施工管理に向いている人の特徴7選!向いていない人の特徴も解説

「施工管理に向いている人はどのような人なのだろうか」

「自分は施工管理の仕事に向いていないのだろうか」

このように、施工管理の仕事に対して悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

施工管理の仕事に向いている人の特徴には、コミュニケーション能力やリーダーシップなどの特徴があります。もちろんすべての特徴に当てはまっていないと仕事ができないわけではありませんが、転職後のギャップを減らすためにも、事前に把握しておきましょう。

本記事では、施工管理者に向いている人の特徴と向いていない人の特徴を解説します。

未経験から施工管理の仕事を検討している人や他業者からの転職を考えている人は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事に向いている人の7つの特徴

施工管理の仕事に向いている人の特徴は、以下の7つです。

  • コミュニケーション能力が高い人
  • リーダーシップがあってマネジメントを得意としている人
  • 人に情報を伝えるのが上手い人
  • スケジュール管理ができる人
  • 柔軟性があり臨機応変に対応できる人
  • 危機管理能力が高い人
  • 肉体的・精神的にタフな人

それぞれ詳しく解説します。

コミュニケーション能力が高い人

施工管理の仕事に向いている人は、他人との関係構築が得意でコミュニケーション能力が高い人です。

施工管理は、さまざまな人と関わる仕事ですので、コミュニケーション能力は必須です。

例えば、現場の職人や他部署の社員、関係企業、近隣の住民など。

コミュニケーション能力が特別高くなくても施工管理の仕事はできますが、人とのコミュニケーションが苦にならない能力は必須になるでしょう。

リーダーシップがあってマネジメントを得意としている人

施工管理の仕事に向いている人の特徴として、周りの人に指示を出したり、まとめあげたりするようなリーダーシップとマネジメントを得意とする人が挙げられます。

施工管理は現場の職人に指示を出してまとめる役であるため、マネジメント能力が必須です。現状を確認して、万が一工事が遅れている場合は、工程を確認し調整する必要があります。工程の調整や追加人員の確保なども、マネジメント能力を発揮する部分です。

また、単純に管理するだけでなくモチベーションを維持する必要もあるため、現場を引っ張っていくリーダーシップも必要になります。

普段からリーダーシップを発揮するのが得意な人は、施工管理の仕事に向いていると言えるでしょう。

人に情報を伝えるのが上手い人

現場で指揮をとる施工管理の仕事では、職人や発注業者、近隣住民への説明が必要なシーンも少なくありません。

工事現場は、必ずしも工程通りスムーズに進むものではなく、天候やトラブルにより工程に遅れが発生することがありますし、事故が発生すれば原因の説明をする必要があります。

そのため、物事を順序立てて説明でき、聞き手の理解に意識を向けながら説明できる人は施工管理の仕事に向いていると言えるでしょう。

スケジュール管理ができる人

施工管理の仕事は、納期に間に合うようスケジュールを組まなければなりません。

スケジューリングができるだけではなく、スケジュール通りに進められる能力が必要です。例えば、工程管理で工事進捗を正しく把握できていれば、万が一現場に遅れがでたり問題が発生したりしても、計画の見直しをスムーズに行えます。

納期が遅れると、人件費や機材・重機のリース代といったコストが余計にかかってしまいます。場合によっては、発注元から納期遅れの遅延損害金を請求される可能性もあるのです。

リスク回避のためにも、施工管理の仕事ではスケジューリングへの高い意識と納期を守れる能力が必要になります。

柔軟性があり臨機応変に対応できる人

施工管理の仕事ではスケジュール管理能力が求められますが、必ずしもスケジュール通りに進むとは限りません。

例えば、天候が悪くなり思うように工事が進まなかったり、予定していた職人が体調不良により来れなくなり必要な人員を確保できなかったりすることもあります。

また、スケジュールに関する問題だけでなく、工事中にはさまざまなトラブルが発生することも珍しくありません。住宅の施工中に対象地の地下に図面にない配管が見つかり、先にトラブルの解決が必要なケースもあります。

このようなイレギュラーが発生した際には、問題の本質を見抜き、臨機応変に対応できる力が求められます。

危機管理能力が高い人

現場の安全を確保するのも、施工管理の重要な仕事の一つです。

工事現場では、資材が積み上がっている場所や高所での作業など、危険な場所・業務が多く存在します。このように、工事現場における危険な場所を事前に予測して、事故が起きないようにリスクヘッジできる能力は施工管理者には必要です。

