現場監督を辞めてよかったと感じる理由6選!円満に退職するためのコツも解説

建設業界における現場監督の役割は、プロジェクトの成功を左右するほど重要なもの。現場監督は工事の進行管理から、安全管理、品質管理など、多岐にわたる責任を担っています。

しかし、この責任の重さが、時には大きな負担となり、職を辞める原因となることも少なくありません。

現場監督の仕事は、高い専門性と経験が求められる一方で、長時間労働や休日出勤が常態化していることが多く、プライベートの時間が犠牲になることも珍しくありません。

この記事では、現場監督を辞めた人々が辞めてよかったと感じる理由や、退職を成功させるための方法について、詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

現場監督の離職は多い?離職率を調査

建設業界における現場監督の離職率は、他の業界と比較しても特に高いと言われています。年齢や企業によって多少異なりますが、大卒者で約30%、高卒者の場合は約50%の離職率となっています。

実際に現場監督の仕事を「辞めたい」と感じ、実際に離職するという行動を起こしている人は数多くいることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

決して「離職=悪」ということはなく、「実際に辞める人は相当数いる」、「辞めても大丈夫」ということを頭に入れておきましょう。

この非常に高い離職率の背景には、厳しい労働環境や職場のストレスが大きく関係しているのです。

例えば、長時間労働は現場監督にとって避けられない現実であり、これが精神的ストレスや身体的な疲労を蓄積させる原因となって、職を辞める決断をする大きな要因となっています。

また、建設プロジェクトの性質上、締め切りに追われることが多く、これがストレスの原因となります。さらに、安全管理の責任の重さや、予期せぬ天候変化による作業の遅延など、現場監督特有のプレッシャーも離職率の高さに影響していると考えられます。

現場監督を辞めてよかったと思う6つの理由

現場監督の職を辞めた多くの人々は、新たな職場での働き方や生活の質の向上を実感しています。

ここでは、現場監督を辞めてよかったと感じる以下の6つの主な理由を詳しく掘り下げていきます。

  • 休日がしっかり取れるから
  • サービス残業をしなくていいから
  • 天候を心配しなくていいから
  • 危険な仕事をしなくていいから
  • 出張や転勤が少なくなるから
  • 泥だらけの作業着を着なくていいから

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

休日がしっかり取れるから

建設現場の監督は、プロジェクトの進行に伴って、休日出勤が多くなる傾向にあります。

しかし、現場監督を辞めると、多くの人が規則正しく決められた休日を取得できるようになります。

休日をしっかりと取ることができるようになると、家族や趣味の時間を大切にできることはもちろんのこと、心身の健康も保つことができるようになるでしょう。

サービス残業をしなくていいから

建設業界では、サービス残業や長時間労働が常態化しており、根強い問題となっています。特に現場監督は、急なトラブルなどへの対応や作業の滞りなどによってサービス残業が発生してしまうことも。

現場監督を辞めることで、多くの人が残業代がきちんと支払われる職場に移ることができ、労働環境が改善されることを実感します。

天候を心配しなくていいから

現場監督は、天候に大きく左右される職業です。

悪天候は作業の遅延につながり、プロジェクト全体の進行に大きな影響を与えます

建設プロジェクトは、厳しい納期が定められていることも少なくなく、この納期に間に合わせるために、多くの現場監督は常に天候を心配しながら過ごしているのです。

他の職種に転職することで、天候に左右されない安定した職務環境を得ることができます。

危険な仕事をしなくていいから

建設現場では、高所作業や重機の操作をはじめ、さまざまな危険が伴います。転落や墜落、資材の落下などといった事故の危険と常に隣り合わせでの業務なのです。

現場監督を辞めることで、安全な職場で働くことができるようになり、心身の負担が軽減されます。

出張や転勤が少なくなるから

建設業界では、プロジェクトによって全国各地への出張や転勤が求められることが多々あります。ひとつの現場が終わればすぐ次の場所へ移動するという生活や、時には海外への転勤を言い渡されることも。

現場監督を辞めることで、地元で安定して働くことが可能になり、家族や友人との時間を大切にできるようになるでしょう。

泥だらけの作業着を着なくていいから

現場監督は、現場作業に深く関わるため、作業着が汚れるのは日常茶飯事。たとえ女性であっても泥だらけの作業着を着ての業務が当たり前の現場です。

職を変えることで、清潔なオフィス環境で働くことができ、身だしなみにも気を遣うことができます。

現場監督を辞めて後悔しないために考えるべきポイント

現場監督の職を辞めることを考える際、後悔しないためには以下のようないくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

  • 内勤へ異動できないか相談する
  • 資格やスキルを身につける
  • 「現場監督」か「会社」のどちらを辞めたいのか考える
  • 収入が減っても問題ないか考える

