配管工になるには?仕事の内容や年収、必要な資格について詳しく解説

「配管工とは、具体的にどんな仕事なのだろう?」
「配管工は将来的に有利な職業なのか?」

配管工といえば、ゲームの「スーパーマリオ」の職業として知られています。しかしその業務内容について、具体的によく知らない方も大勢いらっしゃるでしょう。

この記事では、配管工の仕事内容や向いている人、転職市場での状況などについて詳しく説明しています。

配管工の仕事に少しでも興味を持たれた方は、ぜひ最後までご一読ください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

配管工とは?

配管工とは建築業における職種のひとつで、一言でいえば「管工事をする職人」です。

ライフラインや商業施設、工場などあらゆる場所の配管工事を請け負います。

配管の材料は、鉄やステンレスなどの金属や、塩化ビニールやポリエチレンなどのプラスチックなどさまざまで、用途や工事場所によって使い分けられています。

材料によって配管方法も異なるため、専門的な知識と豊富な経験が求められる職種です。

配管工になるためには、とくに経歴や資格を問われることはありません。

専門学校や職業訓練校で学んでから就職といった方法もありますが、管工事関連の企業に就職して技術を学ぶのが一番の近道となります。

配管工の仕事内容は?

住宅や店舗、工場などの建物には、給水管や排水管、ガス管などさまざまな設備が設けられていますが、それらの配管を設置するのが配管工の主な仕事になります。

水や油、蒸気などを運ぶのが配管の主な役割となりますが、その配管を設置したり、設置した配管をメンテナンスする専門の職人が配管工です。

「配管を設置する」と言っても既製品をそのまま設置するだけではありません。

設置する箇所にあわせて管を切断したり、曲げるなどして加工したりすることもあります。

また、銅、鋼、鋳鉄など取り扱う管の素材や種類もさまざまです。

送風機やスプリンクラー、消防設備など配管に接続する機器の据え付けも配管工が行う仕事の一つになります。

配管は建物の壁や床の裏側に設置される設備であるため地味な仕事だと思われがちですが、正確さと建物の構造に合わせて配管を配置する応用力の高さが求められる仕事でもあります。

配管工が活躍できる職場は?

