施工管理の仕事で「向いてない・辞めたい」と考える理由とは?向いていない人の特徴も解説

「施工管理の仕事に向いていないのだろうか」

「施工管理の仕事を辞めたいけど本当にいいのだろうか」

このように、施工管理の仕事をしている人のなかには、「向いていない・辞めたい」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

施工管理の仕事は、ハードワークなだけではなく、複雑な人間関係や体力的な問題もあり、しんどいと思う人は少なくありません。ただし、辞めたいと思ってもいきなり辞めるのではなく、きちんと理由を把握した上で対策を取ることが大事です。

そこで本記事では、施工管理の仕事を辞めたいと考える理由や向いていない人の特徴、辞めたいと思った際の対処法などを解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事で「向いてない・辞めたい」と考える6つの理由

施工管理の仕事で「向いていない・辞めたい」と考える理由は、以下の6つです。

  • プレッシャーと責任感が重い
  • 現場の人間関係に疲弊する
  • 残業が多くてハードワークすぎる
  • 体力的にしんどい
  • 学ぶべきことが多すぎて追いつかない
  • 取引先や職人、上司との付き合いが多い

それぞれ詳しく解説します。

プレッシャーと責任感が重い

施工管理の仕事は、多大なプレッシャーと責任感を伴うことから、辞めたいと思う人も少なくありません。

例えば、プロジェクト一つとっても、計画が予定通りに進行し、品質が確保されるかどうかは施工管理者の手腕にかかっています。また、現場仕事とデスクワークもあり、なおかつ職人との意思疎通も重要ですので、全部の業務に対して大きなプレッシャーがかかります。このため、常に緊張感を持って業務にあたる必要があるのです。

また、一度のミスが大きな損失や事故につながるリスクがあるため、精神的な負担も大きくなります。こうしたプレッシャーに耐えきれず、辞職を考える人も少なくありません。

現場の人間関係に疲弊する

現場でのコミュニケーションが重要な施工管理の仕事では、職人・上司・取引先など多くの人々と協力し合わなければなりません。

とくに施工管理という仕事は、発注者と下請との間で板挟みになるので、意見の食い違いや衝突が避けられず疲弊する人も少なくありません。管理業務・現場仕事は好きでも、社内の人間関係に多大なる疲れを感じてしまい、施工管理という業務自体を嫌いになる人もいるのです。

また、現場付近の近隣住民からクレームが入ることもあり、クレーム対応や近隣への説明をする必要もあります。こうした人間関係のトラブルに疲弊し、仕事を続けることが難しく感じることがあります。

残業が多くてハードワークすぎる

残業が多くてハードワークな施工管理の仕事では、業務量の多さから仕事を辞めたいと感じる人もいます。

施工管理の仕事は、四大管理に加えて、各種申請書類の作成と提出や人員配置決め、各所との関係構築などさまざまです。朝早くに現場へ出て、現場が終わったあとに営業所でデスクワークをすることも珍しくありません。そのため、残業も多く、勤務時間が非常に長くなります。

また工事が計画通りに進まないこともあり、残業や休日出勤が避けられない状況が頻繁に発生します。長時間労働が続くと、心身ともに疲れ果ててしまい、プライベートな時間が取れなくなるのです。これが原因で、仕事を続ける意欲を失い、辞職を考える人が増えています。

体力的にしんどい

施工管理の仕事は、現場での監督業務が中心ですので、基本的に夏でも冬でも屋外での作業になります。

そのため、長時間立ちっぱなしで作業を行ったり、現場を駆け回ったりすることが日常茶飯事です。真夏や真冬など過酷な状況でも常に屋外で作業するため、体力は欠かせません。さらに、重い物を運ぶことも多く、肉体的な負担が大きい仕事と言えます。

特に体力に自信のない人にとっては、肉体労働が大きなストレスとなり、辞職を検討する要因となります。

学ぶべきことが多すぎて追いつかない

施工管理の仕事では、建築に関する知識だけではなく、管理能力や交渉術なども身につける必要があります。また、建築の技術も日々進化していますし、DX化やIT化が進むことで最新のデジタル技術への理解も欠かせません。

そのため、施工管理の仕事をしながら常に学び続ける必要があるのです。また、会社から国家資格の取得を求められるケースも少なくないため、プライベートや睡眠時間を削ってでも、学習にあてる人もいます。

しかし、忙しい業務の中で自己研鑽の時間を確保するのは容易ではありません。学ぶべきことが多すぎて追いつかないと感じることで、自己嫌悪に陥り、辞職を考えることがあります。

取引先や職人、上司との付き合いが多い

施工管理の仕事を含む建設業では、多くの取引先や職人、上司との付き合いが欠かせません。

仕事終わりにお酒を飲んだり、休日にゴルフに誘われたり。付き合いが強制ではなくても、仕事を円滑に進めたかったり出世したいと考えたりして、少し大変な時期でも参加する人もいます。

ただ、付き合いが増えるとプライベートな時間が圧迫され、ストレスが溜まる原因となります。人付き合いが苦手な人にとっては、これが大きな負担となり、仕事を辞めたくなる理由になるでしょう。

施工管理の仕事に向いていない人の特徴

施工管理の仕事に向いていない人の特徴は、以下の3つです。

  • 仕事への責任感が足りない人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • ワークライフバランスを重視したい人

