プロパティマネジメントとは?仕事内容とやりがいを詳しく解説

プロパティマネジメントは、不動産業界において中核的な役割を担う重要な専門職です。このプロパティマネジメントの分野では、不動産の価値を最大化し、オーナーや投資家にとって最適な運用を実現することを目指しています。

そこでこの記事では、不動産業界で重要な役割を果たしているプロパティマネジメントの基本的な情報から、具体的な業務内容、適性、必要な資格に至るまで、詳細に解説していきます。

不動産業界でのキャリアを目指す方々にとって、プロパティマネジメントの業務は非常に魅力的な選択肢となるでしょう。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

プロパティマネジメント(PM)とは?

プロパティマネジメント(PM)とは、不動産の効果的な運用と管理をおこなう専門職です。不動産経営で悩みを抱えているオーナーからの依頼を受けて、建物の計画立案から実行までの総合的なサポートをおこないます。

プロパティマネジメント(PM)は、不動産のポテンシャルを最大限に引き出し、その価値を高めることを目的として業務をおこないます。

具体的には、賃貸物件のリーシング、テナントや入居者の管理、建物の維持・運営、資産価値の向上戦略の立案など、多岐にわたる業務を担っているのです。

プロパティマネジメント(PM)は、不動産オーナーや投資家にとって最適な運用を実現させるために、市場の分析や戦略的な計画の立案が求められる重要な役割を果たしています。

アセットマネジメント(AM)やビルディングマネジメント(BM)との違い

プロパティマネジメントは、アセットマネジメント(AM)やビルディングマネジメント(BM)と密接に関連しているため混同してしまいがちですが、それぞれの役割にははっきりとした違いがあります。

アセットマネジメント(AM)は主に不動産投資全体の戦略立案や運用を担当することで収益を最大化することを目的とし、ビルディングマネジメント(BM)は建物自体の物理的な維持・管理に重点を置いています。

一方で、プロパティマネジメント(PM)はこれらの中間的な役割に位置しており、不動産の日々の運用管理と価値向上を目指す役割を果たしています。

プロパティマネジメント(PM)は、アセットマネジメント(AM)が策定した大枠の戦略に基づき、具体的な運用計画を実行し、ビルディングマネジメント(BM)がおこなう建物の維持・管理を監督することで、不動産の総合的な価値を高めることを目指します。

プロパティマネジメントの業務内容

プロパティマネジメントの業務内容は広範囲にわたります。プロパティマネジメントでは、不動産の価値を最大化するために、不動産に関する深い知識に加え、多角的なアプローチが求められます。

そんなプロパティマネジメントの主な業務内容は以下の3つです。

①リーシングマネジメント

②建物・テナントマネジメント

③コンストラクションマネジメント

それぞれの業務内容について詳しく解説していきましょう。

①リーシングマネジメント

リーシングマネジメントは、賃貸物件の賃貸契約の管理や新規テナントの獲得、既存テナントとの関係維持を担っています。不動産オーナーの代わりに集客活動や監理業務を担当します。

このシーリングマネジメントの業務は、物件の収益性を直接的に左右するため、市場のニーズを理解し、柔軟に対応する能力が必要不可欠です。

具体的には、市場の分析を行い、適切な賃料設定を策定することや、競合物件との比較をおこない、当該物件の魅力を高める戦略を立案すること、ニーズに応じたカスタマイズ提案をおこなうことなどが含まれます。

②建物・テナントマネジメント

建物・テナントマネジメントでは、建物の維持管理とテナントの満足度向上に重点を置き、業務をおこないます。管理を受託した建物の共用部分の補修や修繕、現場管理などをおこなう業務です。

定期的なメンテナンス計画の立案・実施、入居者からの要望への対応、安全管理などが主な業務。管理を受託している建物を常に最適な状態に保つために、予防的なメンテナンスと緊急対応のバランスを取ることが大切です。