配管工事では、現場で取り扱われるものによって求められる仕事内容はさまざまです。

それぞれの配管によって、必要とされる技術や知識が異なります。

おもな業務内容は次の通りで、新規工事・メンテナンスが業務の中心となっています。

空調配管工

空調配管工は、ビルや商業施設などにおける空調の配管工事をするのがおもな業務です。

建物内部の冷暖房に使用する冷温水・蒸気・冷媒を循環させるための配管や、排気ダクトなどの配管をすべて請け負います。

空調配管は床下・天井・壁の中など基本的に狭いスペースでの作業となり、工事には銅管や鋼管、塩化ビニール管などが使用されます。

衛生配管工

衛生配管工は、建築物の給排水に関する配管工事が主な仕事です。

大きく分けて建築物の外にある上下水道へつなぐ配管と、建築物内の水道やトイレ・浴室などへの配管の2種類となります。

給排水、とくに排水の配管は汚れがたまって詰まることがあるため、詰まり防止の対策と定期的な点検の業務も発生します。

建築物外部の下水道への配管に関しては、有毒ガスの発生による中毒やゲリラ豪雨などによる事故の可能性があるため、慎重な安全対策が必要です。

配管には鋼管・ステンレス管などの金属管や、塩化ビニール・ポリエチレンなどのプラスチック管が使用されます。

ガス配管工・医療ガス配管工

ガス配管工は、建築物内にガスを供給するための配管工事が主な業務です。

病院で使用する酸素や窒素などの配管を担当する配管工は「医療ガス配管工」として区別されています。

ガスの配管は万が一漏れてしまうと、爆発や中毒など生命にかかわる大事故が発生するため、ガス配管は慎重な作業と高い技術力が求められます。

ガス配管に利用されるものの多くは、鋼管やポリエチレン管です。

鋼管を利用する場合は、配管を溶接する作業も多く発生しますので、周囲の安全にはとくに気を配る必要があります。

防災設備配管工

防災設備配管工は、スプリンクラーなど消火設備の配管がおもな業務です。

消防法上で防災設備の設置義務がある場所では必須となる配管で、貯水槽から各所に至るまでの配管を実施します。

防災設備という性質上、いざというときに確実に性能を発揮できなければならず、専門的な知識も必要です。

内部の圧力が高くなるため配管には鋼管を使用することが多かったのですが、近年ではポリエチレン製のパイプもよく使用されるようになっています。

プラント配管工

プラント配管工は、工場内における配管全般を請け負う仕事となります。

工場内の配管は一般の建築物とは異なり、高圧ガスや蒸気、各種科学薬品などの特殊な配管が並んでいます。

配管の接続ミスや破損、漏れなどがあった場合は大事故につながる危険性が非常に高い状況です。

そのため工場内の配管では、専門性が高く高度な技術を持った配管工が施工します。

使われる配管は一般的な鉄や塩化ビニールのパイプから、特殊な樹脂などを使ったものまで多種多様です。

施工に特殊な技術が必要な原材料の配管もあり、その部分は専門の工事業者が請け負うこともあります。

配管工になる方法は?

配管工は資格や学歴を必要としない職種です。

配管工になるのに国家資格などの特別な資格を取得する必要はありませんし、工業高校の専門科や専門学校などに通って卒業する必要もありません。

配管工事をおこなっている会社に配管工として入社すれば配管工として働くことができます。

ただ、企業が大学卒や高校卒など学歴を採用の条件として独自に設けているケースもあるので、その点には注意してください。

配管工のやりがいは?

配管工を目指す上で知っておきたいのが、配管工という仕事のやりがいについて。

その仕事のどこにやりがいを感じるかは人それぞれですが、配管工という仕事の主なやりがいとしては以下の3つがあげられます。

  • 人の生活を支える仕事である
  • 達成感が得られる
  • 技術力の高さを自覚できる

それぞれ詳しく解説していきます。

人の生活を支える仕事であること

配管の設置やメンテナンスは、人の生活を支える重要な仕事の一つです。

配管工が給排水管やガス管を設置しなければ住宅やビルなどの建物は完成しません。

また、配管でトラブルが発生し、水が出なくなったりガスが使えなくなったりしてしまうとまともに生活できなくなってしまいます。

配管工の仕事は確かに多少地味に感じられる側面もありますが、人々が生活する上で欠かせない仕事でもあり、お客さんに感謝されることも多いので、それが配管工という仕事の最大のやりがいだと言えます。

達成感が得られる

配管の設置やメンテナンスは少しのミスも許されない仕事です。

ミスがあると、水が出なかったり排水が適切に排出されないなどのトラブルが発生する可能性があります。

火災や爆発など重大な事故につながる可能性があるガス管の場合は特に注意が必要だと言えるでしょう。

また、ビルや大規模な施設など大きな現場の場合、数日、あるいは数ヶ月かけて配管を設置することも少なくありません。

ミスの許されない環境で何日もかけて複雑な配管の設置を完了させたときには、これまでに感じたことがないようななんとも言えない達成感を味わうことができますが、これも配管工という仕事におけるやりがいの一つです。

技術力の高さが自覚できる

紹介してきたとおり、配管工の仕事は人々の生活を支える重要な仕事の一つですし、決してミスの許されない仕事でもあります。

また、ミスが許されないだけでなく、今後何十年にもわたり、問題なく使用し続けられることが求められるものでもあります。

そのため、配管工には高い技術力が求められますが、新しい建物の配管の設置をミスなく終えられたときやメンテナンスを適切に行えたときには自分の技術力の高さを自覚でき、そのことにやりがいを感じられるはずです。

また、仕事をやり終えたときだけでなく、自分が関わった現場が何年もトラブルのない状態を維持できているのを確認できたときも、自分の技術力の高さに誇りを感じ、やりがいを感じるでしょう。

配管工のきつい・大変なところは?

