ハウスメーカーの営業職がきつい7つの理由|仕事内容や働くメリットも解説

「ハウスメーカーの営業はきついと聞くけどどうなのだろうか?」

「ハウスメーカーの営業に向いている人の特徴が気になる」

このように、ハウスメーカーの営業職がきつい理由を知りたい人も多いのではないでしょうか。

ハウスメーカーの営業は責任感の重さから大きなプレッシャーを感じたり、毎月のノルマに追われて疲弊する人が少なくありません。しかし、大変な仕事だからこそ、大きな魅力もあるのです。

そこでこの記事では、ハウスメーカーの営業職がきついと言われる理由や向いている人の特徴、やりがいなどを詳しく解説します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

ハウスメーカーの営業職がきついと感じる7つの理由

ハウスメーカーの営業職がきついと感じる理由は、以下の7つです。

  • 毎月厳しいノルマが課せられる
  • 即決に結びつきにくい
  • 責任感が重い
  • 契約後にやるべきことも多い
  • 幅広い知識が必要になる
  • 地道な営業努力が必要になる
  • 土日祝も仕事になる

それぞれ詳しく解説します。

毎月厳しいノルマが課せられる

ハウスメーカーの営業職がきついと感じる理由の一つに、毎月のノルマ達成が簡単ではない点が挙げられます。

営業職ですので業種に限らずノルマがありますが、住宅は高額なため簡単に売れるものではありません。そのため、売上目標を達成しなくてはならないプレッシャーと、売れないことへのストレスが精神的な負担となります。

ノルマ未達の場合は、上司からの厳しい指導や評価の低下が避けられません。また、ほかの営業パーソンがノルマ達成しているのに、自分だけ未達の場合はプレッシャーと焦りを感じてしまいます。

即決に結びつきにくい

住宅は高額な買い物であり、顧客は慎重に検討するため即決には結びつきにくい点も、ハウスメーカーの営業職がきついと感じる理由の一つです。

また、住宅購入を検討する人は、複数のメーカーを見学し比較検討するのが一般的です。そのため、営業担当者は顧客へのアプローチを重ねたり、詳細な説明を繰り返したりする必要があります。

初回営業から契約までのプロセスが長期化しがちで、この過程でモチベーションを維持するのが難しく、成果が見えにくいことが精神的な負担となります。

責任感が重い

ハウスメーカーの営業職がきついと感じる理由の一つに、非常に高額で顧客の人生に関わる買い物であるため、重い責任感を感じる点が挙げられます。

住宅は顧客にとって一生に数度の大きな買い物であり、その期待に応えるためには、ミスが許されないプレッシャーが常に伴います。また、顧客の背中を押してあげる場面で、責任感の重さから一歩が踏み出せない営業パーソンも少なくありません。

さらに、契約後にも、建築過程でのトラブル対応や顧客サポートを求められます。顧客満足を追求しつつ売上を達成するためのバランスを取るのが難しく、この責任感がストレスの要因となります。

契約後にやるべきことも多い

ハウスメーカーの営業職は、契約が終われば仕事が一段落するわけではなく、契約後から物件引渡しまでの期間でやるべきことが多くあります。

例えば、以下のような業務です。

  • 定期的な顧客とのコミュニケーション
  • 進捗管理
  • 各種手続き
  • トラブル対応
  • 施主検査
  • 引き渡し前チェック など

契約から引き渡しまでは、住宅ローンの審査や契約などもあり、細かなスケジューリングを決めて動く必要があります。スケジューリングをきちんと行わないと、引渡し日に間に合わなくなり、顧客に迷惑をかける可能性もあるため、常に高い集中力と細心の注意が求められます。

幅広い知識が必要になる

住宅販売においては、建築や設計、法律、ローン、相続など多岐にわたる専門知識が求められます。

顧客からの質問や要望に的確に答えるためには、常に最新の情報を学び続ける姿勢が必要です。また、実際の建築現場を理解し、具体的なアドバイスができる能力も求められます。専門性の強い内容は専門家に委ねるとしても、基本的な知識を身につけておかないと顧客からの信頼を得にくいと言えます。

このように、幅広い知識を身につけるための勉強と実践が欠かせないため、ハウスメーカーの営業職はきついと感じるのです。

地道な営業努力が必要になる

ハウスメーカーの営業職は、簡単に成果が出るわけではないため、地道な営業努力が必要です。

営業活動においては、見込み客の開拓や定期的なフォローアップ、詳細なプレゼンテーションなど、契約に至るまでのプロセスは時間と労力を要します。また、信頼関係の構築が重要であり、短期的な成果を求めるよりも、長期的な視野で粘り強く取り組む必要があります。

土日祝も仕事になる

ハウスメーカーの営業は、基本的に土日祝日も仕事があります。

住宅展示場やモデルハウスの見学会、顧客との打ち合わせは、顧客の都合に合わせる必要があり、特に週末や祝日に集中するのです。そのため、土日祝も働くことが多く、家族や友人との時間を確保するのが難しくストレスを感じる人も少なくありません。

