現場監督をうまく辞める方法は?よくある退職理由と転職成功のコツを紹介

現場監督という職業は、建設現場の管理という重要な役割を担っていますが、その仕事にはさまざまな困難が伴います。

現役の現場監督の中には、「仕事を辞めたい」と考える人も少なくありません。

この記事では、現場監督の職を辞めたいと考える人々に向けて、退職の理由と転職成功のコツについて詳しく解説します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

現場監督を辞めたくなる6つの理由

現場監督の仕事は、高い責任とストレスが伴うため、多くの現場監督が退職を考えているようです。

ここでは、現場監督が職を辞めたくなる以下の主な6つの理由を紹介します。

  • 人間関係のストレスがつらい
  • 肉体仕事がきつい
  • 危険な仕事が多い
  • 給料が割に合わない
  • 休日が十分に取れない
  • 転勤や異動が多い

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

人間関係のストレスがつらい

現場監督は多くの職人や関係者とのコミュニケーションが必要です。この人間関係が原因でストレスを感じることは珍しいことではありません。

特に、意見の対立やコミュニケーションの不足がストレスの原因となることが多いです。

現場監督は、プロジェクトの成功を左右する重要な役割を担っているため、職人や他のスタッフとの間で意見が衝突すると、その解決の責任も大きくなります。

このような状況は、精神的な負担を増大させ、仕事への意欲を低下させる原因にもなりかねません。

また、現場監督は中間管理職としての役割も担っており、上層部と現場スタッフの間で板挟みになることも。このような立場は、人間関係のストレスをさらに高める要因となります。

肉体仕事がきつい

現場監督の仕事は精神的なものだけでなく、肉体的にも要求が高いもの。重い物を運んだり、長時間の立ち仕事など、肉体的な負担が大きいため、体力的な限界を感じることも少なくありません。

また、現場の安全を確保するためには、細かい点に注意を払い続ける必要があります。

さらに、現場監督はさまざまな気象条件下での作業を管理しなければならず、これが肉体的な負担をさらに増加させます。暑さ、寒さ、雨などの悪天候の中での作業は、身体に大きなストレスを与えることがあります。

危険な仕事が多い

建設現場は危険が伴う場所。現場監督は安全管理の責任も担うため、常に高いリスクに晒されています。この危険性が、職を辞めたいと考える大きな理由のひとつです。

高所作業や大型機械の操作など、日々の業務にはさまざまなリスクが伴います。万が一の事故が起きた場合、その責任は現場監督にもあるため、常に高いプレッシャーの中で仕事を行う必要があります。

給料が割に合わない

前述の通り、現場監督は高い責任とストレスの中で仕事をしているにも関わらず、それに見合った給料がもらえないために「割に合わない」と感じることも。特に、長時間労働に見合わない給与水準に不満を感じることが多いです。

建設業界では、プロジェクトの規模や地域によって給与に大きな差があることも、給料に対する不満の原因のひとつとなっていると考えられます。

また、経験やスキルに対して適切な評価がされない場合、その不満はさらに大きなものになります。

現場監督はプロジェクトの成功に不可欠な役割を果たしているにも関わらず、その労力が給与に反映されないことは、モチベーションの低下につながっているのではないでしょうか。

休日が十分に取れない

建設プロジェクトは納期が厳しく、休日出勤が常態化していることが少なくありません。プライベートの時間が確保できないことは、仕事のモチベーション低下につながり、「辞めたい」と考えることにつながります。

また、家族や友人との時間が取れないことで、プライベートな関係にも影響を及ぼすことも。

休日が十分に取れないということは、長期的に見て精神的、身体的健康にも悪影響を与える可能性があります。

仕事とプライベートのバランスが崩れることで、生活全体の質が低下することも少なくありません。

転勤や異動が多い

建設業界ではプロジェクトごとに異なる現場での作業が求められるため、転勤や異動が頻繁にあります。

転勤や異動が多いことで家族やプライベートの生活に影響が出ることも、退職を考える理由のひとつです。

特に、家族を持つ現場監督にとっては、子どもの教育や配偶者の仕事など、転勤による影響が大きな悩みとなります。

現場監督を辞める前に考えるべきこと

現場監督としてのキャリアを終える前に、以下のようにいくつか考えておくべきことがあります。

  • 収入が下がっても生活に影響がないか
  • 会社と現場監督のどちらを辞めたいのか
  • キャリアが途絶えてしまうことに未練はないか

これらの点を検討することで、退職後のキャリアや生活設計について、より具体的にイメージできるようになるでしょう。

収入が下がっても生活に影響がないか

現場監督の仕事を辞める前に、収入減による生活への影響を十分に考えてみましょう。

転職によって収入が下がることは少なくありません。現場監督の年収は、日本の平均よりも高い水準にあるため、他の業種や企業に転職することで、収入が大きく下がってしまう可能性が高いです。

