設備設計がやめとけと言われる5つの原因とは?仕事がきつい理由とやりがいを解説

設備設計の仕事は、建物や施設の設備を効率的かつ安全に配置・運用するために重要な役割を果たします。しかし、その厳しい労働環境や精神的な負担から「やめとけ」と言われることも。このような声が上がる背景には、仕事の多様性や厳しさが大きく影響しています。

この記事では、設備設計がやめとけと言われる理由を詳しく解説し、さらに設備設計に向いている人の特徴や、この職業のやりがいや魅力についても掘り下げていきます。

これから設備設計を目指す方や興味を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

設備設計はやめとけと言われる5つの原因

設備設計の仕事には厳しい側面があり、「やめとけ」と言われることがあります。以下に、その主な原因を5つ紹介します。

  • 労働時間が長くなることが多い
  • 高いストレスとプレッシャー
  • 多岐にわたる調整業務
  • 専門知識の習得が難しい
  • 報酬と労働量のバランスが取れない

労働時間が長くなることが多い

長時間労働が常態化しているのが、設備設計の大きな問題点です。プロジェクトの進行状況やクライアントの要求に応じて、早朝から深夜まで働くことがしばしばあります。特に、申請書類の締め切りや現場での調整会議がある場合には、予定外の残業が発生することも多いです。

また、繁忙期には複数の案件を同時に担当することもあり、休みを取るのが難しい状況に陥りがちです。このような長時間労働が続くと、体力的にも精神的にも疲弊しやすく、家族や友人との時間も削られるため、「やめとけ」と言われる理由の一つとなります。

高いストレスとプレッシャー

高いストレスとプレッシャーも、設備設計の仕事が「やめとけ」と言われる理由です。プロジェクトの成功に直結する設計業務は、ミスが許されないため非常に神経を使います。設計ミスや計画の遅れが重大なトラブルを引き起こす可能性があるため、常に緊張感を持って仕事を進める必要があります。

また、クライアントや上司からの厳しい要求や、現場での突発的な問題に対応するため、精神的なプレッシャーも大きいです。このような高ストレス環境が続くと、精神的な疲労が蓄積しやすく、メンタルヘルスにも悪影響を与えることがあります。

多岐にわたる調整業務

調整業務の負担も大きな課題です。設備設計の仕事は、クライアント、建築家、施工チーム、行政機関など、多くの関係者との連携が必要です。これにより、意見の調整やスケジュールの管理が非常に複雑になります。特に、プロジェクトの進行中に変更や追加要求が発生した場合、その調整に追われることが多く、業務が煩雑になります。

関係者全員の意見を取りまとめ、プロジェクトをスムーズに進行させるためには、高いコミュニケーション能力と調整力が求められます。このような調整業務の負担が「やめとけ」と言われる理由の一つです。

専門知識の習得が難しい

設備設計の仕事には、高度な専門知識とスキルが求められます。建築基準法や消防法、エネルギー効率の規定など、さまざまな法規制を理解し、最新の技術や工法を常に学び続ける必要があります。また、設計ソフトウェアの操作スキルや現場での実務経験も重要です。

これらの知識とスキルを習得するためには、継続的な学習と実践が必要であり、そのハードルは高いです。このような学習負担が重く、知識の習得が難しいことが、設備設計の仕事が「やめとけ」と言われる理由となっています。

報酬と労働量のバランスが取れない

設備設計の仕事は、多くの時間と労力を費やしますが、報酬と労働量のバランスが取れていないと感じる人が多いです。長時間労働や高いストレスに見合った報酬が得られないと感じることが多く、特に経験が浅い段階では給与が低く感じられることがあります。

労働条件が厳しいにもかかわらず、報酬がそれに見合っていないと感じることが、この仕事を「やめとけ」と言われる原因の一つです。適正な報酬が得られる環境を見つけることが重要です。

