施工管理は恥ずかしい?そういわれる5つの原因や実態について解説します

建設業界における施工管理の仕事は、多くの人々にとって重要な役割を果たしています。しかし、施工管理の仕事について、就労していることを「恥ずかしい」と感じる人が一定数存在しています。

結論としては、施工管理の仕事は将来性もあり安定した素晴らしい仕事です。

この記事では、施工管理の仕事がなぜ恥ずかしいと思われるのか、その原因を探り、そして実際には全く恥ずかしくない仕事であることを解説します。

さらにはそのように感じたときの対処法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の仕事が恥ずかしいといわれる5つの原因

施工管理の仕事に対する誤解や偏見は、多くの場合、次のような理由から生じます。

  • 建設業=3Kのイメージが付きまとう業界だから
  • 作業着を着てバタバタと動き回っているイメージがあるから
  • 職人さんや上長に怒られている印象が強いから
  • 激務によって病んでいる人が多いイメージがあるから
  • 他の仕事と比較して残業時間など差が出るから

建設業=3Kのイメージが付きまとう業界だから

建設業界は、昔から「きつい、汚い、危険」という3Kのイメージが根強く残っています。このため、施工管理の仕事も同様にネガティブなイメージを持たれがちです。

実際には、現代の建設業界は技術の進歩や労働環境の改善により、以前よりも働きやすくなっています。それでもなお、古いイメージが影響し、施工管理の仕事を恥ずかしく思う人がいるのです。

特に若い世代や未経験者にとっては、このイメージが大きなハードルとなりえます。しかし、実際の現場を知れば、そのようなイメージがいかに誤解であるかがわかるでしょう。

作業着を着てバタバタと動き回っているイメージがあるから

施工管理の仕事では、作業着を着て現場を駆け回ることが多いです。この姿が、他のオフィスワークと比較して「恥ずかしい」と感じる原因の一つとなっています。

オフィスでのスーツ姿に比べ、作業着はカジュアルであり、見た目に対する社会的な偏見が影響します。しかし、作業着は機能的であり、安全性を確保するために不可欠なものです

。また、現場での迅速な対応が求められるため、バタバタと動き回ることが多いのも事実ですが、これは重要な仕事をこなしている証拠でもあります。現場での動きがなければ、工事の進行は停滞してしまうのです。

職人さんや上長に怒られている印象が強いから

施工管理の現場では、時に厳しい指導や叱責が飛び交うことがあります。そのため外部からは「怒られているばかりで恥ずかしい」と見られることが少なくありません。

しかし、これはどの職業においてもある程度は避けられないことであり、特に建設現場では安全や品質管理が重要視されるため、厳しい指導が必要です。叱責は個人の成長やプロジェクトの成功に繋がるものであり、決して個人を貶めるためのものではありません。

また、現場の雰囲気やコミュニケーションスタイルは職場ごとに異なりますので、一概に全ての現場が同じとは言えないのです。

激務によって病んでいる人が多いイメージがあるから

施工管理の仕事は、時に長時間労働を伴うことがあります。よって、「激務で心身を病んでしまう人が多い」とのイメージが強いです。

しかし、近年では働き方改革が進み、労働環境の改善が図られています。企業によっては、労働時間の適正管理やメンタルヘルス対策を積極的に行っており、実際には健全な働き方をしている現場も増えています。

また、個々の業務負担を軽減するためのチームワークや、技術の進化により作業効率が向上していることもあります。このような取り組みを知ることで、過度な不安や誤解を解消できるでしょう。

他の仕事と比較して残業時間など差が出るから

施工管理の仕事は、他の職業と比較して残業時間が長い場合があります。これは、工事の進行状況や突発的な問題対応など、現場の特性によるものです。

しかし、これもまた改善の余地があり、多くの企業が残業削減に向けた取り組みを行っています。また、残業が発生する理由やその必要性を理解することで、単なる「時間外労働」としてではなく、プロジェクトを成功させるための重要なプロセスとして捉えることができます。

