施工管理で大変なこと9選!やばいと感じたときの対処法と仕事のやりがい

建設業界における代表的な職種の一つ、施工管理。

需要が高く、求人数の多い職種でもあるため、施工管理への転職を検討しているという方も多いのではないでしょうか?

ただ、施工管理には施工管理ならではの大変なところもあるため、転職する前にそういったネガティブな部分もしっかりとリサーチしておくことが必要になります。

この記事では、施工管理の仕事の大変なところ、大変だと感じたときの対処法などについて解説していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

施工管理の仕事が大変と感じる理由9選

施工管理の仕事が大変だと感じる理由はたくさんあります。

主な理由としてあげられるのが、以下の9点です。

  • 休日が少ない
  • 労働時間が長い
  • 危険な仕事が多い
  • 屋外での肉体労働をこなす体力が必要
  • 人間関係に悩みやすい
  • クライアントから無謀な要求をされる
  • 給料が仕事内容の割に合わない
  • 転勤や出張が多い
  • 勉強しなければならないことが多い

それぞれ詳しく解説していきます。

休日が少ない

建設業界は休日が少ないことで有名な業界です。

働き方改革などによって改善されてきてはいますし、2024年の4月からは36協定も適用されますが、それでもまだまだプライベートな時間を確保しづらい業界であることに変わりはありません。

施工管理は現場での作業が終わった後も書類の整理や作成などがあるため、休日返上でそれらの作業にあたることもあります。

労働時間が長い

建設業界は休日が少ないだけでなく、労働時間が長くなりやすいことでも有名な業界です。

納期の前は特に残業が発生しやすく、遅れを取り戻すために毎日深夜まで作業するようなケースも多々あります。

施工管理は、現場の管理が終わった後で事務所に戻って行う作業も多いためどうしても労働時間が長くなりがちです。

また、管理している現場や抱えている案件が多くなるほど、労働時間もより長くなっていきます。

危険な仕事が多い

建設現場での仕事は、常に危険と隣り合わせです。実際、毎年数百件の死亡事故が発生しています。

施工管理は現場を管理するのが主な役割となるため、作業員ほど危険性が高いわけではありませんが、それでも決して気を抜くことはできません。

また、現場を管理するという立場上、作業員全員の安全も確保しなければならないため、常に緊張感をもって働き続けることになります。

屋外での肉体労働をこなす体力が必要

施工管理は現場の管理がメインの仕事ではありますが、作業が滞っていたり、作業員の数が足りていなかったりすると現場で手を動かすこともあります。

現場での作業はほとんどが肉体労働ですし、空調の効いていない過酷な環境で作業しなくてはいけません。

過酷な環境の中で何時間も肉体労働をこなすのは、体力に自信がある人でもキツいと感じるほどなので、大変だと感じる施工管理の担当者も多いようです。

人間関係に悩みやすい

施工管理の仕事では、

  • 作業員
  • 業者
  • クライアント
  • 近隣の住民

など、さまざまな人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくことになりますが、こちらの言う通りに対応してくれない作業員がいたり、近隣住民からのクレームなどのトラブルが発生したりすることもあります。

施工管理の担当者は、それぞれの現場でさまざまな人と積極的にコミュニケーションをとって円満な関係を構築しなければならないので、その点が大変で人間関係に悩む人が多いようです。

クライアントから無謀な要求をされる

施工管理の仕事では、クライアントから急な修正対応を求められることや、厳しいスケジュールでの対応を求められることが多々あります。

また、工事がある程度進んだ段階で修正や追加の注文が入ることも珍しくありません。

もちろんすべて素直に対応する必要はありませんし、対応できないこともありますが、そういった要求が出るたびに調整したり作業員に頭を下げたりしなくてはならないため、大変だと感じる人が多いようです。

給料が仕事内容の割に合わない

施工管理の平均年収は約620万円と高めです。

労働者全体の平均年収が458万円であることを考えると、かなり給与水準の高い仕事だと言えるでしょう。

ただ、ここまで紹介してきたとおり施工管理の仕事は大変な部分も多いため、620万円という高い水準の給料でも「割に合わない」と感じている人が多いようです。

この年収相場は残業代も含めて算出されているため、「労働時間が長いわりに稼げない」「こんなに働いているのに稼げない」と感じている人の割合も多くなっています。

【出典】

職業情報提供サイト job tag(https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/21

令和4年分 民間給与実態統計調査(https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2022.htm

転勤や出張が多い

転勤や出張が多くなりがちな点も、施工管理の仕事の大変なことの一つです。

建設業界の企業の中には、それぞれの地域に支社を構えるなどして、さまざまな地域で工事を請け負っている企業もたくさんあります。

全国で事業を行っている企業もありますし、海外に展開しているような企業もあります。

転勤や出張が多くなるとその分体力も気力も消費しますし、良好な人間関係を構築するのも簡単ではありません。

家族がいる人の場合、転勤や出張が多くなると家族と過ごせる時間が少なくなってしまうため、ライフプランを立てづらくなります。

勉強しなければならないことが多い

建設業界は技術の発展が著しい業界です。

施工管理はその立場上、常にそういった新しい技術に対してアンテナをはっておかなくてはいけませんし、勉強しておかなくてはいけません。

今は現場のDX化がものすごいスピードで進んでいるため、今後はより勉強が必要になっていくと考えられますが、常に勉強し、学び続けなければならないことに大変さを感じる人も多いようです。

紹介してきたとおり、施工管理は労働時間が長くなりがちな仕事で、勉強のための時間を確保するのが難しい職業でもあるため、なおさら大変だと言えるでしょう。

施工管理の仕事に大変さを感じたときの対処法4選

大変な部分が多い施工管理の仕事ですが、実際にそれらの大変さに直面したときにはどう対処すればいいのでしょうか?