また、入居者の満足度を高めるためには、定期的なコミュニケーションや、迅速な問題解決、そしてニーズに合わせたサービスの提供が求められます。

入居者の満足度は、物件の収益性と直接的に関連しているため、この業務は非常に重要です。

③コンストラクションマネジメント

コンストラクションマネジメントは、建物のリノベーションや大規模修繕を計画し、実施する業務です。

コンストラクションマネジメントの業務の目的は、建物の長期的な価値を高めるということにあります。

具体的には、プロジェクトの管理、コストコントロール、品質管理が主な業務です。

コンストラクションマネジメント業務をおこなうことで、効果的な改修計画を立案し、工事の進行を管理することで、建物の機能性、安全性、美観を向上させることができます。

コンストラクションマネジメント業務をおこなう人にとって、工事等に伴うテナントへの影響を最小限に抑えるためのコミュニケーション能力も重要なスキルです。

コンストラクションマネジメントは、建物のライフサイクル全体を考慮した長期的な視点からアプローチをする必要があります。

プロパティマネジメントに向いている人の特徴

プロパティマネジメントは、主に以下のようなスキルと資質を要求される職種です。

①コミュニケーション能力がある人

②提案力がある人

③新しいことを吸収するのが好きな人

これらの特徴を持つ人は、プロパティマネジメントの分野での成功に必要な要素を備えていると言えます。

コミュニケーション能力、提案力、そして学習意欲は、この職種において重要かつ、必須のスキルと言っても過言ではないでしょう。

これらの能力を持ち合わせている人は、プロパティマネジメントの分野で大きな成果を上げることができる可能性が高いです。

それぞれの特徴について、なぜ必要なのか、プロパティマネジメント業務にどのように活かすことができるのか、詳しく解説します。

コミュニケーション能力がある人

プロパティマネジメントの業務では、テナント・入居者、オーナー、サプライヤー、地域コミュニティなど、不動産に関わるさまざまな関係者とのコミュニケーションが必要不可欠。スムーズに業務を進めるためには、コミュニケーション能力が必須のスキルであると言えます。

異なる背景を持つ人々と効果的にコミュニケーションを取り、信頼関係を築く能力は、プロパティマネジメントにおいてとても重要です。

コミュニケーション能力が高い人は、複雑な問題を円滑に解決し、プロジェクトを成功に導くことができるでしょう。

提案力がある人

プロパティマネジメントでは、不動産の価値を最大化するための戦略的な提案が求められています

市場の動向を理解し、創造的なアイデアで物件の魅力を高める提案ができる人は、この分野で非常に価値があります。

提案力がある人は、新しい機会を見出し、物件のポテンシャルを最大限に引き出すことができるでしょう。

新しいことを吸収するのが好きな人

不動産市場は常に変化しており、新しいトレンドや法規制の変更に迅速に対応する必要があります

新しい知識や技術を積極的に学び、その新しい知識や技術を業務に活かすことができる能力は、プロパティマネジメントの分野で成功するために大いに役立つでしょう。

変化を恐れず、常に学び続ける姿勢は、プロパティマネジメントの業務において大きな強みとなります。

また、現在ではプロパティマネジメント業務をBIMと連携させることで効率化する企業が徐々に増えています。プロパティマネジメントではこのように最先端の技術やテクノロジーを受け入れられる能力も求められるようになっていくでしょう。

プロパティマネジメントに役立つ資格

プロパティマネジメントとして働くうえでは、宅地建物取引士(宅建士)や管理業務主任者などの資格が役に立ちます。プロパティマネジメント業務に深く携わりたいと考えているのであれば、この2つの資格は、是非とも取得しておきたいものです。

それぞれの資格を持っていることでどのような業務がおこなえるのかや、プロパティマネジメントにどのように活かすことができるのかなどについて具体的に解説していきましょう。

宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士(宅建士)は、不動産取引に関する法律知識を有し、信頼性と専門性を示す国家資格。不動産業界で働く人にとっては登竜門とも言えるような資格です。

宅地建物取引士(宅建士)は、不動産取引においてとても重要な役割を果たしています。

宅地建物取引士(宅建士)の資格を持つことで、不動産取引に関する法的な知識を深めることができ、クライアントやテナントからの信頼を得やすくなります

また、不動産取引における契約書の作成や交渉において、より具体的な専門性の高いアドバイスを提供することができるようになります。

管理業務主任者

監理業務主任者は、マンションやビルの管理に関する専門知識を持つことを証明する資格です。

建物の管理や運営に関する各種法律や、技術的な専門知識が求められます。

この資格を持つことによって、建物の維持管理や運営に関する専門的な知識を深めることができます

また、管理業務における関連法規制や安全基準に関する知識を有することで、建物の安全性や効率的な運営を実現することが可能になります。

まとめ

プロパティマネジメントは、不動産の価値を最大化するための重要な役割を担っている業務です。

プロパティマネジメントの分野で成功するためには、専門的な知識とスキル、適切な資格が必要です。

不動産業界でのキャリアを目指す方にとって、プロパティマネジメントは魅力的な選択肢となるでしょう。不動産の価値を高め、多くの人々の生活やビジネスに貢献することができるこの職種は、多くのやりがいを感じることができるうえ、自分自身を成長させることにも繋がるでしょう。

不動産業界に興味があるという方は、ぜひプロパティマネジメントも選択肢のひとつに加えてみてくださいね。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、プロパティマネジメントに関する求人も数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事