電気施工管理のホワイト企業に共通した7つの特徴!優良企業に転職するためのチェックリスト

電気施工管理技士の仕事は、専門的な技術と高度なコミュニケーション能力が求められる職種ですが、労働環境が厳しいことも少なくないため「ホワイト企業」を見つけることが重要です。

この記事では、電気施工管理のホワイト企業の特徴や、ホワイト企業が少ない理由について詳しく解説します。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

電気施工管理のホワイト企業の特徴7つ

ホワイト企業の特徴を理解することで、転職活動の際に優良な企業を見極めることができます。

以下に、電気施工管理のホワイト企業に共通する7つの特徴を紹介します。

  • 離職率が低い企業
  • 年間休日数が多い企業
  • サービス残業がない企業
  • 社員の勤続年数が長い企業
  • 公共工事の割合が多い企業
  • 工事のスケジュールに余裕がある企業
  • 国土交通省の働き方改革を実施している企業

離職率が低い企業

ホワイト企業の一つの指標は離職率です。離職率が低い企業は、働きやすい環境が整っていることが多いため、安心して長く働ける職場です。離職率が公表されていない企業も多いですが、公開している企業は透明性が高く信頼できます。面接の際に離職率について質問してみるのも一つの方法です。

離職率が低いということは、社員が満足して働いている証拠であり、その企業の労働環境が良好であることを示しています。特に、長期間働くことを考えている場合、離職率の低い企業を選ぶことは重要です。安定した職場でキャリアを築くことができるでしょう。

年間休日数が多い企業

年間休日数が多い企業は、社員がしっかりと休息を取れるため、働きやすい環境と言えます。年間休日が120日以上ある企業は、ワークライフバランスを重視している証拠です。

求人情報や企業の公式サイトで年間休日数を確認しましょう。多くの休日を提供する企業は、社員の健康と幸福を重要視しており、仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境を提供しています。十分な休息が取れることで、仕事へのモチベーションや生産性も向上します。

これにより、長期的に安定したキャリアを築くことが可能です。

サービス残業がない企業

サービス残業がないこともホワイト企業の条件です。残業代がきちんと支払われるか、みなし残業が設定されていても超過分が支払われるかを確認することが重要です。

面接時に残業代の支払い方法を具体的に質問することで、ブラック企業を避けることができます。サービス残業がない企業は、労働時間を適切に管理しており、社員の働き方を尊重しています。

そういった職場であれば社員は安心して働くことができ、労働環境が改善されることで、長期的に健康で働き続けることが可能です。適正な報酬を得られる企業を選びましょう。

社員の勤続年数が長い企業

社員の勤続年数が長い企業は、働きやすい環境が整っている可能性が高いです。勤続年数が長いほど、会社に対する満足度や信頼度が高いことを示しています。

企業の公式サイトや求人情報で勤続年数についての情報を探してみてください。勤続年数が長い企業は、社員の定着率が高く、労働環境や福利厚生が充実していることが多いです。

長く働ける職場でキャリアを積むことで、安定した生活と仕事の両立が可能になります。こうした企業を選ぶことで、安心して働くことができるでしょう。

公共工事の割合が多い企業

公共工事の割合が多い企業は、ホワイト企業である可能性が高いです。国が働き方改革を推進しているため、公共工事に携わる企業は労働環境が整っていることが多いです。

公共工事の受注実績を持つ企業を選ぶことで、安心して働くことができます。公共工事は工期や労働条件が厳格に管理されているため、過度な残業や不適切な労働環境が少ないです。これにより、社員は安心して働くことができ、長期的に健康を維持しながら働くことができます。

公共工事に強い企業を選ぶことは賢明な選択です。

工事のスケジュールに余裕がある企業

工事のスケジュールに余裕がある企業は、残業や休日出勤が少なく、働きやすい環境です。工事のスケジュールに余裕を持たせることで、社員の負担が軽減されます。

企業の面接時に工事スケジュールの管理方法について質問してみましょう。スケジュールに余裕がある企業は、計画的に仕事を進めることができるため、無理のない働き方が実現します。

これにより、社員はストレスを感じることなく働けるため、仕事への満足度が高くなります。適切なスケジュール管理ができる企業を選ぶことが大切です。

国土交通省の働き方改革を実施している企業

国土交通省の働き方改革を実施している企業は、労働環境の改善に積極的です。36協定の締結、残業時間の上限設定、有給休暇の取得推進などを行っている企業は、ホワイト企業と呼べます。

