消防設備士が食いっぱぐれない7つの理由!明るい将来性と向いてる人の特徴

消防設備士の仕事は、その安定性と将来性から多くの魅力があります。本記事では、消防設備士が食いっぱぐれない理由を7つのポイントに絞って詳しく解説します。

さらに、消防設備士の仕事に向いている人の特徴についても紹介し、今後のキャリア選択に役立つ情報を提供します。消防設備士として成功するために必要なスキルや適性を知ることで、より具体的なキャリアビジョンを描く手助けとなるでしょう。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

消防設備士が食いっぱぐれない7つの理由

消防設備士が食いっぱぐれない理由は多岐にわたります。以下の7つのポイントがその主な理由です。

  • 定期的な消防点検の需要
  • 多様な業界で活躍できるスキル
  • 業務独占資格
  • フリーランスや独立が可能
  • ビルメンとしての需要
  • 副業の可能性
  • 高い転職市場価値

定期的な消防点検の需要

消防設備士が食いっぱぐれない最大の理由の一つは、消防点検の需要が定期的に発生することです。消防法により、建物の所有者や管理者は半年に一度の消防点検を実施することが義務付けられています。これにより、常に仕事があり、安定した収入が期待できます。

さらに、大規模な火災や事故が発生すると、点検や整備の依頼が増えるため、需要が減少することはほとんどありません。消防点検がなくなることはほぼ考えられないため、消防設備士の仕事は非常に安定しています。

多様な業界で活躍できるスキル

消防設備士は、電気工事や配管工事など、多様なスキルを持っています。このスキルセットは、他の業界でも非常に重宝されます。例えば、電気工事士や建設業界のプラントエンジニアとしても活躍することができます。

また、CADの操作スキルを持っている場合、設計業務に携わることも可能です。このように、消防設備士のスキルは多岐にわたり、さまざまな分野で活用できるため、食いっぱぐれる心配がありません。

業務独占資格

消防設備士の資格は業務独占資格であり、この資格を持っていなければできない業務が多く存在します。具体的には、消防設備の設置や点検、整備などの業務は、消防設備士の資格がなければ行うことができません。このため、資格を持っているだけで一定の需要があり、他の資格を持っていない人よりも優位に立つことができます。

また、点検資格者制度もあり、講習を受けることでさらに業務範囲を広げることができるため、安定した仕事を得ることができます。

フリーランスや独立が可能

消防設備士の資格を持っていると、フリーランスや一人親方として独立することも容易です。消防法による点検義務があるため、どの企業も定期的に点検を行う必要があります。

特に、人手が不足しているため、一人親方の需要は非常に高いです。独立しても、安定した収入を得ることができる環境が整っています。また、マッチングサービスを活用することで、仕事を効率よく見つけることができるため、独立後も安心して働くことができます。

ビルメンとしての需要

消防設備士の資格を持っていると、ビルメンテナンス業界でも重宝されます。ビルメンテナンスは、特別なスキルが不要で、比較的安定した仕事が多いのが特徴です。常駐型や巡回型のビルメンテナンスの仕事があり、設備の点検や軽微な修繕を行うことで、ビルの安全と快適な環境を維持することが求められます。

このような仕事は、消防設備士のスキルが直接活かされるため、転職先としても非常に魅力的です。

副業の可能性

消防設備士の仕事は、待機時間や拘束時間が比較的長いため、副業を行うことが可能です。特に、書類作成やデータ入力などの業務は、空いた時間を利用して行うことができます。

また、副業禁止の規定がない場合、スマートフォンやパソコンを使った副業で追加の収入を得ることができます。これにより、収入源を増やすことができるため、経済的な安定を図ることができます。

高い転職市場価値

建設業界全体が人手不足であるため、消防設備士の資格を持っている人は転職市場で非常に高い価値を持っています。資格を持っていることで、即戦力として評価されやすく、転職が容易になります。

また、働き方改革により、有給休暇の取得が義務付けられるなど、労働環境も改善されつつあります。そのため、より良い条件での転職が期待でき、長期的に安定したキャリアを築くことが可能です。

消防設備士の将来性は明るい!

