施工管理の仕事で覚えることはある?業務で必要な知識を紹介

「施工管理の仕事をするのに必要な知識を知りたい」

「施工管理の仕事に就くにあたり覚えておくべきことはあるのだろうか」

このように施工管理の仕事で必要な知識について知りたい人も多いのではないでしょうか。

施工管理の仕事には、5大管理と呼ばれる管理業務があります。また、建設業界のさまざまな専門用語や作成する必要のある書類なども理解しておかなければなりません。

そこで本記事では、施工管理の5大管理の詳細と覚えるべき専門用語や必要書類などを詳しく解説します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理でまず覚えるべき5大管理

施工管理でまず覚えるべき内容として、以下の5大管理が挙げられます。

  • 工程管理
  • 原価管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 環境管理

施工管理の仕事に就く上で必ず理解しておくべき内容ですので、確認してみてください。

施工管理の5大管理①|工程管理とは

工程管理とは、プロジェクトのスケジュール作成や工事中の工程を管理をする仕事です。

具体的には以下のような仕事があります。

  • プロジェクトのスケジュール作成
  • 工程通りに進んでいるかの進捗管理
  • 職人の配置決定
  • 必要な機材や重機の手配い など

工程を組む際は依頼者の要望を考慮し、工事の順番や外部要因なども踏まえたうえで計画を立てる必要があります。工事計画に合わせて、職人の人員配置・適切な人員確保ができているかの見極めも大切です。

また、天候や工事中のトラブルによって、工程通りに進まないケースもあります。そのような場合には、日程調整・職人の追加手配・発注者や元請け業者への交渉なども行います。

施工管理の5大管理②|原価管理とは

原価管理は、人件費や材料費などの工事にかかる原価の計算と、予算内で工事を進めるためのコスト管理を行う仕事です。

原価計算を行うには、工事の概要や材料費、人件費の正しい知識が必要です。最初は教えてもらいながらも、経験を積みながら計算できるようにします。

また、工事中には工期延長や職人の追加発注、工事のやり直しなど、当初予定していなかったコストが発生するケースも少なくありません。当初の予算内に納まらない場合は、原因の究明と対策も重要な仕事です。

多額な費用がかかる建築現場だからこそ、細かな金銭管理は重要なスキルになります。

施工管理の5大管理③|安全管理とは

安全管理とは、現場で事故が起きないように、リスクヘッジをして環境の整備を行う仕事のことです。

工事現場では、資材を積み上げた場所や高所作業、重機の操縦など、安全対策する箇所は多数存在します。例えば、高所作業時のルールを提案したり、万が一積荷が崩れた際の適切な判断をしたりするのは施工管理者の重要な役目です。

また、周辺住民への注意喚起や通行人の安全など、工事現場外の安全を守るのも施工管理者の大切な仕事です。

施工管理の5大管理④|品質管理とは

品質管理は、設計図や仕様書通りの規格や品質で施工が進んでいるかを管理する仕事です。

完成した建物の強度や品質は、使用した資材の品質によって変わるため、使用する資材の品質からチェックする必要があります。また、各工程ごとに作業内容を撮影し、発注者に報告するのも施工管理者の重要な仕事です。

建物完成後には、強度や密度、採寸などに間違いがないか確認する必要があります。

施工管理の5大管理⑤|環境管理とは

施工管理の仕事では、工事現場内だけではなく、周辺環境や自然環境にも注意を向けなければなりません。

工事によっては、周辺の自然や地域に環境破壊につながる影響を与える可能性もあります。そのため、施工管理者は、工事によって引き起こされる問題の把握と対策を考えなければなりません。

社内や近隣住民への説明が必要な場合もあるでしょう。

施工管理の仕事で覚えておきたい3つの書類

施工管理の仕事で覚えておきたい3つの書類は、以下の通りです。

  • 施工契約に関する書類
  • 施工計画に関する書類
  • 施工記録に関する書類

それぞれ詳しく解説します。

覚えておきたい書類①|施工契約に関する書類

まずは、施工契約に関する書類を覚えましょう。

施工契約に関する書類とは、工事期間全般で必要とされる契約書類のことです。具体的には、以下のように施工前・施工中・完成後に分けて必要な書類を理解しておきます。

工事のタイミング必要な書類
施工前・工事工程表・VE提案書・前払金請求書
施工中・工期延長届・建設機械借用書・指定部分完成通知書
完成後・完成通知書・引渡書・完成代金請求書

書類の意味と必要なタイミングを理解しておきましょう。

覚えておきたい書類②|施工計画に関する書類

施工管理の仕事をする上で覚えておきたい書類として、施工計画に関する書類も挙げられます。

施工計画に関する書類とは、施工予定に関する流れや概要などを記載した書類で、施工前に作成します。

主な書類は、以下の通りです。

  • 施工計画書
  • ISO9001品質計画書
  • 総合評価計画書
  • 設計図書に含まれる監査確認資料 など

予定・計画に関する書類のため、補足項目が必要な書類も多くあります。例えば、施工計画書であれば、工期や材料などの変更があった際に提出する「変更施工計画書」が該当します。