それぞれ詳しく解説します。

仕事への責任感が足りない人

施工管理の仕事に向いていない人の特徴として、仕事への責任感が足りない人が挙げられます。

施工管理の仕事は、プロジェクト全体の進行や品質管理など、重大な責任が伴います。このため、些細なミスが大きなトラブルを引き起こす可能性があり、常に細心の注意を払う必要があります。

しかし、仕事への責任感が足りない人は、こうした重要な業務を怠りがちです。例えば、問題が発生しても適切な対応を取らずに放置することがあるかもしれません。このような態度では、信頼を失い、プロジェクトの成功も難しくなります。

コミュニケーションが苦手な人

施工管理の仕事に向いていない人の特徴として、コミュニケーションが苦手な人も挙げられます。

施工管理の仕事では、さまざまな関係者と円滑にコミュニケーションを取ることが求められます。現場の職人や取引先、上司など、多くの人々と連携しながらプロジェクトを進める必要があるためです。

コミュニケーションが苦手な人は、意思疎通がうまくいかず、誤解やトラブルを引き起こす可能性があります。例えば、指示が伝わらず、現場での作業が滞ることが考えられます。このような状況では、プロジェクトの円滑な進行が妨げられるでしょう。

ワークライフバランスを重視したい人

施工管理の仕事に向いていない人として、ワークライフバランスを重視したい人も挙げられます。

施工管理の仕事は、長時間労働や突発的な残業が避けられないことが多いです。プロジェクトの進行状況に応じて、休日出勤や夜間作業も必要になることがあります。そのため、プライベートな時間を確保するのが難しく、家族や友人との時間が犠牲になることも少なくありません。

ワークライフバランスを重視したい人にとっては、このような働き方は大きなストレスとなり、仕事を続けるのが困難になります。

施工管理の仕事を辞めたいと感じたときにやるべき5つのこと

施工管理の仕事を辞めたいと感じたときにやるべきことは、以下の5つです。

  • 辞めたい理由を明確にする
  • 会社にいながら解決できる方法がないか相談してみる
  • キャリアパスを明確にする
  • すぐに辞めるのではなく期間を決める
  • 転職を検討してみる

それぞれ詳しく解説します。

辞めたい理由を明確にする

施工管理の仕事を辞めたいと思った場合は、前章を参考に、なぜ辞めたい・向いていないと考えるのかを明確にしましょう。

具体的な問題点を把握することで、解決策を見つけやすくなります。例えば、業務内容に不満があるのか、人間関係が問題なのか、または労働環境が原因なのかを整理しましょう。

このステップを踏むことで、自分自身の本当の気持ちやニーズに気づくことができます。

会社にいながら解決できる方法がないか相談してみる

辞めたい理由が明確になったら、その問題を会社内で解決できるかどうかを検討しましょう。

上司や人事担当者に相談することで、改善策を見つけられるかもしれません。例えば、業務の再分配や部署異動など、働き方を変える提案が有効な場合もあります。こうした方法で状況が改善される可能性があるため、まずは社内での解決を試みることが重要です。

また、個人的な悩みの解決だけではなく、組織としての問題であれば、上司に相談することで会社全体が変わるチャンスでもあります。

キャリアパスを明確にする

施工管理の仕事を辞めたいと思ったときは、自分のキャリアパスを明確にすることも重要です。

キャリアパスを明確にすることで、本当にやりたいことや施工管理の仕事を辞めても問題ないのかがわかります。

施工管理の仕事を続ける場合、どのようなステップを踏んでいくか、将来的な目標を考えてみましょう。逆に、別の分野でキャリアを積むことを考えるなら、そのためのスキルや経験をどのように積んでいくかを計画する必要があります。

明確なビジョンがあれば、次の行動を決める際の指針になります。

すぐに辞めるのではなく期間を決める

施工管理の仕事を辞めたいと思っても、すぐに辞めるのではなく、辞める決断をする前に一定の期間を設けることも考えてみましょう。

待機期間中に問題解決の努力を続けることで、冷静に判断できる可能性があります。例えば、3ヶ月や6ヶ月といった具体的な期限を設定し、その間に状況が改善されるかを見極めることもできるでしょう。

急いで辞めることを避け、慎重に次のステップを考えるための時間を持つことが大切です。

転職を検討してみる

施工管理の仕事をどうしても辞めたいのであれば、転職を検討することも一つの方法です。

ただし、きちんと準備した上で転職活動を行いましょう。

自分のスキルや経験が活かせる新しい職場を見つけることで、より満足感のあるキャリアを築けるかもしれません。転職活動を始めることで、現在の仕事との比較ができ、自分にとって最適な環境を見つける手助けになります。

求人情報を調べ、面接を受けることで、新たな可能性を探ることができます。

まとめ

施工管理の仕事で「向いていない・辞めたい」と考える理由として、以下の6つを紹介しました。

  • プレッシャーと責任感が重い
  • 現場の人間関係に疲弊する
  • 残業が多くてハードワークすぎる
  • 体力的にしんどい
  • 学ぶべきことが多すぎて追いつかない
  • 取引先や職人、上司との付き合いが多い

施工管理の仕事が「向いていない・辞めたい」と感じても、すぐに辞めるのではなく、まずは落ち着いて理由を明確にすることが大切です。理由が明確になれば、適切な対策が取れます。

もしも、建設業界が好きでも施工管理という仕事を辞めたい場合は、建築業界に特化した転職サイトを活用するのがおすすめです。「トントン」は、建築業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートをするので、初めて転職活動を行う人でも安心してもらえます。掲載している求人も豊富ですので、ぜひ活用してみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事