かっこいい職人の仕事は?人気の職種をランキング形式で紹介

「かっこいい職人になりたい!」

「職人の仕事内容は?」

「一番かっこいい職人は?」

今回の記事では、かっこいいといわれる職人の魅力を具体的に掘り下げます。これから職人になりたい人や興味がある人はぜひチェックしてみてください。さらに職人の平均年収を紹介するとともに、人気の職種をランキング形式で発表します!

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、
全て無料で応募可能です!

お名前

電話番号

メールアドレス

かっこいいといわれる職人の仕事の基準

かっこいいといわれる職人には共通点があります。以下の3点が基準になるでしょう。

  • 専門知識やスキルがある
  • 人間力が高い
  • 年収が高い

また、近年はワークマンに代表されるワークウェアがファッション業界のトレンドになったことから、職人特有の制服や作業着もかっこよさに影響しているようです。

ワークウェアは「ダサい・ガサツ・汚い」から「かっこいい・タフ・ワイルド」というイメージへとシフトしました。

専門知識やスキルがある

職人と呼ばれる人たちは、普通の人が見ると用途すら分からない工具や機械を使いこなし、大きな建物や複雑な製品を魔法のように作り上げます。まるで暗号のような職人業界の専門用語も興味をそそられますね。

彼らがかっこいいといわれる一番の理由は、その専門知識と高いスキルでしょう。職人の多くは、時期が来ると上位資格や関連資格を取得したり、資格の更新のために定期的な講習を受けています。

見よう見まねではできないもの作りの知識と技術は、地道に積み重ねた努力の証です。

人間力が高い

もの作りの世界は職人同士の連係プレーであると同時に、一人ひとりが自分の仕事に責任を持たなければ成り立ちません。そんな環境が、コミュニケーション力と責任感という人間力の高さにつながります。

立場も年齢もバラバラな人たちと協力する経験が高いコミュニケーション力を育み、決して誰かのせいにしない潔さが責任感を育てます。例えば10代の見習いでも、同世代の学生に比べると圧倒的に大人びています。

危険な作業が多いため、勘が鋭く冷静な判断力に長けているのも特徴です。トラブルが起きてもオロオロせず、落ち着いて対処する姿がかっこいい!

年収が高い

平均年収が高い職人は経済的な自由度も高く、将来を見据えた手堅いイメージが頼もしいです。厚生労働省による「令和4年賃金構造基本統計調査」を参考に、職種ごとの平均年収を下記の表にまとめました。

職種平均年収
現場監督(分類:建築現場)620万3600円
現場監督(分類:土木建設現場)573万2100円
電気工事士506万7900円
左官職人460万6500円
溶接工448万100円
鳶職人(分類:建設躯体工事従事者)430万9800円
家具職人415万9000円
大工406万6600円
参考:e-Stat「賃金構造基本統計調査 / 令和4年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種」

それほどの高年収でもない……と感じる職種があるかもしれませんが、上記の金額には見習いの職人も含まれています。職人は、ベテランになれば現場を管理する機会が増えて手当が付きますし、上位資格や関連資格を取得すればさらに年収がアップします。

あなたの今の年収は適正?
年収相場をチェック!
職種
年齢
経験年数
診断する
あなたの年収相場は…
年収に関するお悩みがございますか?
トントンでは皆様のキャリアアップにつながる求人が多数!
転職後に収入380%の実績も!

かっこいいと思う職人の仕事ランキング

ここからは、いよいよ人気の職人ランキングを紹介します。どんな仕事内容なのか、どんなところがかっこいいと思われているのか、それぞれ具体的に解説していきます。業務上大変なポイントも追記したので、「これから職人になりたい!」と思う人はよく読んで検討してみてください。

第1位:鳶職人

かっこいい職人の栄えあるトップに輝いたのは鳶職人でした!建物が大きければ大きいほど、鳶職人が基礎の足場や鉄骨を組まないと何も始まらないため、建設現場には欠かせない存在といえます。

風に煽られながら高い場所で作業をこなす軽やかな身のこなしは、日々鍛え抜かれた体幹があってこそです。命の危険と隣り合わせの仕事をしているからか、キリリとした精悍な顔つきも鳶職人ならでは。

昔はダボダボのニッカポッカを履いているイメージでしたが、現在はカーゴパンツ派が増えてスタイリッシュになっています。

大変なところ

大変なところは、高所作業が非常に危険な業務であることです。たとえハーネス(安全帯)を着用して落下を防げたとしても、周囲にぶつかって木材や鉄骨が崩れると大ケガをします。集中力と素早い判断力、緊張感に耐える精神力と度胸が必要です。

第2位:溶接工

第2位は、熱い作業を冷静沈着にこなす溶接工。金属をはじめとした素材を「融接」「圧接」「ろう接」という3種類の技術で接合する仕事です。溶接機を構えて狙いを定め、火花を散らす遮光マスク姿がクールでかっこいいです。

ビルや工場、水やガスの配管、道路を走る車、飛行機や船。溶接工がいないと存在できない構造物や製品が世の中にはたくさんあります。機械化がいくら進もうと、接合部を美しく丈夫に仕上げるには、熟練した溶接工の技術が必要です。

大変なところ

電気溶接ではアーク光という強い光が発生します。裸眼で見てしまうと、俗に「目玉焼け」、正式には「電気性眼炎」という角膜の炎症を起こすため、溶接工には保護メガネや遮光マスクが欠かせません。また、中腰のイメージがありますが、プラントや建築現場では高所作業も行います。

