ゼネコンで働くと結婚できないのは本当?5つの理由と回避する方法

「ゼネコンで働くと結婚できないのか」

「ゼネコンで働いていると結婚できないと言われる理由が知りたい」

このように、ゼネコン社員の結婚に関して、気になっている方も多いのではないでしょうか。

ゼネコンで働いているからといって結婚できないわけではありません。しかし、職種によっては、結婚のハードルが上がるでしょう。

そこでこの記事では、ゼネコンで働くと結婚できないと噂される理由や結婚するための方法などを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

ゼネコンで働くと結婚できないのは本当か?

ゼネコンに勤めているからと言って結婚できないというのは、「間違い」です。

ゼネコンに入社し、その後、結婚している人はたくさんいます。

ただし、ゼネコンのなかでも、現場監督や研究職のように結婚しづらい職種があるのも事実です。また、職種以外にもゼネコンが結婚できないと言われる理由があるので、次章で詳しく解説します。

「ゼネコンで働くと結婚できない」と言われる5つの理由

「ゼネコンで働くと結婚できない」と言われる理由は、以下の5つです。

  • 残業や休日出勤が当たり前になっている
  • 転勤や出張が多い
  • 異性との出会いが少ない
  • 自己研鑽に多くの時間を当てなければならない
  • 取引先や上司との付き合いが多い

それぞれ詳しく解説します。

残業や休日出勤が当たり前になっている

ゼネコンで働くと結婚できないと言われる理由の一つは、残業や休日出勤が多く、恋愛をしたり結婚を意識したりできないことが挙げられます。

多くの建設プロジェクトは厳しいスケジュールで進行するため、平日の長時間労働に加えて、休日も仕事を進める人も少なくありません。その結果、プライベートな時間が十分に確保できず、恋人を探したり結婚を考えたりできないのです。また、お付き合いしているパートナーがいても、不規則な生活リズムが続くと、パートナーとの関係を築くのが難しくなり、結婚が遠のいてしまいます。

転勤や出張が多い

ゼネコンは転勤や出張が多いため、結婚のハードルが上がると考えられます。

実際に「企業の転勤の実態に関する調査」によると、全業種のなかで最も転職率が高いのが建設業とのことです。

ゼネコンは、全国に支店をもっているため、全国転勤が一般的です。また、大規模な建設プロジェクトは全国各地で行われるため、社員は頻繁に転勤や長期出張を命じられることがあります。さらに、海外転勤もあるので、結婚するのであればパートナーも覚悟を決めなければなりません。

このように転勤や出張が多いと、家族との時間を確保するのが難しくなり、結婚生活に支障をきたす可能性があるのです。

異性との出会いが少ない

ゼネコンで働くと結婚できないと言われる理由の一つに、そもそも異性との出会いが少ないことが挙げられます。

建設業界は男性が多い職場環境であり、現場作業が中心となるため、異性と接する機会が少なくなります。また、長時間労働や休日出勤が常態化しているため、職場外での交流の時間も限られるのです。

異性との出会いが少ないことで、恋愛のチャンスが減り、結果として結婚が難しくなる傾向があります。このような状況では、パートナーを見つけるのが困難です。

自己研鑽に多くの時間を当てなければならない

ゼネコンで働くと結婚が難しい理由として、自己研鑽に多くの時間を当てなければならないことも挙げられます。

建設業界では、常に技術の進化や新しい知識が求められるため、資格取得やスキルアップのために自己研鑽が必要です。仕事が終わった後や週末に勉強や研修に参加することが求められることも多く、プライベートな時間が削られます。自己研鑽に時間を割いていると出会いもないですし、結婚後も家族との時間を顧みなくなるため、結婚しづらいと言えます。

このような状況では、結婚に必要な時間とエネルギーを割くことが難しくなり、結婚が遠のいてしまうのです。

取引先や上司との付き合いが多い

ゼネコンを含む建設業では取引先や上司との付き合いが多く、仕事終わりや休日に付き合いがあることが結婚へのハードルを上げていると考えられます。

建設業界では、仕事の関係を円滑に進めるために、頻繁に飲み会や会食が行われます。パートナーとのコミュニケーション不足や、家事の分担が難しくなるため、結婚生活に支障をきたす可能性もあるのです。