ハウスメーカーの営業に向いている人と向いていない人の特徴

ハウスメーカーの営業に向いている人と向いていない人の特徴は、以下の通りです。

向いている人向いていない人
・コツコツ努力することを苦に感じない人
・自分で目標を決めて行動するのが好きな人
・人と話すのが好きな人
・不動産や建築物が好きな人
・激務でもとにかく稼ぎたい人
・プレッシャーのある仕事が嫌いな人
・目標のある仕事が嫌な人
・人とのコミュニケーションが苦手な人
・お金を稼ぐより楽な仕事がしたい人
・不動産や建築に興味がない人

ハウスメーカーの営業は、簡単に成果が出るものではなくノルマも課されるため、自ら考えてコツコツ努力できる人が向いていると言えます。また、顧客の悩みや希望をしっかり聞き出す必要があるため、人に興味があり人とのコミュニケーションが好きな人に適しています。

また、営業として成功すれば高収入を得られる可能性があるため、忙しくても稼ぎたい人にもおすすめです。

ハウスメーカーの営業職に転職する際のポイント

ハウスメーカーの営業職に転職する際のポイントは、以下の2つです。

  • 結果を出すための努力ができることをアピールする
  • 営業経験や接客経験をアピールする

それぞれ詳しく解説します。

結果を出すための努力ができることをアピールする

ハウスメーカーの営業職に転職する際は、過去の仕事での実績や経験から、地道な努力ができて結果が出せることを伝えましょう。

住宅販売は長期的な信頼関係の構築が不可欠であり、一朝一夕で成果が出る仕事ではありません。そのため、継続的な顧客フォローや詳細なプレゼンテーション、粘り強い交渉力が求められます。過去の具体的な成果や、目標に向けて取り組んだプロセスを伝えることで、採用担当者に対して好印象を与えられるでしょう。

また、ハウスメーカーで活躍する人のなかには、体育会系の人も多いので、スポーツで優秀な結果を出していたことを伝えるのもおすすめです。

営業経験や接客経験をアピールする

営業職や接客の経験がある人は、その経験をアピールするのがおすすめです。

住宅販売は顧客との信頼関係が決め手となるため、過去の営業や接客の経験を通じて培ったコミュニケーション能力や問題解決能力が強みとなります。住宅知識や宅建士のような資格も必要ですが、面接では営業パーソンとしての人柄を見ることが多い傾向にあります。

面接においては、具体的なエピソードを交えて、どのように顧客のニーズを把握し提案を行い、満足度を高めたかを伝えるのが大切です。具体的な経験を語れるほど、採用担当者に対して人柄をアピールできるでしょう。

ハウスメーカーで営業職に就くメリットややりがい

ハウスメーカーで営業職に就くメリットややりがいは、以下の3つです。

  • 営業成績次第で高年収を実現できる
  • お客様の人生に寄り添った仕事ができる
  • どこでも通用する営業スキルを磨ける

それぞれ詳しく解説します。

営業成績次第で高年収を実現できる

一件あたりの契約金額が大きい住宅販売は、その分インセンティブが高く設定されている傾向にあり、頑張り次第で高年収を実現できます。

優れた営業スキルと努力次第で、ほかの業界では得られない高収入を得ることが可能です。当サイトを含む求人情報サイトによっては、不動産営業の仕事で年収1,000万円を超える人も一定数見受けられます。

頑張りの成果が直接収入に反映されるため、モチベーションも維持しやすく、自身の成長を実感できるやりがいがあります。目標達成の喜びと頑張りに見合った収入を得られるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

お客様の人生に寄り添った仕事ができる

住宅購入はお客様にとって人生の大きな決断であり、そのプロセスに深く関わることで、顧客の夢や希望を実現するお手伝いができます。

お客様とじっくり対話し、理想の住まいを提案することで、信頼関係を築き上げる喜びを感じることもできるでしょう。また、完成後に満足そうな顧客の笑顔を見る瞬間は、大きな達成感とやりがいをもたらします。

このように、顧客の人生の重要な場面に寄り添える仕事は、ハウスメーカーの営業職だからこその魅力です。

どこでも通用する営業スキルを磨ける

住宅販売では、顧客のニーズを深く理解し、丁寧な接客と提案を行う高度な営業スキルが求められます。

この過程で培われるプレゼンテーション能力や交渉力、問題解決力などは、どの業界でも役立つ普遍的なスキルです。さらに、顧客との信頼関係を築くためのコミュニケーション力や、長期的な視野で目標を達成するための計画力も向上します。

このような営業スキルが身につけば、どんな商品でも販売できるようになるでしょう。また、スキルや人脈ができれば、不動産仲介業者として独立して住宅販売をすることも可能です。

まとめ

ハウスメーカーの営業がきついと言われる理由は、以下の通りです。

  • 毎月厳しいノルマが課せられる
  • 即決に結びつきにくい
  • 責任感が重い
  • 契約後にやるべきことも多い
  • 幅広い知識が必要になる
  • 地道な営業努力が必要になる
  • 土日祝も仕事になる

住宅販売という、高額な商品かつ顧客の人生に大きく関わるものを営業することへのプレッシャーが、ハウスメーカーの仕事はきついと感じさせるのでしょう。また、プレッシャーからノルマばかりを気にしたり、努力が実らない期間にもどかしさを感じる人も少なくありません。

このような厳しさのあるハウスメーカーの営業職ですが、高収入を実現できたり顧客の人生に関われたりと大きな魅力とやりがいもあります。

ハウスメーカーへの転職を検討している人は、本記事で紹介した向いている人と向いていない人の特徴も参考にしながら、慎重に進めてみてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事