施工管理がうまくいかない人の特徴と仕事ができるようになる方法を紹介

施工管理がうまくいかないと悩んでいるとき、ついつい外的要因からその原因を探しがちです。しかし、仕事に行き詰まるときは自分自身に問題があることもあるでしょう。この記事では施工管理がうまくいかない人の特徴やうまくいかせるための方法を紹介します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事内容

施工管理の4大原則とは「工程管理・原価管理・品質管理・安全管理」です。施工管理は工期に合わせて工程表を作り、工期に間に合うように人員や資材の配置、日程の調整を実施します。さらに工事原価を管理して、予算に見合う金額になるようチェックを日次でおこなう作業もしなければなりません。

また、成果物の品質チェックや作業する労働者へ危険箇所を周知したり、安全対策も実施します。現場で職人をまとめたり、トラブル対応をするのも施工管理の仕事です。

施工管理がうまくいかない人の特徴

施工管理の仕事がうまくいかない人には、5つの共通点があります。環境が悪い場合もありますが、まずは自分の中に原因がないか客観的に考えてみましょう。

  1. コミュニケーション能力が低い
  2. 工程を管理できない
  3. 向上心がない
  4. 適切な指示ができない
  5. なんでも自分でやってしまう

施工管理の仕事を今後うまくやるためにも、まずは原因の特定が大事です。

コミュニケーション能力が低い

施工管理は多くの人に関わる仕事であり、コミュニケーション能力が必要とされます。コミュニケーションが苦手な人やそもそも人と関わるのが得意でない方は、施工管理がうまくこなせないでしょう。

施工管理の仕事は朝の挨拶から始まり、職人との会話や連携が欠かせません。職人間の調整ができないので、施工に影響を及ぼすリスクもあります。また、社内でも連絡事項をうまく伝えられなかったり、意見が言えないと周囲に協力を仰ぐこともできないでしょう。

また施工管理は、施主や仕入業者との打ち合わせも仕事のうちですが、コミュニケーションが取れないと先方から悪印象を持たれたり、双方の意思疎通ができず交渉が難航する可能性が高いです。性格的に話すのが苦手な人もいると思いますが、仕事と割り切って積極的に話しかけたり、相手の話を聞く力をつけましょう。

工程を管理できない

施工管理において最も重要な仕事は工程管理ですが、スケジュールの管理や調整が苦手な方は施工管理の仕事がうまくいかないと感じるでしょう。

工程管理ができないと納期が守れず施主へ迷惑をかけるばかりか、会社としての信頼も失います。関わっている業者や職人にも多大な迷惑をかける結果となるため、スケジュール管理が苦手だと施工管理の仕事はできないといっても過言ではありません。

工事は天候によって遅れが生じたり、資材の発注トラブルなども発生します。工程や進捗状況を俯瞰的に把握しておかないと、遅れが生じた際にうまく修正ができず、最終的に工期がギリギリになったり、工期を過ぎて引き渡しができない事態が起きるでしょう。

日頃から自分の1日のスケジュールを書き出して管理する癖をつけるなど、予定を把握するのを当たり前にする努力が大切です。

向上心がない

向上心がない人も、施工管理の仕事がうまくいかないと感じるでしょう。施工管理はこなさなければならない仕事の種類が多く、覚えることがたくさんあります。向上心の低い人は積極的にメモを取って復習するなど、仕事に対する熱意も低いためなかなか仕事が覚えられません。

現場の巡回をしてもどこか他人事で、職人の作業をただ見ているような人は工事現場のノウハウや作業内容を把握できず、学ぶことができません。結果的に何度も同じことを聞いて先輩に怒られたり、ミスを繰り返すこととなり、仕事がうまくいかないはずです。

全てのことに興味を持ち、わからないことがあれば積極的に質問をするなど、自ら学ぶ姿勢を持つことが重要です。

適切な指示ができない

施工管理は現場を巡回し、職人への指示出しもしなければなりません。自信を持って指示を出せないと現場が進まず、職人から反発を受けるでしょう。またその際に指示内容が的確でないと職人から「それはおかしいんじゃないか」と反論されたり、施工管理として認めてもらえず、統率が取れなくなります。

職人がミスに気付いてくれれば良いのですが、指示通りに誤った作業をすれば工事のやり直しが発生するリスクすらあるでしょう。

自分が工事現場の責任者であるという自覚を持ち、適切な指示を出せるようにしましょう。まだ施工管理として歴が浅く自信がない方は、先輩やベテランの職人に「これで大丈夫でしょうか」と質問して、指示を出すようにしてください。

なんでも自分でやってしまう

施工管理は現場の状況を把握して指示を出し、作業を円滑に進めてもらうリーダー的な存在です。そのため、なんでも「自分でやった方が早い」と考える方には向いていない仕事です。