覚えておきたい書類③|施工記録に関する書類

施工記録に関する書類も覚えておきましょう。

施工記録に関する書類とは、施工状況や打ち合わせした内容を記録する書類のことで、施工途中に作成を行います。

具体的には、以下の書類が挙げられます。

  • 工事打ち合わせ簿
  • 工事履歴報告書
  • 工事事故報告書
  • 基礎工事の経過資料 など

基礎工事中や中間検査用に各工程で写真撮影を行うのも、施工記録に関する書類に該当します。

施工管理の仕事で覚えることが大切な用語6選

施工管理の仕事で覚えることが大切な用語は、以下の6つです。

  • 実行予算
  • KY活動
  • 元請け
  • 下請け
  • 孫請け
  • 施工計画所

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてください。

施工管理で覚えるべき用語①|実行予算

実行予算とは、工事を進める上で実際に現場でかかる金額を考慮して算出される予算のことです。

算出する際には、費用や経費だけではなく工期も含めて計算し、単純な予算はもちろんのこと、工事を行うことで得られる利益までを考慮する必要があります。

施工管理で覚えるべき用語②|KY活動

KY活動とは、作業現場において「危険を予測した」行動のことです。

施工管理のなかの「安全管理」に該当し、危険だと思われる箇所をあらかじめ予測・確認します。その上で、事故が起きないように、危険の解消や現場作業員への共有などを行います。

施工管理で覚えるべき用語③|元請け

元請けとは、発注者(施主・顧客)から直接工事を請け負う業者のことです。

元請け業者は、工事全体を一括して請け負い、品質や工程、安全などの施工管理全般を任されます。自社で対応できない業務がある場合は、適切な施工能力のある下請け業者に発注します。

施工管理で覚えるべき用語④|下請け

下請けとは、元請け業者から工事依頼を受けて作業を請け負う業者や職人のことです。

型枠工事や鉄筋工事、設備工事などの専門工事を請け負うのが一般的です。請け負った工事に関しては、自社で安全・品質・工程などの管理を行います。

施工管理で覚えるべき用語⑤|孫請け

孫請けとは、下請け業者からさらに工事の一部を請け負う業者のことです。

建設業界では、工事の細分化が進んでおり、下請け業者がさらに別の下請け業者(孫請け業者)に依頼するケースが一般的です。孫請け業者の施工管理は、下請け業者の指示に従うケースが多く見受けられます。

施工管理で覚えるべき用語⑥|施工計画書

施工計画書とは、工事を予定している建築物の工事開始から完了までの工程や工法を定めた計画書のことです。

施工管理者にとって非常に重要な書類で、工事の基本概要から安全管理の方法、注意点、使用する機器などが項目ごとに細かく記載されています。

施工管理で覚えること以外に必要なスキルとは

施工管理で覚えること以外に必要なスキルは、以下の2つです。

  • マネジメント能力
  • コミュニケーション能力

それぞれ詳しく解説します。

マネジメント能力

施工管理の仕事に必要なスキルの一つに、周りの人に指示を出したり、まとめあげたりできるマネジメント能力があります。

施工管理者は、職人に指示を出して現場の仕事をまとめなければなりません。また、万が一工事が遅れている場合は、工程を確認し人員の配置や作業工程の見直しも必要でしょう。

マネジメント業務では、作業員のモチベーションを維持するために、現場を引っ張っていくリーダーシップも欠かせません。

人をまとめ上げるのが得意な人や、人の気持ちや立場を理解した上で指示ができる人などは、施工管理の仕事に向いているといえます。

コミュニケーション能力

施工管理の仕事をする上で、コミュニケーション能力も欠かせません。

施工管理はさまざまな人と関わる仕事であり、工事をスムーズに進めたりトラブルを解決したりする際にも、コミュニケーション能力が非常に重要になります。

施工管理者がコミュニケーション能力を発揮したいのは、以下のような場面です。

  • 現場の職人への指示
  • 他部署の社員との共有・報告・交渉
  • 関係企業への説明
  • 近隣の住民への説明 など

コミュニケーション能力が特別高くなくても施工管理の仕事はできますが、人とのコミュニケーションが苦にならない能力は必須になるでしょう。

まとめ

本記事では、施工管理の仕事をする上で覚えるべき5大管理・書類・用語について詳しく解説しました。

あらためて施工管理の仕事に重要な5大管理を確認してみてください。

管理の種類概要
工程管理プロジェクトのスケジュール作成や工事中の工程を管理をする仕事
原価管理人件費や材料費などの工事にかかる原価の計算と、予算内で工事を進めるためのコスト管理を行う仕事
安全管理現場で事故が起きないように、リスクヘッジをして環境の整備を行う仕事
品質管理設計図や仕様書通りの規格や品質で施工が進んでいるかを管理する仕事
環境管理工事によって引き起こされると考えらえる、周辺環境や自然環境への問題を把握し対策する仕事

施工管理の仕事では、施工管理自体の仕事や専門用語の理解も重要ですが、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルにも目を向けておきましょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設・土木に関するさまざまな求人を取り揃えています。施工管理者の採用を行っている企業も多く掲載していますので、業界未経験者や同業種間で転職を考えている人は、ぜひ活用してみてください。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事