通信建設業界の魅力とは|仕事内容・年収・TOP企業を解説します

社会貢献度が高く、年収の水準も高い業界として注目を集めている通信建設業界。

実際、通信建設業界への就職を検討していたり、転職先として同業界が気になっているという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、通信建設業界の概要に触れながら、具体的な仕事の内容や年収、魅力について紹介していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

通信建設業(電気通信工事)とは

私たちがパソコンやスマートフォン、タブレットなどを通してアクセスするインターネット回線のことを通信インフラと言います。

この通信インフラは、現代において、電気や水道、ガスなどの生活インフラ同様、日々の生活に欠かせないものとなっています。

通信建設業(電気通信工事)とは、その通信インフラを支える、非常に重要度の高い仕事の一つです。

通信建設業では、一般住宅や店舗、ビルなどの大型施設において、インターネット通信をするための情報通信設備の設置や管理などを行います。

通信建設業(電気通信工事)の平均年収

通信建設業(電気通信工事)関連の職種としては電気通信工事施工管理技士が有名ですが、大手の求人情報サイトに掲載されている情報によれば、電気通信工事施工管理技士の平均年収は529万ほどとなっています。

国税庁の「令和3年分 民間給与実態統計調査」によると、全体の平均年収が443万ほどとなっているため、通信建設業の年収は全体の平均よりも高めの水準だと言えます。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

通信建設業(電気通信工事)の仕事内容

通信建設業(電気通信工事)の主な仕事は通信インフラを支えることですが、具体的な仕事内容は多岐にわたります。

その中でも代表的な業務としてあげられるのが、以下の5つです。

  • 携帯電話基地局の設置
  • インターネットの工事
  • 放送・音響設備の設置
  • テレビ電波のアンテナ設置
  • 施設内設備機器の設置

それぞれの業務について詳しく解説していきます。

携帯電話基地局の設置

携帯電話やスマートフォンで快適にインターネットを楽しむには、ネットワーク環境の整備が欠かせません。

基地局は、携帯電話やスマートフォンから発せられる電波をキャッチし、交換極に届けるための設備で、基地局が十分に設置されていないと、通信が途切れてしまったりつながりにくくなるなどの不具合が発生するようになります。

そんなネットワーク環境の整備における代表的な業務の一つが、基地局の設置です。

通信建設業では、基地局を設置したり定期的に通信試験を行なって改善を図るなど、人々が快適にモバイル端末を使用するために必要な業務を行います。

インターネットの工事

家庭や会社で快適にインターネット通信を行うには、インターネットへの接続工事やLANの工事が欠かせません。

具体的な工事内容としては、屋外の設備から建物の中に光ケーブルを引き込んだり、LANケーブルを配線する工事などがあげられます。

また、パソコンやプリンターなどの電子機器をインターネット環境に接続するための作業を請け負うこともあります。

一般家庭はもちろん、昨今の企業における企業活動にはインターネットに接続できる環境が必要不可欠であるため、これらの仕事も非常に重要度の高い仕事だと言えるでしょう。

放送・音響設備の設置

通信建設業では、施設での放送・音響設備の設置も行います。

学校、病院などの建物や施設では放送設備や音響設備が欠かせませんが、これらの設備を設置したり、管理するのも通信建設業の主な業務の一つです。

具体的な例としては、市役所や学校などの公共施設の放送・音響設備を整えて情報の伝達をスムーズに行えるようにしたり、劇場やホールの音響設備の設置や管理するなどの作業があげられます。

テレビ電波のアンテナを設置

テレビの電波を受信して放送されている内容をチェックするにはアンテナの設置工事やケーブルを引き込むための工事が欠かせませんが、これも通信建設業で請け負う代表的な仕事の一つです。

例えば、2011年にアナログ放送から地デジ放送に切り替わるときの受信設備の設置工事は通信建設業界の企業が行いましたし、電波が届きにくい地域の状況を改善するための受信設備の設置なども通信建設業界の企業が行なっています。

施設内設備機器の設置

住宅や施設には、ここまで紹介してきた設備以外にもさまざまな設備が備わっています。

代表的なものとしては、住宅のインターホンや施設の防犯カメラ、火災報知器などがあげられますが、これらの設置も通信建設業(電気通信工事)の企業が請け負う代表的な仕事です。

通信建設会社(電気通信工事会社)で働く5つの魅力

通信建設会社(電気通信工事会社)で働く5つの魅力

通信建設業(電気通信工事)に携われる通信建設会社(電気通信工事会社)で働く上での主な魅力としては、以下の5点があげられます。

  • 社会的な貢献度が高い
  • 将来性がある
  • 最新のサービスにかかわれる
  • キャリアップが叶う
  • プライベートな時間を確保できる

これら5つの魅力について解説していきます。

社会的な貢献度が高い

通信技術が発展してスマートフォンが広く普及したことで、インターネットは今や生活に欠かせないものになっています。

そのため、インターネットは電気や水、ガスなどのインフラと並べて語られるわけですが、通信建設業は、その生活に欠かせない通信インフラを支える、社会的な貢献度の高い仕事です。

