現場監督がもう無理!そう感じる7つの原因や転職前に確認すべきポイント

現場監督は、建設工事現場の中心となってプロジェクトの進行を担う重要な役割を果たしています。

しかし、その責任の重さや厳しい労働環境から「もう無理だ」と感じることも少なくありません。

そこで今回は、現場監督が直面する「もう無理」と感じる7つの理由や転職を考える際のポイントなどについて詳しく解説。

現場監督としてのキャリアに悩んでいるという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

「現場監督がもう無理」と感じる7つの理由

「現場監督がもう無理」と感じる理由は人それぞれですが、よく挙げられる以下の7つについて解説していきます。

  • プレッシャーや責任が重い
  • 労働時間が長く休日出勤も多い
  • 業務内容と給与が見合っていないと感じる
  • 出張や転勤が多い
  • 肉体労働や危険な仕事が多い
  • 人間関係のストレスが多い
  • 天候に大きく左右される

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

プレッシャーや責任が重い

現場監督は、プロジェクトの進行を円滑に進めるために、多くの多くのプレッシャーと責任を背負っています。

プロジェクトが期限内に完了しない場合や、品質に問題がある場合、現場での事故が発生した場合、その責任は現場監督が背負うことが多いです。

特に、安全管理は重大。ひとつのミスが大きな事故につながる可能性があります。

このようなプレッシャーや責任が重い状態が続くと、精神的なストレスが増し、「もう無理」と感じることにつながってしまいます。

労働時間が長く休日出勤も多い

建設現場は、予期せぬトラブルや天候の影響を受けやすく、その結果、労働時間が長くなりがち。労働時間の長さは、建設業界全体の大きな課題です。

納期が迫っている場合には、休日出勤を余儀なくされることも。納期が厳しいプロジェクトを担当すると、深夜までの残業や連日の休日出勤は避けられません。

さらに、突発的なトラブルが発生した場合、緊急の対応が求められることも多々あります。

こうした状況が続くと、家族や友人と過ごすプライベートの時間が削られ、生活の質が低下してしまいます。

長時間労働と休日の不足が重なると、心身の疲労が蓄積し、「もう無理だ」と感じる原因になります。

業務内容と給与が見合っていないと感じる

現場監督の業務は多岐にわたり、その労力に見合う報酬が得られていないと感じることがあります。

特に、中小企業や予算が限られているプロジェクトでは、報酬が低く抑えられていることが多いです。

また、労働条件が厳しいにも関わらず、昇給やボーナスが少ない場合、モチベーションの低下につながります。

責任の重さや労働時間の長さに対して、給与が十分でないと感じることが、「もう無理」と感じる要因のひとつとなっています。

出張や転勤が多い

現場監督の仕事には、頻繁な出張や転勤がつきもの。特に大規模なプロジェクトの場合、長期間家を離れなければならないことも少なくありません。

頻繁な出張や転勤は、家族や個人の生活に大きな影響を与えてしまいます。

特に、小さな子どもがいる家庭や、パートナーが仕事をしている場合、長期間家を離れることは大きなストレスとなります。

家庭や個人の生活を犠牲にしてまで仕事に専念することに疲れを感じ、「もう無理だ」と感じることもあります。

肉体労働や危険な仕事が多い

建設現場は、肉体的に厳しい労働が多く、また危険な状況に直面することもあります。

重い資材の運搬や高所作業など、体力と注意力を要する仕事が続くと、身体的にも精神的にも疲弊し、「もう無理」と感じるようになります。

特に、年齢を重ねるにつれて体力の衰えを感じることが多くなり、若い頃と同じように働くことが難しくなります。

現場監督は、屋外での作業が多い職種。夏の暑い時期や冬の寒い時期の過酷な環境での業務に、疲れ果ててしまうこともあるでしょう。

人間関係のストレスが多い

現場監督は、多くの人々と連携しながら仕事を進めなければなりません。

職人やクライアント、近隣住民などとのコミュニケーションが円滑でない場合、人間関係のストレスが増します

特に、トラブルが発生した際には、その調整や対処に多くの労力を費やす必要があり、「もう無理だ」と感じることがあります。

天候に大きく左右される

建設現場の仕事は、天候に大きく左右されてしまいます。

雨天や強風の日には、作業が中断されることがあり、予定していたスケジュールが狂うことも少なくありません。

その結果、急なスケジュール変更や追加作業が発生し、現場監督の精神的な負担は大きなものになります

天候に振り回される日々が続くと、「もう無理だ」と感じるきっかけになります。

「現場監督もう無理」と感じたらやるべきこと

「現場監督もう無理」と感じたら、どのような対応をすればいいでしょうか。

すぐに辞めるのではなく、対処ができないか、考えることが大切です。

「現場監督もう無理」と感じたらやるべきことは以下の3つです。

  • 改善できないか上司に相談してみる
  • 業務の効率化のためのツールを導入する
  • 転職を検討する

ひとつずつ詳しく解説していきます。

改善できないか上司に相談してみる

まずは、現場を改善できないか、上司に相談してみましょう。

