空間デザイナーは「やめとけ」は本当?向いていない人の特徴ややりがい

「空間デザイナー」と聞いて、どのような仕事を想像しますか?

「おしゃれでかっこいい」

「センスを活かして働けそう」

このようにイメージする人も多いはず。

しかし実際は、「空間デザイナーはやめとけ」と言われることが多いのが現実。

では、なぜ「空間デザイナーはやめとけ」と言われるのでしょうか。

そこで今回は、なぜ空間デザイナーはやめとけと言われるのか、空間デザイナーが向いていない人の特徴、空間デザイナーとして働くことのメリットなどについて詳しく解説していきます。

これから空間デザイナーとして働きたいと考えている人にとって参考になるような内容をまとめました。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

空間デザイナーとは

そもそも空間デザイナーとはどのような仕事なのかを知らないという方も少なくないのではないでしょうか。

空間デザイナーとは、住宅やマンション、商業施設などの空間のデザインをし、演出を考える仕事のこと。室内か屋外かは問わず、「ある一定の空間」をデザインするのが仕事です。

クライアントからどのような空間にしたいかのイメージを聞き、それを具現化するという重要な役割を担っています。

空間デザイナーが「やめとけ」と言われる理由

では、なぜ空間デザイナーは「やめとけ」と言われるのでしょうか。主な理由として以下の5つが挙げられます。

  • スケジュールがキツく長時間労働になりがち
  • 競争が激しく心が休まらない
  • コミュニケーションスキルが必要である
  • 特殊なスキルが求められる
  • 年収と業務量が釣り合わない

空間デザイナーが「やめとけ」と言われる上記の理由についてひとつずつ詳しく見ていきましょう。

スケジュールがキツく長時間労働になりがち

空間デザイナーの仕事のほとんどは、納期が定められています。その納期の多くがタイトで、残業をしなければこなせないようなものばかり

夜遅くまで会社に残って仕事をしているという人も少なくありません。

納期までのスケジュールがキツく、長時間労働になりがちな空間デザイナーの仕事は、体力がないと体調を崩してしまうことも。

タイトなスケジュールや長時間労働は、「つらい」「やめたい」と感じる大きな要因になってしまいます。

競争が激しく心が休まらない

他のデザイナーとの競争が激しいのも、「やめとけ」と言われる理由のひとつ。

常に最新のトレンドや技術を取り入れたり、独創的なデザインで他者との差別化を計ったりといった工夫が求められる世界です。

常に誰かと競い合っていなければならない環境で、心が休まらず「つらい」と感じる人は少なくありません。

他者との競争が厳しいだけでなく、どんなに自分が納得いくデザインに仕上げたとしても、クライアントにそのセンスが認められないこともあります。

コミュニケーションスキルが必要である

空間デザイナーは、クライアントの要望通りのデザインに仕上げなければなりません。そのためには、入念なヒアリングによってイメージを共有することが大切です。

さらに、チームで協力してひとつのプロジェクトに取り組むのが空間デザイナーの仕事。ひとりではできない仕事も多いので、お互いに協力しながら進める必要があります。

このように、空間デザイナーはさまざまな人とのコミュニケーションが必須の職種です。

そのため、コミュニケーションが苦手な人にとっては、「やめたい」と感じる大きな要因のひとつとなっています。

特殊なスキルが求められる

空間デザイナーにはデザインのセンスがあればなれるというものではありません。

以下のような特殊なスキルが求められます。

  • 建築に関する知識
  • 設計スキル
  • デザインスキル

デザインスキルだけでなく、建築に関する知識や設計のスキルも持ち合わせていないと、空間デザイナーの仕事は務まりません。

幅広い知識やスキルを身につけることに、「つらい」「しんどい」と感じる人も少なくないでしょう。

年収と業務量が釣り合わない

「年収と業務量が釣り合わない」と感じている人も少なくなく、「やめとけ」と言われる理由のひとつとなっています。

空間デザイナーの仕事は、以下のように多岐にわたります。

  • クライアントからのヒアリング
  • デザイン作成
  • 施工業者の選定・打ち合わせ
  • インテリアの選定
  • その他事務作業

業務量が多く、労働時間も長くなりがちな空間デザイナーですが、全国平均の年収は480万円程度と決して高くありません

こんな人は空間デザイナーはやめとけ!向いていない人の特徴

では、空間デザイナーに向いていないのはどのような人なのでしょうか。

空間デザイナーに向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • 自分の世界観が強くこだわりがありすぎる
  • 体力に自信がない
  • スケジュール管理が苦手である

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

自分の世界観が強くこだわりがありすぎる

空間デザイナーの仕事は、自分の思い通りのデザインができるわけではありません。クライアントの要望に沿ったデザインにする必要があります

そのため、「自分で好きにデザインがしたい」「独自の世界観を持っている」という人には、決して向いている仕事とは言えません。

体力に自信がない

前述の通り、空間デザイナーは納期までに確実にデザインを仕上げなければなりません。その納期もタイトに設定されていることが多く、時には深夜まで作業をしたり徹夜をして仕事をこなしたりといったことも。

