電気設備設計(電気設計)とは?仕事内容から必要な資格、転職の可能性まで解説!

「電気設備設計(電気設計)とはどんな仕事?」
「電気設備設計(電気設計)に必要な資格は?」
「年収や転職の可能性も知りたい」

このような疑問にお応えします。

建物内でスイッチを押せば当たり前のように電気が付きますが、停電になるといかに電気が大切なものか気づかされる人も多いのではないでしょうか。近年は地震や大雨などの自然災害が多く、電力が突然ダウンしてしまうこともあるかもしれません。

電気設備設計(電気設計)の仕事は、建物で過ごす人々の生活を支える大変重要な仕事です。建物がある限り、また人が電気を使って生活をしていく限り、無くてはならない仕事です。

この記事では、電気設備設計(電気設計)についてくわしく解説していきます。仕事内容から必要な資格、年収や転職の可能性などをお伝えしますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

電気設備設計(電気設計)の仕事内容

電気設備設計(電気設計)-仕事内容

マンション、オフィスビル、商業施設、医療施設など、あらゆる建物には照明やコンセント、空調などの電気設備が備えられています。電気設備が当たり前に機能しているからこそ、建物に住む居住者や利用する人々が快適に過ごすことができます。

電気設備設計(電気設計)は、建物内のスイッチ、配線、回路など多様な電気設備の設計をする仕事です。

設計事務所が作成した建物の図面をもとに電気設備計画を立て、配線やレイアウトなどを決め、設計を行っていきます。

また、適切な電力容量を設定することも重要な仕事です。電力負荷が低過ぎれば停電などの事態が起こり、電力負荷が高過ぎればコストがかかりすぎてしまいます。

建物内で万が一電気のトラブルが起こってしまうと、重大な事故につながるかもしれません。そのため、電気設備設計の仕事は責任が大きくなりますが、人々の生活を守るという達成感ややりがいもあります。

電気設備設計(電気設計)に関係する資格

電気設備設計(電気設計)-資格

電気設備設計(電気設計)の仕事をするためには、必須の資格があるわけではありません。実務経験を積んでいけば、誰でも仕事ができるようになります。

ただし、電気設備設計(電気設計)に関係する資格を取得していれば、仕事への理解が深まったりキャリアアップにつながったりとメリットがあります。

ここでは、以下の電気設備設計(電気設計)に関係する資格を簡単に紹介します。

  • 電気工事施工管理技士
  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 建築士
  • 建築設備士

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、電気工事現場の工程管理、品質管理、安全管理を行う資格です。

電気工事現場の状況を熟知していれば、適切な電気設備設計(電気設計)につながることは疑いのないことです。

電気工事士

電気工事士は、建物の電気工事に携わるための資格です。

電気工事を直接行う職人は「電気工事士」、電気工事を管理するゼネコンは「電気工事施工管理技士」といった違いがあります。

電気設備設計(電気設計)に携わるには、電気工事士はぜひとも取得しておきたい資格と言えます。第1種・第2種とあり、比較的取得するのが容易な第2種から挑戦してみるのがおすすめです。

電気主任技術者

電気主任技術者は、電気設備の保安・監督をするための資格です。

取り扱う電気工作物の電圧によって、第1種・第2種・第3種に分類されます。取得の難易度が非常に高い試験ですが、電気設備設計(電気設計)に携わるには、取得しておくと大変有利になります。

建築士

建築士は建物設計を行う資格です。

電気設備設計(電気設計)とは直接関係がないように思われますが、建築士を取得していれば建物に関する知識を習得できるため、さまざまな面で役に立ちます。

建築士も難易度が高い資格ですが、建築士を取得している電気設備設計士は一目置かれるでしょう。

建築設備士

建築設備士は、建築士の求めに対して建築設備の設計、工事監理に関する適切なアドバイスを行える資格です。建築設備士は、設備系の職種に携わるなら取得しておきたい資格と言えます。