上司は、状況を理解し、可能な範囲でサポートしてくれるかもしれません。

業務の負担軽減やスケジュールの見直し、サポート体制の強化など、改善策を提案してみてもいいでしょう。

場合によっては、業務の負担が少ない部署への異動などを検討してくれる可能性もあります。

業務の効率化のためのツールを導入する

業務の効率化を図るためのツールを導入することを検討してもいいでしょう。

プロジェクト管理ソフトやコミュニケーションツールを活用することで、業務の進行がスムーズになり、負担を軽減できる可能性があります

スケジュール管理やタスク管理を効率化するためのソフトウェアを導入することで、無駄な時間を削減し、効率的に業務を進めることができます。

また、オンラインミーティングなどを活用することで、出張や移動などの負担を減らすこともできるでしょう。

転職を検討する

もしも、現場の改善が難しいと感じる場合は、転職を検討することもひとつの選択肢。

自分のスキルや経験を活かせる新しい職場を探すことで、より充実した生活を送ることができるかもしれません。

転職を考える際には、まず自分のキャリアプランを見直し、どのような業界や職種に興味があるのかを明確にすることが重要です。

現場監督から転職する前に確認すべきポイント

現場監督からの転職を決める前に、確認して欲しいポイントがあります。

  • 将来のビジョンはあるか
  • 辞めたい理由を明確にする
  • 辞めたい理由が本当に現職で解決できないものか

それぞれ詳しく解説していきます。

将来のビジョンはあるか

まずは、自分の将来のビジョンを明確にしましょう。

現場監督の仕事を続けるにしても、転職するにしても、自分が将来どのようなキャリアを描いているのかを考えることが重要です。

将来のビジョンが明確であれば、現職に留まる際にも、転職先を選ぶ際にも、指針となり、自分にとって最適な職場を見つけやすくなるでしょう。

辞めたい理由を明確にする

次に、辞めたい理由を明確にしましょう。

具体的にどのような点に不満を感じているのか、何がストレスの原因になっているのかを洗い出すことで、適切な転職先を見つけるための参考になります

労働時間が長い、給与が見合っていない、人間関係がストレスなど、具体的な理由をリストアップすることで、自分にとって重要な条件を見極めることができます。

辞めたい理由が本当に現職で解決できないものか

最後に、辞めたい理由が本当に現職で解決できないものかを再度検討しましょう。

転職が必ずしも最善の解決策とは限らないため、慎重に判断することが求められます。

労働環境の改善や業務の見直しなど、現職でできる改善策を試みることで、転職をせずに問題を解決できる場合もあります

現場監督からの転職を成功させるために押さえておきたいポイント

現場監督からの転職を決意したら、転職を成功させるために押さえておきたいポイントについて検討しましょう。

  • 経験やスキルの棚卸しをする
  • 転職先に求める希望条件を決める
  • 在職中に転職活動をおこなう
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

経験やスキルの棚卸しをする

まず、自分の経験やスキルの棚卸しをしましょう。

これまでの実績や習得したスキルを整理することで、自分の強みを明確にし、転職先でアピールする材料となります

たとえば、プロジェクト管理能力やコミュニケーションスキル、問題解決能力など、現場監督として培うことのできるスキルは多岐にわたります。

これらを具体的な事例とともに整理し、アピールポイントとして活用しましょう。

転職先に求める希望条件を決める

次に、転職先に求める希望条件を決めましょう。

勤務地や給与、仕事内容など、自分が譲れない条件を明確にすることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

将来のビジョンに沿った転職先を見つけられるように、できるだけ具体的に条件を洗い出しましょう。

在職中に転職活動をおこなう

転職活動は、できるだけ在職中におこなうようにしましょう。

現職を辞めてから転職活動を始めると、収入が途絶えてしまうリスクがあります。

転職活動を進める際には、現職と両立させるために計画的に行動することが重要です。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することで効率的に転職活動をおこなうことができます。

転職エージェントは、あなたのスキルや経験にあった求人情報を提供し、転職活動をサポートしてくれます。

特に、建設業界に特化したエージェントを活用することで、現場監督としての経験を活かせる職場を見つけやすくなるでしょう。

プロのアドバイスを受けながら転職活動を進めることで、より良い転職先を見つけることができます。

まとめ

現場監督の仕事は、多くの責任とストレスを伴う一方で、とてもやりがいのある職種でもあります。

しかし、時には「もう無理」と感じることもあるでしょう。

その際には、まず現状を改善できないかを検討し、それでも改善が難しい場合には、転職を検討することが重要です。

転職を成功させるためには、将来のビジョンを明確にし、経験やスキルを棚卸ししながら計画的に進めることが大切です。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事