重要なのは、適切な休息と仕事のバランスを保ちながら、効率的に業務を遂行することです。

施工管理の仕事は恥ずかしくない!実態を解説

施工管理の仕事には、実際には多くの魅力と価値が存在します。以下に、その実態を解説します。

  • 需要が高い職業なので雇用が安定している
  • 地図に残る仕事に関わっている
  • やりがいや達成感が大きい

需要が高い職業なので雇用が安定している

施工管理の仕事は、常に高い需要があります。建設業界は社会の基盤を支える重要なセクターであり、新しい建物やインフラの整備、老朽化した施設の修繕など、常に仕事が途切れることはありません。

そのため、施工管理の仕事は雇用が安定しており、不況時でも比較的影響を受けにくい職業です。また、技術や経験を積むことでキャリアアップのチャンスも豊富にあります。

これにより、長期的に見て非常に魅力的な職業と言えるでしょう。雇用の安定は、生活の安定にも直結し、安心感をもたらすのです。

地図に残る仕事に関わっている

施工管理の仕事は、実際に形として残る建物やインフラを手掛けることができます。自分が関わったプロジェクトが完成し、地図に残ることで、大きな達成感や誇りを感じることができます。

これは、他の職業ではなかなか得られない特別な経験です。例えば、街のランドマークとなるビルや橋、公園など、未来にわたって多くの人々に利用される施設に関わることができるのです。

このように、具体的な成果が目に見える形で残ることは、施工管理の仕事の大きな魅力だといえます。

やりがいや達成感が大きい

施工管理の仕事は、多くの人々と協力しながらプロジェクトを進めるため、やりがいや達成感が大きいといえます。特に、大規模なプロジェクトが成功したときの達成感はひとしおです。

日々の業務の中で問題解決を行い、計画通りに工事を進めることで、自分の努力が実を結ぶ瞬間を感じることができます。また、プロジェクトの完了後には、多くの人々から感謝の言葉をもらうこともあります。

このように、他の職業では味わえない特別な喜びが、施工管理の仕事にはあるのです。

施工管理の仕事が恥ずかしいと感じたときの対処法

もし施工管理の仕事が恥ずかしいと感じた場合でも、以下の対処法を実践することで、自信を持って働くことができます。

  • 待遇向上のために昇格を目指す
  • 仕事に向き合って余裕を作れるようにする
  • 職場環境に課題がある場合は転職も検討する

待遇向上のために昇格を目指す

施工管理の仕事で自信を持つためには、昇格を目指して努力することが重要です。昇格することで、給与や待遇が向上し、社会的な評価も高まります。また、管理職に昇格することで、現場での指導やマネジメントスキルを磨くことができ、自分のキャリアに自信を持つことができます。

さらに、昇格することで、自分の意見やアイディアが反映されやすくなり、仕事のやりがいも増すでしょう。努力と成果が正当に評価される職場環境を見つけることが大切です。

仕事に向き合って余裕を作れるようにする

施工管理の仕事は、計画性と効率性が求められます。日々の業務に追われず、余裕を持って仕事に向き合うためには、時間管理やタスクの優先順位を見直すことが必要です。効率的に業務をこなすことで、精神的な余裕も生まれ、自信を持って仕事に取り組むことができます。

また、スキルアップのための研修や資格取得も積極的に行い、自分の能力を高めることが重要です。自己成長を続けることで、仕事に対する自信と誇りを持つことができます。

職場環境に課題がある場合は転職も検討する

もし現在の職場環境が原因で施工管理の仕事が恥ずかしいと感じる場合は、転職を検討することも一つの手段です。職場環境や社風が合わない場合、自分の力を最大限に発揮することは難しいです。転職によって、より良い環境で働くことで、仕事に対するモチベーションも向上し、結果的に自信を持って働くことができます。

また、転職先を選ぶ際には、自分のキャリアパスや働き方に合った企業を見つけることが大切です。適切な職場を選ぶことで、長期的に見て充実したキャリアを築くことができます。

まとめ

施工管理の仕事には、誤解や偏見が存在しますが、実際には多くの魅力と価値があります。需要が高く雇用が安定していることや、地図に残る仕事に関わることができる点、やりがいや達成感が大きい点など、施工管理の仕事には多くの誇りを持てる要素が含まれています。

もし恥ずかしいと感じることがあっても、昇格を目指したり、余裕を作れるように工夫したり、転職を検討することで、自信を持って働くことができます。

施工管理の仕事に誇りを持ち、自分自身の成長とともに社会に貢献する喜びを感じましょう。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事