当然、事故が起きたあとの対応力も重要ですが、それよりも事故が起きないように現場の環境を整える危機管理能力も必須になります。

肉体的・精神的にタフな人

施工管理の仕事では、肉体的・精神的なタフさが求められます。

なぜなら、施工管理は空調の効いていない過酷な環境で行う仕事だからです。例えば、夏は猛暑のなかでの立ち仕事になるため、脱水症状や熱射病に気をつけなければなりません。また、納期の前などは毎日のように遅くまで残業になるようなこともあるため、肉体的なタフさが必須です。

さらに、納期に対するプレッシャーや、問題対応やトラブル対応など神経をすり減らすような場面も少なくありません。自らの仕事にこだわりとプロ意識をもっている職人のなかには、語気を荒げたり話し方が淡白だったりする人もおり、施工管理者には精神的なタフさも必要になります。

施工管理の仕事に向いていない人の4つの特徴

施工管理の仕事に向いていない人の特徴は、以下の4つです。

  • 一人で黙々と作業をこなしたい人
  • 臨機応変に対応するのが苦手な人
  • 残業や休日出勤を避けたい人
  • 肉体的・精神的なタフさに自信がない人

入社後のギャップを最小限に抑えるためにも、事前に向いていない人の特徴を確認しましょう。それぞれ詳しく解説します。

一人で黙々と作業をこなしたい人

一人で黙々と作業をこなしたい人や、他人へ指示を出したりコミュニケーションを取りながら仕事したりするのが苦手な人は、不向きだと言えます。

施工管理の仕事は、現場をまとめるのが主な役割になるため、コミュニケーション能力が欠かせませんし、指示だしも躊躇していては仕事になりません。

そのため、一人で黙々と作業をこなしたい職人気質な人は、どちらからと言えば作業者向きだと言えます。

臨機応変に対応するのが苦手な人

臨機応変に対応するのが苦手な人も、施工管理の仕事には不向きと言えます。

施工管理の現場では、必ずと言っていいほどなにかしらの問題やトラブルが発生します。そのため、突発的に発生する問題やトラブルに臨機応変に対応できない人には施工管理の仕事は厳しいでしょう。

マニュアル通りに仕事をこなすのは得意だが、マニュアルから逸脱した対応を求められるのは苦手という人には不向きです。

残業や休日出勤を避けたい人

施工管理の仕事では残業が発生することも多いため、残業や休日出勤を避けたい人には向いていないでしょう。

現場では、スケジュール通りに作業が進まないことが当たり前で、残業や休日出勤が発生することも少なくありません。例えば、梅雨時期になると雨の影響で思うように作業が進みません。そのため、晴れた日があれば、たとえ休日でもなるべく作業をしておこうと考える人は多いです。

そのため、残業や休日出勤を避けたい人には不向きと言えます。

肉体的・精神的なタフさに自信がない人

施工管理の仕事をする上でタフさも欠かせないため、肉体的・精神的なタフさに自信がない人は施工管理の仕事に向いていないでしょう。

施工管理の仕事は、屋外での作業が多く、さらに重い資材を運ぶこともあるので体力は必須です。また、残業が多くなる時期になると、疲れが溜まりやすくなるので、なおさら肉体的なタフさが必要不可欠になります。

さらに、スケジュール通りに進まなかったり、問題やトラブルが発生したりすることも多い上に、職人をまとめなくてはなりません。

このような体力面や精神面での過酷さに耐えうるタフさも必須になるのです。

施工管理の仕事の大変さを知りたい人は、合わせて以下の記事も参考にしてください。

まとめ

本記事では、施工管理の仕事に向いている人の特徴と反対に向いていない人の特徴を解説しました。

施工管理者に向いている人の特徴には、以下の7つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力が高い人
  • リーダーシップがあってマネジメントを得意としている人
  • 人に情報を伝えるのが上手い人
  • スケジュール管理ができる人
  • 柔軟性があり臨機応変に対応できる人
  • 危機管理能力が高い人
  • 肉体的・精神的にタフな人

必ずしもこれらすべてが必要になるわけではありません。コミュニケーション能力は非常に高くても、スケジュール管理が苦手という人もいるでしょう。

大切なのは、どのようなスキルが求められるかを把握して、自身の得意・不得意に照らし合わせて客観視することです。得意な部分はさらに能力を伸ばして活かしつつ、不得意な部分は徐々に勉強したりほかの人の助けを借りたりしながら仕事を進めることも可能です。

そのため、施工管理の仕事が気になっている人は、まずは自己分析をして自身の強みが活かせるのか確認してみてください。

また、建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設・土木に関するさまざまな求人を取り揃えています。施工管理者の採用を行っている企業も多く掲載していますので、業界未経験者や同業種間で転職を考えている人は、ぜひ活用してみてください。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事