仕事を選ぶ上でやりがいを求める人や重視する人にとっては、「人々の生活を支えている」という社会貢献度の高さは魅力的だと言えるでしょう。

将来性がある

紹介してきたとおり、インターネットは人々の生活になくてはならないと言えるほど重要なものになりつつありますが、その大事なインターネット環境を支える通信建設業の需要はかなり安定しています。

業績が悪化して特定の企業が倒産してしまうことはあっても、通信建設の仕事がなくなる可能性は相当低いと言えるでしょう。

また、この業界は技術的に進化し続ける業界で、技術が発展するスピードも早いため、需要がなくなるようなことはなく、将来性も抜群です。

最新のサービスにかかわれる

最新の技術やサービスにかかわれる点も、通信建設業ならではの魅力の一つです。

最近は5Gに接続できる環境が整ってきていますが、この5Gも最先端の無線通信システムです。

また、IoTやAR・VR、自動運転や遠隔医療なども通信に関連する代表的な最先端技術ですが、通信建設業界で働くことでこういった最新の技術に関連する仕事にも携われるようになります。

キャリアアップが叶う

先述したとおり、通信建設業界の業務は多岐にわたります。

また、新しい技術がどんどん生まれていくことや発展していくこともあって、身につけるべき知識やスキルは無数にあると言っても過言ではありません。

それらの知識や技術を身につけることでキャリアアップも叶えられるようになりますし、活躍の場も広がります。

プライベートな時間を確保できる

一部のブラック企業によって業界全体のイメージが下がり、通信建設業界はプライベートな時間を確保しづらい業界だと勘違いされてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

大手の通信業者から仕事を請け負うケースが多いという業界の特性上、それらの企業に合わせて休みが設定されていることが多く、土日にしっかりと休める企業も少なくありません。

また、工期が延びて残業が常態化してしまうようなことも少なく、プライベートな時間を確保しやすい業界となっています。

通信建設業(電気通信工事)の課題

紹介してきたとおり、通信建設業(電気通信工事)は、年収の水準が高く、ならではの魅力も多いおすすめの業界です。

ただ、良いところばかりというわけではありません。

通信建設業には通信建設業界ならではの課題もあります。

喫緊の課題としては、以下の2点があげられます。

  • 専門技術者が不足している
  • 専門技術者の育成・ICTなどの活用で業務の効率化が急がれる

魅力の一つとして紹介したとおり、通信建設業はプライベートな時間を確保しやすいというメリットがあります。

ただ、中には長時間労働や休日出勤を強いるような会社もあり、どうしても労働環境が悪いというイメージが付きまとってしまいがちです。

そういったイメージや人材の高齢化によって専門技術者が圧倒的に不足しているという側面があります。

そのため、業界のイメージの刷新によって若い人材を取り込んで業界全体を若返らせる必要がありますが、少子高齢化の状態が続くことを考えるとそれだけでは不十分で、ARやウェアラブルカメラなど最新の技術を使って業務の効率化を図る必要もあります。

大手の通信建設会社TOP3

通信建設業界への就職や転職で失敗したくないと考えるのであれば、大手への就職や転職がおすすめです。

大手は給与水準が高い上に労働環境も整っているので、非常に働きやすい環境だと言えます。

通信建設業界の中でも特に有名なのが、以下の3社です。

  • コムシスホールディングス株式会社
  • 株式会社協和エクシオ
  • 株式会社ミライト・ホールディングス

コムシスホールディングス株式会社は、主にNTT向けの情報通信工事を行なっている会社です。

株式会社協和エクシオは1951年創業の歴史のある会社で、NTTはKDDIなどの通信事業者向けに通信基盤構築のサービスを提供しています。

株式会社ミライト・ホールディングスは業界第3位の規模を誇る会社で、通信ネットワークインフラの構築や設計を行う子会社やグループ会社の経営管理を行なっています。

これら業界大手3社の概要は以下のとおりです。

企業名売上従業員数平均年収
コムシスホールディングス株式会社約5,608億16,844人912.7万円
株式会社協和エクシオ約5,245億13,882人760.1万円
株式会社ミライト・ホールディングス約232億12,580人669.1万円

まとめ

専門技術者が不足している点や業務効率化が急がれている点など、独自の課題を抱える業界でありながら、非常に魅力的な業界として知られている通信建設業(電気通信工事)。

社会貢献度が高くやりがいを感じながら仕事できますし、インターネットという技術がこれからも発展していくことを考えると、将来性のある業界でもあります。

最新の技術やサービスに関われる点も、この業界ならではの魅力的なポイントの一つです。

また、年収も529万円ほどと全体の平均値よりも高い水準になっているので、就職・転職した際の満足度が高い業界とも言えます。

通信建設業に興味のある方は、業界を代表する会社を紹介している以下の記事も参考にしながら、就職・転職の準備を進めてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事