消防設備士の将来性は非常に明るいと言えます。まず、日本は地震や火災などの災害が頻繁に発生する災害大国です。そのため、消防設備の需要が高く、消防設備士の仕事はなくなることはありません。また、消防設備士は消防法により定められた「業務独占資格」であり、資格保有者でなければ消防設備の点検・整備・工事を行うことができません。この独占業務により、消防設備士の仕事は安定して存在します。

さらに、建築物の新設やリノベーションが進む中で、消防設備の設置や更新も必要となります。特に都市部では高層ビルや商業施設の数が増加しており、これに伴い消防設備の需要も増加しています。消防設備士はこれらの施設において、消火器やスプリンクラー、火災報知器などの設備を設置し、点検・整備を行う重要な役割を担っています。

また、消防設備士の仕事は技術職であるため、経験やスキルが求められます。そのため、若い世代が消防設備士の資格を取得し、実務経験を積むことで、将来的に高いスキルを持った技術者として活躍することが期待されます。これにより、消防設備士の需要はさらに高まるでしょう。

価格破壊による人手不足の懸念もありますが、適正な価格でのサービス提供が求められています。適正価格を維持し、質の高いサービスを提供することで、消防設備士の仕事は安定し、将来的にも需要が続くと考えられます。

消防設備士の平均年収は400~500万円

消防設備士の平均年収は、一般的に400万円から500万円程度と言われています。国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、日本の全体の平均年収が約443万円であることを考えると、消防設備士の年収は平均以上であると言えます。特に、資格を多く保有し、経験を積んだ消防設備士は年収が高くなる傾向があります。

消防設備士の給料は、勤務地や企業規模、個人の経験やスキルによっても異なります。例えば、都市部の大規模な企業で働く場合、年収が高くなることが多いです。また、消防設備士の資格を取得し、甲種の資格を持つことで、工事の業務も行えるため、さらに年収を上げることができます。

消防設備士の仕事は、建物の消防設備の点検・整備・工事を行うため、専門的な知識とスキルが求められます。そのため、経験を積んでスキルを高めることで、年収の向上が期待できます。特に、消防設備士の資格に加えて第二種電気工事士などの関連資格を取得することで、さらに高い年収を狙うことができます。

また、消防設備士の仕事は需要が高く、安定しているため、年を取っても働き続けることができます。これにより、長期的に安定した収入を得ることができるため、将来の不安も軽減されるでしょう。

消防設備士としてさらに安定するための方法3選

消防設備士としてさらに安定して働くためには、以下の3つの方法があります。

以下の3つの方法を実践することで、より高い収入を得ることができ、長期的に安定したキャリアを築くことができるでしょう。

  • 関連資格を取得してスキルアップ
  • 大手企業に就職・転職する
  • 実務経験を積んでキャリアアップする

関連資格を取得してスキルアップ

消防設備士の資格に加えて、第二種電気工事士や危険物取扱者などの関連資格を取得することで、仕事の幅が広がり、より高い収入を得ることができます。これにより、難しい案件にも対応できるようになり、企業からの信頼が高まります。

また、資格手当が支給されることも多く、収入アップにつながります。例えば、消防設備士乙種第6類に加えて、甲種第4類の資格を取得することで、より高度な業務に従事することができ、キャリアアップが期待できます。さらに、ビルメンテナンス業界で必要とされる資格を取得することで、他の職種との連携が強化され、より幅広い業務に対応できるようになります。

大手企業に就職・転職する

大手企業で働くことで、安定した収入と福利厚生を得ることができます。大手企業は仕事の規模が大きく、社員に支払われる報酬も高いため、年収アップを目指すことができます。また、大手企業は資格手当や残業手当が充実しているため、総合的に高い収入を得ることができます。

さらに、大手企業では教育制度や研修が充実しているため、スキルアップの機会が豊富にあります。これにより、消防設備士としての専門知識や技術をさらに高めることができ、キャリアの幅が広がります。また、大手企業は安定した経営基盤を持っているため、長期的な雇用が期待でき、安心して働くことができます。

実務経験を積んでキャリアアップする

現場での実務経験を積むことで、スキルを高め、会社からの評価を上げることができます。これにより、責任者に昇進することができ、昇給につながります。様々な現場で経験を積むことで、難しい案件にも対応できるようになり、より高い報酬を得ることができます。

また、経験を積むことで、独立して自分の会社を立ち上げることも可能です。独立することで、収入の上限がなくなり、自分の努力次第で大きな収入を得ることができます。さらに、現場での実務経験を積むことで、現場の問題解決能力やコミュニケーション能力も向上し、総合的なスキルが高まります。これにより、キャリアアップが期待でき、長期的に安定した収入を得ることができるでしょう。

