少なくないかと思います。

ただ、転職を成功させるには情報のリサーチなどの準備が必要不可欠。

準備せずに転職に踏み切ってしまうと、またすぐに転職先を探すなど後悔するような結果になってしまいかねません。

この記事では、建設業界から転職する際の注意点や転職を成功させるコツ、建設業界からの転職におすすめの業種や職種などについて解説していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

建設業から転職する3つのメリット

建設業から転職することで期待できるようになる主なメリットとしては、以下の3点があげられます。

  • 人間関係や労働環境のストレスから開放される
  • プライベートな時間を確保できるようになる
  • 収入が上がる可能性がある

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

人間関係や労働環境のストレスから解放される

建設業界は職人など昔気質な人が多く、円滑な人間関係を構築するためのハードルが高い業界です。

実際、人間関係に悩んで辞める人も少なくありません。

また、空調がなかったり、ちょっとしたミスが大きな事故につながりかねないなど労働環境が過酷という特徴がありますが、建設業から転職することで人間関係や労働環境などのストレスから開放されるようになります。

建設業界特有の人間関係の問題や労働環境に関するストレスで悩んでいる方にとっては大きなメリットだと言えるでしょう。

プライベートな時間を確保できるようになる

建設業界は残業や休日出勤など、慢性的な長時間労働の解消が長年の課題となっているような業界です。

作業の遅れや天候の影響などによってスケジュールが押してくると毎日のように残業が続きますし、休日出勤によってほとんどまともに休みが取れないような現場も少なくありません。

施工管理や現場監督などは特にその傾向が顕著で、現場での作業が終わった後で書類を作成しなければならないこともあります。

長時間労働や休日出勤によってプライベートな時間をまともに確保できていない方の場合、転職して建設業界を離れることでプライベートの時間を充実させられるようになり、仕事とプライベートの両方をより楽しめるようになります。

収入が上がる可能性がある

建設業の中にはスーパーゼネコンなど給与水準の高い会社がありますが、売上規模の小さな会社だと給与水準はそれほど高くありません。

むしろ全体の平均値より年収が低い会社も少なくありませんし、会社によってはサービス残業を強いられることもあります。

そのため、「給料が低い」「割に合わない」と感じている方も少なくありませんが、待遇の良い会社に転職することで収入が上がり、そういった不満が解消される可能性があります。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

建設業から転職する前に考えておくべき注意点

建設業から転職するとさまざまなメリットが期待できるようになりますが、いくつか注意が必要なポイントもあります。

転職する前に考えておくべき主な注意点としては、以下の4点があげられます。

  • これまでのスキルを活かせなくなる
  • 収入が下がる可能性がある
  • 転職先が探しにくい可能性がある
  • 新しい仕事に適応できない可能性がある

それぞれ詳しく解説していきます。

これまでのスキルを活かせなくなる

建設業は専門的なスキルが活かせる業界です。

実際、さまざまなスキルを身につけて建設業界で活躍している方も少なくないかと思いますが、建設業界から転職することでそれらのスキルを活かして働くことができなくなる可能性があります。

また、業界を離れるということはこれまで築いてきた建設業界でのキャリアが途絶えてしまうことになる点にも注意が必要です。

収入が下がる可能性がある

建設業界からの転職のメリットの一つとして収入が上がる可能性がある点をあげさせてもらいましたが、転職する会社によっては逆に収入が下がってしまう可能性があるため注意しなければいけません。

収入が変化する度合いによってはこれまでの生活水準を保てなくなってしまう可能性もあります。

転職先が探しにくい可能性がある

先ほど紹介した建設業界からの転職によって得られる3つのメリットは、あくまでも転職できたときのメリットでしかありません。

スキルや年齢によっては転職先がなかなか決まらない可能性もあります。

未経験でも積極的に採用してくれる会社もありますが、業界や業種、職種によっては未経験での応募が難しいケースもあるため注意が必要です。

新しい仕事に適応できない可能性がある

建設業界とまったく異なる業界に転職した場合、新しい仕事に適応できるようになるまでに時間がかかってしまう可能性もあります。

建設業界も大変な業界ではありますが、転職先の業界や業種、職種にもならではの大変な部分があり、そこに順応できるようになるまでには時間がかかるという点にも注意しておくようにしましょう。

【年齢別】建設業からの転職で考えるべきこと

建設業界からの転職では、年齢によって考えるべきことが変わるため、その点についてもしっかりと認識しておかなくてはいけません。

例えば、20代は若さが強みになるため、これまでのキャリアよりもやる気や将来性などが重視される傾向があります。

転職先の会社でどういったことがしたいのか、今後のキャリアをどう考えているのかなどをアピールするのがおすすめです。

一方、30代からの転職では、やる気や将来性ではなく、これまで歩んできたキャリアや経験、スキルなどが重要視される傾向があります。

アピールするべきポイントも20代とは異なり、その会社にどう貢献できるかをアピールする必要があります。

建設業からの転職でおすすめの業種・職種

建設業からの転職でおすすめの業種・職種

建設業を辞めて他の業界に転職したいと考えているものの、具体的な転職先が決まっていないという場合は、建設業からの転職におすすめの業種や職種に関する情報を集め、参考にしながら転職先を考えるのがおすすめです。

