ゼネコンは転勤が多くて結婚できない?アピールできるポイントも解説

「ゼネコンは転勤が多いと聞くが、結婚できるのだろうか?」

「ゼネコン社員が異性にアピールできるポイントを知りたい」

このように、転勤の多いゼネコンでの結婚に不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

ゼネコンでは、部署によって転勤が多いため、結婚へのハードルが上がるのは事実です。しかし、まったく結婚の機会を得られないということはありません。事実、ゼネコンに勤めている人でも多くの人が結婚しています。

そこで本記事では、ゼネコン社員が結婚する方法やゼネコンの魅力、転勤や出張が多い理由などを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

ゼネコンは転勤が多くて結婚できないのか?

ゼネコンでは、部署によって転勤が多いため、結婚へのハードルが上がるのは事実です。しかし、転勤の多いゼネコンだからといって、結婚ができないわけではありません。

実際にゼネコンに勤めていても、結婚している人はたくさんいます。

ただし、転勤や長期間の出張もあるので、家庭をもつ場合は家族の理解が必要不可欠ですし、子供が就学してからは単身赴任をする可能性もあるでしょう。

ゼネコンで結婚までスムーズに進めるには、自身の仕事をパートナーに理解してもらうのが必要です。

転勤や出張の多いゼネコンで結婚する方法

転勤や出張の多いゼネコンで結婚する方法は、以下の3つです。

  • 社内恋愛で結婚する
  • 趣味がある異性を探す
  • お付き合いする前に転勤が多いことを伝えておく

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

社内恋愛で結婚する

転勤や出張の多いゼネコンで結婚する方法の一つに、社内恋愛があります。

同じ職場で働くことで、お互いの仕事の理解が深まりやすく、忙しいスケジュールや転勤の多さに対する理解も得やすいです。社内恋愛は、職場でのコミュニケーションを通じて自然に始まることが多く、共通の話題が多い分、関係も築きやすいです。さらに、会社の制度や環境にも詳しいため、転勤や出張に対する対応策も共有しやすいでしょう。

また、以前に比べると建設業を目指す女性も増えており、ゼネコンでも女性の割合が増えてきました。そのため、社内恋愛からの結婚も十分に可能です。

趣味がある異性を探す

転勤や出張の多いゼネコンで結婚を考える際には、共通の趣味を持つ異性を探すことも効果的です。

共通の趣味があると、たとえ長期間の出張をしたとしても、共通の話題が尽きないのでコミュニケーションが取りやすくなります。趣味を通じてリフレッシュすることで、一人の時間のストレス軽減にもつながるでしょう。

また、一緒に転勤先に移動した場合には、初めて住む場所で友人もおらず土地勘もないため、困る人は少なくありません。しかし、趣味があることで、転勤地のイベントやコミュニティに参加するなど、新たな出会いが生まれる可能性も広がります。

このように、共有の趣味やパートナー自身が没頭できるものがあれば、転勤先でも楽しい時間を過ごせるでしょう。

お付き合いする前に転勤が多いことを伝えておく

結婚を考える際には、交際前に転勤が多いことを先に伝えておくことも重要です。

相手に事前に理解を求めることで、そもそも結婚を前提に付き合えるか判断できますし、いざ転勤になった際も動揺する可能性が低いでしょう。

そのため、転勤や出張が多い会社であることや生活スタイルを共有するだけではなく、転勤の頻度や一回の出張の期間などを具体的に伝えることが重要です。また、将来の計画や生活のビジョンを話し合うことで、お互いの理解を深め、信頼関係を築くことが可能です。

正直なコミュニケーションが、結婚生活の安定につながるでしょう。

ゼネコン社員が異性にアピールできるポイント

ゼネコン社員が異性にアピールできるポイントは、以下の3つです。

  • 給料が高い
  • 会社が安定している
  • 家族も恩恵を受けられる福利厚生が充実している

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

給料が高い

ゼネコン社員が異性にアピールできるポイントの一つとして、年収の高さが挙げられます。

例えば、スーパーゼネコンと言われる「大林組」では、平均年間給与は1,031万円です。また、準大手ゼネコンである「戸田建設」では、平均年間給与が835万円です。

このように、日本の平均年収を大きく上回る給与をもらえる傾向にあります。

ゼネコンは大規模な建設プロジェクトやインフラ整備を手掛けるため、一つのプロジェクトで動く金額が大きく、給与水準が他業界に比べて高くなります。

安定した収入があることで、将来に対する安心感を提供できるでしょう。さらに、余裕のある生活が可能になるため、趣味や旅行など、豊かなライフスタイルを楽しめます。

高い給料は、経済的な安定を示すだけでなく、魅力的なアピールポイントとなります。

会社が安定している

ゼネコンのもう一つの魅力は、会社自体が安定している点です。

大手ゼネコンは長い歴史をもっており、経営基盤がしっかりしているため、組織としての安定性に加えて雇用の安定も期待できます。

また、高い技術をもつゼネコンは、海外からの需要も高く、国内外で大規模プロジェクトに着手しています。国内外の需要に加えて、景気の変動にも比較的強いため、継続的なプロジェクト受注により安定した収入が見込めるのです。

