施工管理の仕事で「土日休み」は嘘なのか?土日休みが少ない理由も解説

「施工管理の仕事で土日休みというのは嘘なの?」

「施工管理の仕事は土日休めないのでは?」

このような声をよく聞きます。

確かに、施工管理の仕事は激務で休日出勤も多い印象がありますが、完全週休2日制で土日休みを実現している企業もあります。ですので、施工管理の仕事で土日休みというのは決して嘘ではありません。

ただし、4週4休以下の企業も存在しているのも事実です。

そこで本記事では、施工管理の仕事で土日休みは嘘と言われる理由や土日休める会社へ転職する方法などを解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事で「土日休み」は嘘なのか?

施工管理の仕事で「土日休み」は、決して嘘ではありません。

事実、完全週休2日制を取り入れて、土日休めるホワイトな企業もあります。以下の国土交通省が公表するデータによると、建設業全体の2割程度が4週8休とのことです。

出典:建設業の働き方改革の現状と課題 P.5|国土交通省

一方、4週4休以下が4割ほど存在するのも事実で、建設業界全体の4割程度は土曜日出勤をしていることになります。データからも、施工管理の仕事で「土日休み」というのは決して嘘ではないとわかりますが、土曜日に出勤している人も一定数いるのでネガティブな印象をもつ人が多いのでしょう。

施工管理の仕事で土日休みが嘘と言われる5つの理由

施工管理の仕事で土日休みが嘘と言われる理由は、以下の5つです。

  • 週休2日制を考慮した工期設定になっていない
  • 天候に左右されるから
  • 人手不足だから
  • 予期せぬトラブルが発生する可能性があるから
  • 施工管理者の仕事量が多い

それぞれ詳しく解説します。

週休2日制を考慮した工期設定になっていない

施工管理の仕事で土日休みが嘘と言われる理由の一つに、週休2日制を考慮した工期設定がされていないことが挙げられます。

多くの工事現場では、限られた期間内にプロジェクトを完了させるために、タイトなスケジュールが組まれるのです。そのため、平日のみでは仕事が終わらず、週末も出勤せざるを得ない状況が発生します。

また、発注者側も請負側も「4週4休」で工期を検討することが多く、そもそも無理な工期設定になっているのです。工期が厳しいため、計画通りに進めるためには休みを削る必要があり、このような状況では施工管理者は週休2日を確保できません。

天候に左右されるから

施工管理の仕事は天候の影響を受けるので、作業を長期間中断することも珍しくありません。

工事現場は屋外での作業が多く、天候によって進捗が遅れることもあります。雨天や強風の影響で作業が中断されると、その遅れを取り戻すために週末に作業を行う必要が出てきます。

特に、天気が不安定な季節や地域では計画通りに進まないことが多く、その結果、施工管理者は土日にも対応を迫られるのです。

人手不足だから

施工管理の仕事で土日休みが実現しにくい理由として、人手不足が挙げられます。

建設業界全体で人手不足が深刻化しており、特に技能工や専門職の確保が難しい状況です。このような限られた人員でプロジェクトを進めるためには、週末も含めた稼働が必要となります。特に首都圏は、公共工事も含めて建設ラッシュが続いているので、人手不足による残業の長時間化や休日出勤が目立ちます。

人手不足が原因で施工管理者自身が現場に出ることも多く、土日に休む余裕がなくなり、休みを確保することが困難な状況です。

予期せぬトラブルが発生する可能性があるから

施工管理の現場では、予期せぬトラブルが発生し、工事が遅れることもあります。

例えば、工事中の事故や設計図にない問題の発生、資材の納品遅れなどが挙げられます。このようなトラブルに迅速に対応しなければ、工期全体に影響を及ぼすため、週末にも現場対応が必要となることが多いのです。トラブル対応には、計画外の時間がかかることが多く、そのため土日に休むことが難しくなります。

予期せぬ事態が多い現場では、休みが取りにくいのが実情です。

施工管理者の仕事量が多い

施工管理者の仕事量は非常に多く、大量の仕事をこなすために土曜日も出勤したり休日出勤したりしている人もいます。

施工管理者は、現場の進捗管理だけでなく、関係者との調整や書類作成など多岐にわたる業務をこなさなければなりません。平日だけでは仕事を処理しきれず、週末にも仕事を持ち越すことが多々あります。

また、現場の問題を迅速に解決するためには、休日でも対応が求められることが少なくありません。多忙な仕事環境では、土日に休む余裕がないのが現状です。

施工管理者の働き方は今後改善されるのか?

