「設備施工管理はやめとけ」と言われる5つの原因!きつい理由と向いている人の特徴

設備施工管理の仕事は、現場の進行管理や施工の品質を保つために重要な役割を担っています。しかし、多くの人がその厳しい労働環境や高いストレスから「やめとけ」と言われることが多いです。

この記事では、設備施工管理の仕事がなぜやめとけと言われるのか、その主な原因を5つに分けて詳しく解説します。これから設備施工管理を目指す方や、現場で働くことを検討している方にとって有益な情報を提供します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

設備施工管理はやめとけと言われる5つの原因

設備施工管理の仕事は、多くのやりがいがある一方で、やめとけと言われることがあります。

以下に、その主な原因を5つ詳しく説明します。

  • 長時間労働が常態化している
  • 高いストレスと精神的負担
  • 肉体的な負担が大きい
  • 人間関係の難しさ
  • 給与と労働量のバランスが取れない

長時間労働が常態化している

設備施工管理の仕事は、長時間労働が常態化していることが多いです。現場の進行状況や突発的なトラブルに対応するため、早朝や深夜、週末や祝日に働くことが求められます。これにより、プライベートの時間が減り、家族や友人と過ごす時間が限られてしまうことがしばしばあります。

さらに、長時間労働は体力的にも精神的にも大きな負担となり、健康を損なうリスクも高まります。こうした過酷な労働条件が、「やめとけ」と言われる一因となっています。

バランスを取るのが難しく、多くの人がこの点に苦労しています。

高いストレスと精神的負担

設備施工管理の仕事には、高いストレスが伴います。プロジェクトの進行状況を管理し、納期を守るために多くのプレッシャーがかかります。現場での問題解決や多くの関係者との調整が必要で、常に緊張感を持って業務にあたらなければなりません。

特に、トラブルが発生した際には迅速かつ適切な対応が求められ、その都度精神的な負担が増します。こうした高ストレス環境が、設備施工管理の仕事を「やめとけ」と言われる理由の一つです。

ストレス管理のスキルが非常に重要となります。

肉体的な負担が大きい

設備施工管理の仕事は、デスクワークだけでなく、現場での作業も多く含まれます。そのため、肉体的な負担が非常に大きいです。特に、夏の暑さや冬の寒さの中での作業は体力を消耗しやすく、健康への影響が懸念されます。

さらに、高所での作業や重機の操作など、危険を伴う作業も多いため、常に安全に気を配る必要があります。こうした過酷な作業環境が、設備施工管理の仕事を続けることを難しくしている要因です。体力と安全管理の意識が求められます。

人間関係の難しさ

設備施工管理の仕事は、多くの関係者との連携が不可欠です。クライアント、設計者、現場作業員、協力会社など、様々な立場の人々とコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があります。

しかし、この多様な関係者との調整がうまくいかないと、トラブルが発生することもあります。特に、現場作業員とのコミュニケーションがうまくいかない場合、工事の進行に支障をきたすことがあります。

このような人間関係の難しさが、設備施工管理の仕事を「やめとけ」と言われる理由の一つです。円滑なコミュニケーション能力が求められます。

給与と労働量のバランスが取れない

設備施工管理の仕事は、高い専門知識と多くの労力を必要としますが、給与と労働量のバランスが取れていないと感じる人が多いです。長時間労働や過酷な労働条件にもかかわらず、給与がそれに見合っていないと感じることが多いです。

特に、経験が浅い段階では、給与が低く、労働量が多いと感じることが多いため、不満を感じやすいです。このような不満が、設備施工管理の仕事を続けることを難しくしている要因の一つです。適正な報酬が得られる環境を見つけることが重要です。

設備施工管理技士に向いている人の特徴3選

設備施工管理技士に向いている人には、いくつかの共通する特徴があります。

以下では、その特徴を3つ紹介します。

  • 高いコミュニケーション能力
  • 強い忍耐力とストレス耐性
  • 技術的な知識と問題解決能力

高いコミュニケーション能力

設備施工管理の仕事は、多くの関係者との連携が必要なため、高いコミュニケーション能力が求められます。クライアント、設計者、現場作業員、協力会社など、様々な立場の人々と円滑にコミュニケーションを取り、意見を調整しながらプロジェクトを進める能力が必要です。