下手にスキルがありなんでも自分でできる人ほど、人に任せることができません。しかし工事現場の仕事を全て一人でこなすのは不可能なので、結果として作業の全体像を把握できず工程管理に漏れが生じたり、品質チェックや危険箇所の確認漏れが発生します。

工事現場の仕事は施工管理を中心に、職人や協力業者が集まって作業をするものと心得ましょう。そのうえで人に任せる、指示を出してやってもらうことを覚えないと施工管理の仕事はうまくいきません。

施工管理の仕事をうまくできるようになる方法

仕事がうまくいかないと、毎日の出社さえ億劫になってしまいますよね。施工管理の仕事をもっとうまくできるようになる方法を実践すれば、仕事がうまくいき楽しくなるはずです。

  1. 全ての関係者に敬意を払う
  2. 相談しやすい環境を整える
  3. 報連相を徹底する
  4. 向上心を持って仕事を行う
  5. 日々の進捗をしっかり把握する

施工管理の仕事をするうえで心がけることを説明するので、今日から実践してください。

全ての関係者に敬意を払う

施工管理は関わる人が非常に多い仕事です。自社の職員や現場で働いてくれる職人、関連業者や施主など全ての人にリスペクトの気持ちを持つようにしましょう。敬意を払うことで相手も「この人は自分を認めてくれる人だ」と感じ、コミュニケーションが円滑に進みます。

話が下手でも、相手に敬意を払えば自然と挨拶が生まれ、そこから信頼関係を築けるものです。

第一に自分の仕事に関わる全ての人に感謝をしましょう。敬意を示すにはまず、相手の目を見て話したり、末端社員や年下の職人にも敬語で話すのが一番です。上から目線で話をしないように注意を払い、常に相手を尊重して肯定的な態度で接しましょう。

相談しやすい環境を整える

工事現場ではトラブルが日常的に発生し、調整や指示出しが必要な場面も多数発生します。施工管理として信頼を得て、いつでも相談してもらえる環境を整えておけば、トラブルの早期解決が可能です。ミスが相談しにくい環境だと後から問題が発覚し、余計な修正作業に繋がりかねません。

そのため日頃から職人とコミュニケーションを取り、現場巡回の際には「何か困ったことはありませんか?」と自分から質問すると良いでしょう。また、相談を受けた際にはどっしり構えて対応することで、施工管理としての信頼を得られます。

報連相を徹底する

施工管理に限らずどのような仕事にもいえることですが、報告・連絡・相談を徹底しましょう。トラブルが起きた際に自分だけで解決しようとすると、問題解決が遅れてしまいます。

また協力会社にもこまめな連絡や相談をしておくことで、人員が不足したときにヘルプを出してもらえるなどの協力体制を構築できます。現場で問題が起きたら会社に報告や施主への連絡を欠かさず、すぐに対応を相談する癖をつけましょう。

報連相が徹底していればミスが大きくなる前に解決でき、また施主からの信頼を失うことも避けられます。

向上心を持って仕事を行う

施工管理の仕事は覚えることも多く、不測の事態が起きることも少なくありません。新人の頃はミスや知らないことがあっても許される時期なので、特に向上心を持って仕事にあたりましょう。

またベテランになっても知らないことは素直に質問してメモを取るなど、積極的に学ぶ姿勢を見せることで周囲からも信頼され、自分自身も新しいことを覚える喜びを感じられるはずです。

昨日の自分よりも良い仕事をすると意識するだけで、施工管理として日々ステップアップし、より良い仕事につながっていきます。

日々の進捗をしっかり把握する

施工管理において工程管理は非常に大切です。現場巡回で職人に進捗を確認したり、目で見て状況を把握して、必要ならメモに残しておきましょう。進捗を把握できていないと、工程表の修正が遅れて職人への指示出しが遅れたり、無理な作業日程を組まなければなりません。

まずは工程表の内容を頭に入れておき、進捗が工程表通りに進んでいるかチェックしましょう。万が一遅れが生じていれば修正を、反対に進捗が良い作業があれば人員を遅れている箇所へ移動できないか検討するなど、臨機応変に状況に応じて工程を管理してください。

まとめ

施工管理の仕事がうまくいかない原因は外部的な要因だけでなく、自分自身にあるかもしれません。他責にしても問題は解決しませんので、まずは自分に原因がないか振り返ることが大切です。

施工管理の仕事をうまくいかせるには全ての関係者に敬意を払い、コミュニケーションを取ることが大切です。また相談しやすい態度で現場に臨み、ミスや問題が発生した際のレポートラインをしっかり確立しておいてください。工期の管理も徹底しておこなうことで、工期を厳守してスムーズな施工が可能となります。

最後に向上心を持って仕事にあたり、自分で仕事を楽しくする努力も必要です。記事の内容を参考に、施工管理の仕事がうまくいかない状況から抜け出しましょう。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事