退職を検討する際に考えるべき主要なポイントを詳しく見ていきます。

内勤へ異動できないか相談する

現場監督の仕事に疲れを感じた場合や肉体労働が苦しいと感じるのであれば、まずは内勤への異動を会社に相談することがひとつの選択肢です。

これにより、現場の厳しい環境から離れることができ、新たなキャリアパスを模索するチャンスを得ることができます。

異動が可能であれば、職場環境の変化によって新たなやりがいを見出すこともあります。

資格やスキルを身につける

転職を考える際には、新たな職種で求められる資格やスキルを身につけることが重要です。

特に、建設業界特有の技術や知識を活かせる資格取得は、転職市場での競争力を高めることにつながります。

例えば、プロジェクトマネジメントの資格や、安全管理に関する専門知識は、他の業界でも高く評価されることが多い資格です。

現場監督を辞めたいと思ったら、まずは他の職に就くために資格やスキルを身につけられないか検討してみてもいいでしょう。

「現場監督」か「会社」のどちらを辞めたいのか考える

現場監督としての仕事自体に問題があるのか、それとも現在の会社の環境が合わないのかを明確にすることが大切です。

この区別は、今後のキャリアプランを考える上での重要な指針となります。

場合によっては、同じ職種で異なる会社やプロジェクトに移ることで、職場環境の改善が期待できることもあるでしょう。

収入が減っても問題ないか考える

転職によって収入が減る可能性も。現場監督の平均収入は、他の職業に比べて高い傾向にあるため、転職によって大幅に収入が減少してしまう可能性は大いにあります。そのため、収入減を受け入れられるかどうかを慎重に考えなければなりません。

生活水準の変化や家族の意見も考慮に入れるべきです。特に、家計に大きな影響を与える可能性がある場合は、十分な計画と準備が必要です。

現場監督がうまく退職する4つのコツ

現場監督としてのキャリアを終え、新たな道を歩むためには、退職プロセスをうまく進めることが重要です。ここでは、円満に退職し、次のステップへとスムーズに移行するためのコツを4つ紹介します。

  • 現場の工期を気にしない
  • 退職について社内の人間に相談しない
  • 転職先を先に決める
  • 礼儀を通し感謝を伝える

それぞれ詳しく解説していきます。

現場の工期を気にしない

退職を決意したら、現場の工期に囚われずに行動することが大切。自分のキャリアと将来を最優先に考え、適切なタイミングで退職を決断しましょう。

もちろん、プロジェクトに影響を与えないように計画的に行動することは大切ですが、自分のキャリアのためには、時には断固たる決断が必要なのです。

退職について社内の人間に相談しない

退職の意向は、可能な限り社内の人間には伝えないようにしましょう。

退職する意思があることを知られてしまうと、職場での立場が不利になったり、社内の人から引き止められたりする可能性があります。

信頼できる同僚や上司に相談する場合でも、慎重に選ぶことが重要です。

カンタン
10秒診断

退職を検討されている方へ

辞めたい理由から転職の軸を整理!

転職先を先に決める

退職する前に、次の職場を決めておくことが重要です。

これにより、無職の期間を最小限に抑え、安定した転職が可能になるうえ、現職の人たちからの引き止めに合わなくて済むでしょう。

転職活動は、現職に影響を与えないように、デリケートに進める必要があります。転職エージェントの利用やネットワークを活用することで、効率的に転職先を探すことができます。

礼儀を通し感謝を伝える

退職する際には、これまでの感謝の気持ちを伝え、礼儀正しく行動することが大切です。

退職を申し出るタイミングや、誰に退職の意思を伝えるのかなど、考慮すべきポイントはたくさんあります。

良好な人間関係を保つことは、将来的なキャリアにも良い影響を与えます。

上司や同僚に対して感謝の意を表し、円満な退職ができるように行動しましょう

まとめ

現場監督の職を辞めることは、多くの場合、新たなキャリアの扉を開くきっかけとなります。

建設業界における現場監督の役割は非常に重要であり、その職を離れることは簡単な決断ではありません。しかし、長時間労働や高いストレス、危険な作業環境など、多くの現場監督が直面する課題を考えると、キャリアの転換は健康や家族との時間を取り戻すための重要なステップとなるでしょう。

最終的に、現場監督の職を辞めるかどうかは、個々の状況や価値観、キャリアプランによって異なります。

建設業界での経験は、他の多くの職種で価値あるものとなり得るため、転職後も新たなキャリアパスで成功する可能性は大いにあるでしょう。重要なのは、自分自身や家族の幸福とキャリアの充実を追求することです。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事