「管理業務主任者はやめとけ」と言われるのはなぜ?5つの理由と魅力を解説!

マンションを運営していく上で欠かせない職種の一つである管理業務主任者。

そんな管理業務主任者ですが、独占業務や設置義務があり、需要が高い仕事であるにも関わらず、「やめとけ」と言われるケースも少なくありません。

この記事では、管理業務主任者の概要や仕事内容に触れながら、「管理業務主任者はやめとけ」と言われる理由について解説していきます。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

管理業務主任者の仕事内容

マンションを販売している不動産などの業者やマンションの管理を行っている管理業者は、そのマンションの管理組合に対して説明や報告などをしなくてはいけません。

その業務を担当することになるのが「管理業務主任者」です。

管理業務主任者はマンション管理に関する代表的な国家資格の一つで、設置義務や独占業務があるため需要が高まってきています。

管理業務主任者の主な仕事内容としては、重要事項の説明や管理事務に関する報告、住人や業者への対応などがあげられます。

「管理業務主任者はやめとけ」と言われる5つの理由

「管理業務主任者はやめとけ」と言われる主な理由としては、

  • 職種や資格の知名度が低い
  • 国家資格でありながら年収の相場はそれほど高くない
  • トラブルや住民からのクレームを処理しなければならずストレスがたまる
  • 活躍の場が限られる
  • 経験が必須になる

などがあげられます。

管理業務主任者への転職がなぜ「やめとけ」と言われがちなのか、それぞれの理由について詳しく解説していきます。

1. 職種や資格の知名度が低い

紹介してきたとおり、管理業務主任者は設置義務や独占業務がある、業界では広く知られている資格です。

さらに、国家資格でもあるため、これからもその需要は高まっていくものと予想されています。

しかし、世間一般での認知度は高くなく、広く知られている資格というわけではありません。

また、2001年にスタートした歴史の浅い資格でもあります。

歴史が浅く、職業や資格の認知度・知名度が低いため、「そんな仕事やめとけ」「そんな資格をとるのはやめておいた方がいいんじゃない?」など、ネガティブな意見があがりやすくなっています。

2. 国家資格でありながら年収の相場はそれほど高くない

歴史が浅いとは言え、管理業務主任者は立派な国家資格です。

ただ、国家資格でありながら年収はそれほど高くなく、一般的に300〜500万円ほどといわれています。

国税庁が公表しているデータによると労働者全体の平均年収は458万円(※)となっていますが、全体の平均値を比較しても管理業務主任者の年収が高いわけではないことがわかります。

それどころか、全体の平均値を大きく下回ってしまう可能性も。

勉強して専門的な資格を取得しても稼げるわけではないため、「そんな仕事やめとけ」と言われやすくなっています。

(※)出典:令和4年分 民間給与実態統計調査

3. トラブルや住民からのクレームを処理しなければならずストレスがたまる

大勢の人が生活するマンションでは何かしらのトラブルが発生するものですが、間に入ってそれらのトラブルを解決するのも管理業務主任者の重要な役割の一つです。

ただ、トラブル処理は簡単ではありませんし、トラブルを処理していく中で怒りや不満の矛先が管理業務主任者に向き、クレームを言われることも少なくありません。

トラブル処理やクレーム処理は、その内容に関わらずストレスのたまるものなので、「そんなストレスのたまる仕事はやめとけば?」と言われやすくなっています。

4. 活躍の場が限られる

管理業務主任者は国家資格で、不動産業界だとかなり需要のある資格です。

ただ、不動産業界以外での需要がないため、活躍の場が不動産業界に限定されてしまうというデメリットがあります。

不動産業界にいる間は重宝しますし、資格が武器になったりもしますが、不動産業界を離れてしまうと評価されない・評価されづらい資格になってしまうため注意が必要です。

この汎用性のなさは、「管理業務主任者はやめとけ」と言われる主な理由の一つとなっています。

5. 経験が必須になる

管理業務主任者の仕事は、資格を取得するだけでこなせるようになるものではありません。

求められる役割をしっかりとこなすためには経験も必要になります。

管理業務主任者の資格は、マンションの管理をおこなっている不動産会社や管理会社で働き、ある程度経験を積んだ人がスキルアップやキャリアアップのために取得するような資格です。

資格を所有しているというだけで採用してもらうのは難しく、採用を勝ち取るにはある程度の経験が求められる傾向があるため、「やめとけ」と言われやすくなっています。

管理業務主任者の魅力

紹介してきたような理由から「やめとけ」と言われることも多い管理業務主任者ですが、

  • 設置義務がある
  • 独占業務がある
  • 独立を視野に入れやすい

など、ならではの魅力のある仕事でもあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

設置義務がある

マンションの管理を行う管理会社には、「30の管理組合につき1人以上の割合で管理業務主任者を置かなければならない」というルールがあります。

これは「設置義務」と呼ばれるもので、管理会社が管理しているマンションの組合数が多くなればなるほど管理業務主任者の数も増えることになります。

設置義務は、マンションの管理業者が必ずクリアしなければならないルールです。

設置義務が設けられていることが管理業務主任者の需要に直結しますし、設置義務が設けられていることで管理業務主任者への需要が安定するため、「資格をとったけど仕事がない」という状況が発生しづらくなっています。