生活が不規則になりがちなので、体力がないとすぐに体調を崩してしまいます

体力に自信がないという人にとっては、かなり過酷な仕事であると言えるでしょう。

スケジュール管理が苦手である

タイトな納期で確実に仕事を進める必要がある空間デザイナーに、スケジュールを管理するスキルは必須です。

複数の依頼を同時進行で進めることもあるため、スケジュール管理ができていないとクライアントに迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

また、何かトラブルが起きた時にも対応できるように余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。さまざまなトラブルを想定し、納期を守れるように動かなければならないのです。

向いている人には天職!空間デザイナーのメリット

空間デザイナーは「やめとけ」と言われる理由や向いていない人の特徴などについて詳しく解説してきました。

では逆に、空間デザイナーに向いている人にとっての魅力はあるのでしょうか。

空間デザイナーとして働くことのメリットは以下の通りです。

  • 手がけた空間が人の役に立っている実感を得られる
  • 住宅や店舗など幅広いジャンルの空間デザインを手がけられる
  • 空間デザインによる成果でクライアントに感謝される
  • 経験を重ねるごとにスキルが身につくのが実感できる

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

手がけた空間が人の役に立っている実感を得られる

店舗や住宅、商業施設など、多くの人が利用する空間をデザインできるのが空間デザイナー。担当した店舗が繁盛している様子や、多くの人々が集まる商業施設など、自分の仕事の成果が目に見える形でわかる仕事です。

多くの人々が利用する空間をデザインすることで、「人の役に立っている」ことを実感できるのは、空間デザイナーとして感じられる大きなやりがいと言えるでしょう。

住宅や店舗など幅広いジャンルの空間デザインを手がけられる

店舗や住宅、マンションなど、幅広いジャンルの仕事に携われるのも、空間デザイナーの魅力のひとつです。

地域密着の工務店で住宅のデザインをすれば、地域の人々の暮らしに貢献できますし、もっと大規模な店舗や商業施設のデザインをすることで、多くの人々の生活に関わることもできます。

幅広いジャンルの仕事に関わることで、さまざまな知識やスキルを身につけることができます。それらの知識やスキルを活かすことで、さらに活躍の場を広げることもできるのです。

空間デザインによる成果でクライアントに感謝される

店舗や商業施設など、たくさんのお客さんが集まるような空間をデザインすることも多い空間デザイナー。

優れたデザインによって店舗の集客や売上、イメージアップに貢献できます。

このように数字で見える形で成果が表れることで、クライアントから直接感謝される機会が多い仕事です。

クライアントからの評価が上がれば、口コミで仕事が舞い込むなんてことも。

評価されていることを実感できるのも、空間デザイナーとして働くことの魅力と言えます。

経験を重ねるごとにスキルが身につくのが実感できる

幅広い仕事に携わる空間デザイナーは、経験を重ねるごとにさまざまな知識やスキルを身につけることができます

スキルや知識が身につけば、クライアントに納得してもらえる説得力のあるプレゼンテーションもできるようになるでしょう。

自分の実力や成長を実感できることは、空間デザイナーとして働くうえでの大きなやりがいとなります。

空間デザイナーになるには?

実際に空間デザイナーになろうと思っても、どうしたらいいか見当もつかないという人も少なくないのではないでしょうか。

空間デザイナーになる方法は以下の2つです。

  • インテリアプランナーや建築士の資格を取る
  • 転職サイトやエージェントで転職活動をする

それぞれ詳しく解説していきます。

インテリアプランナーや建築士の資格を取る

空間デザイナーとして働くために必須とされている資格はありません。しかし実際は、大学の建築学部や空間デザインなどを学べる学部を卒業した人が多いのが現実。

このような学校を卒業していないのであれば、インテリアプランナーや建築士の資格を取得する方が近道です。

その他にも、カラーコーディネーター検定やインテリアデザイナー認定試験など、さまざまな資格試験に挑戦してみるのもひとつの手でしょう。

転職サイトやエージェントで転職活動をする

転職サイトや転職エージェントに登録して転職活動をすることもできます。

なかには、未経験でも応募が可能な求人があることも。

転職エージェントには、非公開求人が用意されていることも少なくないため、個人で転職活動をするよりも効率的に進めることができます。

空間デザイナーを目指す場合には、転職エージェントを活用することで、より良い条件の非公開求人に出会える可能性があります。

まとめ

空間デザイナーは、タイトなスケジュールや労働時間の長さ、特殊なスキルが求められることなどから「やめとけ」と言われることが多い仕事です。

自分の世界観があり、こだわりが強い人などには向いている仕事とは言えません。

大変なことも多い空間デザイナーの仕事ですが、手がけた空間が人の役に立っていることを実感できたり、知識やスキルが身についたことを実感できたりと、そのやりがいも大きなものです。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事