施工管理の仕事を半年で辞めるのは問題があるか?辞めるべきか判断するポイントも解説

施工管理の仕事は、業務量の多さや責任感の大きさから、入社して半年ほどで辞めたいと考える人も多いでしょう。

施工管理の仕事を半年で辞めることは、別に悪いことではありません。しかし、きちんと辞めたい理由を明確にすることが重要です。辞めたい理由が明確になれば、転職活動の方向性も定まります。

本記事では、施工管理の仕事を半年で辞める理由や辞めるべきか判断するポイントなどを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事を半年で辞めるのは問題があるのか?

施工管理の仕事を半年で辞めるのは、とくに問題ありません。

なぜなら、すぐに辞めても経歴にマイナスな影響が出るわけでもなく、むしろしんどいと思いながら仕事を続けて疲弊するよりも、早めに決断したほうがいい場合もあるからです。

ただし、勢いで辞めるのではなく、きちんと自分の辞めたい理由に向き合い、転職を成功させる方法を理解した上で行動しましょう。

施工管理の仕事を半年で辞めた人の7つの理由

施工管理の仕事を半年で辞めた人の理由は、以下の7つです。

  • 長時間労働が常態化している
  • 発注者と下請業者の間で板挟みになる
  • 給料と業務内容が見合っていないと感じる
  • 責任感が非常に重い
  • 上司や先輩の姿に憧れが抱けなかった
  • 入社前に聞いていた条件と違った
  • 会社の方針ややり方に合わない

それぞれ詳しく解説します。

長時間労働が常態化している

施工管理の仕事は長時間労働になることも多く、建設業界全体で、長時間労働の常態化が問題視されています。

とくに、施工管理の仕事は、朝早くに現場に入り、現場作業が終了したら営業所に戻ってデスクワークをすることも珍しくありません。そのため、残業も多く労働時間が長くなります。さらに、トラブルが発生した場合には、対応に追われて休む暇もありません。こうした過酷な勤務環境が、心身の疲労を蓄積させ、半年という短期間で退職を決断させる大きな要因となります。

発注者と下請業者の間で板挟みになる

施工管理者は、コミュニケーションが欠かせない仕事であり、発注者の要求を満たしつつ、下請業者との協力を図らなければなりません。

この二者の間で折り合いをつけるのは簡単ではなく、発注者の期待に応えるためには無理な要求を下請業者に伝えることもあり、その結果として両者からの圧力を感じて悩む人もいます。

この板挟み状態に疲れ果てて、辞職を選ぶ人も少なくありません。

給料と業務内容が見合っていないと感じる

施工管理の業務は、四大管理やデスクワークなど、とにかく仕事量が多く責任も重大です。

しかし、給料が見合っていないと感じることが多いのです。国土交通省の「転職情報提供サイト」によると、建築施工管理技術者の平均年収は、632万円です。国税庁が発表している日本の給与所得者の平均年収が461万円ですので、責任感の重さと業務量で、給与が見合っていないと感じるのでしょう。

とくに若手社員にとっては、長時間労働やプレッシャーに対して十分な報酬が得られないと感じることが、モチベーションの低下につながります。

このような不満が積み重なると、半年で辞める決断をする人が出るのも納得できます。

責任感が非常に重い

施工管理者は、プロジェクトの進行状況を把握し、全体の責任を負う立場です。また、職人や引き渡し後に利用する人など、人の安全性にも関わるため、非常に責任感が重い仕事です。

そのため、一つのミスがプロジェクト全体に大きな影響を与える可能性があります。この重圧に耐えられず、心身の健康を損なうことも少なくありません。また、現場の作業員がミスをしたとしても、監督業務を行なっている施工管理者にも責任があるとみられます。

特に経験の浅い社員にとっては、この責任感の重さが大きな負担となり、退職を選ぶ一因となります。

上司や先輩の姿に憧れが抱けなかった

職場の上司や先輩は、若手社員にとってのロールモデルです。しかし、その姿に憧れを抱けなかった場合、将来に希望を見出せなくなります。

特に、上司や先輩が疲弊していたり、不満を抱えていたりする姿を目の当たりにすると、自分の将来も同じようになるのではないかと不安を感じます。毎日遅くまで残業をしている先輩や上司を見ていると、自分が家庭をもった際に、家族と会える時間が少なくなるのではと不安にもなるでしょう。

このように、会社の上司や先輩の姿から、半年で辞める決断につながる可能性もあります。

入社前に聞いていた条件と違った

入社前に聞いていた労働条件や仕事内容と、実際の業務内容が大きく異なることも退職の理由となります。

休日や勤務時間、残業時間、報酬など、当初聞いていた内容や、期待していた環境とは全く違う現実に直面すると、失望感を抱くことも多くなります。とくに、労働時間や業務内容が大きく異なる場合には、働き続けることが難しいと感じるでしょう。

こうしたギャップが、短期間での退職を招く要因となります。また、施工管理の仕事だから仕方ないと考えても、会社への信頼が失われると辞めたくなるでしょう。

会社の方針ややり方に合わない

会社の方針や業務の進め方が、自分の価値観や仕事観と合わない場合も、退職を選ぶ理由となります。

当然、会社によって方針もやり方も異なるため、施工管理者に求める働き方も変わってきます。明確なキャリアパスを描いて成長の過程を描いている人でも、会社の方針によって思うように成長できなければ、不満を感じて辞めたいと感じるでしょう。