公式サイトや求人情報で、企業の働き方改革への取り組みを確認しましょう。働き方改革を実施している企業は、社員の健康と働きやすさを重視しています。

そうであれば社員は安心して働ける環境が整っており、長期的なキャリア形成が可能です。労働環境の改善に取り組む企業を選ぶことは重要です。

電気施工管理はホワイト企業が少ない?5つの要因

電気施工管理の業界は、ホワイト企業が少ないと言われることが多いですが、その理由を理解することが重要です。以下に、ホワイト企業が少ない主な5つの要因を紹介します。

  • 残業が多い
  • 休日が少ない
  • 業界の体質が古い
  • 多重下請け構造
  • IT化が遅れている

残業が多い

電気施工管理の現場では、スケジュールの遅延や突発的なトラブルが発生しやすく、そのために追加の作業時間が必要になります。これが長時間労働を引き起こし、残業が常態化する原因となっています。

特に、プロジェクトの進行が計画通りに進まない場合、施工管理士はその遅れを取り戻すために多くの時間を費やす必要があります。これにより、残業時間が増加し、ワークライフバランスが崩れることがあります。残業時間の管理が不十分な企業では、社員の負担が大きくなるため、注意が必要です。

休日が少ない

電気施工管理の業務は、プロジェクトの進行状況や工程管理が重要視されるため、休日出勤が必要になることがあります。特に工事の締め切りが迫っている場合やトラブルが発生した場合、休日に出勤して対応しなければならないことが多いです。

これにより、社員の休息が十分に取れず、疲労が蓄積されることがあります。休日が少ない企業では、社員の健康やモチベーションに悪影響を与える可能性が高いです。休日出勤が少ない企業を選ぶことで、健康的な働き方が実現できます。

業界の体質が古い

電気施工管理の業界は、新しい働き方や技術の導入が遅れている現状があります。古い慣習や手法が根強く残っており、労働条件や組織文化が変化しづらいことが多いです。これが、働き方改革や効率化の取り組みを妨げています。業界全体での変革が進まない限り、個々の企業が改善を試みても限界があります。

しかし、徐々に働き方改革が進む中で、古い体質を脱却しようとする企業も増えてきています。業界の体質を理解し、変革に積極的な企業を選ぶことが重要です。

多重下請け構造

多重下請け構造は、1つのプロジェクトに複数の下請け業者が関与する形態で、情報伝達や調整が複雑になります。この構造により、労働条件の改善が難しくなり、結果的に労働環境が悪化することがあります。多重下請け構造は、情報の伝達ミスやコミュニケーションの不足を引き起こしやすく、プロジェクトの進行がスムーズにいかないことが多いです。

これにより、追加の作業や調整が必要になり、社員の負担が増加します。直接受注の多い企業を選ぶことで、この問題を避けることができます。

IT化が遅れている

電気施工管理の業界では、従来の手作業や紙ベースのプロセスが主流であり、IT化や自動化が進んでいないため、業務効率が低くなりがちです。これが、長時間労働や過重労働の一因となっています。IT化が進んでいない企業では、手作業による業務が多く、作業時間が長くなる傾向があります。

逆に、ITツールや自動化技術を導入している企業では、業務効率が向上し、労働時間が短縮されることが期待できます。IT化の進んだ企業を選ぶことで、効率的な働き方が実現できます。

ホワイトな電気施工管理に転職するためのチェックリスト20点

電気施工管理でホワイト企業を探す際は、以下の項目を確認してみましょう。

労働条件についてのチェックリスト

  • 求人情報は具体的かつ透明性があるか?
  • 給料や休日数、残業時間は適正か?
  • 残業代の計算方法は適切か?
  • 有休消化率は高いか?
  • 労働組合は存在するか?
  • 面接の時間が短すぎないか?
  • 内定がすぐに出る会社ではないか?

企業・環境についてのチェックリスト

  • 大手企業や元請の立場であるか?
  • 経営事項審査の点数が高いか?
  • 営業力が強い会社か?
  • 職人を抱えた会社か?
  • 小規模な現場が多いか?
  • 地方の会社か?
  • 評判や口コミは良いか?

人材育成やサポートについてのチェックリスト

  • 資格手当や資格取得支援制度はあるか?
  • 研修制度は整っているか?
  • 女性の採用が多い会社か?
  • あなたの能力を活かせる現場があるか?
  • ICTを導入しているか?
  • 施工管理技士の資格を取得しているか?

まとめ

電気施工管理技士として働く上で、ホワイト企業を見つけることは非常に重要です。離職率が低く、年間休日数が多い、サービス残業がないなどの特徴を持つ企業を選ぶことで、安心して働ける環境を手に入れることができます。

一方で、業界の体質や多重下請け構造など、ホワイト企業が少ない要因を理解することで、より良い企業を見つけるための指針としましょう。適切な企業を見つけて、充実したキャリアを築いてください。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事