消防設備士の仕事に向いている人の特徴5選

消防設備士の仕事には、特定のスキルや適性が求められます。以下の特徴を持つ人が特に向いていると言えるでしょう。

  • 車の運転が得意な人
  • 清掃が好きな人
  • 機器が好きな人
  • 資格取得の意欲がある人
  • コミュニケーション能力が高い人

車の運転が得意な人

消防設備士の仕事では、点検のために様々な現場を回る必要があります。そのため、車の運転が得意であることは大きな強みとなります。日々の業務では、アパートやマンション、商業施設など、さまざまな場所に移動して点検を行うため、運転が好きで得意な人はこの仕事に向いています。

運転に自信がない人でも、経験を積むことでスキルを向上させることができます。安全運転を心がけ、効率的に現場を回る能力が求められます。また、地理的な知識やルート計画のスキルも重要です。

清掃が好きな人

消防設備士の仕事には、点検業務だけでなく、清掃業務も含まれます。設備のメンテナンスを行う際に、機器や周辺の清掃を行うことが多いため、掃除が好きな人や細かい作業が得意な人はこの仕事に向いています。清掃を丁寧に行うことで、設備の状態を良好に保ち、安全性を確保することができます。

清掃はただの付帯作業ではなく、点検結果を正確に評価するための重要なステップです。清掃のスキルが高いと、設備の寿命を延ばし、トラブルを未然に防ぐことができます。

機器が好きな人

消防設備士は、さまざまな機器を扱うため、機器に対する興味や好奇心がある人が向いています。受信機などの操作や点検が業務の一部であり、多種多様な機器の仕様や操作方法を覚える必要があります。

機器の操作に興味があり、新しい技術や機器の使用方法を学ぶことが好きな人は、消防設備士の仕事にやりがいを感じるでしょう。新しい技術が次々と登場する中で、常に学び続ける姿勢が求められます。機器の知識を深めることで、現場でのトラブル対応能力も向上します。

資格取得の意欲がある人

消防設備士の仕事では、資格が非常に重要です。特に、特類、1類、2類、3類、4類、5類、6類、7類といった多種多様な資格があり、それぞれが異なる役割を持っています。

資格取得に対する意欲がある人は、仕事の幅を広げることができ、キャリアアップに繋がります。新しい資格を取得することで、より高度な業務に挑戦できるようになり、業務の効率化や安全性の向上に貢献することができます。資格を持つことで、職場での評価が高まり、転職市場でも有利に働くことが多いです。

コミュニケーション能力が高い人

消防設備士の仕事では、多くの関係者と連携する必要があります。クライアントや施工業者、設計事務所など、さまざまな人々とのコミュニケーションが求められるため、コミュニケーション能力が高い人が向いています。

特に、点検結果を報告したり、改善点を提案したりする際には、明確でわかりやすい説明が求められます。また、現場でのトラブルや問題解決には、迅速で的確なコミュニケーションが必要です。

信頼関係を築く能力が高いと、スムーズに業務を進めることができます。

消防設備士が食いっぱぐれない・安定しているという人の口コミ

私は20年以上消防設備士として働いていますが、この業界で食いっぱぐれるという心配は全くないです。新しい建物が次々と建設されるたびに、消防設備の設置が必須となるので、仕事がなくなることはないです。しかも、点検や整備も定期的に必要なので、安定した収入が確保されています。資格を持っているだけで信頼が得られ、将来も安心です。

40代 男性

消防設備士の資格を取ってから5年になりますが、仕事の依頼はどんどん増えています。特に都市部では新しいマンションや商業施設が増えているので、設備の設置や点検の仕事が絶えません。年齢を重ねても続けられる仕事なので、長期的に安定して働けるのが魅力です。私のような女性でも活躍できるフィールドが広がっているのを実感しています。

30代 女性

消防設備士の資格を取得してからは、転職の際に非常に有利に働きました。大手企業で働くことができ、福利厚生も充実しているので、安心して生活しています。市場の需要も高く、いつでも仕事がある状態です。仕事がなくなる心配がないというのは、本当に大きな安心材料です。

20代 男性

まとめ

消防設備士の仕事は、多様なスキルと適性が求められるため、特定の特徴を持つ人に向いています。車の運転が得意で清掃が好きな人、機器に興味があり、資格取得に意欲的な人、そしてコミュニケーション能力が高い人が特に向いています。

これらのスキルや特徴を活かして、消防設備士としてのキャリアを築くことができます。消防設備士の仕事は、安定した需要があり、長期的なキャリアの選択肢として非常に魅力的です。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事