マンションフロントの業務内容は?メリット・デメリットも解説

マンションのフロントマンの仕事は、マンション管理の専門家として住人と管理会社をつなぐ役割を担っています。

住人の快適な生活をサポートするマンションフロント業務は、仕事内容も多岐にわたります。

今回は、マンションフロントの仕事内容や年収、仕事のよいところや大変なところなどを詳しく解説。

マンションのフロントマンの仕事に興味を持っているという方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

マンションのフロントマンの仕事とは

マンションのフロントマンは「マンション管理のプロ」と言う立場で、分譲マンションの住人と管理会社の中継役となり、管理組合の運営を全体的にサポートする仕事です。

マンションの運営には専門的な知識が必要なため、住人で構成された管理組合では管理・運営をおこなうことが難しく、管理業務を管理会社に委託するケースがほとんどです。

管理会社の代表となって住人たちの意見を聞きながら、管理・運営がうまくいくようにサポートするのがフロントマンの役割です。

管理人とフロントマンの違い

「マンションの管理」と聞くと、エントランスで受付などをしている「管理人」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、マンションフロントと管理人では仕事内容や雇用形態などが大きく異なります

管理人はアルバイトやパート契約がほとんどで、主に清掃や受付、巡回業務など、決められた仕事のみをこなしています。

フロントマンは管理会社の社員である場合が多く、マンションの運営に関わる幅広いさまざまな仕事をこなしています。

管理人は資格がなくてもなれますが、フロントマンは「管理業務主任者」という国家資格が求められるケースが多い点も、両者の大きな違いです。

マンションフロントマンの業務内容

マンションのフロントマンの業務内容は多岐にわたります。

主なフロントマンの業務内容は以下の通りです。

  • 事務
  • 運営サポート
  • マンションの維持管理
  • マネジメント
  • 折衝業務

それぞれどのような業務なのか詳しく紹介します。

事務

フロントマンは、マンションの運営に関わる各種資料作成などの事務作業が多い職種です。

電話対応から見積もりの調査、プレゼン資料作成、管理規約の作成や改訂、管理組合の活動記録の作成、設備の修繕プランの作成などを全てほぼ一人でおこないます。

これらの業務をこなすために、一日中デスクに座りっぱなしで作業をすることも珍しいことではありません

運営サポート

マンションの運営サポートもフロントマンの重要な仕事。理事会や総会のような運営に関わる会のスケジュール調整や会場調整、会場設営などをおこないます。

そのほかにも、事前に議案書を作成したり、理事会や総会に出席し司会進行を務めたりといった業務が発生することもあります。

マンションの維持管理

設備の点検やメンテナンスをおこなう業者の手配や、日程の調整などもフロントマンの仕事のひとつ。

住人が安心して快適に暮らせるようにエレベーターや消防設備などを日々管理することも、マンションフロントの重要な役割です。

マネジメント

管理人として働く人のマネジメントも、実はフロントマンの仕事。

フロントマンが上司、管理人が部下という立場のため、部下の仕事を管理・監督するのも重要な業務です。

住人と接する機会の多い管理人への指導が行き届いていないと、クレームにつながることも考えられます。

逆に、管理人の接客マナーや業務などの指導といったマネジメントがしっかりと行き届いていると、クレームを防ぐことができ、住人の満足度も高くなります。

管理人にきちんと働いてもらうことで、住人にとって快適で住みやすいマンションになるでしょう。

折衝業務

さまざまな団体や人との関わりがあるマンション運営において、折衝業務は必要不可欠。この折衝業務も、フロントマンが担うことになります。

自治体や近隣住民など外部の人とのやりとりはもちろんのこと、管理費や修繕積立金などの共益費を滞納している住人に対する督促などもフロントマンの役割です。

そのほかにも、状況次第では住人同士のトラブルの仲裁をおこなわなければならないこともあります。住人同士のトラブルの仲裁は、基本的にはフロントマンの業務外ですが、放っておくわけにも行かない状況も少なくないのが現実のようです。

マンションフロントの年収

転職を検討している人にとっては気になる年収ですが、フロントマンの年収は管理会社や委託されている業務の内容によって差があります。

平均年収はだいたい350万円〜600万円くらいと言われています。

一般的なサラリーマンとほぼ同じくらいの水準で、決して低くもなく高くもなくといったところです。

担当するマンションが管理業務を全て委託しているか、それとも一部だけを委託しているか、さらには所属している会社の体制によっても業務内容が大きく変わってくるので、残業が多くストレスを感じやすい業務内容から「割に合わない」と感じる人も。

平均年収だけを見て、フロントマンの年収が高いか低いかを判断することは難しいでしょう。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

マンションフロントの仕事のよいところ

マンションのフロントマンの仕事には、どのような魅力があるのか紹介します。

マンションフロントの仕事のよいところは主に以下の3つです。

  • 未経験でも転職しやすい
  • 仕事を自分でコントロールしやすい
  • 多くの知識が身につく

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

未経験でも転職しやすい

マンションのフロントマンの仕事は学歴や職歴に関係なく、未経験でも転職しやすいという特徴があります。

フロントマンの求人の多くが中途採用で、未経験や高学歴でない人でも比較的採用されやすいです。実際の現場では、営業などの他業種から転職してきた人が数多く活躍しています。