建設業の経験を活かせる転職先と未経験でもチャレンジできる転職先の2つに分け、おすすめの業種や職種を紹介していきます。

建設業の経験を活かせる転職先

建設業の経験を活かせる転職先としては、以下の3つがあげられます。

  • デベロッパー
  • 製造業
  • ビルメンテナンス

地域の再開発や商業施設など建物の企画・開発を行うデベロッパーは、建設業界での経験を活かせる代表的な転職先の一つです。

採用に関しても建設業界出身であることが活きてくるのでおすすめです。

CADに関する知識やスキルがある人には、その知識やスキルを活かせる製造業もおすすめだと言えます。

また、施工業務があるわけではありませんが、建物の保守管理を行うビルメンテナンスの会社もうってつけの転職先だと言えるでしょう。

未経験でもチャレンジできる転職先

建設業界での経験を活かせるわけではないものの、未経験からでも比較的チャレンジしやすい転職先としては、以下の3つがあげられます。

  • IT・Web業界
  • インフラ業界
  • 公務員
  • 営業職

IT・Web業界は年々需要の高まっている業界で人材不足の状態が続いており、未経験の人材を積極的に採用している代表的な業界です。

採用倍率が高く競争が激しいというデメリットこそありますが、電力や水道、ガス、通信インフラなどを取り扱うインフラ業界もおすすめだと言えるでしょう。

また、おすすめの職種としては公務員や営業職もあげられます。

公務員は土木や建築に関する部署があるため建設業界出身ということが有利に働く可能性があります。

また、さまざまな職人や業者と円滑にコミュニケーションを図れるコミュニケーション能力の高さは営業職で活きてくるはずです。

建設業からの転職を成功させる4つのコツ

建設業からの転職を成功させる上で押さえておきたいのが、転職を成功させるコツについて。

しっかり押さえておきたいコツとしては、以下の4点があげられます。

  • 建設業での経験との親和性を考える
  • 複数の転職エージェントを使用して幅広く情報収集する
  • 他業種への転職でも建設専門エージェントを利用する
  • 工期を考慮せず潔く仕事を辞める

それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

建設業での経験との親和性を考える

年収が下がってしまうのを避けたいのであれば、建設業界での経験や知識、スキルを活かせる親和性の高い転職先に転職するようにしましょう。

紹介してきたとおり未経験からでも挑戦できる業界や業種もありますが、その場合は年収が下がってしまう可能性があります。

何よりこれまで培ってきたスキルや経験を活かせないのはもったいないので、なるべく親和性の高い業界や業種への転職を検討してみてください。

複数の転職エージェントを使用し幅広く情報収集する

建設業界からの転職をサポートしてくれる転職エージェントですが、転職エージェントを活用しながら転職活動に取り組む際は、なるべく複数のサービスを使用し、幅広く情報収集するようにしましょう。

転職エージェントはそれぞれ掲載されている求人が異なりますし、サービスとしての強みが異なります。

また、さまざまな業界の求人を取り扱っている総合型のサービスもあれば、特定の業界の求人のみを取り扱っている特化型のサービスもあるので、それらをバランスよく利用するのがおすすめです。

転職活動では情報をどれだけ集められるかが重要になってくるので、ひとつのサービスにこだわらず、最低でも2つ以上の転職エージェントを活用しながら取り組むようにしましょう。

他業種への転職でも建設専門エージェントを利用する

建設業界から他業種へ転職する場合、さまざまな業種の求人を取り扱っている転職サービスや他業種の転職に強い転職サービスを活用するべきだと考えてしまいがちですが、建設業界から他業種に転職するときこそ建設専門の転職エージェントに任せるべきです。

建設専門の転職エージェントは建設業界で培った知識やスキルへの理解が深いので、最適な求人を紹介してもらえる可能性が高いという強みがあります。

トントンには建設業界で培った知識やスキル、経験を活かせる求人が豊富に掲載されていて、専門のアドバイザーにサポートしてもらいながら転職活動に取り組めるようになっているので、ぜひチェックしてみてください。

工期を考慮せに潔く仕事を辞める

建設業を辞めて転職することを決めたら、今の現場の工期を考慮せず、潔く仕事を辞めることも重要になってきます。

工期を気にしているとなかなか辞めることができず、転職したいけど転職できないという状況がズルズルと続いてしまう可能性があります。

「まわりに迷惑をかけてしまうのではないか」と考えてしまうのもわかりますが、そうなるといつまで経っても辞められなくなってしまうので、辞めると決めたら工期を気にせず辞めるようにしましょう。

まとめ

転職業界からの転職を検討している方の中には「本当に転職できるのかな…?」と不安になっている方もいるかと思いますが、しっかりと準備してのぞめば転職できますし、満足のできる結果につながるはずです。

今回紹介した注意点に注意しつつ、おすすめの業種や職種の情報を元に転職を成功させるためのコツを意識しながら転職活動を行えばきっと上手くいくはずなので、ぜひ参考にしながら取り組んでみてください。

おすすめの記事