会社の安定性は、長期的な視野での生活設計において非常に重要な要素です。安定した職場環境を提供できることは、異性に対する大きなアピールポイントとなります。

家族も恩恵を受けられる福利厚生が充実している

ゼネコン社員は、充実した福利厚生を活用できる点も大きなアピールポイントになります。

健康保険や年金制度、住宅手当、育児支援など、家族も恩恵を受けられる様々な福利厚生が整っています。また、産休・育休・介護などの休職制度が整っている会社も多いですし、全国の保養施設やリゾート施設を使えるリフレッシュ制度を完備した会社もあるのです。

福利厚生の充実は、社員の生活を支えるだけでなく、働きやすい環境を提供するため、仕事と家庭の両立を実現しやすくなります。家族も助けられる支援制度は、結婚や将来を考える上で非常に魅力的です。

ゼネコンで転勤や出張が多い理由

ゼネコンで転勤や出張が多い理由は、以下の2つです。

  • 全国各地に支店がある
  • 大規模プロジェクトで人員が必要になる

それぞれ詳しく解説します。

全国各地に支店がある

ゼネコンで転勤や出張が多い理由の一つは、全国各地に支店があることです。

ゼネコンは、地方から都市部まで幅広いエリアで建設プロジェクトを展開しています。そのため、各支店の間で人材を柔軟に配置する必要があり、転勤が頻繁に発生します。また、各地域の特性やニーズに応じることが重要になるため、現地に詳しい社員や専門知識を持つ人材を配置するためにも、日本全国に支店をもっているのです。

また、海外にも支店・支社をもつゼネコンは多く、社歴が長くなり仕事に慣れてきたタイミングで海外赴任になるケースも珍しくありません。

このように、日本全国のみならず世界中に支店を構えることで、転勤や出張が多くなります。

大規模プロジェクトで人員が必要になる

ゼネコンで転勤や出張が多いもう一つの理由は、何年もかかるような大規模プロジェクトで人員が必要になることです。

建設プロジェクトは、その規模や内容に応じて多くの専門職が必要となります。特に大規模なプロジェクトでは、複数の専門家や技術者が一箇所に集まり、効率的に作業を進めることが重要です。

そのため、プロジェクトの進行に伴って、必要な人材が現地に派遣されることが多くなります。転勤ではなくても、出張や単身赴任で、長期間にかけて他県で仕事することは珍しくありません。

ゼネコン社員が転勤を避ける方法はあるのか

ゼネコン社員が転勤を避ける方法として、以下の2つが挙げられます。

  • 地域限定勤務を希望する
  • 転職を検討する

それぞれ詳しく解説します。

地域限定勤務を希望する

ゼネコン社員が転勤を避ける方法の一つに、地域限定勤務を希望することが挙げられます。

多くのゼネコン企業では、地域限定の勤務形態を選択可能です。この働き方を選択することで、特定の地域に定住しながら働けるので、理想的な生活を実現できるでしょう。

地域限定勤務を希望する際には、上司や人事部としっかりとコミュニケーションを取り、自分の希望や状況を伝えることが重要です。また、地域限定社員に働き方を変えることで、給与が下がる可能性があるので注意しておきましょう。

この選択肢を活用すれば、家族との生活を重視しながら、転勤のリスクを軽減できます。

転職を検討する

転勤を避けたい場合には、転職を検討することも一つの方法です。

転勤の多い職場環境が合わない場合、自分のライフスタイルに合った企業への転職を考えることが有効です。例えば、地元密着型の中小建設会社や、特定の地域での勤務を重視する企業を探すことで、転勤のリスクを減らせます。

転職活動を行う際には、希望条件を明確にし、自分に適した職場を見つけるためのリサーチを徹底することが大切です。また、建設業界での転職を検討する場合は、建設業界に特化した転職サイトを活用することで、転職を有利に進められるでしょう。

転職によって、より安定した生活環境を手に入れることが可能です。

まとめ

転勤の多いゼネコンでは、結婚のハードルが上がりやすいです。日本全国、海外まで転勤があるので、結婚後に苦労すると考えて結婚を躊躇するパートナーもいるでしょう。

そのため、ゼネコンの魅力をしっかり伝えることが大切です。また、結婚を重要視する人は、地域に特化した建築会社や地場ゼネコンへの転職を検討することをおすすめします。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事