業務内容に専門的な知識が必要なことも多いですが、難しすぎることはないので、真面目に勉強すれば未経験でも問題なく仕事をこなせるようになります。

仕事を自分でコントロールしやすい

マンションのフロントマンは仕事を自分でコントロールできるのも魅力のひとつ。個人の裁量に任される範囲が大きく、仕事のスケジュールを管理しやすいです。

基本的に担当しているマンションに関わる業務を自分の判断でおこなうため、上司や同僚との人間関係に悩まされることなく、自分のペースで仕事ができます。

仕事を自分でコントロールしやすいという反面、しっかりと管理していないとトラブルや住人からのクレームなどにつながる可能性があることも頭に入れておきましょう。

自己管理がしっかりとできる人にとっては、働きやすい職場環境です。

多くの知識が身につく

マンションのフロントマンとして働いていると、多くの知識が身につくことも。

事務作業に必要なパソコン操作やお金の流れを報告するための会計に関わる知識はもちろん、建設や設備に関する知識や建築基準法や区分所有法などのマンションに関わるさまざまな法律の知識。幅広い業務をおこなっているからこそ、多くの知識を得ることができます。

ここで身についた知識は、関係業種への転職に役立つうえ、プライベートで分譲マンションを購入したり賃貸マンションを借りたりするときにも役立つでしょう。

マンションフロントの仕事の大変なところ

仕事のコントロールがしやすく、幅広い知識が身につく一方で、大変と感じることも少なくないようです。

マンションフロントの仕事の大変なところをまとめました。

  • 残業が多い
  • 揉め事の仲裁にストレスを感じる
  • 年収が高くない

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

残業が多い

マンションのフロントマンの仕事は、残業が多くなりがち。

住人のスケジュールに合わせて開催される総会や理事会は、土日や平日の遅い時間におこなわれることが多いのがその理由です。定時以降の勤務や休日出勤が必要になるケースが多いです。

また、各種資料の作成や調査などのような事務処理が多いため、残業が発生することも。

自分一人で業務を進められると言いつつも、明確な納期が定められていたり、こなさなければならない業務量が多かったりといった実情があります。

一人で仕事をこなさなければならないため、仕事が溜まっていても同僚や上司に手伝ってもらうことができず、残業をしてでも自分で仕事を片付けなければならない場面が多いのです。

揉め事の仲裁にストレスを感じる

住人からのクレームの対応や住人同士の揉め事の仲裁といった業務が発生することも多く、仕事にストレスを感じるという人も少なくありません。

共有部の使い方やゴミの分別、騒音など、マンションでは何かと住人同士のトラブルはつきもの。

このような住人同士での揉め事の仲裁は、フロントマンの業務の範囲外であることがほとんどですが、対応せずに放っておくとクレームに発展することもあるため、実際にはできる限りの対応が必要となります。

年収が高くない

仕事内容の割に年収が高くないという不満を持つ人もいます。

マンションのフロントマンの平均年収は350万円〜600万円ほど。一般的なサラリーマンと変わらない水準なので、決して低い訳ではありません。昇進していけばその分給料が上がっていくことも多いのです。

しかし、業務量が多くそれにともなって残業も多く発生するうえ、ストレスを感じやすい仕事内容であることもあり、「割に合わない」「給料が安い」と不満に感じる人が多いのも事実です。

マンションフロントの仕事に向いている人

マンションフロントの仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。

フロントマンの仕事に向いている人について解説します。

コミュニケーション能力がある

マンションには、年齢や性別がバラバラのさまざまな住人や業者の人が関わっています。

そういったさまざまな人たちの意見を聞き、問題が発生しないように立ち回る必要があるフロントマンには、高いコミュニケーション能力が求められます。

住人や近隣住民からクレームを言われることも多いですが、その反面直接感謝を伝えられることも少なくありません。

コミュニケーション能力が高い人にとってはやりがいや楽しさを感じられる仕事かもしれませんね。

正確に作業できる

一人で複数のマンションを担当するフロントマンは、正確に素早く作業ができることが大切です。

ひとつのマンションの業務にかかりっきりになり、他のマンションの業務がおろそかになってしまうといったことが起きないように、ひとつひとつの業務を正確性を持ってスピーディーにおこなうことが求められます。

事務処理が得意

事務作業の多いフロントマンの業務において、事務処理が得意なことは大きな武器になります。

自分で仕事を管理できるフロントマンは、仕事の効率を高めることで自分自身の業務の負担を減らすことに繋がります。

まとめ

マンションフロントの仕事の内容や仕事の魅力などについて詳しく解説しました。

マンションのフロントマンは、業務量が多かったりストレスを感じやすかったりといった大変なことも多い仕事ですが、個人の裁量に任されている部分も多く、仕事を自分でコントロールしやすいといった魅力もあります。

さらに、マンションフロントの仕事を続けることで、マンション管理に関する幅広い知識も身につくので、転職の際にも有利に働くでしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、マンションフロントに関する求人も数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討する人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事