非常にやりがいの感じられる仕事である配管工ですが、ならではのきついところや大変なところもあります。

配管工ならではのきついところや大変なところとしては、以下の3点があげられます。

  • 狭い場所で作業しなければならない
  • スケジュールに追われる
  • 給料が高くなりづらい

それぞれ詳しく解説していきます。

狭い場所での作業

配管は、壁や天井、床など狭い場所に設置されます。

これは配管を設置するスペースを制限し、建物のスペースを確保するためですが、配管工はこれらの狭いスペースで作業することがほとんどです。

一般的な住宅の場合であれば壁と壁の間に入って施工したり床下で施工することになりますし、マンションやビルであればPS(パイプスペース)と呼ばれる狭いスペースで作業することになります。

作業する空間が狭いため、無理な姿勢で長時間作業することになるケースも少なくありません。

また、狭いだけでなく空調が整っていないなど過酷な環境で作業することになるため、慣れるまではきつく感じられるでしょう。

スケジュールに追われる

住宅やビルなど建物を新しく建設する際の配管工事は、全工程の序盤から中盤にかけて行われます。

具体的には、コンクリートなどで建物の構造躯体を作る工程と、壁や床などの下地を作る作業の合間に行われる作業となっていますが、その他の工程に挟まれているという性質上、工程の遅れのしわ寄せを受けることが多く、過密なスケジュールで対応しなければならなくなってしまうことも少なくありません。

また、配管工はトイレや浴槽など配管に接続する住宅設備の設置も行いますが、それらの作業は全工程の終盤に行う作業であるため、設備の設置作業も他の工程のしわ寄せ受けやすく、スケジュールに追われながら作業することが多くなっています。

給料が高くなりにくい

配管工事を請け負う配管工事の施工会社は、ゼネコンなど大手の会社から仕事を引き受けて施工する二次請けや三次請けなど、下請けの会社がほとんどです。

発注元と下請けの会社の間にはいくつもの会社が入るため会社の売上や利益も少なくなりますが、そうなるとその企業で働く配管工の給料も高くなることはありません。

このような会社の構造は基本的に変わるようなことはないので、配管工事の施工会社で働く配管工の給料も高くなりづらくなっています。

配管工は儲かるの?実際の年収は?

配管工の年収は、平均では400万円前後となっています。

ただし企業の規模・地域・仕事内容・経験・資格によって、金額は大きく異なります。

年収の上下差が大きいため、一概にこのくらいだというのは難しいのが現状です。

どの仕事でもそうですが、技術や経験の少ないうちは当然ながら年収は高くありません。しかし経験やスキル、資格の取得によって大幅に年収アップを望める職種といえます。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

配管工は年収1,000万円を目指せるのか

先述したとおり、配管工の平均年収は400万円前後です。

あくまで平均なので入社する企業や経験などによって400万円以上になる可能性はありますが、年収1,000万円はかなりハードルが高いと言えるでしょう。

例えば、配管工事の会社を自分で経営して経営者になったり、技術者や施工管理者など立場や職種が変わることで年収1,000万円を目指せる可能性が出てくることがありますが、かなり限られたケースでのみだと考えられます。

配管工に向いている人とは?