第3位:左官職人

左官職人には、日本の伝統を受け継いで体現している誇り高きかっこよさがあります。コテの扱いだけで自在に壁を塗り上げる技術は世界的に価値を認められており、ユネスコ無形文化遺産「伝統建築工匠の技」の「左官(日本壁)」として登録されています。

左官職人の仕事は、建設現場でコンクリートやモルタルを混ぜるだけではありません。漆喰や珪藻土でシックハウス症候群が起きないオーガニックな空間を作り上げたり、カフェやホテルではアーティストとしてさまざまな模様をコテで描きます。

大変なところ

左官職人の出番は仕上げの工程にあたるため、塗りの土台(ボード貼りなど)ができてから作業を開始します。もし現場のスケジュールが押している場合、そのしわ寄せは左官職人に押し寄せることになり、きびしい工期で仕上げなければなりません。

第4位:大工職人

職人といえば大工さんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。まったく何も無いところに建物を完成させる高いスキルは、素人には真似できません。テキパキ段取りをして丁寧な工程を積み上げ、多種多様な大工道具を使いこなすところもかっこいいです。

古民家ブームが一過性で終わらず定着したように、日本人は基本的に木のぬくもりが大好きです。木造建築の新築やリフォームの需要が無くなることは考えられませんし、政府も国産木材の使用を推進しているため将来性もあります。

大変なところ

階段を往復して石膏ボードを運んだり、炎天下の下で長時間の作業をしたり、大工はまさに肉体労働。体力と気力が絶対に必要な仕事といえます。また、大工道具にはノコギリやカンナといった刃物類が多いため、どんなにベテランになっても気を抜けません。

第5位:家具職人

家具職人の仕事は、発注主の理想を実現するために、デザイン・設計・施工・仕上げることです。ときには古い家具を修理・リフォームします。

さまざまな木材や技法、革や布といった素材の知識が豊富で、発注主の好みや生活様式にどこまでも寄り添い、全力で技術を駆使する姿がかっこいいです。

また、クラフトアート寄りの家具職人はブランドとして世界を舞台に活躍しています。自然素材を活かした日本の家具は和式建築物だけでなく、オシャレの代名詞である北欧家具とも相性がよいといわれています。

大変なところ

大量生産しないオーダー家具は、木材の切り出しから職人が行います。図面から仕上げまでを1人または少数の工房で制作するため、納期が短い場合は肩こりと腰痛との戦いです。他の職人と違い、役務だけで終わらず、販売が絡む点もストレスでしょう。

第6位:電気工事士

電気工事士は、職人の中でも比較的高収入な専門職です。厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査 」によれば、電気工事士の平均年収は506万7900円。電気を扱うので危険度の高い仕事ですが、転職には有利な資格ですし、大抵は資格手当が出ます。

電気工事士の資格には第1種と第2種があり、第1種になると500kW未満の大きな工場やオフィスビルなどの設備工事が行えます。第1種は責任ある立場につく機会が増えるため、さらなる輸入アップが望めるでしょう。

大変なところ

電気工事士は基本的に立ち仕事です。脚立の上で作業をする際は、途切れない集中力と体力がないと大怪我をします。また、第1種の試験を受ける場合は実務経験を積みながらというケースがほとんどですが、ハードな実務と覚えることの多い学習の両立に苦しむ人が多いです。

第7位:現場監督

第7位は、個性豊かな職人たちをまとめ上げるリーダーシップがかっこいい現場監督でした。建設・建築現場にはさまざまな業種の職人が出入りしますが、全体の動きを把握して連携を図り、工期から竣工までをトータルでマネージメントする仕事。現場の人たちをひとつに束ねる頼もしい存在です。

現場監督には、各部門の職人たちの動きをコントロールするだけでなく、職場の安全管理や施工管理・品質管理、発注業務、書類作成、近隣住民への配慮までもが必要とされます。

大変なところ

大変なところは抱える仕事量の多さです。掃除など細かな雑用をすることもありますし、天候次第で工期スケジュールの調整もしなければなりません。忙しさに追い詰められてもパニックにならない冷静さと、トラブルに見舞われても発想を転換する割り切りが必要です。

かっこいい職人の仕事の探し方

かっこいい職人になりたい、今よりかっこいい職人へキャリアアップしたい、そんなあなたは求人サイトのトントンの求人検索が便利です。

トントンは、建築・施工管理業界のワークライフバランスを重視した転職サイト。職種や地域といった必要項目を入力すれば、自分の条件に合った求人情報が見つかります。

例えば今回ランキング入りした職種では、現場監督や電気工事士の職種が特に豊富です。本格的な検討段階に入ったら、専門キャリアアドバイザーへの相談も活用してみましょう。

まとめ

かっこいい職人ランキングの1位は、誰よりも高い場所で作業をする鳶職人でした。他の職人たちもストイックでかっこいいですね。体力的にはハードですが、自分の仕事に誇りを持っているのが素敵です。

会社のネームバリューが無くても、職人の技術は世界中で通用します。日本の職人の数は減少傾向となっていますが、だからこそチャンスがあり、今が飛び込むタイミングかもしれません。興味がわいたら求人情報を調べてみましょう。

おすすめの記事