独占業務がある

設置義務と同じく、管理業務主任者の仕事に対する需要の安定性に大きく影響しているのが「独占業務」です。

管理業務主任者には、

  • 管理受託契約前の管理組合員に対しての重要事項の説明
  • マンション管理の重要事項に関わる書面への記名と押印
  • マンションの管理受託契約に関わる契約書への記名と押印
  • 管理事務に関する事柄の管理組合員への報告

など、さまざまな独占業務があります。

これらの業務は、管理業務主任者しか対応できない業務であり、資格を所有していない人がおこなうことはできません。

独占業務があることで需要が安定している点も、管理業務主任者の魅力の一つだと言えます。

独立を視野に入れやすい

管理業務主任者は国家資格で、マンション管理に関する専門的な資格を有する仕事です。

資格を取得すると、その専門的な知識を活かし、講演会の講師やマンションの管理に関する執筆活動などの仕事を請け負えるようになります。

また、管理業務主任者の類似資格であるマンション管理士などの資格をあわせて取得することで、独立して活躍することもできます。

ハードルは高くなりますが、管理会社を立ち上げ、管理業務主任者の資格を活かしながら会社を経営することも可能です。

これらの方法の場合、高年収を実現しやすくなるので、「年収の相場はそれほど高くない」というデメリットも払拭できるようになります。

管理業務主任者に向いている人・向いていない人

管理業務主任者に向いている人・向いていない人

管理業務主任者に向いている人の特徴としては、

  • 不動産業界に興味がある・不動産業界で活躍したい
  • コミュニケーション能力が高い
  • ストレスに対する耐性がある

などがあげられます。

管理業務主任者の主な活躍の場は不動産業界です。

そのため、不動産業界に興味がある人やマンション管理という仕事に興味があるかどうかが重要になります。

また、多くの住民と関わることになるので、コミュニケーション能力も求められますし、トラブルやクレームを処理するときのストレスへの耐性も必要になると言えるでしょう。

逆に、これらの能力やスキルが自分に欠けていると感じる場合や自分には当てはまらないと感じる場合は、管理業務主任者にはあまり向いていない可能性が高いと考えられます。

管理業務主任者への転職を成功させるためのポイント

管理業務主任者への転職を成功させるために押さえておくべきポイントとしては、

  • 「やめとけ」と言われる理由について理解し、それらを容認できるか考える
  • 管理業務主任者に向いている人の条件に当てはまるかチェックする
  • 転職サービスを活用し、優良な会社に転職する

などがあげられます。

これらのポイントを意識しながら転職活動にのぞむことで、より転職しやすくなりますし、転職で失敗しづらくなります。

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

「やめとけ」と言われる理由について理解し、それらを容認できるか考える

管理業務主任者が「やめとけ」と言われる理由はさまざまですが、まずはそう言われる理由をきちんと理解し、それらが容認できるかどうかを考えなくてはいけません。

「やめとけ」と言われる理由のうち一つでも容認できないものがあるのであれば、管理業務主任者への転職は控えるべきですし、すべて許容範囲ということであれば転職を後悔する可能性はかなり低くなります。

管理業務主任者に向いている人の条件に当てはまるかチェックする

管理業務主任者の仕事には向いている人と向いていない人がいると紹介してきましたが、自分がどちらに当てはまるかについてもチェックしておかなくてはいけません。

向いている人の特徴の方に当てはまるのであれば問題はありませんが、向いていない人の特徴の方に当てはまる場合、転職後に後悔する可能性が高くなるため、本当に転職するべきか検討し直す必要があります。

転職サービスを活用し、優良な会社に転職する

転職したことに満足できるかどうかは、良い会社に転職できるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

優良な会社に転職するにはその業界の知識が必要になるので、不動産業界やマンション管理会社への転職に強い転職サービスを活用し、業界に精通した担当者にサポートしてもらいながら転職活動に取り組むようにしましょう。

まとめ

国家資格で一定の需要がある管理業務主任者ですが、

  • 職種や資格の知名度が低い
  • 国家資格でありながら年収の相場はそれほど高くない
  • トラブルや住民からのクレームを処理しなければならずストレスがたまる
  • 活躍の場が限られる
  • 経験が必須になる

などの理由から、「やめとけ」と言われることが多い仕事でもあります。

ただ、

  • 設置義務がある
  • 独占業務がある
  • 独立を視野に入れやすい

など、管理業務主任者ならではの魅力的な点も多く、やりがいのある仕事でもあります。

転職を成功させるためのポイントを意識しながら転職活動に取り組めば、失敗したり後悔したりする可能性は低くなるので、今回の記事で解説してきたことを参考にしながら管理業務主任者への転職を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事