施工管理者の働き方に関してですが、今後は業界全体で徐々に改善されると考えられます。

働き方が改善へと向かう理由が、以下の2つです。

  • 2024年4月から建設業界でも働き方改革がスタート
  • i-Constructionの導入

それぞれ詳しく解説するので、読み進めてみてください。

2024年4月から建設業界でも働き方改革がスタート

2024年4月から労働基準法に基づいて、時間外労働や休日出勤を行う場合は、36協定の締結と届出が必要になりました。2024年4月以前から、国の働き方改革ははじまっていましたが、建設業界は5年間の猶予があったのです。

働き方改革がスタートして、大きく変わったのは以下の点です。

  • 時間外労働や休日出勤には36協定書の提出が必須
  • 時間外労働の上限は月間45時間・年間360時間
  • 上限規制に違反した場合は労働基準法違反で罰則の対象

時間外労働に明確な上限が設定され、さらに違反した場合には罰則の対象になるので、企業側も労働環境の改善を迫られています。

このように、働き方改革が正式にスタートしたことで、今後は建設業界全体で、働き方が大きく改善されると考えられます。

i-Constructionの導入

企業が働き方改善を進める上で重要になるのが、DX(デジタル・トランスフォーメーション)化やIT化です。

そこで注目したいのが、国が積極的に導入を進める「i-Constructionです。i-Constructionとは、ICTを導入することで建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取り組みのことです。

具体的には、以下のような取り組みを行います。

  • ドローンによる空中撮影・測量
  • ICTブルドーザーの活用
  • 3次元設計データの作成 など

これらを業務に取り入れることで、測量や設計、施工、検査などの全業務の生産性を上げることが可能です。

施工管理で土日休みの企業に転職する方法

施工管理で土日休みの企業に転職する方法は、以下の4つです。

  • 土木関係の施工管理者を目指す
  • DX化を積極的に推進している企業に転職する
  • 求人情報と実際の口コミを参考にする
  • 建設業界に特化した転職サイトを活用する

それぞれ詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

土木関係の施工管理者を目指す

施工管理で土日休みの企業に転職するための方法として、土木関係の施工管理者を目指すことがおすすめです。

土木関係は基本的にインフラ整備の仕事になり、公共工事になります。建築分野と比較して、土木分野では長期的な工期が設定されますし、行政が絡むためそもそも土日が休みになります。

施工管理者としてキャリアを積んだのちに、インフラ関係工事を行う会社に転職するのも一つの方法です。

DX化を積極的に推進している企業に転職する

施工管理で土日休みの企業に転職する方法として、DX(デジタルトランスフォーメーション)を積極的に推進している企業を選ぶことが挙げられます。

DXを導入している企業では、デジタル技術を活用して効率的な業務プロセスを構築しており、業務負担の軽減や作業時間の短縮が実現しています。デジタル技術を積極的に取り入れている企業は、労働環境が整っており、休日もきちんと取れる可能性があるのです。

また、デジタルツールの導入により、リモートワークやフレックス勤務など柔軟な働き方が可能となり、プライベートと仕事の両立が図れます。DX推進企業への転職は、ワークライフバランスを改善する大きな一歩となります。

求人情報と実際の口コミを参考にする

施工管理で土日休みの企業に転職するためには、求人情報だけでなく、実際の口コミを参考にすることが重要です。

求人情報には、企業の労働条件や福利厚生が記載されていますが、実際の働き方や職場環境については把握しにくいことが多いです。そこで、社員や元社員の口コミをチェックすることで、実際の労働環境や企業文化についてのリアルな情報を得られます。

口コミサイトやSNS、転職エージェントを活用して、多角的に情報収集を行うことで、自分に合った企業を見つけやすくなります。信頼できる情報を基に転職先を選ぶことが、土日休みを実現するポイントです。

建設業界に特化した転職サイトを活用する

施工管理で土日休みの企業に転職するには、建設業界に特化した転職サイトを活用することが効果的です。

専門的な転職サイトであれば、業界の求人情報が豊富に掲載されており、自分の希望条件に合った求人を見つけやすくなります。また、専門サイトでは、企業ごとの詳細な情報や業界の最新動向が提供されており、転職活動を有利に進めるための支援が充実しています。

さらに、専門のキャリアアドバイザーがいる場合も多く、転職のプロからアドバイスを受けることで、より確実に土日休みの企業に転職することが可能です。建設業界に特化した転職サイトの利用は、理想の働き方を実現するための強力なツールとなります。

まとめ

「施工管理の仕事で土日休みは嘘なのか?」について解説しました。

結論、施工管理の仕事で「土日休み」は、決して嘘ではありません。実際に建設業全体の2割程度が4週8休を取り入れています。しかし、一方で4週4休以下が4割ほど存在するのも事実です。

今後は、働き方もよくなると考えられますが、以下のような方法を活用して土日休みの企業に転職するのがおすすめです。

  • 土木関係の施工管理者を目指す
  • DX化を積極的に推進している企業に転職する
  • 求人情報と実際の口コミを参考にする
  • 建設業界に特化した転職サイトを活用する

また、土日休みが確保できる施工管理の仕事への転職であれば、建築業界に特化した転職サイトである「トントン」がおすすめです。さまざまな条件から検索でき、求人数も豊富ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事