現場監督はノイローゼになりやすい仕事なのか?なった場合の対処法も解説

「現場監督は、ノイローゼになりやすい仕事なのか?」

「現場監督でノイローゼになった場合の対応策はあるのか」

このように、現場監督の仕事に関して、精神的な負担を心配する人も多いのではないでしょうか。

現場監督は、専門的な業務の多さに加えて、人の管理や発注者とのやりとりなど、立場上、さまざまな人と関わる必要があります。また、工事をスムーズに進めるためにも、あらゆる準備や問題発生後の対処などをする必要があり、非常にプレッシャーの大きな仕事でもあるのです。

そのため、精神的にしんどいと感じる人が多いのも事実です。

そこで本記事では、現場監督がノイローゼになりやすい理由や、なった場合の対処法などを解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

現場監督はノイローゼになりやすい仕事なのか?

各個人の性格にもよりますが、現場監督は、ノイローゼになる可能性のある職業です。実際にノイローゼになって退職する人も少なくありません。

以下のような、投稿も見受けられました。

では、なぜ現場監督がノイローゼになりやすいのかという理由について、次章で詳しく解説します。

現場監督がノイローゼになりやすい5つの理由

現場監督がノイローゼになりやすい理由は、以下の5つです。

  • 業務量が多く休みもまともに取れない
  • 顧客や近隣住民とのやり取りに疲れる
  • 朝が早いため寝不足になる
  • 先輩や上司が厳しい
  • 学ぶべきことが多くて追いつけない

それぞれ詳しく解説します。

業務量が多く休みもまともに取れない

現場監督の仕事は、プロジェクトの進行管理や作業員への指示、書類作成など多岐にわたるため業務量が膨大になり、常にスケジュールに追われる人も少なくありません。

そのため、まとまった休みを取ることが難しく、心身の疲労が蓄積します。長時間労働が常態化し、リフレッシュする時間が限られることでストレスが増大します。独立行政法人労働安全衛生総合研究所 の公表している「長時間労働者の健康ガイド」によると、長時間労働が続くと、脳への負担や精神的な負担が大きくなるとのことです。

このような過酷な労働環境が続くと、精神的な負担が大きくなり、ノイローゼに陥りやすくなります。

顧客や近隣住民とのやり取りに疲れる

現場監督にとって、顧客や近隣住民とのコミュニケーションも重要な仕事です。

プロジェクトの進行状況を報告し、要望や苦情に対応する必要があります。特に、クレーム対応はストレスの原因となりやすく、精神的に大きな負担を感じます。さらに、円滑なコミュニケーションを図るために細心の注意を払う必要があり、そのプレッシャーから疲弊することが多いです。

このような日常的な対人ストレスが積み重なることで、ノイローゼになるリスクが高まります。

朝が早いため寝不足になる

建設現場は早朝から稼働することが多く、現場の管理保全を任されている現場監督も早朝出勤が求められます。

遅くまで業務が続くこともあり、十分な睡眠時間を確保するのが難しいのが実情で、寝不足で仕事をしている人も少なくありません。寝不足が続くと集中力が低下し、ミスを引き起こすリスクが高まります。

さらに、慢性的な睡眠不足は体調不良や精神的な疲労を引き起こしやすく、メンタルヘルスにも悪影響を及ぼすのです。このような過酷な勤務環境も、ノイローゼを引き起こす原因の一つと考えられます。

先輩や上司が厳しい

建設業界では、先輩や上司が厳しいことも多く、厳しい指導から精神的に疲弊してノイローゼになる人もいます。

建設業界は、昔ながらの考え方をもっている人も少なくないため、伝え方がきついことも珍しくありません。特に、新人や経験の浅い現場監督の場合は、社会人経験が少ないこともあり、ミスを避けるために厳しく伝えるケースはあります。

ただし、このような厳しい職場環境は、プレッシャーを感じやすく、精神的に追い詰められる原因となります。また、厳しい指導が続くと、自信を失いストレスが増大するのです。

結果として、精神的な負担が重くなり、ノイローゼに陥るリスクが高まります。

学ぶべきことが多くて追いつけない

現場監督は、常に最新の技術や法律、規制を学び続ける必要があり、激務に加えて学ぶことが多いのも精神的な負担となりノイローゼになる人がいます。

特に、新しいプロジェクトや技術が導入されるたびに、多くの知識を吸収しなければなりません。このような学習のプレッシャーは大きく、追いつけないと感じることがストレスになります。

また、業務の合間を縫って勉強しなければならず、時間的な余裕もありません。このような状況が続くと、精神的な負担が増え、ノイローゼに陥りやすくなります。

ノイローゼになりやすい現場監督の特徴

ノイローゼになりやすい現場監督の特徴は、以下の3つです。

  • 優しすぎる人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 完璧主義の人

それぞれ詳しく解説します。

優しすぎる人

優しすぎる現場監督は、他人の意見や要求に対して柔軟に応じることが多く、ストレスを感じやすくなります。

常に周囲の人々の気持ちを考え、自分の意見を押し通さないように努めるため、自分自身を犠牲にすることが多くなるからです。特に、作業員や顧客からの要求に対して断れない場合、業務量が増加し、負担が大きくなります。

その結果、精神的な疲労が蓄積し、ノイローゼに陥りやすくなります。ですので、周りの意見に耳を傾けつつも、適度な自己主張ができるバランスが現場監督には重要です。

コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手な現場監督は、対人関係にストレスを感じる場面が多く、ノイローゼになりやすい傾向にあります。