設備設計に向いている人の特徴3選

設備設計に向いている人にはいくつかの共通する特徴があります。以下にその特徴を3つ紹介します。

  • プロジェクト管理能力が高い人
  • 技術的な知識を深め続ける意欲がある人
  • 忍耐強くストレスに強い人

プロジェクト管理能力が高い人

設備設計は、多くのプロジェクトを同時に管理する能力が求められます。プロジェクト管理能力が高い人は、効率よくタスクを整理し、進行状況を適切に把握してスムーズにプロジェクトを進めることができます。

特に、大規模なプロジェクトではスケジュール調整や予算管理が重要となるため、プロジェクト全体を俯瞰し、関係者との連携を円滑に進めるスキルが必要です。

このようなプロジェクト管理能力を持つ人は、設備設計に向いています

技術的な知識を深め続ける意欲がある人

設備設計の分野では、常に最新の技術や規制に対応する必要があります。そのため、技術的な知識を深め続ける意欲がある人が求められます。設計ソフトウェアの更新や新しいエネルギー効率基準の導入など、技術の進歩に追いつくためには、継続的な学習が不可欠です。

また、現場での実務経験を通じて実践的なスキルを磨くことも重要です。こうした学習意欲と技術向上の意識を持つ人は、設備設計として成功する可能性が高いです

忍耐強くストレスに強い人

設備設計の仕事は、予期せぬトラブルや厳しい納期に直面することが多いため、忍耐強くストレスに強い人が向いています。長時間労働や高いプレッシャーの中で冷静に対応し、問題を解決するための強い精神力が求められます。

特に、設計の変更や現場での突発的な問題に迅速に対応する能力は重要です。このようなストレス耐性を持つ人は、困難な状況でも冷静に対処し、効率的に業務を進めることができるため、設備設計としての適性が高いです

設備設計のやりがいや魅力

設備設計の仕事には多くのやりがいと魅力があります。以下にその魅力を3つ紹介します。

  • 革新的な技術のインプット
  • 建設プロジェクトに深く関与
  • 長期的なキャリアアップ

革新的な技術のインプット

革新的な技術の導入ができるのは、設備設計の大きな魅力です。この職種では、新しい技術や工法を積極的に取り入れる機会が多くあります。例えば、スマートビルディングの設計では、最新のIoT技術やエネルギー効率の高いシステムを導入することが求められます。

こうした技術革新は、設計技士自身のスキルアップにもつながり、常に最新の知識を習得し続けることができる点で非常にやりがいがあります。また、革新的な技術を活用することで、クライアントに対してより価値のある提案ができるため、プロジェクト全体の質を高めることができます

建設プロジェクトに深く関与

建設プロジェクトに深く関与できることも設備設計の魅力です。プロジェクトの初期段階から設計に携わることで、計画から施工、完成まで一貫して関わることができます。これにより、自分の設計が実際の建物や施設として形になる過程を直接見守ることができ、非常に大きな達成感を得られます。

また、設計段階での工夫が実際の施工や運用にどのように影響を与えるかを学ぶことができ、実務経験を通じて知識とスキルをさらに深化させることができます​。

長期的なキャリアアップ

期的なキャリアアップの可能性も設備設計の魅力の一つです。設備設計の分野では、経験を積むごとに専門知識が深まり、より高度なプロジェクトや大規模なプロジェクトを任されることが増えます。

また、資格取得や研修を通じて自己啓発を行うことで、キャリアの幅を広げることができます。

さらに、設計事務所や建設会社だけでなく、コンサルタントや独立開業など、キャリアパスも多岐にわたります。このように、自分の努力次第でキャリアを長期的に発展させることができる点が、大きな魅力となっています。

まとめ

設備設計の仕事には、多くのやりがいと魅力があります。一方で、労働時間が長く、高いストレスが伴うことから「やめとけ」と言われることもあります。

しかし、新しい技術の導入やプロジェクトに深く関与できること、そして長期的なキャリアアップの可能性があるため、挑戦し続ける価値があります。

自分に合った職場環境やキャリアパスを見つけることで、設備設計としてのやりがいを感じながら充実した仕事人生を送ることができるでしょう。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事