付き合いが多い職場環境では、結婚を維持するのが難しいと言えるでしょう。

結婚できないと噂される3つの職種

結婚できないと噂される職種は、以下の3つです。

  • 施工管理や現場監督
  • 研究者
  • 建築家

それぞれ詳しく解説します。

施工管理や現場監督

ゼネコンのなかでも結婚できないと噂される職種の一つに、施工管理や現場監督があります。

この職種では、男性率の高い場所であり、そもそも出会いが少ない傾向にあるのです。また、工期に合わせた厳しいスケジュール管理が求められ、残業や休日出勤が頻繁に発生します。さらに、現場のトラブル対応や安全管理などで、予期せぬ長時間労働が常態化しているのです。

その結果、プライベートの時間が確保できず、結婚を考える余裕がなくなります。また、転勤や長期出張が多いことも家庭を持つことを難しくしている要因です。多忙な生活が結婚への障壁となりやすいのです。

研究者

ゼネコンのなかで、研究者も結婚できないと噂される職種の一つです。

研究者は、常に新しい発見や成果を求められるため、長時間の実験やデータ分析に追われることが多くなります。研究の進展具合によっては、休日や夜間にも作業を続ける必要があり、プライベートな時間が極端に少なくなるのです。

このような多忙な環境では、恋愛や結婚に割ける時間が限られ、結婚が遠のいてしまうことが多いでしょう。

建築家

建築家も結婚できないと噂される職種の一つです。

建築家は、クライアントの要望に応えるために、創造力と技術を駆使して設計を行います。そのため、締め切りに追われることが多く、残業や徹夜で作業することも少なくありません。

また、建築プロジェクトが大規模であるほど、打ち合わせや現場確認の回数が増え、長時間労働が常態化します。さらに、建築家は自己研鑽のために常に最新のトレンドや技術を学び続ける必要があり、プライベートな時間が削られがちです。

忙しい日々が続くため、結婚が難しくなるのです。

ゼネコンの社員が結婚するための3つの方法

ゼネコンの社員が結婚するための方法は、以下の3つです。

  • 転勤や単身赴任がない企業を選んで就職する
  • 仕事の効率を高めて自由な時間を作れるようにする
  • ワークライフバランスがとれる職場に転職する

それぞれ詳しく解説します。

転勤や単身赴任がない企業を選んで就職する

ゼネコンの社員が結婚するためには、転勤や単身赴任がない企業を選んで就職することが挙げられます。

多くのゼネコン企業では、プロジェクトの場所に応じて頻繁に転勤が命じられるため、家族と一緒に過ごす時間が制限されがちです。しかし、地域密着型の企業や、転勤や単身赴任が少ない企業を選ぶことで、家庭を持ちやすい環境が整います。

就職活動の際に企業の転勤方針をしっかりと確認し、自分のライフプランに合った職場を選ぶことが重要です。

仕事の効率を高めて自由な時間を作れるようにする

ゼネコンの社員が結婚を実現するためには、仕事の効率を高めて自由な時間を作ることが重要です。

現場管理やプロジェクトの進行において、効率的な業務遂行ができれば、残業や休日出勤を減らすことが可能です。具体的には、デジタルツールの活用やタスクの優先順位付けを工夫することで、業務の効率化を図ります。

自由な時間が増えることで、パートナーとの時間を確保しやすくなり、結婚に向けた準備や日常生活の充実が実現します。

ワークライフバランスがとれる職場に転職する

ゼネコンの社員が結婚するためには、ワークライフバランスがとれる職場に転職することも一つの方法です。

働きやすい環境が整っている企業では、労働時間の管理や休暇の取得がしやすく、プライベートな時間を大切にできます。転職活動を行う際には、企業の福利厚生や労働環境について詳細に調査し、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことが重要です。

また、転職エージェントや口コミサイトを利用して、リアルな職場情報を収集することで、より適切な職場を見つけられます。ワークライフバランスのとれた環境で、結婚を実現するための基盤を築きましょう。

まとめ

ゼネコンで働いているからといって、結婚できないことはなく、家庭と仕事を両立している人もたくさんいます。

ただし、現場監督や研究職のように、出会いの少なさやハードワークな仕事から、結婚のハードルが少し高い職種はあります。とはいえ、結婚は実現できるので、以下の方法を活用して、結婚を成功させてみましょう。

  • 転勤や単身赴任がない企業を選んで就職する
  • 仕事の効率を高めて自由な時間を作れるようにする
  • ワークライフバランスがとれる職場に転職する

また、ゼネコンから建設業界内で転職をする場合は、建築業界に特化した転職サイトの「トントン」をご活用ください。業界の知見をもったキャリアアドバイザーがサポートいたします。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事