特に、家族を養う責任がある場合、収入の減少は生活全体に大きな影響を及ぼす可能性があります。転職先の給与水準や、収入減に対する家計の対策を事前に計画することが重要です。

会社と現場監督のどちらを辞めたいのか

次に「辞めたい」と感じている不満の原因が現場監督の仕事自体に対してなのか、それとも現在の会社の環境に対してなのかを明確にすることが重要です。

仕事の内容に対する不満がある場合は、異なる業種や職種への転職を、会社の環境に問題がある場合は、同業他社への転職を検討すると良いでしょう。

自分のスキルや経験を活かせる新しい職場を探すことで、キャリアの中断を避けることができます。

キャリアが途絶えてしまうことに未練はないか

これまでに築いてきたキャリアを捨てることになるため、未練がないかを転職前によく考えておく必要があります。

特に、専門的なスキルや経験を持つ現場監督の場合、他業種に転職することで身につけた知識やスキル、キャリアを活かすことが難しくなります。

これまでに築いてきたキャリアを活かせる新しい職に就くこともひとつの手ですが、そうでない場合は、本当に現場監督としてのキャリアに対して未練がないかをもう一度考えてみましょう。

現場監督をうまく辞めるための3つの方法

現場監督としての職を辞める際には、スムーズに退職を進めることが重要です。

現場監督をうまく辞めるための3つの方法は以下の通りです。

  • 上長より先に職人などに言わない
  • 現職と関係性が深い企業を避ける
  • 工期の事情を考えない

ひとつずつ詳しく解説していきます。

上長より先に職人などに言わない

退職の意向を上長に伝える前に、現場の職人や同僚に話すことは避けるべきでしょう。情報が先走ってしまうと、職場内での人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

他人の口から上長の耳に入ることで、思わぬトラブルになる可能性も。無用なトラブルを避けるためには徹底しておきたいポイントです。

正式な退職の意向は、まず上長や人事部に伝え、適切な手続きを踏むことが大切。これにより、職場内での誤解や不要な噂を防ぐことができます。

現職と関係性が深い企業を避ける

転職先を選ぶ際には、現職と関係性が深い企業は避けるべきです。特に今の職場との関係を絶ちたいと考えているのであれば、絶対に避けた方が良いでしょう。

建設業界は狭く、元請けや下請けなどによってグルーピングされています。人間関係や仕事への影響を考慮し、慎重に転職先を検討しましょう。

旧知の関係による複雑な人間関係や、過去の業務に対する評価が影響する可能性も。新しい職場では、新たなスタートを切ることが重要であり、過去の職場との関係性が転職後のキャリアに影響を及ぼさないように注意しましょう。

工期の事情を考えない

退職のタイミングは、個人のキャリアプランや生活状況に基づいて決めるべき。

「この工事が終わったら」と思っていると、ズルズルと長引き、退職のタイミングを失ってしまうことにもなりかねません。

プロジェクトの工期に合わせて退職を遅らせることは、自身のキャリアにとって最善の選択とは言えません。もちろん、引き継ぎを万全におこなうことは前提ですが、自分のキャリアと生活のバランスを考慮し、最適なタイミングで退職を決断しましょう

カンタン
10秒診断

退職を検討されている方へ

辞めたい理由から転職の軸を整理!

現場監督を辞めて転職を成功させるコツ

現場監督からの転職は、自分自身の新たなキャリアの道を切り開くチャンスです。

ここでは、現場監督を辞めて転職を成功させるためのコツをいくつか紹介します。

就職活動の優先順位を決める

転職活動では、自分の価値観やキャリアプランに合った職種を選ぶことが重要。優先順位を明確にすることで、転職活動の軸が見えてきます

給与、ワークライフバランス、キャリアアップの可能性など、何を優先するかを明確にすることが転職成功への鍵。

また、自分の強みや経験を活かせる職種を選ぶことで、転職後の適応もスムーズになります。

複数の転職エージェントを利用する

転職活動では、複数の転職エージェントを利用することで、より多くの選択肢の中から選ぶことができます。同じ業界のエージェントであっても、それぞれ扱っている求人が違うことも少なくありません。

それぞれのエージェントが持つ求人情報や業界知識を活用することで、自分に最適な職種や企業を見つけることができます。

転職エージェントには、総合型と特化型の大きく2種類があります。

総合型は、地域や業種が幅広く、取り扱っている求人数が多いエージェントで、特化型は、年齢や業界に特化しているエージェントのことを指します。

総合型なら、建設業界だけでなく異業種への転職も可能。幅広い求人から選ぶことができます。

特化型は特定の業種に対する専門性が高く、担当者の業界知識も豊富なため、理想の求人を見つけやすいでしょう。

転職を検討しているのであれば、総合型と特化型どちらも登録しておくことをおすすめします。

まとめ

現場監督の職を辞めることは大きな決断です。しかし、転職によって自分に合った働き方を見つけることができれば、より充実したキャリアを築くことができるでしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事