新しい職場で早く馴染む方法!不安解消のポイントを解説

新しい職場が決まり、喜んでいたのも束の間。新天地への不安にさいなまれ、苦しい思いをしていませんか。

未知の環境に1人で飛び込むことを不安で仕方なく感じるのは、当然でしょう。ただ環境を一新しての再スタートが、苦しいものになるのは、あまりにもったいないことです。

そこでこの記事では、新しい職場に早く馴染む方法をご紹介します。苦しくなるほどの不安を解消するポイントについても解説しますので、できるところから試してみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

新しい職場での不安の原因

新しい職場に不安を感じるのは、人間の本能に基づく反応です。

未知の環境では、何が起きるか予想もできません。そのため脳は交感神経を優位にして警戒心を高め、何が起きても速やかに対処できるように万全の体制を整えます。これが不安の正体です。

しかし、あまりにも緊張が強い状態が続けばストレスになり、自分らしく振る舞うこともできません。

こういった過度の緊張状態を緩和するために、具体的な不安の要因とそれらへの対処法を、確認していきましょう。あらかじめ想定しておけば、未知の危機から既知の情報に変わり、過剰に不安を感じるのを避けられます。

参考:心理的負荷 における筋弾性 と自律神経機能への影響

仕事を覚えられるか不安

経験のある業務でも、新しいやり方にスムーズに馴染めるか、不安を覚えるのは当然です。

しかし、ご安心ください。最初から、完璧を求められることはありません。大切なのは、新しい仕事を、正確に覚えることです。教わった内容は適宜メモをとり、記憶に定着させるように努めてください。

そして不安や疑問を感じた時はすぐに、先輩に確認しましょう。すでに教わった内容であったとしても、記憶が定かではないにもかかわらず、自分1人で解決しようとしてはいけません。思い込みや誤解から、ミスを犯す可能性があります。

新人のあなたがスムーズに業務に取り組めるように、環境を整備することは、既存の社員がなすべき業務のひとつです。あなたもわからないことがあれば、遠慮なく尋ねてください。自分の理解度を伝えることが、先輩との相互理解につながります。

人間関係を良好にできるか不安

新しい職場では、すでに人間関係が構築されています。その中に1人で飛び込むことを不安に感じるかもしれません。

だからこそ、オープンな気持ちで臨んでください。あなたがオープンマインドで向き合えば、ポジティブな空気が周囲にも伝染します。これはミラーニューロンと呼ばれる脳の働きによるものです。

ミラーニューロンとは、人間と一部の動物が持つ脳の機能です。他の人の考えや行動を理解したり、まねをしようとしたりするときに使われます。

つまり緊張で心を閉ざした状態で向き合えば、相手も緊張で心を閉ざすでしょう。反対にオープンな気持ちで向き合えば、オープンに迎え入れられます。

新しい職場のメンバーとして早く受け入れられるために、自分から心を開いて飛び込んでください。

参考:公益社団法人日本心理学会

給与・就業形態についての不安

給与や就業形態に関する情報は、転職において最も気になる事項でしょう。

しかし同時に、デリケートな話題でもあります。聞く相手やタイミングを誤ると、新しい環境での自分の立場を難しくする可能性もあるので、慎重に対応することが大切です。

一般的に、給与交渉や就業形態に関して質問したい場合は、人事担当者に尋ねます。

給与額や昇給システム、就業形態、残業量といった内容は、本来であれば内定を通知する前に、双方の意向を擦り合わせる事項です。しかし会社によっては、採用面接の過程で人事担当者が同席しないまま、内定が決定することもあります。

入社前に確認できず不安を感じる場合は、労働条件通知書が提示される前に、人事担当者と直接話をしましょう。労働条件通知書が提示されたあとでは、交渉はかなり難しくなりますので、早いタイミングで確認することが大切です。

新しい職場に早く馴染むために実践すること

より早く新しい職場に馴染むために、心がけたいポイントは、次の4つです。

  • 自分から積極的にあいさつする
  • 仕事に対して真摯に取り組む
  • 自分から周囲の人に話しかける
  • 企業文化や暗黙のルールを把握する

あいさつ、笑顔、身だしなみに気をつける

新しい職場に一刻も早く馴染むためには、第一印象が重要です。

しかし無理をして平静を装う必要はありません。緊張しながらも明るい様子で振る舞い、基本的なマナーや身だしなみを守りながら、相手を不快にさせない振る舞いを心がける。これだけで、十分です。

  • 笑顔であいさつする
  • 自分からあいさつする
  • 既存の社員の服装に準じる

元気に笑顔であいさつするのは、社会人の基本です。この時、相手から声をかけられる前に、自分から積極的にあいさつしましょう。

服装は、華美にならないように、さらに周囲の社員の服装のテイストに合わせることも大切です。仲間として受け入れられたい思いを、伝える効果が期待できます。

仕事に対する真摯な姿勢を見せる

仕事に対して真摯な姿勢で取り組むことは、仲間として受け入れられるために重要です。

わからないことはすぐ聞いたり、率先して仕事に取り組んだりして、仕事を早く覚えようと努める姿を周囲に見せてください。

この時、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)を徹底することも欠かせません。

新しい職場に入ったばかりで、わからないこともできないことも多いにもかかわらず、懸命にできることで会社に貢献しようとする姿勢は、周囲にも伝わります。真面目に業務に取り組む姿を示せば、仲間の一員として温かなサポートを受けられることでしょう。