特に、トラブルが発生した際には迅速かつ適切に対応し、関係者全員が納得できる解決策を見つけるための調整力が求められます。高いコミュニケーション能力を持つ人は、設備施工管理の仕事に向いています。人を選ばず柔軟に接することができる、対人スキルが重要となるでしょう。

強い忍耐力とストレス耐性

設備施工管理の仕事は、高いストレスが伴うため、強い忍耐力とストレス耐性が求められます。長時間労働や過酷な労働条件の中で、プレッシャーを感じながらも冷静に業務を遂行できる能力が必要です。

また、トラブルが発生した際には迅速かつ適切に対応し、問題を解決するための忍耐力が求められます。このような強い忍耐力とストレス耐性を持つ人は、設備施工管理の仕事に適しています。ストレス管理能力も必要です。

技術的な知識と問題解決能力

設備施工管理の仕事は、高度な技術的知識と問題解決能力が求められます。設計図の理解や施工方法の知識はもちろん、現場でのトラブルに迅速に対応するための技術的なスキルが必要です。

また、予期せぬ問題が発生した際には、冷静に状況を分析し、適切な解決策を見つける能力が求められます。こうした技術的な知識と問題解決能力を持つ人は、設備施工管理の仕事に向いています。技術向上の意欲が重要です。

設備施工管理技士のやりがいや魅力

設備施工管理技士の仕事には、多くのやりがいや魅力があります。

以下では、その魅力を3つ紹介します。

  • プロジェクトの成功に貢献する達成感
  • 高い専門知識とスキルの習得
  • 多くの人との協力と信頼関係の構築

プロジェクトの成功に貢献する達成感

設備施工管理技士の最大のやりがいは、プロジェクトの成功に貢献する達成感です。プロジェクトの初期段階から完了まで、様々な課題を克服しながら進めることで、完成した時の喜びは非常に大きいです。特に、大規模なプロジェクトや難易度の高い案件を成功させた時の達成感は格別です。

また、自分が関わったプロジェクトが社会に貢献していることを実感できるのも、大きな魅力の一つです。この達成感が、設備施工管理技士としてのやりがいを感じさせてくれます。

高い専門知識とスキルの習得

設備施工管理の仕事を通じて、高い専門知識とスキルを習得できるのも大きな魅力です。現場での経験を積むことで、技術的な知識が深まり、問題解決能力が向上します。

また、新しい技術や工法に触れる機会も多く、常に最新の情報を学び続けることが求められます。これにより、自分のスキルセットが充実し、キャリアアップのチャンスが広がります。高い専門知識とスキルを持つことで、業界内での評価も高まり、将来的なキャリアにも有利になります。

多くの人との協力と信頼関係の構築

設備施工管理の仕事は、多くの人と協力しながら進めるため、信頼関係の構築が非常に重要です。クライアント、設計者、現場作業員、協力会社など、多くの関係者と連携することで、プロジェクトの成功に導くことができます。この過程で築かれる信頼関係は、仕事のやりがいや満足感を高める要素となります。

特に、困難な状況を共に乗り越えた時の絆は強く、長期的なビジネス関係にもつながります。このような人間関係の構築が、設備施工管理技士の魅力の一つです。

まとめ

設備施工管理技士の仕事は、多くのやりがいと魅力がある一方で、長時間労働や高いストレスなど厳しい側面もあります。しかし、高いコミュニケーション能力、強い忍耐力、技術的な知識を持つ人にとっては、非常に魅力的な職業です。

プロジェクトの成功に貢献する達成感や、高い専門知識の習得、多くの人との信頼関係の構築など、設備施工管理技士としてのやりがいを見つけ、充実したキャリアを築くことができるでしょう。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事