配管工になるためには学歴や特別な資格は必要なく、どなたでも未経験からチャレンジできます。

そのうえで次にあげるような特徴を兼ね備えている方は、配管工にとくに向いているでしょう。

もの作りが好き

ものづくりや組み立て作業が好きな方は、配管工に向いています。

配管工事は、さまざまな形のパイプや継手を決められたスペースに収まるように加工して、必要な場所へつなげていく作業です。

うまく配管するにはどうすればよいか考えながら作業するのは、パズルやプラモデルを組み立てる感覚に近いです。

何かを組み立てて完成させる作業が好きな方は、配管工にピッタリの特性を持っているといえます。

空間認識能力が高い

空間認識能力の高さは、配管工に求められる能力のひとつです。

新規工事では、何もない場所に配管を通していきます。

どの場所にどうやって配管を通すかを考えられないと、最終的にスペースが足りなくなったり配管が通せなかったりということが起こるのです。

配管の図面を見て立体的に配管をイメージできる能力があれば、実際の工事の際には非常に重宝されます。

コツコツと真面目に取り組める

配管工事は地道な作業が多いため、コツコツと真面目に取り組める方が向いています。

配管工事では同じ作業の繰り返しとなり、完成まで時間がかかることも多いです。

また少しのミスが事故につながるため、慎重な作業も求められます。

そういった作業が苦にならず、我慢強くこなせる方は配管工に向いていますし、スキルも早いうちから確実に身につけられるでしょう。

協調性が高い

協調性の高さも配管工には求められます。

工事は一人だけで作業するものから、大人数でチームを組んで施工するものまでさまざまです。

大規模工事になればなるほど人との関わりが増えるため、そのような中で他の配管工と連携して協力できれば、工事の精度やスピードにもよい影響を及ぼします。

コミュニケーションや協調性を大切にして作業に取り組める方は、配管工に向いていますしチームのリーダーとしての役割も期待できます。

体力がある

体力の有無も、配管工には非常に大切な要因です。

基本的に配管工は体を動かす仕事です。

また工事は配管の作業だけではなく、必要に応じて材料の運搬や土木作業が発生します。

現場によっては暑さ寒さなどの温度変化も大きく、作業場から工事現場までの移動距離が遠いケースも考えられます。

そういった現場作業に耐えられるような基礎体力は必須となるため、入職前にある程度の体力作りをしておいた方が無難です。

配管工が持っているとよい資格とは?

配管工として働くには、とくに資格は必要ありません。

しかしながら仕事内容に応じた資格を持っていると、転職時に有利となるでしょう。

配管工が持っていると有利な資格については、次の通りです。

配管技能士

配管工の資格として一番よく知られているのが、国家資格の「配管技能士」です。

資格には「建築配管作業」「プラント配管作業」の2種類があり、それぞれ1級から3級まであります。

2級以上には受検資格が必要となりますが、3級は誰でも受検可能です。

試験は実技と学科となり、配管工としての基本的な技術と知識を問われます。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、7種類ある施工管理技士国家資格の中の一つです。

1級と2級からなっており、それぞれに細かい受験資格が設定されています。

2級を持っていると工事現場における主任技術者、1級では管理技術者となれます。

大規模工事では管理技術者を置かなければならない現場も多くあるため、転職時に持っていれば非常に有用な資格といえるでしょう。

難易度の高い資格としても知られており、1級の合格率は平均で20%程度です。

建築設備士

建築設備士は、建築士法に基づく国家資格です。

建築物の配管・空調を含む設計や工事管理のできる資格となっており、所持している配管工は少ないため、転職市場では非常に重宝されるでしょう。

受験には資格が必要となっており、こちらも合格率は20%前後と難関資格となっています。

その他

上記以外でも、工事現場で役立つ作業系の資格を所持していると転職時に有利です。

具体的には「フォークリフト」「移動式クレーン」「クレーン・デリック」「ガス溶接」「アーク溶接」「玉掛け」などの資格は現場でよく使われます。

もし機会があれば、取得しておくとよいでしょう。

配管工が年収アップを目指す方法は?