積極的にコミュニケーションをとる

新しい職場では、自分から積極的にコミュニケーションをとる努力をしてください。緊張しているからといって、話しかけられるのを待っていてはいけません。

自分が緊張しているように先輩社員も、あなたがどういう人なのかわからず、緊張しています。

そして人を変えることはできません。しかし、自分は変えられます。

上手に話そうとする必要はありません。目的は、自分を知ってもらうこと、そして相手を知ることです。

この時、顔と名前を覚えて、「〇〇さん」と、名前を呼びながら声をかけてみましょう。人は、自分の名前を呼んでくれる人に対して、好感をもつ習性があります。心理学でいう、ネームコーリング効果です。

相手も緊張しているからこそ、勇気を出して話しかけてくれたあなたを、仲間として受け入れやすくなります。

会社のルールや社風を把握する

社内ルールや仕事のやり方は、会社によって異なります。新しい職場のやり方に、疑問を感じることもあるかもしれません。しかしまずは、新しい職場のやり方に慣れることが先決です。

違和感を感じることがあっても、ひとまずは心の奥底にしまって、新しいルールを覚えてください。

マニュアルを読み込んだり、先輩社員に質問したりといった方法が有効です。業務の邪魔にならない範囲で先輩に質問すれば、コミュニケーションをとるきっかけにもなります。

新しい職場でよくある悩みと解決方法

新しい職場でよくある悩みと、その解決方法についてご紹介します。

不安に感じていることがあれば、焦らずひとつずつ、ここで紹介する解決方法に取り組んでください。しこりのように心に溜まっていた悩みが、少しずつ解消されることでしょう。

仕事が覚えられない、時間がかかる

仕事を覚えられなかったり、時間がかかったりする時は、次の方法を試してください。

  • 先輩の仕事ぶりをマネする
  • 教わったことはメモする
  • 疑問があれば、すぐに先輩に聞く
  • ミスした理由を突き止め、改善する

教わったことを教わったまま、素直に再現してください。先輩のやり方をそのままマネすることで、効率よく仕事を覚えられます。

そしてミスした時は、なぜミスしたのか原因を突き止めましょう。よくあるミスの原因は、次の通りです。

  • 教わったことを間違って記憶していた
  • ケアレスミス
  • 教わったが理解できていなかった

ミスの根本的な原因を理解できていない場合、何度でも同じミスを繰り返す可能性があります。ミスした原因を明らかにして、同じ失敗を繰り返さないための対策を講じることが、真摯な業務への取り組みがただのポーズではないことを周囲に示しつつ、自分自身がスキルアップするための要です。

また聞いただけでは覚えられないことでも、手を動かして書くことで、記憶に定着しやすくなります。懸命にメモをとる様子は、真摯に業務に取り組んでいることを周囲に伝える意味でも有効です。

社内に相談できる相手がいない

新しい職場に入った直後は、先輩社員の名前と顔を覚えるのに精一杯で、誰に何を相談すればよいかわからず、迷うかもしれません。

なお相談する際の相手は、基本的には、以下のとおりです。

  • 業務に関すること:直属の上司や先輩社員
  • 雇用契約に関すること:人事担当者

同僚や直属の上司に話しにくいことがあれば、人事担当者にアドバイスを求めるのも良い方法です。人事担当者は、社内の人間関係を把握しています。問題を解決するために誰に相談するのがよいか、適切にアドバイスしてくれるでしょう。

また教育担当の先輩社員がいれば、困り事があると打診してみるのもよいでしょう。先輩の知識や人脈から、解決の近道を示してくれる可能性があります。

新しい職場に入ったばかりで親しい人がいない場合、相談事を切り出すのは勇気がいるでしょう。だからこそ「困っていることがある」と、心を開いて打ち明けることが大切です。

「困っている」と言葉にして発信することが、手を差し伸べてくれる誰かを見つけるための第一歩です。

人間関係がうまく構築できない

新しい職場の環境次第では、打ち解けるのに時間がかかることがあります。

話しかけても会話が盛り上がらない、あいさつしても素っ気ない態度をされる、といったことが続けば、心が折れそうになるかもしれません。

しかし、新しい環境に飛び込んだ自分は、皆に受け入れてもらわなければいけない立場です。仲間として受け入れられるために、忍耐強くコミュニケーションをとる努力を続けてください。

  • 相手の目を見て元気よくあいさつする
  • ランチは先輩社員と一緒にとる
  • 些細なことでも丁寧にお礼を言う

もし期待したリアクションがなくても、謙虚な姿勢を崩さず、明るい笑顔と分け隔てのない態度で、周囲の社員に接することを続けてください。

自分から心を開いてアプローチを続けることが、状況を好転させるカギです。

まとめ

新しい職場に馴染めるまでに要する期間は、早くても1ヶ月、長い場合で半年程度かかるといわれています。しかし自分から心を開いて、周囲に受け入れられるよう積極的に働きかければ、よりスムーズに馴染むことも可能です。

不安な気持ちを解消するために、心を開き、新しい職場の仲間として受け入れられたい気持ちを素直に伝えてください。着実に、あなたを取り巻く環境が変わっていくのを実感できます。

またの転職に際して、人材派遣を利用するのもひとつの方法です。例えば建設業界に特化した人材派遣会社「トントン」のようなサービスを利用すれば、入社後に感じる不安へのサポートを受けられますので、ぜひご検討ください。

おすすめの記事