施工管理の仕事に大変さを感じたときの主な対処法としては、

  • 改めて自分の適性を考える
  • 職人さんやクライアントと積極的にコミュニケーションを取る
  • リフレッシュできる時間を作る
  • 転職を検討する

などがあげられます。

それぞれの対処法について、詳しく解説していきます。

改めて自分の適性を考える

施工管理の仕事が大変だと感じたりキツいと感じる場合、自分の適正に施工管理の仕事が合致していない可能性があります。

施工管理の仕事に向いている人の特徴としては、

  • ものごとを管理するのが得意
  • コミュニケーション力が高い
  • リーダーシップがある
  • 体力がある

などがあげられますが、こういった特徴に自分が当てはまるかどうかを今一度考えてみることをおすすめします。

職人さんやクライアントと積極的にコミュニケーションを取る

施工管理の仕事はいろいろな人と関わりながら仕事を進めなければならず、そこが大変なところの一つでもあります。

そのため、人間関係で悩む人も少なくありませんが、そういったときには自分から積極的にコミュニケーションを取るようにするのも一つの手です。

最初は大変かもしれませんが、「話してみると意外と気が合う」「仲良くなれた」となるケースも少なくないので、現場で信頼してもらえる施工管理になるためにも、コミュニケーションを大切にするようにしましょう。

リフレッシュする時間を作る

仕事に対するモチベーションを維持するためには、例えば充実した休日を過ごし、仕事で溜まった疲れやストレスをリフレッシュさせることが大切です。

好きなことに没頭したり、好きな場所に行って思いっきり楽しむなど、リフレッシュできる時間を作り、プライベートの時間を思いっきり楽しみましょう。

プライベートの時間が充実することで、仕事にもより身が入るようになりますし、モチベーションも維持できるようになります。

転職を検討する

ここまで紹介してきた対処法を実践しても問題を解決できそうもないのであれば、転職するという選択肢もあります。

施工管理の仕事に合っているかどうかの確認にはある程度の時間が必要になるのですぐに諦めるのはおすすめできませんが、キツい仕事を無理に続けるのはおすすめできません。

施工管理として培ってきた経験はどの業界でも活かせるので、自分の適正ややりたいことを見つめ直しながら転職活動に取り組んでみてください。

施工管理の仕事のやりがい

施工管理の仕事のやりがい

紹介してきたとおり大変なことも多い施工管理の仕事ですが、大変なことばかりというわけではありません。

大きなやりがいを感じられるような場面も多々あります。

施工管理の仕事のやりがいとしては、以下の3点があげられます。

  • 工事が完了したときの達成感を味わえる
  • 自分の成長を実感できる
  • 頑張り次第で給料に反映されることも

それぞれ詳しく解説していきます。

工事が完了したときの達成感を味わえる

自分が担当した工事が完了し、形になったときに味わえる何ものにも代え難い達成感は施工管理という仕事ならではですし、この仕事の醍醐味でもあります。

大きな建物やその地域のシンボルとなるような建物であれば、地図に残るため、それをとても誇りに思えますし、大きな達成感につながるはずです。

自分の成長を実感できる

施工管理の仕事はやることが多く、とにかく大変です。

そのため、初めのころはうまくいかず嫌になることや無力感を感じることもあるかと思います。

ただ、大変な分、頑張って続けていく中で自分自身の成長を実感できる場面も多く、そこにやりがいを感じる人や、もっと成長したいと感じる人も多くいます。

頑張り次第で給料に反映されることも

施工管理としてのスキルが高まり、現場をスムーズにまわせるようになったりより多くの案件を任せられたりすると、その頑張りや成長が認められ、会社から高い評価を得られます。

自分の頑張りや成長が給料に反映されるようになると、モチベーションアップにつながりますし、よりやりがいを感じられるようになり、施工管理の仕事がどんどん楽しくなっていくでしょう。

まとめ

施工管理の仕事における大変なこととしては、

  • 休日が少ない
  • 労働時間が長い
  • 危険な仕事が多い
  • 屋外での肉体労働をこなす体力が必要
  • 人間関係に悩みやすい
  • クライアントから無謀な要求をされる
  • 給料が仕事内容の割に合わない
  • 転勤や出張が多い
  • 勉強しなければならないことが多い

などがあげられます。

これらは転職する会社によって左右される部分でもあるため必ずしもすべてが当てはまるわけではないものの、こういった特徴があるという部分はしっかりと把握した上で転職活動にのぞむべきだと言えるでしょう。

おすすめの記事