物流管理って何するの?仕事内容・年収・きついところをリアルに解説

皆さんの生活に欠かすことのできない物流。商品を円滑に運ぶための物流管理は、建設業においてもなくてはならない重要な仕事です。

今回は物流管理の仕事内容や年収などを解説します。物流に関する知識を持っておくことで建設業への理解がさらに深まるので、新卒入社や転職を検討している方たちはぜひ参考にしてみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

物流管理の業務とは

物流管理は「商品の物流を効率的に行うために必要な作業」を総称した業務です。適切なオペレーションによって、物流コストの削減や商品の高品質化の効果が見込める必要不可欠な役割を担っています。

商品の受注管理から始まり、在庫確認や商品出荷の作業指示、返品対応など対象となる仕事は幅が広いです。さらに商品の管理・輸送だけでなく、保管している商品に付加価値を与える製造加工も物流管理の1つとされています。

物流管理の仕事内容

物流管理で発生する主な仕事内容は、以下の通りです。

  • 受注管理
  • 在庫確認
  • 製造加工
  • 出荷準備
  • 輸送
  • 返品
  • 再配達

取り扱う商品によって仕事内容は多少変化するものの、円滑に作業を進めるには現場作業員とのコミュニケーションや全工程の進捗把握が大切です。

各工程で発生する仕事内容を詳しく解説します。

受注管理

受注管理は顧客から受けた入出荷の注文を管理する業務です。データやFAXで受けた受注を取りまとめて、商品の出入りをいつでもチェックできるようにしておく必要があります。

誤出荷を防ぐために個数だけでなく、入出荷日や商品の種類、ロット番号など管理データ内への詳細な記録が重要です。

在庫確認

在庫確認は顧客からの注文内容に対して、倉庫内に保管している商品で対応できるか確認する業務です。在庫は管理データ上の数字だけでなく、倉庫内にある商品を実際に確認して正確な在庫数の把握が要求されます。

また、在庫数だけでなく商品の状態確認も仕事内容に含まれています。

製造加工

製造加工は顧客からの受注内容によって、保管している商品を発送する前に加工する業務です。倉庫内で完結することもあれば、関連部署と連携して加工するために連絡をとる場合もあります。

保管している商品の付加価値を高める大事な作業なので、管理の質が商品の最終的な品質に直結する重要な仕事です。

出荷準備

出荷準備は顧客からの受注にあわせて倉庫から出荷できる状態にする業務です。倉庫内の現場作業員に対して、商品のピックから梱包までの出荷指示を行う必要があります。

出荷指示以外にも、出荷先の住所が最新情報かどうかなど誤出荷防止の事前確認も仕事の1つです。

輸送

輸送は出荷対象である商品をフォークリフトまたは手作業でトラックに積む業務です。現場作業員に荷台へ積み込む際のルールを周知・教育を行い、商品が破損しないよう気をつけなければいけません。

また、商品を輸送するドライバーに対して、輸送時の注意点などを伝えて商品の安全性を確保する必要があります。

返品

返品は1度倉庫から出荷した商品の不良によって返品対応を行う業務です。返品の対象は個数違いだけでなく商品の破損時にも適用され、不足分の出荷や商品の交換などの対応が求められます。

返品が発生すると在庫データ上の商品個数が前後するので、在庫管理を間違えないように注意しなければいけません。

再配達

再配達は出荷先に対して新たに出荷対応を行う業務です。例えば、出荷時に顧客が不在だった場合の後日発送、不良品や破損品の交換などが挙げられます。

運送中や顧客の不在など事前に防げない場合があるものの、再配達に時間を割かないためにも倉庫内での徹底した品質管理が大切です。

【参考】倉庫管理の仕事内容

物流管理に似たような仕事として「倉庫管理」が存在します。倉庫管理とは、倉庫内に商品が入庫してから出庫するまでの全作業に対して、リスク軽減や業務効率化を図る管理作業です。

具体的な業務は「入荷管理」「出荷管理」「在庫管理」の3つで構成されています。

物流管理の平均年収

物流管理の平均年収は416万円でした。

【物流管理と日本の平均年収】

仕事内容年収
物流管理416万円
全国平均443万円

国税庁から発表されている「令和3年分民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は443万円なので比べてみると低い傾向にあります。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

物流業界に向いている人

物流業界で働くのに向いている人の特徴を挙げてみました。

  • ある程度の体力がある
  • 協調性を持って作業を行える
  • 仕事に対して責任感や几帳面さを持っている

事務所以外に現場でのオペレーションも多いので、ある程度の体力がないと継続して仕事を続けることが難しいです。現場作業員との協力も必要不可欠なので、チームワークを意識した仕事の進め方を意識する必要があります。