特に、効率よりも形式を重視するような古い体質の会社では、若手社員が適応するのは困難です。また、上層部との意見の食い違いや、現場の実情を無視した指示が続くと、次第に働く意欲が低下します。このような状況が続くと、辞職を考えるのも自然な流れです。

施工管理の仕事をすぐに辞めるべきか判断するポイント

施工管理の仕事をすぐに辞めるべきか判断するポイントは、以下の4つです。

  • 精神的に限界を感じた場合
  • キャリアプラン通りに成長できないと感じた場合
  • 会社への不信感が募った場合
  • 施工管理の仕事が想像と違うと感じた場合

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

精神的に限界を感じた場合

責任感の重い施工管理の仕事において、精神的に負担を感じてしんどくなる人は多くいます。

精神的に限界を感じるようであれば、早めに辞めることを検討するべきです。心身の健康は何よりも大切であり、精神的に限界を感じている状態で仕事を続けるのは危険です。

長時間労働や責任感の重さによるプレッシャーが続くと、うつ病や不安障害などの精神疾患を引き起こす可能性もあります。自分の限界を超えて働き続けることは避け、健康を最優先に考えましょう。

精神的にしんどいと感じたら、早めに友人や家族、専門家に相談するのも一つの方法です。

キャリアプラン通りに成長できないと感じた場合

キャリアプランに沿った成長が見込めないと感じた場合、転職を考えることは合理的です。

施工管理の仕事で身につけたいスキルや経験が得られない、あるいは昇進の機会が少ないと感じるなら、ほかの職場を検討するのも一つの選択肢です。実際に、教育や昇進制度が整っていない会社も少なくありません。

自己成長の機会が限られている環境に留まることは、将来的なキャリア形成に悪影響を及ぼす可能性があります。自分の目標に対して現職がどれだけ寄与しているかを冷静に評価することが重要です。

会社への不信感が募った場合

会社への不信感が募る場合、早急に辞めることを考えるべきです。

不正な行為や倫理に反する指示が続くと、働く意欲を失うだけでなく、自己の価値観とも合わない状況に陥ります。信頼関係が崩れた職場での労働は、精神的なストレスを増幅させる要因となります。

また、会社の方針や経営姿勢に疑念を抱く場合、そのまま働き続けることで将来的なキャリアに悪影響を及ぼすことも考えられます。施工管理という仕事は決して嫌いではないが、会社自体に不信感を抱いた場合は早めに転職を検討しましょう。

施工管理の仕事が想像と違うと感じた場合

施工管理の仕事が想像と大きく異なると感じた場合、辞めることを検討するのも一つの手段です。

実際に仕事をはじめてみると、入社前に描いていた期待と入社して感じる現実のギャップを感じる人も少なくありません。ギャップが大きい場合には、施工管理の仕事への興味が失われたり熱が冷めたりして、情熱を持って仕事ができなくなります。

特に、自分が重視する仕事の要素や環境がまったく異なる場合には、長く仕事を続けるのは困難です。自身のキャリア目標や価値観と照らし合わせて、現職が本当に自分に合っているのかを再評価することが必要です。

施工管理の仕事を半年で辞めて転職を成功させる方法

施工管理の仕事を半年でやめて転職を成功させる方法は、以下の3つです。

  • 辞める理由を明確にしておく
  • 辞めると決めたらなるべく早く上司に報告する
  • 転職サイト・転職エージェントに登録する

それぞれ詳しく解説します。

辞める理由を明確にしておく

施工管理の仕事を半年で辞める場合、理由を明確にしておくことが重要です。

転職活動で面接官に前職の退職理由を問われることが多いため、自分の決断を説明できる準備が必要です。また、理由が不明確なままなんとなくで辞めてしまうと、転職活動や転職後の新たな職場でも困ってしまいます。転職活動がうまくいっても、同じようにすぐ辞めるクセがつく可能性があります。

辞めると決めたらなるべく早く上司に報告する

転職を決意したら、なるべく早く上司に報告することが重要です。

辞める意思を早期に伝えることで、引き継ぎ作業や後任の準備が円滑に進みます。また、上司や同僚に迷惑をかけずに退職するためにも、早めの報告はマナーの一環です。会社員の場合は、遅くても会社を辞める1ヶ月前には退職願を出す必要があります。

突然の退職は職場に混乱を招くため、誠実な態度で辞意を伝えることが信頼関係の維持にもつながるでしょう。スムーズな退職手続きを心掛けることで、円満な退職が可能となります。

転職サイト・転職エージェントに登録する

施工管理の仕事を辞めて転職を成功させるには、転職サイトや転職エージェントに登録することが効果的です。

これらのサービスを利用することで、豊富な求人情報にアクセスでき、自分に適した仕事を見つけやすくなります。特に転職エージェントは、履歴書の添削や面接対策など、専門的なサポートを提供してくれるため、転職活動の成功率を高めることができます。複数の転職サイトやエージェントに登録し、情報を幅広く収集することが重要です。

転職後も建築関係の仕事をしたい場合は、建築業界に特化した転職サイトの活用がおすすめです。

まとめ

施工管理の仕事は、業務量の多さや責任感の重さから、入社半年で辞めたいと思う人も少なくありません。もちろん、退職の理由にもよりますが、半年で退職することは問題ないです。

ただし、一時の感情やいきおいで退職するのはおすすめしません。きちんと退職理由を明確にして、本書で紹介した転職を成功させる方法を実践してみてください。

また、施工管理の仕事を続けたい人や同じ建築業界で働きたい人は、建築業界に特化した求人サイトである「トントン」を活用してみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事