現場監督の仕事は、多くの人と協力しながら進めることが求められるため、コミュニケーション能力が欠かせません。しかし、苦手意識があると、誤解やトラブルが生じやすくなり、結果的に業務がスムーズに進まなくなります。

また、建設業界には体育会系の人が多く、周りのノリについていけず、職場の居心地が悪くなることも珍しくありません。

このような状況が続くと、精神的な負担が大きくなり、ノイローゼになるリスクが高まります。コミュニケーション力や対話力の向上は、現場監督のメンタルヘルスにとって大切です。

完璧主義の人

完璧主義の現場監督は、自分に対して高い基準を設けてしまい、どんな仕事でも完璧にこなさないとダメだと思い込むため、常にプレッシャーを感じます。

どんなに小さなミスも許さず、完璧を追求する姿勢が強いと、無意識のうちにストレスが溜まります。さらに、他人にも同じレベルの完璧さを求めるため、周囲との摩擦が生じやすくなり、人間関係にも影響を及ぼすのです。

このような厳しい自己要求が続くと、精神的な疲労が増大し、ノイローゼに陥るリスクが高くなります。

現場監督がノイローゼになった場合の対処法

現場監督がノイローゼになった場合の対処法は、以下の5つです。

  • 仕事の失敗を自責で考えすぎない
  • プライベートを充実させる
  • 同僚や友人などに相談する
  • メンタルに不調を感じたら専門家に相談する
  • 転職を検討する

それぞれ詳しく解説します。

仕事の失敗を自責で考えすぎない

現場監督がノイローゼになる大きな要因の一つに、仕事の失敗を自責で考えすぎることがあります。すべてのミスを自分の責任と捉えると、精神的な負担が大きくなります。

ですので、自責で考えすぎずに、たとえ失敗しても「失敗に気づけてよかった・次に繋げられる」と考えるようにしましょう。

仕事において大切なのは、失敗から学び次に生かすことです。また、失敗は成長の一部と捉え、自己否定するのではなく、ポジティブな視点で考えることが重要です。

現場監督だけではなく、チーム全体で問題を解決する姿勢を持つことで、個人的な心の負担を軽減できます。

プライベートを充実させる

ノイローゼになる人は、常に仕事に追われていたり、休みでも仕事のことを考えていたりするため、仕事に追われる日々のなかでもプライベートを充実させることが非常に重要です。

例えば、仕事以外に没頭できる趣味を見つけたり、必ず家族と過ごす時間を作るようにしたりするなど。

プライベートを充実させることで、リフレッシュにつながるためストレス発散ができます。また、仕事とプライベートの切り替えがうまくできて、バランスを取れるようになると、心身の健康維持にもつながります。

仕事が忙しくても、プライベートを充実させられるものが見つかれば、忙しい仕事を頑張る理由になるし、仕事を早く終わらせたいと考えるようになるでしょう。このように、プライベートを充実させることで、仕事へのエネルギー補充にもつながります。

同僚や友人などに相談する

現場監督の仕事をしながら精神的にしんどいと思った場合、同僚や友人に相談することも非常に有効的です。

自分一人で悩みを抱え込まず、周囲の人に話すことで、気持ちが軽くなります。また、同じ現場で働く仲間に話すことで、共感やアドバイスを得られるでしょう。信頼できる人との会話は、心の支えとなり、孤立感を和らげる効果があります。オープンなコミュニケーションが、メンタルヘルスの維持につながります。

メンタルに不調を感じたら専門家に相談する

メンタルに不調を感じた場合、専門家に相談することも検討してみましょう。

例えば、「同僚にも相談できない」「もう会社に行きたくない」など、ネガティブな考えが大きくなり出したら、一人で抱え込まず相談するのがおすすめです。

早期に対応することで、深刻な状態になる前に対処できますし、心理カウンセラーや精神科医は、適切なアドバイスや治療法を提供してくれます。専門家のサポートを受けることで、安心感が得られ回復への道が開ける可能性があります。

また、職場のメンタルヘルス対策を利用することも検討してみてください。適切なサポートを受けることで、健康な状態を取り戻せる可能性が高まります。

転職を検討する

現場監督がノイローゼに陥った場合、転職を検討することも一つの選択肢です。

現在の職場環境が原因であれば、環境を変えることでストレスから解放される可能性があります。また、職場に原因があるなかで無理に働き続けても、会社側と労働者側の双方にとってプラスにはなりません。

ただし、転職を決断する前に、自分が何にストレスを感じているのかを明確にし、新しい職場で同じ問題が発生しないように注意することが重要です。また、転職活動中には、信頼できる人に相談しながら進めると、安心感を持って決断できます。

まとめ

現場監督は、以下の理由からノイローゼになりやすい仕事と言えます。

  • 業務量が多く休みもまともに取れない
  • 顧客や近隣住民とのやり取りに疲れる
  • 朝が早いため寝不足になる
  • 先輩や上司が厳しい
  • 学ぶべきことが多くて追いつけない

コミュニケーションが好きで体育会系のノリが好きな人やハードワークできるだけの体力がある人は、ノイローゼになりにくいかもしれません。しかし、長時間労働や休日出勤の問題もあり、精神的にしんどいと感じる人が多いのも事実です。

現場監督をしながら精神的にしんどいと感じた場合には、本書で紹介している対策を試してみてください。

また、建設や建築は好きだけど現場監督の仕事を辞めたいという人は、建築業界に特化した転職サイトを活用するのがおすすめです。建築業界に特化した多彩な求人を掲載している「トントン」では、専門知識が豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。転職活動に悩んでいる現場監督は、ぜひ活用してみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事