また、物流管理の仕事には品質管理が重要なので、最後までやり遂げる責任感や細かな部分をケアできる几帳面さも求められます。

物流管理の仕事のよいところ

物流管理の仕事で魅力的なメリットは、以下の通りです。

  • シフトが柔軟
  • 集中して仕事ができる環境
  • 収入が安定している

ライフワークバランスの取りやすさや安定した収入など、皆さんが働く上で必要な条件が揃っているのは嬉しい点です。

それぞれのメリットを詳しく解説します。

シフトが柔軟

物流管理の仕事は非正規雇用者に対する待遇が良い職種として知られていて、派遣社員やアルバイトであればシフトを柔軟に組んでもらえる可能性が高くなっています。

なぜなら物流業務はチームで行うので、休みを取りたい場合はシフト調整の要望が通りやすく、ワークライフバランスをとりやすい環境になっているからです。

また、非正規雇用者への福利厚生も他業界と比べて手厚いので、休みを取りやすいのも嬉しい点だといえます。

仕事とプライベートを両立したいと考えている人には適しているでしょう。

集中して仕事ができる環境

仕事に集中できる環境で働けるのもメリットの1つです。

協調性を持ってコミュニケーションをとりながら仕事に取り組む必要がありますが、作業中は基本的に与えられた仕事を淡々とこなすスキルが求められています。目の前の業務だけに集中しながら作業効率を上げられる仕事を探している人は力を発揮しやすいでしょう。

また、接客が苦手な人や人付き合いの苦手な人にとっては働きやすくなっています。

収入が安定している

物流管理の仕事は安定した収入が見込めるのも魅力的だといえるでしょう。

物流は生活に必要不可欠な存在であるため、この先仕事がなくなることはあまり考えられずむしろ需要は高まっています。特に最近ではオークションサイトやネットショップなどの利用者数が増加していることも大きな要因です。

物流管理の年収は日本の平均年収より低いですが、時代に左右されない仕事によって継続的に稼げる可能性が高くなっています。安定した収入を得られる仕事を探している人にはおすすめです。

物流管理の仕事のきついところ

物流管理の仕事にはメリットだけでなくデメリットも存在します。以下では、従事していてきついと感じる内容を挙げてみました。

  • スケジュールがずれるケースが多い
  • 会社によってノルマがある
  • 仕事内容が会社によって異なる

各項目に対して具体的にどのような内容が大変なのかを解説します。

スケジュールがずれるケースが多い

物流管理は自己完結するような仕事が少ないので、予定していたスケジュールからずれるケースが多いです。一応、作業スケジュールは多少の余裕を持って組まれていますが、交通状況やイレギュラー対応に左右されてしまいます。

例えば、倉庫での出荷作業が順調に進んでいたとしても、トラックの到着時間が遅れてしまうと積み込みができないので予定時間内に作業が終わらない場合があります。

一方で、作業進捗や交通状況によってはスケジュールよりも早く作業を完了させ、時間に余裕を持って終了することもあります。

会社によってはノルマがある

会社によってはノルマが発生する場合があります。ノルマは明確な目標となる反面、常に「時間内に全て完了させないといけない」というプレッシャーを感じながら作業を行う必要があります。

人によっては作業進捗の遅れによって「他の作業者たちに迷惑をかけてしまっている」とストレスに感じてしまい、結果的に長期間働くのが苦痛になってしまうことも十分考えられます。

マイペースに働ける職場を探している人は応募する際にはご注意ください。また、面接時に作業環境やノルマがあるかなどを確認してみるのもおすすめです。

仕事内容が会社によって異なる

物流管理の仕事は会社によって内容が異なります。各社によって取り扱っている商品が異なっているので、全て同じ手順で作業できるわけではないからです。

さらに、作業内容は同じでも作業工程が異なっていたり、会社独自の作業があったりと今までの作業経験を活かせないこともよくあります。

物流業務は幅広いので転職先でも同じ業務を行えるとは限りません。受注管理がしたかったのに仕分けばかりしているなどのミスマッチが発生することも。物流管理だからとすぐに応募せず、仕事内容を事前に確認するよう気をつけましょう。

まとめ

物流管理の仕事は、物流コストの削減や商品の高品質化に直結するやりがいのある仕事です。

非正規雇用者の待遇が比較的良い特徴があり、ライフワークバランスをとりやすい環境となっています。日本の平均年収よりもやや低いものの、将来性があって安定した収入を見込めるでしょう。

おすすめの記事