電気設備設計(電気設計)になるために必要なスキル

電気設備設計(電気設計)になるために必要なスキル

電気設備設計(電気設計)になるためには、以下のようなスキルが必要です。

  • 電気関連の知識
  • 設計図作成力
  • コミュニケーション能力

順番に解説していきましょう。

電気関連の知識

電気設備設計(電気設計)に携わるためには、最低限の電気関連の知識は必要です。

電気系の学科を卒業していればいいですが、そうでない人は資格を取得して電気関連の知識を身につける方法が一番近道でしょう。

設計図作成力

電気設備の設計図を作るためには、コストや安全性、法律などの知識がないとできません。

それぞれの基準をクリアしたうえで、より効率的な設計図を作る必要があります。

また設計図を作成するにはCADの知識も不可欠です。もし電気設備設計(電気設計)として転職する場合、CADの操作ができる人間であれば大変有利になるでしょう。

コミュニケーション能力

電気設備設計(電気設計)の仕事は、コミュニケーション能力が必要です。

発注者と綿密にコミュニケーションをとり、意向を確実に反映させた完成度の高い設計をしなければなりません。

また、現場では施工者とのコミュニケーションも必要です。施工者にわかりやすい設計図を作り、正確な指示を出せる力が求められます。

電気設備設計(電気設計)の年収

電気設備設計(電気設計)-年収

電気設備設計(電気設計)の年収が気になる人も多いのではないしょうか。

電気設備設計(電気設計)の平均年収は、約450万円~500万円です。

日本の平均年収と比較するとやや高い傾向と言えます。

どの仕事にも言えることですが、年収を増やすには実務経験を積むことが最も大切です。実務経験を重ねれば知識や技術力が身につくほか、信頼の証にもなるでしょう。

仕事の質が上がっていけば、より規模の大きな会社に転職することも可能になり、その結果、年収がさらにアップするかもしれません。

電気設備設計(電気設計)の転職の可能性

電気設備設計(電気設計)に携わっていれば、電気設備に関する知識があるため転職の需要は高くなります。ここからは、電気設備設計(電気設計)の転職の可能性についてお伝えしましょう。

人材不足のため需要が高い

建設業界全体は人材不足のため、電気設備設計(電気設計)の需要は高くなっています。技術者の中では、特に次世代を担う若年層が不足しています。

経験者や有資格者であれば転職しやすい状況ですが、未経験者や異業種からでも挑戦しやすい環境が整っていると言えます。

資格取得によって転職先が広がる

電気設備設計(電気設計)として働く中で、電気工事施工管理技士や電気工事士、電気主任技術者などの資格を取っておけばさらに有利です。

これらの資格を取得することで仕事の幅が広がり、より規模の大きな仕事ができるようになります。規模の大きな仕事に関われば、スキルアップや転職時の評価にもつながるでしょう。

有資格者となることで転職先の選択肢が広がっていき、より待遇の向上も期待できます。

「電気設備設計(電気設計)」「制御設計」「機械設計」の違い

電気設備設計(電気設計)、制御設計、機械設計-違い

ここからは「電気設備設計(電気設計)」と「制御設計」、「機械設計」とはどう違うのか解説していきます。

「電気設備設計(電気設計)・制御設計」と「機械設計」の違い

3つの設計を区分すると、はじめに「電気設備設計(電気設計)・制御設計」と「機械設計」とで比較します。

「機械設計」は、設備の駆動や強度といった設計で、人体で表現すると「体」を指します。一方、「電気設備設計(電気設計)・制御設計」は、設備の回路や制御といった設計で、人体で表現すると「神経」や「脳」を指します。

「電気設備設計(電気設計)」と「制御設計」の違い

つぎに「電気設備設計(電気設計)」と「制御設計」の比較です。

【電気設備設計(電気設計)】

「電気設備設計(電気設計)」は、回路や配線、センサーなどのハード部分の設計を指します。

【制御設計】

「制御設計」は、プログラミングなどソフト部分の設計を指します。

「電気設備設計(電気設計)」と「制御設計」は、会社によっては区分していなく、制御設計も含めて電気設備設計(電気設計)と呼ぶところもあります。

そのため、転職時においては、募集要項の仕事内容をよく確認しておく必要があるでしょう。

まとめ

この記事では、電気設備設計(電気設計)の仕事について紹介しました。

電気設備設計(電気設計)は、決して目立つ仕事ではなく華やかなイメージはあまりないですが、人々の縁の下の力持ちになる大変重要な仕事です。

社会貢献をしているという実感を持ちたい人にとっては、やりがいがあるでしょう。将来の活躍の場として、手に職をつけて電気設備設計(電気設計)へ挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!
監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事