配管工のきついところ・大変なところの一つとして給料が高くなりづらい点をあげましたが、年収をアップさせる方法がないわけではありません。

給料が高くなりづらい仕事の一つである配管工で年収アップを目指す具体的な方法としては、以下の3つがあげられます。

  • 資格を取得する
  • 転職する
  • 独立する

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

資格を取得する

配管工が年収アップを目指す際の方法の一つ目が、資格の取得です。

先ほど紹介した、配管技能士や管工事施工管理技士、建築設備士などの資格を取得することで年収アップが目指せるようになります。

これらの資格はいずれも国家資格ですし、持っていることで配管工としての知識とスキルを証明できるようになる資格でもあるため、配管工としての評価アップにつながります。

企業によっては資格手当が付与されることもあるでしょう。

また、対応できる業務の幅が広がり、これまでできなかった業務も任せてもらえるようになることで年収が高くなる可能性もあります。

転職する

配管工の平均年収は400万円ほどですが、実際の給与水準はそれぞれの企業によって異なります。

例えば、年収500〜600万円以上になる企業もあれば、似たような立場で同じような仕事をしているのにも関わらず400万円以下しかもらえない企業もあります。

給与水準や福利厚生の充実度、ボーナスの有無や金額などの雇用条件は企業によって差があるので、よりよい条件で雇用してくれる会社に転職するというのも一つの手です。

配管工としての経験が浅い状況で転職しても年収があがる見込みは薄くなりますが、経験を積み、スキルがあがれば、転職によって年収があがる可能性は大いにあります。

独立する

配管工が年収をアップさせる方法として資格の取得や転職を紹介してきましたが、400万円ほどの平均年収を資格の取得や転職で1,000万円にするのはかなりハードルが高いと言えます。

大幅に年収を向上させ、年収1,000万円以上の大台を狙うのであれば、配管工として独立するというのも一つの手です。

独立して個人事業主になると、仕事を受ければ受けるほど稼げるようになります。

独立は決して楽な方法ではありませんし、逆に年収が下がる可能性もあります。

また、安定性にもかけますが、その分大きく稼げる方法でもあるので、稼ぎたい人は検討してみるのもアリだと言えるでしょう。

配管工の課題は?

やりがいの感じられる仕事である配管工ですが、ならではの課題もいくつかあります。

それが以下の2点です。

  • 人材不足が進んでいる
  • 利益が出づらい

配管工を目指すのであれば、これらの課題についてしっかりと把握し、どう解決していくか考えておかなくてはいけません。

配管工という仕事が抱える2つの課題について解説していきます。

配管工の人材不足が進んでいる

配管工事を含む建設業界では、職人の高齢化が深刻な問題となっています。

また少子高齢化の影響で若年層の職人が少ないこともあり、業界全体で人手不足の状況が続いている現状です。

そのため未経験や高齢の方でも求人は比較的多く、全体的に求人数は安定しています。

利益が出にくい

配管工のきつい・大変なところとしても紹介したとおり、配管工事を請け負っている会社は大手企業の下請けとなっている中小企業や零細企業がほとんどです。

下請けになると、間に入る会社が多くなる分どうしても利益が出にくくなります。

企業の売上や利益が減ると、職人である配管工の手取りも減るため、この構造的な問題を解決する必要があると考えられます。

配管工の将来性は?

配管工は、将来的に解決していかなければならない課題もあるものの、先行きが暗いということはありませんし、将来性がないわけでもありません。

配管工の主な業務は新規工事とメンテナンスになりますが、建物を新しく建てるときは間違いなく配管工事が必要になりますし、配管そのものは徐々に劣化していくので、メンテナンスも必要になります。

配管工事は、ライフラインに直結する業務であり、機械を使った工事に置き換えるのが難しい業務内容のため、将来的に仕事がなくなるとは考えにくいでしょう。

年収1,000万円など高年収を実現しやすい職種というわけではありませんが、高年収よりも安定性を求めるのであれば、配管工の未来は明るいと言えます。

まとめ

配管工事は建築物・工場などには欠かせない工事となります。

ライフラインに直結する業務も多く、求人も比較的安定しているのが特徴です。

スキル・経験・資格があれば転職に有利なのは間違いないですが、未経験の方でも就業は可能な業種です。

経験とスキルによって年収のアップも目指せますので、興味を持った方は転職へチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事